世界遺産NEWS 18/11/18:水没・損傷するヴェネツィアの世界遺産

10月29日、イタリア・ヴェネツィアの歴史地区の3/4が水没するアクア・アルタ(異常な海面上昇)が発生しました。

これによりサン・マルコ広場が完全に水没し、ヴェネツィアの象徴であるサン・マルコ大聖堂も浸水、世界遺産がダメージを受けています。

 

St Mark's Basilica calls for help to save mosaic floor after Venice flood causes '20 years of damage in a day'(The Telegraph。英語)

 

今回はこのニュースをお伝えします。

 

* * * 

上の動画、12秒ほどから登場するのがサン・マルコ広場とサン・マルコ大聖堂です。

広場が完全に水没しており、人々が「ギャング・ウェイ」と呼ばれる仮設橋の上を歩いているのがわかります。

32秒ほどからの動画ではサン・マルコ大聖堂の1階部分が浸水しているのが確認できます。

 

10月29日のアクア・アルタは平均海水面から156cmという異常上昇で、観測をはじめた1923年以降では史上4番目となる潮位を記録しました。

ヴェネツィア本島の平均海抜は80cmですが、これにより地区の3/4が浸水しています。

 

上にリンクした記事によると、大聖堂の担当者はたった1日で20年分の劣化が起きたと述べています。

特に柱や壁を構成する大理石や壁のモザイク画の被害が深刻で、補修のために初期費用だけで約3億5千万円を必要としており、政府に支援を呼び掛けています。

 

ヴェネツィア観光局によると世界遺産の直接的な被害はなかったようですが、浸水した箇所に残る塩分が石材やモザイク画の劣化をもたらし、長期的には亀裂の拡大や崩壊につながるとしています。

 

下の動画のように、それでも市民は力強く生活を続けています。

ぼくが訪ねたときもアクア・アルタが発生していたのですが、水浸しのレストランで平然と食事を続ける姿には驚かされました。

そもそも、なぜこのような現象が起こるのでしょうか?

 

ヴェネツィアは下の地図を見てもわかるように、アドリア海と砂州で区切られたラグーナ(潟)に築かれた都市です。

世界遺産「ヴェネツィアとその潟」は島々を含む潟全体を登録しているわけですが、潟はリド、マラモッコ、キオッジアという3つの水路でアドリア海と結ばれています。

秋から冬にかけて、潟にはアフリカからやってきたシロッコと呼ばれる南風と、アルプス山脈から吹き下ろされるボーラと呼ばれる東風が吹き寄せます。

こうした一方的な季節風によって潟からの排水が阻害され、砂州がダムのように水をせき止めて水位は上昇するばかりになってしまいます。

日本でも9月4日に台風の影響で大阪湾の水位が異常に上昇して関西国際空港が浸水しましたが、現象としては同種のものといえるでしょう。

 

こうした風の影響に加え、毎日だいたい2度起こる満潮や低気圧による水位上昇、潟に流れ込む河川の水量変化等も海水面の上昇をもたらします。

これらが複合的に重なることでアクア・アルタが引き起こされています。

 

加えてヴェネツィア本島は毎年1~2mmの割合で地盤沈下が進んでおり、反対にアドリア海の海水面は毎年1~3mmの割合で上昇しているともいわれます。

19世紀と比べて23cmも沈降したとする報告があり、2100年までに街は消滅すると警告する学者もいたりします。

 

これに対してイタリアとヴェネツィアは歴史地区のかさ上げや地盤沈下を止めるために地下水取水制限等を行いつつ、アクア・アルタを防ぐために「モーゼ計画」を進めています。

風によって海水が集まるのであれば、集まってこないように潟を封鎖してしまえばよい――

ということで、3つの水路に4つの可動式の堰(せき)を建設して水位を調整しようというのがモーゼ計画の狙いです。

 

ただこの計画、さまざまな問題が持ち上がっていて実際のところどうなのかよくわかりません。

2003年に着工した当初は2011年の竣工予定でしたが2014年にずれ、現在は2019~2020年の完成で、完全稼働は2022年にずれ込むと見られています。

 

2014年には市長を含む35人が不正な資金提供を受けたとして逮捕される事件が起きており、オランダの干拓やイギリス・テムズ川の防潮堤(テムズ・バリア)などと比べて高額に膨れあがってしまった建設費にも多くの非難が寄せられています。

NATIONAL GEOGRAPHIC誌は2016年に、イタリアの裁判所による調べでは初期費用は20億ユーロと見積もられていましたが、すでに65億ユーロが投じられており、少なくとも20億ユーロが賄賂に使われた可能性を報じています。

 

仮に2022年に稼働して効果を上げたとしても、今後の地盤沈下+海面上昇によって近々に効果を失うとする報告もあり、また稼働堰がつねに上がるようになることで水質の悪化や生態系の破壊を懸念する声も上がっています。

 

* * *

 

現在、ヴェネツィア本島では秋から春にかけてだいたい年4回の割合でアクア・アルタが起きています。

また、人口約5万人の本島に年間2,000万~3,000万人の観光客が訪れるということで、嫌気が差した市民のヴェネツィア脱出が進み、50年前に比べて人口が半減したといわれています。

 

文化は生活の中で育まれるものですから、生活がなくなれば文化遺産の価値は失われ、テーマパークと化してしまうでしょう。

水の都・ヴェネツィアはさまざまな意味で岐路に立たされているようです。

 

 

[関連記&サイト]

ベネチアとその潟/イタリア

世界遺産NEWS 20/03/29:ヴェネツィアのメヒタリスト修道院で約5,000年前の青銅剣を発見

世界遺産NEWS 18/01/09:タージマハル、ヴェネツィアが入場規制を検討

 


News

★姉妹サイト「世界遺産データベース」を制作中です。現在、ヨーロッパの世界遺産を執筆しています。

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の魅力を解説
自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が5月に登録勧告を得て7月の正式登録が確実なものとなった。その内容を紹介する。クリックで外部記事へ
文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群」の魅力を解説
2021年7月に世界遺産登録の可否が決まる文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道・青森・岩手・秋田)」の魅力を解説する。クリックで外部記事へ

Topics

 

・All About 世界遺産 新記事

 北海道・北東北の縄文遺跡群

 奄美・徳之島・沖縄島・西表島

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

世界危機言語アトラス・リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレア・ヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです