世界遺産NEWS 18/09/16:原爆ドームと軍艦島で問われる世界遺産の補修

世界文化遺産の場合、経年的な変化が避けられないため必ず補修・修復が必要になります。

特に難しいとされるのが、破壊されたり崩壊している建物をそのままの状態で保存することです。

9月中旬、広島市は原爆ドームの補修方法を検討する委員会を開催し、その内容を発表しました。

 

原爆ドームの補修方法決まる(NHK NEWS WEB)

 

原爆ドームと同様に、補修方法が大きな問題となっているのが端島(はしま)、通称・軍艦島の高層ビル群です。

こちらは築100年前後と耐用年数に達しつつあり、抜本的な解決策が模索されています。

 

今回はこれらのニュースをお伝えします。

 

* * *

1945年8月6日8時15分17秒。

B-29爆撃機エノラ・ゲイが原子爆弾リトル・ボーイを投下すると、広島県産業奨励館の南東160m、上空約580mで爆発し、3,000度に達する熱線と音速を超える爆風が広島市を襲いました。

このたった1発の爆撃により12万~15万人が亡くなりました。

 

あらゆる建物が軒並み倒壊・焼失する地獄絵図の中で、広島県産業奨励館だけが亡霊のようにたたずんでいたといいます。

爆発がほぼ直上で起きたため横向きの力が少なく、またドーム状の屋根と多用されていた窓が溶けたおかげで爆風の圧力を逃すことができたためといわれています。

この建物はいつしか原爆被害の象徴となり「原爆ドーム」と呼ばれるようになりました。

 

戦後、原爆ドームを取り壊すか保存するかで議論が起こりましたが、広島市議会は1966年に永久保存を可決。

30年後の1996年には「広島平和記念碑[原爆ドーム]」の名前で世界遺産リストにも登録されました。

 

しかし、原爆ドームは爆撃を受けたそのままの状態です。

現在、補強鋼材で支えられてはいますが地震や台風に対して万全とはいえず、風雨をしのぐ屋根もないことから劣化は通常以上のスピードで進んでいます。

 

これが完成している建築物であれば古くなった部分を補修しても同一性を保つことができます。

建設当時の素材・工法・意匠・目的であること等の条件はつきますが、実際に世界文化遺産ではそのような保全活動が行われています。

ところが原爆ドームのように破壊や崩壊した姿そのものに価値を置く物件の場合、古いレンガを新しいレンガに置き換えるといったことができません。

破壊された状態をそのまま保つことにこそ意義があるからです。

 

原爆ドームは1967年以降、4回にわたる保存工事がなされていますが、その内容は補強鋼材の取り付け、亀裂部分の接着、壁の立て起こし、レンガの積み直しと目地の補修、鉄骨の防錆塗装、モルタル塗り、金属腐食部材の取り替え、吸水防止材の塗布といったものに留まっています。

 

広島市は原爆ドームの補修工事の内容を議論するため文化財や建築の専門家を集めた検討委員会を定期的に開催していますが、今年2018年は3月と9月に行われました。

これらの委員会でドームや階段部分を被爆直後の茶色に塗り直すことが決まり、サビが進行している部分にはフッ素樹脂などの塗料を塗布し、水や草が入り込むレンガの隙間には特殊な材料を埋め込むこと、補強材については錆びないステンレス製のものを使うことなどが決められました。

一方で、「補強のためにレンガの中に金属を入れるのは逆効果」とし、長期的な視点から補修工事を見直す必要性も指摘されたようです。

 

中には、いっそ原爆ドームを建物で覆ってしまったり、地盤を切り離して地下に免震装置をつけるべきであるといった意見もあるようですが、景観や地盤も含めて文化遺産であるため、いまのところ現実的ではなさそうです。

広島市は今年度の補修工事費として5,850万円を計上しており、第5回工事の年度内の着工と来年の完成を目指しているということです。

 

* * *

このように破壊・崩壊の姿をそのまま残さなければならないと考えられている遺産は少なくありません。

一例が世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産のひとつである端島、通称・軍艦島の高層住宅群です。

 

Abandoned 'Battleship Island' Is Crumbling. Can It Be Saved?(NATIONAL GEOGRAPHIC。英語)

 

 

軍艦島の高層住宅群は日本最古の高層鉄筋コンクリート(RC)造建築なのですが、1910年代に建設がはじまったもので、古いものは築100年に迫ります。

通常、RC造のビルの寿命は40~70年、耐用年数は100~150年前後といわれており、軍艦島は周辺が海であるためつねに潮風にさらされており、長年廃墟として打ち捨てられていて補修もされていなかったわけですから、一部のビルはすでに倒壊の危険にあると考える専門家もいます。

このため観光のための立ち入りは制限されており、軍艦島のツアーでもこうしたビルの内部を見学することはできません。

 

文化遺産の評価や調査を行っているICOMOS(イコモス。国際記念物遺跡会議)は世界遺産登録前からこれらを危惧しており、抜本的な解決を求めています。

長崎市は国や県の援助を受けて2018年から10年×3段階=30年間・約108億円の修復計画を進めており、まずは護岸と炭鉱生産施設・社宅跡の整備を進め、その後に高層ビル群の補修・修復に移るとしています。

 

ただ、こうしたビル群の損傷具合の確認は非常に難しいとされています。

RC造は鉄筋をコンクリートで覆って強度を確保しているわけですが、内部の鉄筋が腐食した場合、取り壊さなくては確認ができません。

2世紀前半に建設されたローマのパンテオン(世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂」構成資産)のドームは無筋のローマン・コンクリート造で知られますが、鉄筋であればとうに倒壊していたと考えられています。

鉄筋は強度確保にはきわめてすぐれていますが、腐食しやすいため数百年単位の保存には適していないようです。

 

2018年6月、長崎市と三井住友建設は、最初に建てられた30号棟に「ワイヤレス振動センサーによるヘルスモニタリングシステム」を設置し、常時モニタリングを開始したことを発表しました。

これは日本最古の高層RC造住宅である30号棟に加速度を測る高感度振動センサーを設置したもので、センサーはワイヤレスでデータを送信しつづけているためリアルタイムで監視が行われています。

異常が発生した場合には警報を発し、地震が発生した際にはその影響なども観察できるということです。

 

また同月、国際航業もGNSS(全地球航法衛星システム)センサーを取り付けています。

こちらは水平・垂直両方向に2mmの変位さえ観測が可能というもので、30号棟の屋上8か所と島中心部2か所に設置し、こちらもネット経由でモニタリングが行われています。

 

三井住友建設は、将来的にはこうしたデータからビル全体の損傷具合を判定するシステムを確立したいとしています。

 

* * *

 

このように破壊・崩壊の跡をそのまま残すということは、まったく新しく建て直すことよりはるかに難しいことがわかります。

原爆ドームでは50年前に取り付けた金属製の補強材が錆びはじめていますが、金属を壁に打って補強しているため壁自体に傷みが広がってしまっているようです。

新素材を使うにせよ、それが数十年後・数百年後にどのような影響を及ぼすのか、そこまで考えての補修が求められています。

 

すでに数百年・数千年の歴史を持つ石造・木造建築と異なり、そうした実績のない近現代の建築の保全はこうしたトライ&エラーを繰り返して確立していく必要があるようです。

 

 

[関連記事]

世界遺産NEWS 16/09/15:軍艦島/端島をめぐるふたつの課題

 

 


News

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

タンザニアの世界遺産「ンゴロンゴロ保全地域」のクロサイ
タンザニアの世界遺産「ンゴロンゴロ保全地域」のクロサイ。高さ600mの壁が囲うクレーター内部に25,000頭の野生動物が暮らしている。クリックで外部記事へ
アメリカの世界遺産「イエローストーン国立公園」グランド・プリズマティック・スプリング
世界初の国立公園で世界遺産第一号のひとつ、アメリカの「イエローストーン国立公園」のグランド・プリズマティック・スプリング。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 2018年新登録の世界遺産

 ガラパゴス諸島/エクアドル

 チンクエ・テッレ/イタリア

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

11.フォンニャ=ケバン国立公園2

12.カタルーニャ堂とサンパウ病院1

13.カタルーニャ堂とサンパウ病院2

14.オフリド地域1

15.オフリド地域2

16.古都京都の文化財1

17.古都京都の文化財2

18.アントニオ・ガウディ作品群1

19.アントニオ・ガウディ作品群2

20.アンコール1

21.アンコール2

22.アンコール3

23.イチャン・カラ1

24.イチャン・カラ2

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです