世界遺産NEWS 18/04/14:ナスカ近郊で新たな地上絵50点以上を発見

歴史好きなら誰もが一度は心を躍らせた経験があるであろう「ナスカの地上絵」。

4月上旬、ナショナル・ジオグラフィックはナスカ近郊で新たに50点以上の地上絵が発見されたことを発表しました。

 

Massive Ancient Drawings Found in Peruvian Desert(NATIONAL GEOGRAPHIC。英語)

 

すでに数十点の地上絵を発見している山形大学のニュースかと思いましたが、今回の功労者はペルーの考古学チームです。

こちらのニュースをお伝えします。

 

* * * 

上の動画を見ていただけたでしょうか?

とてもキュートな人物や動物の絵が描かれています。

ナスカの地上絵には宇宙飛行士(実際何を描いているのかわかっていません)などを除いて人物の絵がほとんどありませんから、そうした意味でも興味深いですね。

 

言い方を変えると少し幼稚というか洗練されていない印象を受けますが、この辺りはパルパの地上絵に似ています。

パルパの地上絵はナスカの地上絵の北10~20kmほどに点在しているもので、ナスカの地上絵の千年ほど前に描かれたものと言われています。

 

諸説ありますが、ナスカの地上絵は紀元前後~後8世紀頃に栄えたナスカ文化、パルパの地上絵は紀元前9~前1世紀頃のパラカス文化のものと考えられています。

世界遺産「ナスカとパルパの地上絵」はその名の通りこの両方を構成資産としており、今回の新しい地上絵群も登録範囲に含まれているようです。

 

↓がパルパの地上絵です。

さらに下に貼り付けたナスカの地上絵の映像と比べてみてください。

記事によると、今回発見された地上絵の多くは紀元前500~後200年ほどのもので、パラカス文化、あるいはパラカス文化とナスカ文化をつなぐトパラ文化のものと考えられているようです。

ナスカの地上絵に多い幾何学図形や昆虫や鳥などの絵はほとんど見られず、多くが人物絵なのですが、これについてペルーの考古学者ルイス・ハイメ氏は人物絵のほとんどは当時の戦士像であるとしています。

 

また、ナスカの地上絵の多くがほぼ水平な平原に描かれているのに対して、今回の絵の多くはパルパの地上絵と同様、山腹に描かれています。

このため当時は地上から眺めることができたようです。

 

ただ、長い年月を経て絵は薄くなって地上から確認することができなくなり、絵の規模や線の幅がナスカの地上絵と比べて小さく狭かったことから人工衛星や飛行機で発見することもできませんでした。

このため今回、ドローンによる低空撮影によってはじめて確認されることになりました。

今回のドローンによる撮影は地上絵の破壊に備えるために行われたものでした。

 

地上絵は岩石砂漠や礫砂漠に描かれているのですが、太陽光によって酸化した赤茶けた砂を20~30cmも取り除くと白い層が露出します。

たったこれだけの線で構成されている非常に不安定な絵なのですが、年間降水量わずか25mmという乾燥地であるためこうした絵が数千年も保たれているわけです。

 

しかし、辺りはただの砂漠で周囲と隔離されているわけでもないため、人や車が立ち入ることがあります。

今年2018年1月28日にもトラックが侵入して地上絵を踏みつけ、運転手が逮捕される事件が起きています。

 

こうした問題に対処するためナショナル・ジオグラフィック協会はグローバル・エクスプローラー・イニシアチブと呼ばれる構想を進めており、人工衛星を使って遺跡を撮影し、衛星写真を分析・保管しています。

ペルーがその構想に選ばれて撮影を進めていく中で、遺跡の破壊の兆候が見つかるとその情報をもとに地上調査が行われます。

考古学チームはその一環として1/2インチ(1.27cm)の物体さえ判別可能というドローンによる低空3Dスキャニングを行い、違法採掘現場の発見等と同時に、今回の予想外の発見につながりました。

 

* * * 

ナスカでは飛行機に乗って遊覧するだけでなく、展望台では地上絵のすぐ側まで寄って線を見学することができます。

ぼくもその線を見たのですが、「よくこんなものが二千年近く残ったな」と思ったものです。

ぼくがちょっと砂をかけるだけで消えてしまいそうな儚いものに見えました。

現地では人や車の侵入だけでなく、飛行機の墜落や気候変動による降水量の増加なども心配の種となっているようでした。

 

先述のグローバル・エクスプローラー・イニシアチブは遺跡が失われる前に記録しておこうという活動で、その過程で今回の発見となりました。

遺跡が失われ、こうした活動の成果が活躍するような事態が起こらぬことを切に願います。

 

 

[関連サイト&記事]

ナスカの地上絵/ペルー

世界遺産NEWS 19/11/17:山形大学、ナスカで143点の地上絵を発見

世界遺産NEWS 16/04/25:山形大学、ナスカでまたまた新たな地上絵発見

 


News

★姉妹サイト「世界遺産データベース」を制作中です。現在、ヨーロッパの世界遺産を執筆しています。

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の魅力を解説
自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が5月に登録勧告を得て7月の正式登録が確実なものとなった。その内容を紹介する。クリックで外部記事へ
文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群」の魅力を解説
2021年7月に世界遺産登録の可否が決まる文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道・青森・岩手・秋田)」の魅力を解説する。クリックで外部記事へ

Topics

 

・All About 世界遺産 新記事

 北海道・北東北の縄文遺跡群

 奄美・徳之島・沖縄島・西表島

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

世界危機言語アトラス・リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレア・ヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです