世界遺産NEWS 24/06/12:2024年の世界遺産候補地と勧告結果

今年2024年7月21~31日にインドのニューデリーで第46回世界遺産委員会が開催されます。

本記事では勧告を受けた物件のリストと、その勧告結果をお知らせします。

 

現状、新登録の世界遺産候補地は29件で、文化遺産21件、自然遺産4件、複合遺産2件、既存の物件の重大な変更が2件となっています。

この中には日本の「佐渡島の金山 」が含まれており、情報照会勧告を受けています。

 

* * *

中国の世界遺産候補地「バダイン・ジャラン砂漠-砂と湖群の屹立」の絶景
中国の世界遺産候補地「バダイン・ジャラン砂漠-砂と湖群の屹立」の絶景 (C) Sjoerd van Oort

7月21日から31日にかけてインドのニューデリーで第46回世界遺産委員会が開催されます。

世界遺産委員会の21委員国は以下となっています。

 

議長国:インド

書記国:ベルギー

副議長国:ギリシア、ブルガリア、カタール、セントビンセント及びグレナディーン諸島、ケニア

委員国:イタリア、ウクライナ、トルコ、カザフスタン、韓国、日本、ベトナム、レバノン、ジャマイカ、メキシコ、アルゼンチン、ザンビア、セネガル、ルワンダ

 

簡単に「勧告」について解説しておきましょう。

 

世界遺産を目指す物件は、登録を目指す年の前年2月1日までにUNESCO(ユネスコ=国際連合教育科学文化機関)の世界遺産センターに登録推薦書を提出しなければなりません。

そして登録推薦書を提出した物件について、文化遺産は主にICOMOS(イコモス=国際記念物遺跡会議)、自然遺産はIUCN(国際自然保護連合)、文化遺産の文化的景観や複合遺産の場合は両諮問機関が現地調査を含む専門調査を行います。

 

ICOMOSとIUCNは4段階の勧告と提言で構成される評価報告書を作成し、世界遺産委員会の6週間前までに世界遺産センターに提出します。

この報告書を参考に、世界遺産委員会が正式に4段階の決議を行います。

 

○世界遺産委員会の4段階の決議

  • 登録:世界遺産リストへ登録決定
  • 情報照会:追加情報の提供を要請。3年以内の提出で世界遺産委員会での再審査が可能
  • 登録延期:物件の構成やコンセプトを再考して登録推薦書の提出からやり直し
  • 不登録:登録には不適で、決議された場合、再推薦も不可

 

例年、情報照会勧告や登録延期勧告からの逆転登録が起こっていますが、登録勧告からの逆転不登録は特殊な例外を除いて例がありません。

つまり、登録勧告は事実上の内定ということができるでしょう。

また、近年は情報照会勧告を受けた物件のほとんどが逆転登録に成功しています。

 

情報照会勧告、登録延期勧告、不登録勧告を受けた物件は推薦を取り下げることもあり、その場合は世界遺産委員会で審議されません。

特に、決議されると再推薦の道が閉ざされる不登録勧告を受けた物件は取り下げることがほとんどです。

 

変更についてですが、世界遺産登録と同様のプロセスが必要となる変更は「重大な変更」、そのようなプロセスが必要ない変更は「軽微な変更」と呼ばれます。

重大な変更は資産の大幅な範囲変更や、登録基準の変更などに適用され、軽微な変更はきわめて小規模な資産の範囲変更やバッファー・ゾーンの範囲変更などに適用されます。

 

* * * 

日本の世界遺産候補地「佐渡島の金山」、相川金銀山の「道遊の割戸」
日本の世界遺産候補地「佐渡島の金山」、相川金銀山の「道遊の割戸」

日本は昨年「佐渡島の金山 」の登録申請書を世界遺産センターに提出していましたが、ICOMOSの勧告結果は「情報照会」となりました。

そこで、追加書類を提出して引き続き今年7月の登録を目指すか、あるいは今後3年以内の登録を目標にいったん引き下げるかの判断を迫られました。

 

これに対して盛山正仁文部科学大臣は今年の登録を目指す方針を固め、「世界遺産登録を考慮するに値する価値があることは認められました。そのうえで、価値をより明確にすることや、保護措置をより強化するための指摘等がなされ、『情報照会』という勧告となりました。文部科学省としては、勧告を真摯に受け止め、本年7月にインドで開催される世界遺産委員会において登録されることを目指し、今後、速やかに関係省庁、新潟県、佐渡市と連携し、イコモス勧告への対応について検討していきます」との談話を発表しています。

 

以下にICOMOS勧告の概要を文化庁の報道資料「イコモスの評価結果及び勧告の概要」より抜粋します。

 

1.顕著な普遍的価値について

イコモスは、本推薦資産が、他の地域で機械化が徐々に導入されていた時期に、完成された手作業による採鉱と製錬技術を継続したアジアにおける他に例を見ない事例として世界遺産一覧表への記載を考慮するに値する価値を有すると考える。

2.勧告

イコモスは、情報照会を勧告し、以下の点について追加情報を要請する。

  • 完全性・真実性の条件を満たすために、江戸期より後の証拠が大部分を占める相川上町の北沢地区(下山之神町・坂下町・北沢町・弥十郎町)を資産範囲から除き、推薦資産の範囲を修正すること
  • 構成資産「相川鶴子金銀山」の緩衝地帯を沖合いに拡張させること
  • 鉱業権の所有者が、推薦資産又は緩衝地帯の範囲内において商業採掘を再開しないという明確な約束を示すこと

3.評価

(1)適用する基準について

  • イコモスは、本推薦資産が、他の地域で機械化が徐々に導入されていた時期に、完成された手作業による採鉱と製錬技術を継続したアジアにおける他に例を見ない事例として世界遺産一覧表への記載を考慮するに値する価値を有すると考える。世界遺産として合致する基準は(iv)である
  •  イコモスは、文化的伝統を示す比類ない物証が十分にないため基準(iii)は 当たらないと考える。ただし、基準(iii)を示すものとしていた生産体制や町並み等の管理に係る遺構は基準(iv)に該当するものと考える

(2)完全性について

イコモスは、北沢地区は、江戸期における採鉱技術と社会文化システムを反映していないので、当該地域を資産範囲から除き緩衝地帯にした場合に完全性が満たされると考える。

(3)真実性について

イコモスは、北沢地区は、江戸期における採鉱技術と社会文化システムを反映していないので、当該地域を資産範囲から除き緩衝地帯にした場合に真実性が満たされると考える。

(4)比較分析について

イコモスは、本資産を世界遺産一覧に記載するための適切な比較分析が行われていると考える。

(5)保存状況について

  • イコモスは、相川上町などにおいて近年の開発が見られるものの、資産全体の保全状況は良好であると考える
  • 記録類の保存状況は良好である

(6)資産に影響を与える要因について

イコモスは、資産に影響を与える主な要素は地滑り、植生の繫茂、森林火災、森林の過伐採、洋上風力発電施設の設置であると考える。

(7)コミュニティの参画

イコモスは、推薦資産に関する更なる調査、提案されている顕著な普遍的価値および包括的な歴史の発信において、地域コミュニティが参画することが肝要であり、長期的に担保されるべきと考える。

4.追加的勧告

イコモスは、締約国が以下の事項について配慮することを併せて勧告する。

  • a) 「相川鶴子金銀山」の緩衝地帯全域を重要文化的景観に選定し、保護措置を強化すること
  • b) 事業規模ではなく、提案されている顕著な普遍的価値に対する潜在的影響に基づいた遺産影響評価の仕組みを、景観計画に組み込むこと
  • c) 将来にわたって、考古学的調査が一貫した学術的見地から行われるよう、長期的な調査戦略を構築すること
  • d) 地下遺構への影響が最小限となるよう、森林管理のガイドラインを策定すること
  • e) 鉱業採掘が行われていたすべての時期を通じた推薦資産に関する全体の歴史を現場レベルで包括的に扱う説明・展示戦略を策定し、施設・設備等を整えること
  • f) 収容力調査の実施及び来訪者管理戦略の策定を行い、観光客の増加が推薦資産に負の影響を与えないようにすること
  • g) 包括的保存管理計画より前から運用されていた計画を見直し、それぞれの内容が、提案されている顕著な普遍的価値の長期的な保全と一貫しているか確認すること
  • h) かつて採掘が行われたことが明らかになった区域について、将来、国の史跡として指定することを配慮すること

 

こうした指摘ですが、ある程度は予想できるものでした。

 

日本は17世紀に世界最大の金生産量を誇りましたが、その中で佐渡島の金山が大きな役割を果たし、世界的な影響を与えました。

その内容も、ヨーロッパやアメリカ大陸の植民地で行われていた動力などを用いた近代的な金生産と異なり、伝統的な手工業による持続可能な金生産という点で非常に価値あるものです。

そのため安土桃山時代から江戸時代、16世紀後半~19世紀半ばの金生産システムと関連の物件を列挙したものとなっています。

 

しかし、この金山が閉山したのは1989年で、たった35年前のこと。

価値の中心を構成する江戸時代の施設・設備や街並みがそのまま残されているわけではなく、構成資産には明治以降の近現代の物件が相当数、含まれています。

これをICOMOSがどう評価するのかというのがひとつの注目点でした。

 

思い出されるのが「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」、特に端島炭鉱です。

この世界遺産は1850年代~1910年にかけての産業革命期の資産を中心としたものですが、通称・軍艦島と呼ばれる端島を例に挙げると、その時期の遺構は坑口と護岸くらいしか存在せず、日本初のコンクリート造の高層住宅群などは大正以降のものとなっています。

 

ところが島のほぼ全域が資産(登録範囲)となっていて高層住宅群が含まれているだけでなく、登録推薦書でもICOMOSの調査報告書でも詳細な解説が行われています。

明らかにその価値をアピールし、また評価する内容です。

 

これに乗じたのが韓国です。

韓国は端島を奴隷に近い朝鮮人徴用工が働いていた「監獄島」と呼び、民族の悲しみの満ちる場所であると指摘し、そうした事実を受け止めて伝えることを要求しました。

これに対して日本は時代的に対象外であると反論しました。

その後にオープンした産業遺産情報センターでは徴用工について記されていますが、賃金が支払われていたことや差別がなかったことなどを給与袋や証言を添えて解説しています。

 

これに対する韓国の抗議を受けてUNESCOの世界遺産センターとICOMOSは共同調査団を立ち上げて調査に乗り出し、産業遺産情報センターや端島における展示は不十分であるとの結論を下しました。

ただ、徴用工の実体について非難する内容にはなっておらず、顕著な普遍的価値が歴史の一部にあるとしても歴史全体の中で考察すべきであり、他の時代を無視してはならないとし、議論があるものについては両論併記などの必要性を説いたものとなっています。

 

韓国側は同様のロジックで徴用工が働いていた「佐渡島の金山 」を非難しており、これに対する対応も注目されるものとなりました。

 

今回の3つの勧告の中で、相川上町の一部を資産から除く要請は明治以降の遺構がほとんどを占めていることから来るものです。

また、「4.追加的勧告」のeの「鉱業採掘が行われていたすべての時期を通じた推薦資産に関する全体の歴史を現場レベルで包括的に扱う説明・展示戦略を策定し、施設・設備等を整えること」は歴史全体を捉えることの不足を指摘したものです。

後者について韓国は、自分たちの主張が反映されたものとの認識を示しています。

 

いずれも「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の議論を繰り返す形となっており、ある程度は予想できるものでした。

これらを受けての情報照会という勧告は、日本にとってそれほど悪いものではないのではないかとも思えます。

世界遺産という活動として、あるいは政治的に、これでいいのかという問題は別にして、ですけれども。

 

なお、「佐渡島の金山」や「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の推薦過程については以下の記事を参照ください。

  

[関連記事]

世界遺産NEWS 21/12/29:文化審議会「佐渡島の金山」を世界遺産推薦候補に選定、韓国は抗議

世界遺産NEWS 22/08/01:「佐渡島の金山」23年登録を断念、推薦書再提出へ

世界遺産NEWS 13/09/28:「明治日本の産業革命遺産」、世界遺産へ推薦決定

世界遺産NEWS 14/02/05:韓国、「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録に反対

世界遺産NEWS 15/04/01:韓国、「明治日本の産業革命遺産」に再度反対表明

世界遺産NEWS 15/05/05:「明治日本の産業革命遺産」に登録勧告!

世界遺産NEWS 15/05/08:「明治日本の産業革命遺産」勧告詳細

世界遺産NEWS 16/09/15:軍艦島/端島をめぐるふたつの課題

世界遺産NEWS 18/09/16:原爆ドームと軍艦島で問われる世界遺産の補修

世界遺産NEWS 20/04/11:明治日本の産業革命遺産を紹介する産業遺産情報センターを東京に開設

世界遺産NEWS 20/06/25:韓国、明治日本の産業革命遺産の世界遺産抹消を要求へ

世界遺産NEWS 20/09/14:台風の影響で軍艦島のビルや施設が破損

世界遺産NEWS 21/07/13:UNESCO調査団、軍艦島の朝鮮人労働者に関し日本の措置を不十分と指摘

 

* * * 

ニア洞窟の名で知られるマレーシアの世界遺産候補地「ニア国立公園の洞窟群の考古遺産」
ニア洞窟の名で知られるマレーシアの世界遺産候補地「ニア国立公園の洞窟群の考古遺産」 (C) Michael Elleray

それでは2024年の世界遺産候補地と勧告結果を紹介します。

 

掲載順は文化遺産→自然遺産→複合遺産→重大な変更で、それぞれはトランスナショナル・サイト/トランスバウンダリー・サイト(複数国による共同推薦物件)→ヨーロッパ→アジア→オセアニア→北アメリカ→南アメリカ→アフリカ、さらにその下は国別五十音順となっています。

 

日本語名は私が適当に訳したものです。

正式な推薦名称は英語の表記になります。

ただし、名称や登録基準は今後変わる可能性があります。

 

 

★世界遺産候補地と勧告結果

 

<文化遺産:21件>

 

■「街道の女王」アッピア街道 →登録勧告

Via Appia. Regina Viarum

イタリア、文化遺産(iii)(iv)(vi)

 

■バチュの文化的景観 →不登録勧告

Bač Cultural Landscape

セルビア、文化遺産(ii)(iii)(v)

 

■シュヴェリーンのレジデンス建造物群 →登録勧告

Schwerin Residence Ensemble

ドイツ、文化遺産(iii)(iv)

 

■イズニク:文明間の変遷の痕跡 →取り下げ

Iznik: Traces of the Transition Between Civilizations

トルコ、文化遺産(ii)(iii)(vi)

 

■マデイラのレヴァダ群 →不登録勧告

Levadas da Madeira

ポルトガル、文化遺産(iv)(v)

 

■トゥルグ・ジウのブランクーシ記念建造物群 →登録勧告

Brâncusi Monumental Ensemble of Târgu Jiu 

ルーマニア、文化遺産(i)(ii)(iv)(vi)

 

■ローマ帝国の国境線-ダキア →登録勧告

Frontiers of the Roman Empire - Dacia

ルーマニア、文化遺産(ii)(iii)(iv)

 

■ケノゼロ湖の遺産 →登録勧告

Testament of Kenozero Lake

ロシア、文化遺産(i)(iii)(v)(vi)

 

■ヘグマタネーとハマダーン歴史地区 →登録延期勧告

Hegmataneh and Historical Centre of Hamedan

イラン、文化遺産(ii)(iii)(iv)

 

■モイダム-アホム朝の墳墓システム →登録勧告

Moidams – the Mound-Burial System of the Ahom Dynasty

インド、文化遺産(iii)(iv)(v)

 

■アル=ファーウ考古地域の文化的景観 →登録勧告

The Cultural Landscape of Al-Faw Archaeological Area

サウジアラビア、文化遺産(ii)(iv)(v)

 

■プー・プラバート歴史公園 →登録勧告

The Phu Phrabat Historical Park

タイ、文化遺産(iii)(v)

 

■北京の中心軸:中華の首都の理想的秩序を示す建造物群 →登録勧告

Beijing Central Axis: A Building Ensemble Exhibiting the Ideal Order of the Chinese Capital

中国、文化遺産(iii)(iv)(vi)

 

■佐渡島の金山 →情報照会勧告

Sado Island Gold Mines

日本、文化遺産(iii)(iv)

 

■ニア国立公園の洞窟群の考古遺産 →登録勧告

The Archaeological Heritage of Niah National Park’s Caves Complex

マレーシア、文化遺産(iii)(v)(vi)

 

■ウム・アル=ジマル →登録勧告

Umm Al-Jimāl

ヨルダン、文化遺産(iii)(iv)(v)

 

■パナマの植民地地峡横断道路 →情報照会勧告

The Colonial Transisthmian Route of Panamá

パナマ、文化遺産(ii)(iv)(vi)

 

■ゲディの歴史都市と考古遺跡 →登録勧告

The Historic Town and Archaeological Site of Gedi

ケニア、文化遺産(ii)(iii)(iv)

 

■ティエベレの王宮 →登録勧告

Royal Court of Tiébélé

ブルキナファソ、文化遺産(iv)(v)(vi)

 

■現生人類の出現:南アフリカの更新世居住遺跡群 →情報照会勧告

The Emergence of Modern Humans: The Pleistocene Occupation Sites of South Africa

南アフリカ、文化遺産(iii)(iv)(v)

 

■人権、解放及び和解:ネルソン・マンデラの遺産の地 →情報照会勧告

Human Rights, Liberation and Reconciliation: Nelson Mandela Legacy Sites

南アフリカ、文化遺産(vi)

 

 

<自然遺産:4件>

 

■フロー・カントリー →登録勧告

The Flow Country

イギリス、自然遺産(ix)(x)

 

■ヴィエトレニツァ洞窟、ラヴノ →情報照会勧告

Vjetrenica Cave, Ravno

ボスニア・ヘルツェゴビナ、自然遺産(vii)(x)

 

 ■バダイン・ジャラン砂漠-砂と湖群の屹立 →登録勧告

Badain Jaran Desert - Towers of Sand and Lakes

中国、自然遺産(vii)(viii)

 

■レンソイス・マラニャンセス国立公園 →登録勧告

Lençóis Maranhenses National Park

ブラジル、自然遺産(vii)(viii)

 

 

<複合遺産:2件>

 

■テ・ヘヌア・エナタ-マルキーズ諸島 →文化遺産・自然遺産両面で登録勧告

Te Henua Enata – The Marquesas Islands

フランス、複合遺産(iii)(iv)(vi)(vii)(ix) (x)

 

■メルカ・クントゥレとバルチトの考古学的・古生物学的遺跡 →文化遺産として登録勧告、自然遺産として不登録勧告

Melka Kunture and Balchit Archeological and Paleontological Site

エチオピア、複合遺産(iii)(iv)(v)(viii)

 

 

<重大な変更:2件>

 

■モラヴィア教会の入植地 →承認勧告

Moravian Church Settlements

イギリス/ドイツ/アメリカ共通、文化遺産(iii)(iv)

※世界遺産「モラヴィア教会の入植地クリスチャンスフェルド(デンマーク、2015年、文化遺産(iii)(iv))」のイギリス、ドイツ、アメリカへの範囲拡大

 

■中国湾部、黄海-渤海沿岸の渡り鳥保護区群[フェイズ2] →承認勧告

Migratory Bird Sanctuaries along the Coast of Yellow Sea-Bohai Gulf of China (Phase II)

中国、自然遺産(x)

※世界遺産「中国湾部、黄海-渤海沿岸の渡り鳥保護区群[フェイズ1](中国、2019年、自然遺産(x))」の範囲拡大

 

 

[関連サイト&記事]

※各記事にさらに過去の関連記事へリンクあり

46th session of the World Heritage Committee(UNESCO)

世界遺産NEWS 24/06/13:2025年の世界遺産候補地(来年2025年に登録を目指す世界遺産候補地)

世界遺産NEWS 23/07/26:2024年の世界遺産候補地

世界遺産NEWS 23/07/24:2023年の世界遺産候補地と勧告結果(前年)

世界遺産NEWS 23/09/21:速報! 2023年新登録の世界遺産!!(前回の世界遺産委員会)

世界遺産NEWS 22/08/01:「佐渡島の金山」23年登録を断念、推薦書再提出へ

世界遺産NEWS 21/12/29:文化審議会「佐渡島の金山」を世界遺産推薦候補に選定、韓国は抗議

 


News

★姉妹サイト「世界遺産データベース」を制作中です。現在、ヨーロッパの世界遺産を執筆しています。

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の魅力を解説
自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が5月に登録勧告を得て7月の正式登録が確実なものとなった。その内容を紹介する。クリックで外部記事へ
文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群」の魅力を解説
2021年7月に世界遺産登録の可否が決まる文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道・青森・岩手・秋田)」の魅力を解説する。クリックで外部記事へ

Topics

 

・All About 世界遺産 新記事

 北海道・北東北の縄文遺跡群

 奄美・徳之島・沖縄島・西表島

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

世界危機言語アトラス・リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレア・ヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです