世界遺産NEWS 19/11/23:ブラジル・パンタナールとオーストラリア南東部、大火災で非常事態宣言

8月下旬にブラジルのアマゾンで史上最大規模の火事が発生しているとのニュースをお伝えしました。

今度はブラジルのパンタナール湿原と、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の山地で大規模な火災が発生し、非常事態宣言が発令されました。

 

Fires Are Ravaging Brazil's Pantanal, the World's Largest Tropical Wetlands(TIME。英語)

Australia fires: Sydney blanketed by smoke from NSW bushfires(BBC。英語)

 

前者には世界遺産「パンタナール保全地域」、後者には世界遺産「グレーター・ブルー・マウンテンズ地域」や「オーストラリアのゴンドワナ雨林」があり、被害が懸念されています。

今回はこのふたつのニュースをお伝えします。

 

* * *

パンタナールはブラジル、ボリビア、パラグアイ国境にまたがる世界最大級の熱帯湿原で、その景観が並外れて美しいだけでなく、生物多様性に富み、絶滅危惧種が多いことで知られています。

雨季になると平原に水が押し寄せ、80%ほどが水没するきわめて特殊な地形です。

 

例年、6~10月は乾季なのですが、パンタナールでは今年、乾季に入ってから火事が相次いでいます。

INPE(ブラジル国立宇宙研究所)による衛星画像解析によると、今年1~10月までに発生した火災は8,500件で昨年の5倍、焼失面積は180万ha(東京都の面積が22万ha)に達し、2007年以来最悪を記録しています。

10月については2,430件が発生し、こちらは2002年以来の最多記録です。

 

特に火災が集中しているのがボリビア、パラグアイ国境に近いマットグロッソ・ド・スル州で、一部では非常事態宣言が出されています。

同州には世界遺産「パンタナール保全地域」があり、延焼が懸念されています。

 

火災はボリビアやパラグアイでも起きており、ボリビアでは9月までに120万haが焼失し、一時は世界遺産「チキトスのイエズス会伝道施設群」の一部にも接近しました。

ブラジル・ボリビアの数字とも観測された火災に基づくもので、実際はこれらの数字よりもはるかに大きいとする研究者もいます。

 

火災の原因の90%はアマゾンと同様、野焼きと見られています。

本来、熱帯雨林や湿原は火が着きにくいのですが、焼畑や牧草地を作るために人為的に着けられた火が風に煽られて広がっているようです。

アマゾンの記事でも書きましたが、ブラジルのボルソナロ大統領が森を焼いて牧草地を確保することを奨励したことが一因とされており、国際的な非難を浴びています。

 

例年、10月下旬は雨季に入っているはずですが、今年は11月に入っても雨が少なく、火災が続いています。

世界遺産を縦断するパラグアイ川の水位はここ20年で最低で、生態系への影響が心配です。

なお、アマゾンは雨季に入りつつあり、火災は沈静化しています。

 

* * *

11月11日、オーストラリア南東部ニューサウスウェールズ州で大規模な森林火災が起こり、人口500万余を誇るシドニーにも及ぶ危険があるとして州政府は非常事態を宣言しました。

火災警戒レベルは史上はじめて「壊滅的」という最高レベルに引き上げられ、3,000人以上の消防士と60機の航空機が出動し、一部の道路が閉鎖され、575校以上の学校が休校するといった警戒態勢が敷かれました。

 

9月以降、同州の森林の焼失面積は165万haに及び、過去3年の被害を上回っています。

シドニー周辺には世界遺産「グレーター・ブルー・マウンテンズ地域」の構成資産であるウォレミ国立公園やブルー・マウンテンズ国立公園があり、これらの国立公園でも火災が確認されています。

 

もともとこれらの地域は火災が多いことで知られているのですが、そのひとつの理由がユーカリです。

世界遺産名の「ブルー」は山が青く見えることから来ているのですが、これはユーカリの発する「テルペン」という物質が原因です。

テルペンは植物から採取される精油の主成分で高い引火性を持ち、火災が起こると一気に広がることになります。

ユーカリはこうした火事をも織り込んで進化しており、種は山火事によって森が一掃されたあと、雨を受けて発芽するといわれています。

 

こうした地域的な特性に加え、40度に達する熱波と日照りによる干ばつ、そして強風のため、これまでになかったような規模の火災が発生しています。

非常事態宣言は7日間で終了しましたが、火災は終息しておらず、天気予報でも高温や乾燥・強風が予想されているため州知事は警報に注意するよう呼びかけています。

州全体で毎日100件近い火災が起きており、22日の午後にも緊急警報が発令されています。

 

 

※2019/12/03追伸

その後も火災は収まらず、ブルー・マウンテンズ国立公園では20%もの範囲で被害が出ているようです。

また、UNESCO(ユネスコ=国際連合教育科学文化機関)はさらに北東に位置する世界遺産「オーストラリアのゴンドワナ雨林」の被害について懸念を表明し、支援の準備があることを発表しています。

 

Bushfires in the Gondwana Rainforests of Australia(UNESCO)

 

* * *

オーストラリアの世界遺産「グレーター・ブルー・マウンテンズ地域」、ブルー・マウンテンズ国立公園の名所スリー・シスターズ
オーストラリアの世界遺産「グレーター・ブルー・マウンテンズ地域」、ブルー・マウンテンズ国立公園の名所スリー・シスターズ

アマゾン、パンタナール、オーストラリア・ニューサウスウェールズの火災を紹介しましたが、実は記事にしていない火災も数多く発生しています。

今年の夏以降だけ見ても、アメリカのカリフォルニア州でも火災で非常事態宣言が出されており、ロシアのシベリアでは記録的な大火災、スペインのカタルーニャでここ20年で最悪の火災、ポルトガル中部の火災はカタルーニャ以上の規模で、カナダやグリーンランド、アラスカなど北極圏の火災は過去1万年で最多という報告もあったりします。

 

これらの火災の直接的な原因としてもっとも多いのは野焼きや焚き火、キャンプファイア、タバコの不始末、放火といった人為によるものです。

特にヨーロッパの山火事は96%が人間由来であるという報告もあるくらいです。

 

しかし、山火事を大きくしているのは気候変動だといわれています。

上に挙げた地域はほとんど熱波と干ばつに襲われており、パンタナールやニューサウスウェールズの樹木の水分量が著しく減っていたという調査結果も出ています。

枯れ木や枯れ草が増えると火事はより広がりやすくなりますし、砂漠やサバナ、荒地化した土地は熱せられて強い上昇気流を生み、強風を呼び込みます。

こうして大火災の環境が整っていくわけです。

 

このため、こうした大火災が定着するのではないかと懸念されています。

実際、オーストラリアやカリフォルニアでは毎年のように大火災が報告されています。

簡単に解決するような問題ではなさそうです。

 

 

[関連記事]

※各記事にさらに過去の関連記事へリンクあり

世界遺産NEWS 21/04/04:多数の滝に彩られたウルルの絶景と豪州の洪水被害

世界遺産NEWS 20/12/14:森林火災で豪州の世界遺産・フレーザー島の半分が焼失

世界遺産NEWS 20/09/03:世界最大級の熱帯湿原パンタナールで記録的な大火災

世界遺産NEWS 20/01/29:オーストラリアのブジ・ビムの火災で古代の水路跡を発見

世界遺産NEWS 20/01/21:山火事広がるブルー・マウンテンズで生きている化石=ウォレミマツを救出

世界遺産NEWS 19/08/24:アマゾンで観測史上最大の火災群が延焼中

世界遺産NEWS 19/03/12:ケニア山が山火事、東レンネルが原油流出で危機

世界遺産NEWS 18/12/11:クイーンズランドの熱波とグレートバリアリーフの再生計画

世界遺産NEWS 18/08/02:ヨセミテ国立公園、山火事で一部閉鎖

世界遺産NEWS 16/01/28:タスマニアで世界遺産の森が延焼中

 


News

★姉妹サイト「世界遺産データベース」を制作中です。現在、ヨーロッパの世界遺産を執筆しています。

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の魅力を解説
自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が5月に登録勧告を得て7月の正式登録が確実なものとなった。その内容を紹介する。クリックで外部記事へ
文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群」の魅力を解説
2021年7月に世界遺産登録の可否が決まる文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道・青森・岩手・秋田)」の魅力を解説する。クリックで外部記事へ

Topics

 

・All About 世界遺産 新記事

 北海道・北東北の縄文遺跡群

 奄美・徳之島・沖縄島・西表島

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

世界危機言語アトラス・リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレア・ヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです