世界遺産NEWS 20/03/17:14年にわたる修復を経てエジプト最古のピラミッドがリオープン

約4,700年前に築かれたエジプト初のピラミッド「ジェセル王の階段ピラミッド」ですが、3月上旬、14年にわたる修復を終えてリオープンしました。

階段ピラミッドや周辺の神殿群が公開されただけでなく、5kmを超える地下回廊や少なくとも1930年代以降、非公開となっていたジェセル王の玄室も公開されています。

 

Egypt’s Oldest Pyramid Reopens to Public After 14-Year Hiatus(Smithsonian Magazine)

 

 

今回はこのニュースをお伝えします。

 

* * *

世界遺産「メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」の名前にあるように、紀元前2700~前2200年頃のエジプト古王国時代の首都は現在のカイロ郊外のメンフィスに置かれていました。

そしてメンフィスの西に広がるギザやアブ・シール、サッカーラ、ダハシュール、メイドゥームといった場所には数多くのピラミッドが築かれました。

 

ピラミッドといえばメンカウラー王、カフラー王、クフ王の「ギザの3大ピラミッド」ですが、個人的には広大な砂漠のあちらこちらにピラミッドが点在するサッカーラやダハシュールの荒涼とした風景は3大ピラミッドに劣らぬものだと思います。

古王国時代、最終的に100を超えるピラミッドが築かれました。

世界遺産「南イラクのアフワール:生物の避難所と古代メソポタミア都市景観の残影(イラク)」、ジッグラト、エ・テメン・ニグル
メソポタミア都市国家ウル第3王朝のジッグラト、エ・テメン・ニグル。世界遺産「南イラクのアフワール:生物の避難所と古代メソポタミア都市景観の残影(イラク)」構成資産

こうしたエジプトのピラミッドの原型といわれるのがメソポタミアの「ジッグラト」です。

ジッグラトはレンガを積み上げて築いた階段ピラミッドで、その頂部に神殿が据えられていました。

 

建材となったレンガは土を固めたもので、天日干ししたものは日干しレンガ、焼いたものは焼成レンガといわれます。

初期のジッグラトは日干しレンガ、のちに外壁を中心に焼成レンガが使われるようになりましたが、いずれにせよ水に弱く、溶けて崩れてしまったジッグラトも少なくありません。

 

このジッグラトを参考に築かれたのではないかといわれるのが、エジプトの「マスタバ」です。

マスタバはファラオ(エジプトの王)の棺を上から収める竪穴式の石室墓で、地下構造を持つ直方体の建造物です。

 

マスタバも当初はレンガで築かれていましたが、やがて石灰岩や花崗岩を同じ形・大きさに切り出した切石を用いて建造されるようになりました。

「石」は雨でも溶けない永遠の素材と考えられていましたから、エジプトでは石の建築が神聖視されていきます。

世界遺産「メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯(エジプト)」、シベスカフ王のマスタバ
シベスカフ王のマスタバ。世界遺産「メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯(エジプト)」構成資産 (C) Jon Bodsworth

そしてジェセル王のピラミッドです。

 

紀元前2680年頃に築かれた高さ62.5m・底面121×109mを誇るピラミッドですが、階段状の6層構造を持つことから「階段ピラミッド」と呼ばれています。

当初は63m四方のマスタバとして建設される予定だったようですが、マスタバを少しずつ小さくして上に載せていくことで階段ピラミッドとしたようです。

エジプト初のピラミッドあり、世界初の切石による石造ピラミッドで、設計したイムホテプは名前が残る最古の建築家といわれています。

 

このピラミッドはマスタバから発展しているようにやはり王墓です。

ピラミッドの地下28m地点から回廊と数多くの石室群が展開しており、王の玄室をはじめ家族の玄室や神殿などが設けられています。

盗掘を恐れたのか回廊は迷路のように曲がりくねっていて全長6kmに及び、壮大な地下墓地であったことがわかります。

 

そしてまた、ジェセル王のピラミッドは単体で築かれたわけではなく、数多くの建物とともに周壁に囲まれていました。

一例が、柱が立ち並ぶ列柱廊、墓室が並ぶサウス・トゥーム、ピラミッドの北に位置する葬祭殿、王位更新のためのセド祭神殿です。

 

このようにジェセル王のピラミッドは単純に王墓というのではなく、他の建造物とともに神殿コンプレックスを形成していました。

当時はファラオ=神でしたから、王墓と神殿に区別はなかったのかもしれません。

さて、今回のニュースです。

 

ジェセル王のピラミッドは1992年10月12日に起きた地震で内部の石室の天井石が崩れ落ち、ピラミッドの頂部が陥没するなど大きな被害を出しました。

倒壊の可能性さえあるということで慎重に調査が進められ、2006年になってようやく修復作業が開始されました。

 

特に内部の修復は困難を極めたようです。

地下を走り回る回廊が脆弱性を高めており、いくつかの場所では内側に倒壊する可能性がありました。

これに対してエアバッグを膨らませて天井と壁を支えるなど、安全性を確保しながら慎重に作業が進められました。

 

2011年のいわゆる「アラブの春」ではエジプト革命が起こって30年に及んだムバラク政権が崩壊し、その混乱と予算不足で作業の中断を強いられました。

また、金属による補強やオリジナルとは異なる素材の石が使用されたことに対し、「修復ではなく破壊だ」などと考古学者から批判されることもありました。

こうしたトラブルを経つつも、この2020年に総額1億400万エジプト・ポンド(約7億円)を費やした作業がようやく完成を迎えました。

 

3月5日にリオープンの式典が行われ、エジプトのムスタファ・マドブリ首相らが駆けつけました。

ハリド・アナニ観光相が工事完了の報告を行うと、「すべて石で建造された世界初の建造物です」と語り、報道陣に公開されました。

 

階段ピラミッドが公開されるのは14年ぶりですが、ジェセル王の玄室は1930年代から非公開になっているといいますから、一般公開は史上初かもしれません。

地下室は倒壊しないように補強されただけでなく、照明や換気装置を備えており、訪問者は地下回廊を探索することができるということです。

 

* * *

昨年2019年7月には近郊のダハシュールにある屈折ピラミッドの内部も半世紀ぶりに公開されています。

今年秋~冬には待望の大エジプト博物館がオープンする予定です。

 

エジプト政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて3月19~31日の航空便を停止するとの発表を行っていて心配ではありますが、エジプトの遺跡巡りはますます興味深いものになっています。

 

 

[関連記事&サイト]

ピラミッド地帯/エジプト

世界遺産NEWS 21/12/02:古代都市テーベの「神の道」スフィンクス参道が開通

世界遺産NEWS 20/10/08:サッカーラのピラミッド地帯で古代の棺59基を発見

世界遺産NEWS 20/09/22:エジプトのピラミッド地帯で進むハイウェイの建設

世界遺産NEWS 19/10/29:エジプト・王家の谷近くで30基の棺とミイラを発見

世界遺産NEWS 19/09/06:屈折ピラミッドが半世紀ぶりに公開へ

世界遺産NEWS 18/12/18:エジプト・サッカーラで神官の墓を発見

世界遺産NEWS 17/11/05:クフ王のピラミッド内部に巨大空間を発見!

世界遺産NEWS 15/11/15:ピラミッド&王家の谷で未知の空間発見!?

 


News

★姉妹サイト「世界遺産データベース」を制作中です。現在、ヨーロッパの世界遺産を執筆しています。

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の魅力を解説
自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が5月に登録勧告を得て7月の正式登録が確実なものとなった。その内容を紹介する。クリックで外部記事へ
文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群」の魅力を解説
2021年7月に世界遺産登録の可否が決まる文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道・青森・岩手・秋田)」の魅力を解説する。クリックで外部記事へ

Topics

 

・All About 世界遺産 新記事

 北海道・北東北の縄文遺跡群

 奄美・徳之島・沖縄島・西表島

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

世界危機言語アトラス・リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレア・ヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです