世界遺産NEWS 18/12/26:クラカタウの噴火による津波で400人以上の犠牲者

12月22日、インドネシアのスンダ海峡で津波が発生し、ジャワ島西部の海岸を襲いました。

これまでに約430人の犠牲者が確認されていますが、行方不明者も100人を超えており、連絡がとれていない村などもあることからさらなる増加が予想されています。

 

この津波において、巨大な地震が観測されていないことからアナク・クラカタウ島の噴火が原因と見られています。

クラカタウの火山群は6世紀にジャワ島のカラタン文明を滅ぼし、19世紀には35,000人を超える犠牲者を出す大津波を引き起こしています。

そしてアナク・クラカタウ島やジャワ島西部の沿岸部の一部はインドネシアの世界遺産「ウジュン・クロン国立公園」の構成資産でもあります。

 

今回はこのニュースをお伝えします。

 

* * * 

12月22日21時30分(日本時間同23時30分)、インドネシア・ジャワ島西部の沿岸部を津波が襲いました。

その直前に大きな地震は観測されておらず、夜で潮の引きも観察しにくかったことから津波は予想されておらず、突如として襲来したようです。

 

上の動画の中にライブ会場の様子が映っていますが、演奏しているのはセブンティーンという現地で人気のロックバンドでした。

当日は野外ライブを行っていましたが、スタッフが「突然、壁のような津波が押し寄せた」と語るようにいきなり津波に巻き込まれ、リードボーカル以外のメンバーと多くのスタッフ・観客が犠牲になってしまいました。

 

これまでに429人の犠牲者が確認されていますが、行方不明者も100人を超えており、ケガ人は約1,500人に及んでいます。

なかには連絡のとれない村などもあるようで、被害の全容解明にはまだ時間がかかりそうです。

津波の原因ですが、このところ活発化していたアナク・クラカタウ島の噴火に伴う地滑りが原因と見られています。

前日にも大きな噴火が観察されており、上の動画に収められています。

 

この噴火によって山体の一部が崩落し、その地滑りによって津波が発生したようです。

↓の動画のアニメーションがわかりやすいと思います。

 

アナク・クラカタウは日常的に噴火していることからこのような津波の予測の難しさが指摘されています。

今回の津波は高さ約90cmで(入江などはより高くなる傾向があります)、噴火後20分でジャワ島西部に到達したと考えられていますが、噴火と地滑りの規模を正確に予想して10分程度で警報を出すのは簡単ではなさそうです。

インドネシアはこれまでにも多くの地震や津波・噴火の様子が報道されていますが、クラカタウの火山群は古代より非常に活動が活発だったことで知られています。

特に大きな災害が535年と1883年の大噴火です。

 

これらとまったく関係ないニュースですが、先月、アメリカ・ハーバード大学の考古学や中世史の専門家らが「人類史上最悪の年は536年だった」とする研究結果を発表しています。

この年、世界が黒い雲で覆われ、平均気温が大幅に下がり、ヨーロッパでは「毎日が日食のようだった」と記録され、中国では「夏に雪が降った」と記されています。

 

536年前後に世界的に火山活動が活発化しており、南極やアイスランドで巨大な噴火があったようですが、アジアでも前年535年にクラカタウが破局的な噴火を起こしていました。

これにより当時ジャワ島で栄えていたカラタン文明が滅亡しただけでなく、ヨーロッパでも気候変動が伝えられており、その後のビザンツ帝国(東ローマ帝国)やマヤ文明の衰退、ペストの流行、民族大移動等と結びつけて考える学者もいるようです。

 

1883年の大噴火はラカタ島という島で起こりました。

8月26~27日に大噴火が起こるとその噴煙は上空80kmに達してジャワ島は夜のように暗くなり、火山弾が30km以上離れたスマトラ島南西部に降り注ぎ、爆発音は4,800km離れたロドリゲス島まで届いたといいます。

そして火山に伴って巨大な津波が発生し、オランダ当局の発表によると36,417人、当局が把握できなかった死者を含めると一説では12万人に及ぶとされる犠牲者を出しました。

これによりラカタ島の北半分は吹き飛んで消滅し、ジャワ島西部のマングローブ林は根こそぎ奪い去られました。

 

この火山の影響は世界中で観測されており、噴煙は5年間にわたって地球を覆いつづけ、平均気温は1.2度も低下したといわれます。

ヨーロッパでは異常な色の夕焼けが発生し、それがムンクの『叫び』の背景色に影響を与えたとする研究もあったりします。

 

吹き飛んだ島の跡ではその後も噴火が起こっており、1927年には海中から新たな島が誕生しました。

これが「クラカタウの子」を意味するアナク・クラカタウ島で、今回噴火を起こした島になるわけです。

この島、現在標高は1,000mに達しますが、わずか100年足らずでこの標高まで成長したことになります。

世界遺産「ウジュン・クロン国立公園」はアナク・クラカタウ島を含むクラカタウ諸島と、ジャワ島西部のウジュン・クロン半島、パナイタン島、ホンジェ山を構成資産としています。

特にウジュン・クロン半島では1883年の津波と降り積もる火山灰によってマングローブ林をはじめ多くの森が消滅してしまいましたが、その後、森は驚異的な回復力を発揮し、数十年~100年をかけて完全に再生されています。

現在、一帯は「スンダランド」と呼ばれる生物多様性ホットスポットの一部を構成しており、1991年にはその多様性と絶滅危惧種の多さ、自然景観の美しさから世界遺産リストに登録されています。

 

大きな視点から見れば火山や津波は生命のように代謝を繰り返す地球の活動の一部であるわけですが、ひとりの人間にとってはいとも簡単に命を奪う自然の驚異でもあるわけです。

犠牲者ができる限り少ないことを祈ると同時に、こうした津波を予測する研究に期待したいと思います。

 

 

[関連記事]

世界遺産NEWS 18/06/25:ガラパゴス諸島のクンブレ火山が噴火(さらに以前の火山関連記事へリンクあり)

 


News

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

タンザニアの世界遺産「ンゴロンゴロ保全地域」のクロサイ
タンザニアの世界遺産「ンゴロンゴロ保全地域」のクロサイ。高さ600mの壁が囲うクレーター内部に25,000頭の野生動物が暮らしている。クリックで外部記事へ
アメリカの世界遺産「イエローストーン国立公園」グランド・プリズマティック・スプリング
世界初の国立公園で世界遺産第一号のひとつ、アメリカの「イエローストーン国立公園」のグランド・プリズマティック・スプリング。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 2018年新登録の世界遺産

 ガラパゴス諸島/エクアドル

 チンクエ・テッレ/イタリア

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです