世界遺産NEWS 19/11/27:イスラエル、エルサレム旧市街にケーブルカー設置を承認

イスラエル政府は11月上旬、西エルサレムのシオン山から東エルサレム・旧市街の嘆きの壁付近までケーブルカーを走らせるプロジェクトを承認しました。

嘆きの壁を含む神殿の丘の周辺は世界遺産「エルサレムの旧市街とその城壁群」の核心ともいえる場所で、世界遺産委員会はたびたびこの場所の開発を中止するよう要請していました。

 

Jerusalem: Israel approves controversial Old City cable car plan(BBC。英語)

 

今回はこのニュースをお伝えします。

 

* * *

イスラエルとパレスチナが領有権を主張している東エルサレムですが、その中心は「エルサレムの旧市街とその城壁群」として世界遺産リストに登録されています。

世界遺産リストの所属国の欄には「エルサレム(ヨルダン申請遺産) "Jerusalem (Site proposed by Jordan)"」と書かれており、暫定的に都市名が記されています。

 

「ヨルダン申請」というのは、1948年の第1次中東戦争の結果、東エルサレムがヨルダンの統治下に入ったためで、1967年の第3次中東戦争でイスラエルが東エルサレムを占領し、現在に至っています。

ヨルダンは東エルサレムの領有権を1994年に放棄しています。

 

世界遺産リストに登録されたのは1981年で、ヨルダンが推薦して認められました。

しかし翌年には危機遺産リストに搭載されています。

その理由ですが、領有権の問題で旧市街全体の保全を管理する組織やシステム・計画がないこと、急速な都市化や意図的な開発が進んでいることなどが挙げられています。

 

特にイスラエルによる開発や遺跡発掘は大きな問題になっており、世界遺産委員会は何度もイスラエルに是正を要請しており、UNESCO(ユネスコ=国際連合教育科学文化機関)も複数回の非難決議を採択しています。

一例ですが、21世紀に入って建設されたムグラビ橋は大きな問題になりました。

世界遺産「エルサレムの旧市街とその城壁群」資産内、岩のドーム、嘆きの壁、ムグラビ橋、アル=アクサー・モスク
世界遺産「エルサレムの旧市街とその城壁群」資産内、左の黄金のドームが岩のドーム、中央の壁が嘆きの壁、右に伸びているのがムグラビ橋、橋の上の銀色のドームがアル=アクサー・モスク

上の写真の中央右に写っているのがムグラビ橋です。

もともとここにはムグラビ坂があってアル=アクサー・モスクのムグラビ門につながっていました。

2004年にこの坂の一部が崩れたため、イスラエルは仮設の橋を建設し、坂の土を撤去してその下の発掘をはじめました。

 

パレスチナの人々はこれを破壊であり、橋を神殿の丘に進軍させるための軍事施設であるとして強く反発。

UNESCOは非難決議を採択し、世界遺産委員会も旧市街の景観を変える行為に対して懸念を表明しました。

しかし、橋は撤去されておらず、いまもこのままです。

詳細は最後にリンクを貼った「世界遺産NEWS 15/11/28:エルサレム 神殿の丘を巡る対立」を参照してください。

 

ケーブルカーもずっと以前からイスラエルが計画していたもので、世界遺産委員会は反対を表明しつづけてきました。

今回のプロジェクトはイスラエルの国家インフラ委員会が観光省やエルサレム開発局とともに推進してきたもので、11月上旬に政府のハウジング・キャビネットが承認しました。

つまり、自治体ではなく政府の主導で行われています。

 

プロジェクトは西エルサレムのシオン山からムグラビ橋のあるムグラビ地区までケーブルカーを走らせるというものです。

ケーブルカーは全長約1.4kmで4つのステーションを持ち、1度に73人、1時間に3,000人を運搬する能力を持ちます。

この辺りは観光バス等によるの渋滞に悩まされていましたがこれにより解消され、アクセスしにくかった旧市街内部へ一気に移動できるということで住民や観光客の利便性が飛躍的に向上するとしています。

①聖墳墓教会、②岩のドーム、③アル=アクサー・モスク、④嘆きの壁、⑤ムグラビ橋、⑥シオン山 from Googleマップ (C) Google Inc.
①聖墳墓教会、②岩のドーム、③アル=アクサー・モスク、④嘆きの壁、⑤ムグラビ橋、⑥シオン山 from Googleマップ (C) Google Inc.

神殿の丘はアラビア語で「ハラム・アッシャリフ」と呼ばれるイスラム教第3の聖地で、十字軍やイギリス、イスラエルが占領した短い期間を除いて7世紀からイスラム勢力が管理しつづけてきました。

イスラム教徒たちはケーブルカーは聖地に対する冒涜であり、多くのパレスチナ人の頭上を移動してユダヤ人入植地の近くに降り立つことから侵略行為であるとして反発を強めています。

また、建設途中でパレスチナ人の住居が取り壊され、ユダヤ人の入植が強まるのではないかとの懸念も広まっています。

実際、道路建設と称して住民を移動させて入植を進めるスタイルはイスラエルの得意とするところです。

 

当地で活動している環境NGOや歴史家・建築家らも旧市街の歴史的景観を変え、旧市街をディズニー化(アトラクション化)するものとして非難しています。

反対者らはイスラエル政府を提訴する動きを見せており、法廷闘争の可能性が高まっています。

また、ケーブルカーが世界遺産の資産(プロパティ。登録範囲)の真正性に影響を与えることは以前から指摘されていましたから、UNESCOや世界遺産委員会でもまたなんらかの言及があるのではないかと思います。

 

* * *

入植地の解説動画(英語)。冒頭、自動車で移動している場面で入植地を囲う分離壁が確認できます。10秒すぎに出てくる地図の大きな緑の領域がヨルダン川西岸地区で、このうち緑で塗りつぶされているのがパレスチナ人居住区、青がユダヤ人居住区です

 

11月18日、アメリカのマイク・ポンペオ国務長官はエルサレムを含むヨルダン川西岸のイスラエル入植地について、ただちに国際法違反とはみなせないとの見解を示しました。

アメリカのこれまでの方針を転換するものとも考えられ、イスラエルのネタニヤフ首相は歓迎しています。

 

現在、パレスチナにはイスラエルによる140の入植地があってユダヤ人60万人が住んでおり、この数字は増えつづけています。

2016年に国連安保理(国際連合安全保障理事会)はイスラエルに対して入植地建設を国際法違反とし、建設の即時停止を求める決議案を採択しました。

当時、アメリカはオバマ政権で投票を棄権し、拒否権も発動しませんでした。

 

先日11月20日に国連安保理でこの問題が協議され、アメリカを除く4か国の常任理事国と10か国の非常任理事国のすべてが国際法違反であると非難し、2016年決議の履行を求めて共同声明を出しています。

しかしながらアメリカは国際法と矛盾しないと主張しつづけたということです。

 

イスラエルでは4月と9月に総選挙が行われましたが、与野党の勢力が拮抗して組閣できておらず、3度目の総選挙の可能性が高まっています。

また、イスラエルの検察はネタニヤフ首相を収賄罪等で起訴する方針を発表しています。

こうした混乱の中、首相は安保理決議を無視して入植地拡大と将来のヨルダン川西岸の併合を表明しており、シリア国境近くのゴラン高原に最新鋭の戦車を配備するなど強硬姿勢を強めています。

 

イスラエルとアメリカはUNESCOを脱退しており、その方針は堅固です。

この問題、予断を許しません。

 

 

[関連記事]

※それぞれの記事にさらに関連の過去記事へリンクあり

聖地エルサレム:3宗教35億人が崇める神の土地

世界遺産NEWS 21/05/26:エルサレムで続くイスラエルとパレスチナの衝突

世界遺産NEWS 18/05/15:アメリカの在イスラエル大使館、エルサレムへ移転

世界遺産NEWS 17/12/08:トランプ大統領、米大使館をエルサレムへ移転へ

世界遺産NEWS 17/10/25:エルサレム・ローマ劇場の発見と対立

世界遺産NEWS 17/10/18:アメリカ&イスラエル、UNESCO脱退を表明

世界遺産NEWS 17/07/26:混乱が続くエルサレム旧市街

世界遺産NEWS 15/11/28:エルサレム 神殿の丘を巡る対立

 


News

★姉妹サイト「世界遺産データベース」を制作中です。現在、ヨーロッパの世界遺産を執筆しています。

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の魅力を解説
自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が5月に登録勧告を得て7月の正式登録が確実なものとなった。その内容を紹介する。クリックで外部記事へ
文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群」の魅力を解説
2021年7月に世界遺産登録の可否が決まる文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道・青森・岩手・秋田)」の魅力を解説する。クリックで外部記事へ

Topics

 

・All About 世界遺産 新記事

 北海道・北東北の縄文遺跡群

 奄美・徳之島・沖縄島・西表島

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

世界危機言語アトラス・リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレア・ヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです