世界遺産NEWS 21/02/12:ヒマラヤ山脈ナンダ・デヴィ山の氷河崩落で洪水発生

2月7日、インド北西部、ヒマラヤ山脈の世界遺産「ナンダ・デヴィ国立公園及び花の谷国立公園」のナンダ・デヴィ山で氷河が崩落しました。

これを起点に洪水が発生し、複数の村とダムを持つふたつの水力発電所を飲み込んで30人以上の死者と170人以上の行方不明者を出しています。

 

Uttarakhand glacier burst HIGHLIGHTS: 26 bodies recovered, 171 missing; rescue operations underway(The Indian Express)

 

今回はこのニュースをお伝えします。

 

* * *

現地時間2月7日午前10時45分頃、ヒマラヤ山脈にそびえるインドの第2峰ナンダ・デヴィ山(標高7,816m)で突然氷河が崩落しました。

報道によると崩落箇所は山頂の北のラウンティ峰と呼ばれる峰で、世界遺産の資産内となっています。

 

標高5,600mほどから崩落した氷河は峡谷からリシガンガ川に侵入して土砂を含んだ鉄砲水となり、リシガンガ川は下流で合流してダウリガンガ川になるのですが、このダウリガンガ川やさらに下流のアラカナンダ川、バーギラティ川でも連鎖的に洪水を引き起こしました。

リシガンガ川、ダウリガンガ川にはダムを伴う水力発電所があり、ダムの決壊が被害を拡大したようです。

 

特にウッタラーカンド州チャモリ地区のレニ村、リシガンガ水力発電所、タポヴァン・ヴィシュヌガド水力発電所の被害が大きく、この記事を書いている時点で34人の死者が確認されており、少なくとも170人が行方不明となっています(報道によって数字には差があります)。

警察や軍の災害部隊が主導して救出作業を進めていますが、電気等のインフラが寸断されており、時折水位上昇による中断を余儀なくされることから作業は難航しているようです。

トンネル内に閉じ込められた発電所作業員もおり、全長100mのトンネルはまだ半分も発掘が終わっていないようです。

ナンダ・デヴィ山で氷河が崩壊したとされるラウンティ峰

ダウリガンガ川流域のタポヴァン・ヴィシュヌガド水力発電所

実は被害を受けた水力発電所には批判が多く、このような氷河の崩落・鉄砲水・地滑り・洪水の危険性は以前から環境保護団体によって警告されていました。

 

特に2005年にリシガンガ水力発電所プロジェクトがスタートして以来、ダムが決壊する可能性が指摘されていました。

また、1970年代から地元民族による森林の所有権・使用権を巡る運動が行われており、開発地域が世界遺産のバッファー・ゾーン内で資産にも近いことから工事の停止を求める裁判にまで発展しました。

このため地元では「すべての環境基準に違反して建設された施設」との声も上がっていたようです。

 

2013年6月にはヒマラヤ津波と呼ばれる大洪水が発生して4,500の村が被災し、約6,000人の犠牲者を出しました。

原因はモンスーン(季節風)による豪雨ですが、雨によって氷河や雪原が溶けたことや、流域の水力発電所の開発による森林伐採やトンネルの開発、ダムの建設などが被害拡大をもたらしたといわれています。

 

ヒマラヤ山脈は「天然のダム」といわれるほど膨大な淡水を氷河や雪・氷河湖といった形で保持しています。

ところが近年の気候変動による温度上昇によって氷河や雪原が急速に後退しており、氷河の崩落や雪融け水の増加による水位上昇がしばしば見られるようになりました。

このため未曾有の大洪水の危険性が指摘されるようになりました。

ナンダ・デヴィ山
左の山がナンダ・デヴィ山 (C) Michael Scalet

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の第5次報告書では、地球表面の平均気温が1.8度上昇した場合、ヒマラヤ山脈の氷河は2006年を基準として2100年までに45%縮小し、平均気温が3.7度上昇した場合は68%が失われるとしています。

報告書では2006年を基準としていますが、数十年前と比較すると2006年時点ですでに10%から数十%失われているとする試算もあったりします。

 

今回の氷河の崩落は2月7日に起こったわけですが、日本と同じ北半球にあるナンダ・デヴィは冬であるはずで、例年であれば氷河が溶ける季節ではありません。

ヒマラヤ山脈の温暖化は確実に進行しており、ICIMOD(国際総合山岳開発センター)は1980~2010年の間にネパールの氷河面積が25%消失し、今世紀末までに平均気温が1.7~3.6度上昇すると予想しています。

 

そして氷河融解による水位上昇は山域の2億5,000万人に直接的な被害をもたらすだけでなく、ヒマラヤ山脈やチベット高原を水源とする中国・東南アジア・南アジア・中央アジアの約30億人に影響を与える可能性を指摘しています。

それだけでなく、氷河の融解が一段落した後は雪融け水の減少で今度は異常な水不足に見舞われ、水を巡る資源戦争さえ憂慮されています。

 

たいへんな時代を迎えようとしているのかもしれません。

 

 

[関連記事]

世界遺産NEWS 20/08/22:増水で70年ぶりに長江の水位が楽山大仏の爪先に到達

世界遺産NEWS 20/07/25:洪水でインドのカジランガ国立公園の90%が浸水

世界遺産NEWS 17/08/22:カジランガ&チトワン国立公園で洪水被害

 


News

★姉妹サイト「世界遺産データベース」を制作中です。現在、ヨーロッパの世界遺産を執筆しています。

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の魅力を解説
自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が5月に登録勧告を得て7月の正式登録が確実なものとなった。その内容を紹介する。クリックで外部記事へ
文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群」の魅力を解説
2021年7月に世界遺産登録の可否が決まる文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道・青森・岩手・秋田)」の魅力を解説する。クリックで外部記事へ

Topics

 

・All About 世界遺産 新記事

 北海道・北東北の縄文遺跡群

 奄美・徳之島・沖縄島・西表島

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

世界危機言語アトラス・リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレア・ヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです