世界遺産NEWS 20/09/22:エジプトのピラミッド地帯で進むハイウェイの建設

エジプトの世界遺産「メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」の周辺で南北2本のハイウェイの建設が進められています。

建設がピラミッド地帯に迫っており、あるいはすでに世界遺産を横断するように工事が進められており、エジプトの考古学者や自然保護活動家らが懸念を表明しています。

 

Egypt cuts highways across pyramids plateau, alarming conservationists(Reuter)

 

今回はこのニュースをお伝えします。

なお、情報にはハッキリしない部分も多く、いくらか憶測を含んでおりますのでご了承ください。

 

* * *

エジプトの首都カイロの人口は900万超で、周辺を含めたグレーター・カイロになると人口2,000万を超え、アフリカ最大の都市圏となります。

エジプトの人口が9,800万ほどですから驚くべき集中度です。

 

人口集中に対応するため政府は2000年にカイロの東にニュー・カイロをオープンさせ、2016年からカイロの東60kmほどに新首都を建設しています。

しかし、人口の増加は政府の予想を超えており、渋滞は慢性化し、行き場をなくした人々がスラム街に吸収されています。

このため住宅地や耕作地、鉄道・地下鉄・道路の開発が急ピッチで進められており、より機能的な環状道路やハイウェイが求められています。

 

エジプトといえばギザの3大ピラミッドですが、ギザはカイロと並ぶグレーター・カイロの中心都市で、エジプト第3位となる人口400万強を誇ります。

カイロの南西に隣接しており、カイロ中心部からギザの西外れにあるピラミッドまで直線距離で15kmもありません。

都市圏が重なっているのがわかります。

 

ギザの西から砂漠がはじまるわけですが、砂漠に切り替わるその場所にギザの3大ピラミッドが立っています。

3大ピラミッドのさらに西の砂漠には1979年に開発がはじまった10月6日市という人口50万人の都市が広がっています。

また、3大ピラミッドから南へ25kmほどまでの砂漠地帯が世界遺産「メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」の資産となっています(これ以外に近郊のメンフィス遺跡も構成資産です)。

 

世界遺産が巨大な都市圏のすぐ脇に隣接していることがわかります。

北ハイウェイと見られる工事中の道路。北2.5~3.5kmほどにギザの3大ピラミッド、南東11kmほどにサッカーラの階段ピラミッドがあり、その間を走っています

さて、今回のニュースです。

 

記事によると、現在エジプト政府はアブドルファッターフ・アッ・シーシー大統領の指揮の下、ギザ~メンフィス~サッカーラ~ダハシュールと続くピラミッド高原の南北にふたつのハイウェイを通す計画を立てているようです。

北ハイウェイは3大ピラミッドの南2.5kmを横切るもので、8車線の道路になるということです。

 

位置はハッキリしませんが、記事にはGoogleアースで確認できると記されており、上のGoogleマップの工事中の道路ではないかと思われます。

地図を見るとわかりますが、東に進むとすぐに環状道路と連絡しており、東のニュー・カイロへ一直線で、北のアレクサンドリアや南のルクソールへ続く幹線道路にも簡単に出られることがわかります。

 

これが本当に北ハイウェイだとすると、完全に世界遺産「メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」を横断していることになります。

もともと何本もの道路がピラミッド高原を横断しており、赤のピラミッドなどは道路のすぐ脇に立っています。

しかし、8車線ものハイウェイの例はありません。

 

また、記事によると南ハイウェイは10月6日市~ピラミッド高原~メンフィスの農地~新首都を結ぶ道路であるとしています。

Googleマップ上でもうひとつ、工事中の道路のようなものを発見したのですが、もしかしたら下の地図が南ハイウェイなのでしょうか?

階段ピラミッドと赤のピラミッドの間にあり、もうひとつの構成資産であるメンフィス遺跡のすぐ脇を通っています。

これが南ハイウェイなのでしょうか? 北東約3.8kmにサッカーラの階段ピラミッド、南3.5kmにダハシュールの赤のピラミッドがあり、その間を走っています

ただ、ハイウェイのひとつは地下トンネル化されるという話もあり、実際南北ハイウェイがどこをどのように通るのかハッキリしません。

ぼくが知らないだけなのか、エジプト当局も決めていないのか定かではありません。

 

こうした道路開発に対し、考古学者らは開発予定地に未発掘の墓地跡があり、遺跡の破壊につながると懸念を表明しています。

また、8車線の道路は世界遺産の景観や排気ガスなどによる環境への影響も考慮しなければならず、徹底したアセスメントが必要であるとしています。

 

* * *

世界遺産「メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」、ギザの3大ピラミッド
世界遺産「メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」、ギザの3大ピラミッド

実はピラミッド高原のハイウェイ計画は世界遺産委員会で1990年代からずっと議論されている問題です。

1994年の第18回世界遺産委員会はスフィンクスの南2kmを横切るハイウェイ(先述の北ハイウェイに該当するものと思われます)の建設計画に対して強い懸念を表明し、ただちに計画を中止するよう要請しています。

 

翌年の1995年4月1~6日にはUNESCO(ユネスコ=国際連合教育科学文化機関)の専門家ミッションが派遣され、現地調査を行っています。

その報告を参考に、同年の第19回世界遺産委員会ではハイウェイのルートを世界遺産にかからない北に変更することや、バッファー・ゾーンでの開発を中止することなどが了承され、当時のムバラク大統領や文化大臣に謝意が表明されました。

1998年にもミッションが派遣され、エジプト政府と迂回ルートで合意しています。

 

2001年の第25回世界遺産委員会では一部の自治体がピラミッド高原を横断するハイウェイの建設を引き続き検討しているとの指摘がなされ、合意事項の確認が行われました。

2002年の第26回世界遺産委員会ではピラミッド高原の地下を通るハイウェイのトンネル化について注意が促されましたが、翌年以降の世界遺産委員会でエジプト代表が否定しています。

ところがこれ以降もたびたびハイウェイとトンネル化の計画が持ち上がり、解決を見ていません。

 

最近では2017~19年の第41~43回世界遺産委員会で議題に上がりました。

まず、1995年以前に先行して建設された5kmのハイウェイが世界遺産の景観に悪影響を及ぼしていることが指摘されました。

世界遺産の資産内でハイウェイの建設はできないと言っていることに等しいことになります。

 

また、トンネル化についてICOMOS(イコモス=国際記念物遺跡会議)のガイダンスに従った考古学的アセスメントを進め、レポートを提出することが確認されています。

それを元に2021年の第45回世界遺産委員会で審議される予定になっています。

 

* * *

 

ロイターの記事では「砂漠で工事がはじまった」とありますが、これが本当で世界遺産の資産内あるいはバッファー・ゾーン内であればこれまでの世界遺産委員会の決定や約束が反故にされたことになります。

それがトンネルではなく地上に通されるとなればなおさらです。

 

工事区間や建設予定地・トンネル化などについて具体的に書いている報道機関が見当たらないので実際のところはわかりません。

ただ、場合によっては今後の世界遺産委員会で大きな問題になる可能性があります。

今後も注目したいと思います。

 

 

[関連記事]

ピラミッド地帯/エジプト

世界遺産NEWS 21/12/02:古代都市テーベの「神の道」スフィンクス参道が開通

世界遺産NEWS 20/10/08:サッカーラのピラミッド地帯で古代の棺59基を発見

世界遺産NEWS 20/03/17:14年にわたる修復を経てエジプト最古のピラミッドがリオープン

世界遺産NEWS 19/10/29:エジプト・王家の谷近くで30基の棺とミイラを発見

世界遺産NEWS 19/09/06:屈折ピラミッドが半世紀ぶりに公開へ

世界遺産NEWS 18/12/18:エジプト・サッカーラで神官の墓を発見

世界遺産NEWS 17/11/05:クフ王のピラミッド内部に巨大空間を発見!

世界遺産NEWS 15/11/15:ピラミッド&王家の谷で未知の空間発見!?

 


News

★姉妹サイト「世界遺産データベース」を制作中です。現在、ヨーロッパの世界遺産を執筆しています。

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の魅力を解説
自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が5月に登録勧告を得て7月の正式登録が確実なものとなった。その内容を紹介する。クリックで外部記事へ
文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群」の魅力を解説
2021年7月に世界遺産登録の可否が決まる文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道・青森・岩手・秋田)」の魅力を解説する。クリックで外部記事へ

Topics

 

・All About 世界遺産 新記事

 北海道・北東北の縄文遺跡群

 奄美・徳之島・沖縄島・西表島

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

世界危機言語アトラス・リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレア・ヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです