世界遺産NEWS 19/08/24:アマゾンで観測史上最大の火災群が延焼中

ブラジル・アマゾンのあちらこちらで火災が発生しています。

同国における火災発生件数は昨年同時期の1.83倍、その大半がアマゾン川流域で、延焼スピードは毎分サッカーフィールド1.5個分に及ぶといいます。

火災の煙はブラジル国土の半分を覆い、火災現場から3,000kmも離れたサンパウロの空を「昼間なのに夜のよう」と言われるほどに染め上げています。

 

Amazon burning: Brazil reports record forest fires(Reuters。英語)

Brazil's Amazon rainforest is burning at a record rate, research center says(CNN。英語)

 

特に被害が深刻なのが約4万件の火災が集中している北西部のアマゾナス州で、州政府は非常事態を宣言しています。

ここには世界遺産「中央アマゾン保全地域群」が広がっていますから心配ですね。

 

今回はこのニュースをお伝えします。

 

* * *

アマゾン熱帯雨林の概要を紹介しておきましょう。

 

アマゾン川流域には世界最大の熱帯雨林が広がっており、世界の熱帯雨林の1/2~2/3を占めています。

総面積は6,700億haと日本の陸地面積378億haの約18倍に及びます。

この地域で植物が排出する酸素量や吸着する二酸化炭素量は世界の20%を超えており、それゆえ「地球の肺」の異名を持っています。

 

アマゾンが本格的に開拓されるのは1970年代からで、飼料や燃料にしたり油を採るために大豆やヤシの栽培がはじまりました。

森を焼いたその跡に種をまく「焼畑(やきはた)」が行われているのですが、一度使われた畑は痩せて使いものにならないためウシの放牧を行う牧草地に転用され、近隣の森を焼いて新しい畑を作ります。

こうした開墾の70~80%は違法といわれています。

 

大豆価格の高騰や高速道路の開通を受けて開発規模は急拡大し、多くの森が失われました。

熱帯雨林は本来湿っていて火事が起こりにくいのですが、焼畑の残り火や燃えやすい林が広がることで火災も多発するようになりました。

 

すでにアマゾン熱帯雨林の10~20%が失われており、一説によると消失面積は777億haと日本の国土の2倍に及びます。

諸説ありますが、これが20~50%になると臨界点を越え、サバナ(雨季にのみ雨が降って草原が広がる半砂漠地帯)化が一気に進むと考えられています。

 

というのは、森が二酸化炭素とともに水を陸地に吸着しているのですが、緑が失われることで水が海に流れ出すため雨が減り、乾燥化が進みます。

森は温度調節の機能も果たしているため森の消滅と乾燥化はさらなる温暖化をもたらします。

そして温暖化と乾燥化のため雨はさらに減少し、サバナが拡大を続けます。

 

それでなくても気候変動によってアマゾン流域の気温は上がり、降水量が減っています。

二酸化炭素量が地球規模で増えることが気候変動を後押しすると考えられているため、二重・三重にアマゾンの温暖化・乾燥化を促すことになるわけです。

 

2007年、WWF(世界自然保護基金)は「2030年までにアマゾンの熱帯雨林の最大60%が失われる」と警告しています。

ブラジル政府の努力で2010年前後に森林破壊のペースは緩和されましたが、2015年(一説では2013年)から再び加速に転じています。

 

* * *

さて、今回の火災です。

 

8月中旬、INPE(ブラジル国立宇宙研究所)は人工衛星の画像を解析した結果、2019年に入って8月20日までにブラジル全土で72,843件の火災が発生したと発表しました。

2013年に観測をはじめて以来、最大の数字で、昨年同時期の39,759件に比べて約83%も増加しています。

8月15日以降の1週間だけで新規に9,507件の火災を発見していますが、アマゾンの乾季は7~10月なので火災はさらに増える見込みです。

 

こうした火災の大半がアマゾン川流域で発生しており、流域周辺の州では軒並み伸び率が高く、アマゾン最大の都市マナウスのあるアマゾナス州で81%増、その北のロライマ州で141%増、南のアクレ州やロンドニア州は138%増、115%増と2倍を超えています。

特に世界遺産「中央アマゾン保全地域群」が広がるアマゾナス州に約4万件もの火災が集中しており、非常事態宣言が発せられています。

 

火災の煙はブラジルの半分を覆い、約3,000kmも離れた南部沿岸の都市サンパウロにも到達し、住民が「夜のように暗い」と語るほどで、航空便の路線変更も行われています。

こうした火災の原因については焼畑など人為的なものが主であるとしています。

 

しかし、こうした発表に対し、ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領は「大げさだ」と一蹴しています。

極右政党から出馬して当選し、2019年1月に就任したボルソナロ大統領は過激な公約で知られており、アマゾンの農業・鉱山開発、2020年から履行が予定されている温暖化防止のためのパリ協定からの離脱を明言しています。

 

ボルソナロ大統領は7月、INPEの森林火災急増の発表に対し、ウソで煽って政権を批判しているとして所長を解任してしまいました。

さらにWWFやグリーンピースが、政府が森を焼いて牧草地を確保することを奨励したことが原因のひとつであると非難したことに対し、彼らが騒ぎを大きくするために放火しているのではないかと反発しています。

 

こうした言動に対する反響もあって8月21日、Twitterではハッシュタグ「#PrayforAmazonas(アマゾナスに祈りを)」が世界トレンド1位になりました。

フランスのマクロン大統領は「国際的危機」と評し、8月24~26日に開催されるG7サミットの議題にすべきであると主張しています。

ボルソナロ大統領はこれを内政干渉であると切って捨てています。

 

* * *

来年2020年より履行がはじまるパリ協定には以下ふたつの目標があります。

 

  • 世界の気温上昇を産業革命以前の2度以下に保ち、1.5度に抑える努力を行う
  • 温室効果ガス排出量を減少に転じ、21世紀後半には排出量と吸収量を均衡させる

 

しかし、アメリカが離脱したうえアマゾンの大半を有するブラジルまで脱退するとなると目標の達成は困難と言われています。

それどころかボルソナロ大統領はトランプ大統領と協力してアマゾンの開発計画を進めるとまで言っています。

 

今後の動向が非常に気になります。

 

 

[関連記事]

※各記事にさらに過去の関連記事へリンクあり

世界遺産NEWS 20/12/14:森林火災で豪州の世界遺産・フレーザー島の半分が焼失

世界遺産NEWS 20/09/03:世界最大級の熱帯湿原パンタナールで記録的な大火災

世界遺産NEWS 20/01/29:オーストラリアのブジ・ビムの火災で古代の水路跡を発見

世界遺産NEWS 20/01/21:山火事広がるブルー・マウンテンズで生きている化石=ウォレミマツを救出

世界遺産NEWS 19/11/23:ブラジル・パンタナールとオーストラリア南東部、大火災で非常事態宣言

世界遺産NEWS 19/11/11:アフリカ南部の干ばつでヴィクトリアの滝が消滅

世界遺産NEWS 19/05/03:2100年までに世界遺産の氷河の半数が消滅の危機

世界遺産NEWS 19/03/12:ケニア山が山火事、東レンネルが原油流出で危機

世界遺産NEWS 18/12/11:クイーンズランドの熱波とグレートバリアリーフの再生計画

世界遺産NEWS 18/08/02:ヨセミテ国立公園、山火事で一部閉鎖

世界遺産NEWS 16/01/28:タスマニアで世界遺産の森が延焼中

 


News

★姉妹サイト「世界遺産データベース」を制作中です。現在、ヨーロッパの世界遺産を執筆しています。

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の魅力を解説
自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が5月に登録勧告を得て7月の正式登録が確実なものとなった。その内容を紹介する。クリックで外部記事へ
文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群」の魅力を解説
2021年7月に世界遺産登録の可否が決まる文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道・青森・岩手・秋田)」の魅力を解説する。クリックで外部記事へ

Topics

 

・All About 世界遺産 新記事

 北海道・北東北の縄文遺跡群

 奄美・徳之島・沖縄島・西表島

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

世界危機言語アトラス・リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレア・ヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです