世界遺産NEWS 19/04/18:パリのノートル=ダム大聖堂で大火災が発生

大きなニュースになったのでもうご存知の方がほとんどだと思います。

 

日本時間4月16日午前2時頃(現地時間15日19時頃)、フランスの世界遺産「パリのセーヌ河岸」の構成資産のひとつであるノートル=ダム大聖堂で大規模な火災が発生しました。

パリ市民の目の前で高さ96mを誇るスパイア(大尖塔)が焼け落ち、フランス社会に大きな衝撃を与えています。

 

今回はこのニュースをお伝えします。

 

* * * 

パリのノートル=ダム大聖堂は世界を代表するゴシック建築のひとつで、ナポレオン1世の戴冠式が行われるなどヨーロッパ史においても重要な役割を果たしてきました。

フランス王国の時代には王の戴冠式が行われたランスのノートル=ダム大聖堂や王家の墓所があるサン=ドニ大聖堂など、他にも由緒ある大聖堂がありました。

しかし、王政が廃止されてフランス共和国になってからは、戦勝の記念式典や大統領の国葬が行われるなどパリのノートル=ダム大聖堂がフランスを代表する大聖堂となっていました。

 

火災が発生したのは日本時間4月16日午前2時前で、現地時間だと15日19時前にあたります。

炎は一気に広がって、午前2時45分(現地時間19時45分)には中央のゴシック様式の大尖塔=スパイアがパリ市民の目の前で崩れ落ちました。

高さ96mを誇るスパイアはフランスの象徴のひとつであり、これが倒壊したことでフランス全土に衝撃が走りました。

 

いったいどこが燃えたのか、確認してみましょう。

下の写真が火事の前の姿です。

中央の細くて黒い尖塔がスパイアです。

その奥のふたつの塔が西側のナルテックス(拝廊)部でメイン・エントランスとなる西ファサード(正面)、左に少しバラ窓が見えますがこちらが南ファサードです。

全体は「†」形のラテン十字形で、頭が手前の東を向いています。

 

よく見ると、屋根が三角形であるのがわかります。

ノートル=ダム大聖堂は基本的に石造ですが、アーチを架けて築いた石造の天井の上に雨よけとして三角形の屋根枠(小屋組)で蓋をするような形になっています。

この屋根枠に使用されている木材は500tに及び、その上に250tの鉛板が葺かれています。

 

今回炎上したのはこの木造の屋根とスパイアです。

下の図の赤くなっている部分が燃えた場所で、その下の火災の写真を見ると屋根がなくなっているのがわかります。

パリのノートル・ダム大聖堂
赤い部分が燃えた木造部分 (C) Umbricht
パリのノートル=ダム大聖堂
燃え上がるノートル=ダム大聖堂 (C) GodefroyParis

大聖堂を崩さないように慎重な消火活動を強いられた結果、8時間を経てようやく鎮火しました。

見学時間が終わっていたこともあって観光客や参拝者の被害は確認されておらず、消防隊に若干のケガ人が出ているようです。

 

建物の被害ですが、スパイアは崩壊し、屋根の三分の二が焼失しました。

石造の天井も一部が倒壊しており、身廊や内陣の彫刻やレリーフ・絵画などもダメージを受けているものと思われます。

 

ただ、アプスや宝物庫まで炎は至っていないようで、特に重要な聖遺物(イエスやマリア、使徒や聖人の関連品)、イエスが処刑される際に被っていたという「茨の冠」やルイ9世が着ていた「聖ルイのチュニック」は消防隊の活躍で救出されており、至聖所のピエタ像(聖母マリアがイエスの遺体を抱いている像)やパイプオルガンは無事であるようです。

他にも30%ほどの宝物は避難させることができたようですが、大きな絵画などは持ち出せず、熱と水のダメージが懸念されています。

また、西・南・北ファサードのバラ窓は崩れてはいないようですが、ダメージは確認されていません。

 

出火原因は現状、不明です。

実は火事が起こった15日からスパイアの修復がはじまったばかりで、写真を見てわかるように周囲には9か月かけて大規模な足場が組まれていました。

このため溶接の残り火や回線のショートなど修復作業に伴うなんらかの過失の可能性が指摘されています。

 

フランスのマクロン大統領は2024年のパリ・オリンピックを睨んでか、「より美しい大聖堂を5年以内に再建する」と発表しています。

UNESCO(ユネスコ=国際連合教育科学文化機関)のオードレ・アズレ事務局長は世界的な遺産を失いつつあることに「私たちも心を痛めています」と語り、専門家を手配するなどすでに修復支援に動いていることを明らかにしています。

現地報道によると寄付金はすでに1,000億円を超えており、さまざまな人的支援の申し出も受けているそうです。

 

今後は被害を確認したのち修復に入ると思われますが、幸いなことにアメリカの建築家が2015年からレーザーを使って計測を行った精密なデータがあり、細部まで確認できるようです。

外壁等に使用されている石灰岩ブロックが熱で割れたりしていなければそのまま利用することもできるため、1からの再建は避けられるかもしれません。

 

火災はもちろん残念な出来事ですが、これがパリの新たな歴史となり、国際協力や復興・文化振興等々の象徴にできたらいいですね。

 

 

[関連記事]

世界遺産NEWS 20/06/13:カスビのブガンダ国王の墓の神殿が焼失

世界遺産NEWS 20/04/15:ハイチのミロ大聖堂のドームが火災で倒壊

世界遺産NEWS 20/02/05:文化庁、首里城火災をユネスコ世界遺産センターに報告

世界遺産NEWS 20/01/29:オーストラリアのブジ・ビムの火災で古代の水路跡を発見

世界遺産NEWS 19/10/31:沖縄の象徴・首里城正殿が全焼

世界遺産NEWS 18/02/19:チベット・ラサの聖地ジョカン寺で火災

 


News

★姉妹サイト「世界遺産データベース」を制作中です。現在、ヨーロッパの世界遺産を執筆しています。

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の魅力を解説
自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が5月に登録勧告を得て7月の正式登録が確実なものとなった。その内容を紹介する。クリックで外部記事へ
文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群」の魅力を解説
2021年7月に世界遺産登録の可否が決まる文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道・青森・岩手・秋田)」の魅力を解説する。クリックで外部記事へ

Topics

 

・All About 世界遺産 新記事

 北海道・北東北の縄文遺跡群

 奄美・徳之島・沖縄島・西表島

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

世界危機言語アトラス・リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレア・ヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです