世界遺産NEWS 17/10/18:アメリカ&イスラエル、UNESCO脱退を表明

今月12日、アメリカ国務省はUNESCO(ユネスコ=国際連合教育科学文化機関)のイリーナ・ ボコバ事務局長に脱退の意向を伝えました。

正式な脱退には連邦議会の承認が必要であるため、脱退は2018年12月31日付になる予定ということです。

また、同日イスラエルのネタニヤフ首相も同様に脱退の意向を表明しました。

 

UNESCOと両国はこのところ対立が目立っており、アメリカは2011年から分担金の拠出を停止し、イスラエルも追随しています。

今回はこのニュースをお伝えします。

 

* * *

 

10月12日にアメリカとイスラエルがUNESCOからの脱退を表明したわけですが、その理由はUNESCOが政治化し、反イスラエルに偏向しているというものでした。

発端はパレスチナのUNESCO加盟です。

 

パレスチナ自治政府は130か国以上から国家承認を受けており、2011年10月にUNESCOに加盟申請を行い、投票を経て承認されました。

しかし、国家承認をしていないアメリカとイスラエルは反発し、アメリカはパレスチナが加盟する国際機関への拠出を禁じた国内法に従って分担金の支払いを停止し、イスラエルも追随しました。

2年間、支払いが行われなかった場合、UNESCOにおける投票権が停止されるため、2013年11月に両国は投票権を失っています。

 

絶大な政治力を誇るアメリカですが、なぜ加盟を阻止できなかったのでしょうか?

 

パレスチナは国連(国際連合)への加盟も目指していますが、こちらは実現していません。

というのは、国連加盟には安保理(安全保障理事会)の承認が必要なのですが、安保理決議には15理事国中9か国以上の賛成が必要で、5常任理事国がいずれも拒否権を発動しないことが条件となります。

パレスチナの加盟承認に対してアメリカは拒否権の発動を明言していますから、加盟が実現する可能性はきわめて低いと言えるでしょう。

 

しかし、UNESCOには拒否権が存在しませんから、純粋に多数決で採決されます。

パレスチナの加盟は賛成107・反対14・棄権52という圧倒的賛成多数で認められています。

 

UNESCOにおいて、イスラエルはエルサレムの侵略的行為や開発に対してしばしば非難を受けており、2016年10月にも非難決議が採択されています。

ここでも賛成24・反対6・棄権26と、やはり賛成が反対を大きく上回る結果となりました。

これを受けてイスラエルはUNESCOとの協力関係の停止を宣言しています(詳細は最後にリンクを張った「世界遺産NEWS 16/10/19:イスラエル、UNESCOとの協力関係を停止」を参照)。

 

南・西・東南アジア、北・西アフリカをはじめ、世界には多くのイスラム教国が存在します。

激しく対立を続けるイランとサウジアラビアのようにイスラム教国も一枚岩ではありませんが、それでも数にすれば相当数に上ります。

アメリカがいくら政治力を行使しても、イスラエル・パレスチナ問題に関しては数的にきわめて不利な状況にあると言えるでしょう。

ヘブロン、マクペラの洞穴
ヘブロン、マクペラの洞穴

 

アメリカやイスラエルが主張するように、世界遺産委員会においても政治色が強いと思われる決議が続いています。

現在、パレスチナはUNESCO加盟後に以下3件の世界遺産を登録しています。

  • イエス生誕の地:ベツレヘムの聖誕教会と巡礼路、2012年登録、2012年危機遺産登録
  • パレスチナ:オリーブとワインの地-エルサレム南部バティールの文化的景観、2014年登録、2014年危機遺産登録
  • ヘブロン/アル・ハリル旧市街、2017年登録、2017年危機遺産登録

 

上のように、いずれも世界遺産登録と同時に危機遺産登録がなされています。

これは3件いずれも危機的な状況にある物件に対して認められる「緊急的登録推薦」という例外的な推薦を行っているためです。

 

文化遺産の専門調査を行っているICOMOS(イコモス=国際記念物遺跡会議)は前2件に対し、緊急性もO.U.V.(顕著な普遍的価値)も確認できないということで緊急物件としては「不登録」を勧告しています。

たとえば2件目のパレスチナ・バティールに対する評価は「危機的な状況にはなく、また同様の遺跡は中東全域に見られるもので、突出した価値も確認できない」という厳しいものでした。

 

ところが世界遺産委員会はこうした専門家の勧告を退けて、逆転で登録を決議しています。

その理由はバティール地方で進むイスラエルの分離壁問題にあると言われています。

 

2017年、パレスチナは3度目となる緊急的登録推薦を行いましたが、推薦されたヘブロンはイスラエルにとっても非常に重要な場所でした。

そこには『旧約聖書』に登場するユダヤ人の始祖アブラハムやイサク、ヤコブの墓がある「マクペラの洞穴」があり、イスラエルはエルサレム同様にヘブロンの領有権を強く主張しています。

 

同時にヘブロンはキリスト教・イスラム教の聖地でもあって、洞穴の内部は分割されていて、一部は「イブラヒム・モスク」と呼ばれるイスラム教の聖地にもなっています。

このためパレスチナ人も領有権を主張しており、町はイスラエル・パレスチナの支配域が複雑に折り重なり、国際監視団が展開しているような状況です。

 

マクペラの洞穴を含むヘブロンの登録はイスラエルには認めがたいもので、そのため文化遺産の事前調査を行うICOMOS調査団の入国さえ拒否しています。

このためICOMOSは調査・評価を行えず、勧告も出していないのですが、それでも世界遺産委員会は登録を承認しました(詳細は「世界遺産NEWS 17/07/04:イスラエル、ICOMOS調査団の入国を拒否」参照)。

 

こうした一連の動きがあまりに政治的かつ非科学的であるとして、イスラエルはUNESCOから距離を置くことを宣言しました。

 

* * *

日本においても世界遺産の「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」や暫定リスト記載の「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」、世界の記憶の「南京虐殺のドキュメント」と来週にも登録可否が決まる「大日本帝国軍の性奴隷『慰安婦』に関するアーカイブ」などを巡って中国や韓国と対立しており、昨年・今年と日本も分担金の拠出を停止しています。

また、こうした動きに対し、大躍進政策や文化大革命、通州事件や天安門事件、チベット虐殺、慰安婦の肯定的な資料などを世界の記憶に登録しようという運動も起こっています。

 

ここでUNESCO分担金の分担率を見てみましょう。

分担率は国連のそれと同様です。

 

■2016~18年UNESCO分担率

  ※国、分担率(13~15年分担率)、前回比

アメリカ 22.000%(22.000%)  0%

日本     9.680%(10.833%) -1.153%

中国     7.921%(5.148%) +2.773%

ドイツ    6.389%(7.141%) -0.752%

フランス   4.859%(5.593%) -0.734%

英国     4.463%(5.179%) -0.716%

ブラジル   3.823%(2.934%) +0.889%

イタリア   3.748%(4.448%) -0.700%

ロシア    3.088%(2.438%) +0.650%

カナダ    2.921%(2.984%) -0.063%

 

アメリカと日本の拠出停止を受けて、このところUNESCOは費用節減に追われています。

アメリカが脱退すると22%が完全に失われるわけですから、影響は小さなものではありません。

 

もっとも、アメリカの脱退はこれがはじめてではなく、政治的介入や財政の不透明さなどを嫌って1984年に脱退しています(2003年復帰)。

それでも世界遺産条約を破棄したわけではありませんから、脱退期間中も世界遺産委員会に参加して世界遺産の登録を行っています。

ただ、その後イエローストーン国立公園に対する介入に反発して世界遺産登録にも消極的になり、1996~2009年まで登録を行いませんでした。

 

来年、脱退が実現した場合でも、アメリカはオブザーバーとしてUNESCOの活動に参加する予定ということです。

世界遺産委員会にも同様に参加するものと思われます。

 

* * *

トランプ大統領に代わってからシリア爆撃や北朝鮮に対する強硬姿勢、イランの核合意破棄等々が示されており、アメリカは世界におけるプレゼンスをふたたび高める方向に舵を切ったようです。

そうした意味で、数的不利から思い通りにならないUNESCOは国益に反するということなのでしょう。

 

UNESCOでは10月12・13日に事務局長選挙が行われ、フランスのオードレ・アズレ氏の就任が内定しました。

選挙ではフランス、エジプト、カタールの候補者が競いましたが、カタールは今年6月にサウジアラビアやエジプト、バーレーン、UAEといった国々に国交を断絶されており、イスラム教国の票が割れる結果となりました。

最初にエジプトの候補者が敗れたわけですが、その際にエジプトは関係国にアズレ氏の支持を呼び掛けたということです。

 

このように、事務局長を選ぶところからしてUNESCOは政治的であると言うこともできるでしょう。

しかし、国連やIMFといった国際機関の要職にアメリカ人が多いことは周知の事実ですし、近年UNESCOなどで中国人が台頭しているのも事実です。

国際機関が政治的であるのは今にはじまったことではありません。

 

アズレ氏は立候補に際して「UNESCOは対立ではなく対話の場だ」と述べ、不足した資金を埋める財源確保を目標に掲げたということですが、アメリカとイスラエルの脱退宣言を受けて難しい舵取りを強いられることになりそうです。

 

前回、アメリカが脱退した際にはイギリスが追随し、UNESCOは危機を迎えました。

これを受けて1987年に事務局長に就任したスペインのフェデリコ・マヨール氏や1999年に就任した松浦晃一郎氏が改革を断行し、これらが評価されて両国の復帰(イギリス1997年、アメリカ2003年)が実現したと言われています。

 

氏は11月15日に事務局長に就任する予定ですが、その手腕に期待したいところです。

 

 

[関連記事]

世界遺産NEWS 13/11/23:アメリカ&イスラエル、UNESCO投票権喪失

世界遺産NEWS 15/11/28:エルサレム 神殿の丘を巡る対立

世界遺産NEWS 16/10/19:イスラエル、UNESCOとの協力関係を停止

世界遺産NEWS 17/07/04:イスラエル、ICOMOS調査団の入国を拒否

世界遺産NEWS 17/07/26:混乱が続くエルサレム旧市街

聖地エルサレム:3宗教35億人が崇める神の土地

 


News

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

イタリアの世界遺産「ピサのドゥオモ広場」
イタリアの世界遺産「ピサのドゥオモ広場」、左がピサの斜塔、右が大聖堂。斜塔は傾いているだけでなく、途中で曲がっている。クリックで外部記事へ
イタリアの世界遺産「レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院」
世界遺産「レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院」。クリックで外部記事へ。
オーストリアの世界遺産「ザルツブルク市街の歴史地区」
ユネスコ創造都市の「デザイン都市」で、世界遺産「グラーツ市-歴史地区とエッゲンベルク城」を持つオーストリアのグラーツ。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 ピサの斜塔とドゥオモ広場

 ダ・ヴィンチ『最後の晩餐』

 グラーツ:歴史的デザイン都市

 ザルツブルク:バロックの都

 エディンバラ:歴史・文芸の町

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

2017年新登録の世界の記憶

クフ王ピラミッド内に巨大空間

エルサレム・ローマ劇場の発見

米&イ、UNESCO脱退を表明

パルミラのライオン像、復元!

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ-ケバン国立公園1

11.フォンニャ-ケバン国立公園2

12.カタルーニャ堂とサンパウ病院1

13.カタルーニャ堂とサンパウ病院2

14.オフリド地域1

15.オフリド地域2

16.古都京都の文化財1

17.古都京都の文化財2

18.アントニオ・ガウディ作品群1

19.アントニオ・ガウディ作品群2

20.アンコール1

21.アンコール2

22.アンコール3

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです