世界遺産NEWS 17/10/04:復元方法に揺れるバーミヤン渓谷の磨崖仏

2001年3月12日、アフガニスタンのイスラム教原理主義組織タリバンによってバーミヤン渓谷のふたつの磨崖仏(まがいぶつ。岩壁に収められた仏像)が破壊され、その様子がインターネットで全世界に配信されました。

それからすでに16年以上が経つわけですが、断崖がもろくなっていて崩落が起きていることなどから修復が思うように進まない状態が続いていました。

 

この9月下旬、バーミヤン渓谷で修復にあたっている専門家が東京に集まり、今後の修復の方針を協議しました。

破壊された仏像を復元するか、破壊されたままにするか、議論を呼んでいるということです。

 

バーミヤン遺跡の大仏 復元に向け4案 明らかに(NHK NEWS WEB)

 

今回はこのニュースをお伝えします。

 

* * *

 

アフガニスタンの世界遺産「バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群」のバーミヤン渓谷
アフガニスタンの世界遺産「バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群」のバーミヤン渓谷 (C) Alessandro Balsamo

 

9月27~29日、アフガニスタン政府とUNESCO(ユネスコ=国際連合教育科学文化機関)の主催で「バーミヤン仏の未来:真正性と顕著な普遍的価値に関する技術的考察と潜在的影響 “The Future of the Bamiyan Buddha Statues: Technical Considerations and Potential Effects on Authentic and Outstanding Universal Value”」と題する技術シンポジウムが東京で開催されました。

 

政府関係者やバーミヤンで修復を担当している専門家を中心に約80人が参加し、2001年にタリバンによって破壊された世界遺産であり危機遺産リストにも登録されている「バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群」の修復方針について協議を行いました。

 

特に注目されたのが破壊されたふたつの磨崖仏、高さ55mの西大仏と高さ38mの東大仏の扱いです。

今回、日本、イタリア、ドイツをはじめとする4つのグループが修復案を示しましたが、3件は破壊された大仏を元の場所に復元するもので、日本グループの案のみ、現在の状態で保存して離れた場所に仏像のモニュメントを築くというものでした。

 

上のNHKの記事では帝京大学の山内和也教授の話として「破壊されたこと自体も歴史の一部であり、『負の遺産』として、後世に伝えるべきだ」という声を伝えています。

一方、アフガニスタン政府は復元を求めていて、東大仏については復元する方針を明らかにしており、UNESCOがその具体案を検討しているということです。

 

保全・修復はすべての文化遺産が直面する問題です。

というのは、すべての文化遺産は経年的な劣化にさらされており、必ず保全・修復が必要になるからです。

世界遺産の修復は「真正性 "authenticity"」を損なわない形で行われなければなりません。

真正性とは、文化遺産の意匠・工法・素材・用途等が文化的背景の独自性や伝統を正しく継承していることを示します。

 

今年7月上旬、ジョージアのバグラティ大聖堂が修復の結果、真正性を損なったということで世界遺産リストから抹消されています。

コンクリートや金属といった建設当時なかった素材を用い、科学的根拠のないデザインで再建したことが原因です(詳細はリンクを参照してください)。

 

特に建物を再建する「復元」については行うべきか否か、復元する場合はどの時代までさかのぼるか等々、さまざまな議論があります。

 

たとえば今回の場合、破壊された大仏の破片を用い、不足する材料は建造当時と同様の素材・デザイン・工法で補う復元プランが提案されたようです。

ですが、もともと欠けていた顔は復元するのでしょうか?

時代時代に修復されてきているとしたら、いつの時代までさかのぼって復元するべきなのでしょうか?

 

当たり前の話ですが、すべての遺跡が建設当時、あるいはいつの時代かの再建当時のピカピカの姿に蘇ってよいわけがありません。

そうするとその基準はどこに置かれるべきなのでしょう?

 

世界遺産の場合、素材の多くがオリジナルのものでなければ真正性が認められません。

中にはほぼ0から再建された建物もありますが、多くの場合はその場所が史跡などとして登録されているのであって、建物そのものが世界遺産になっているわけではなかったりします。

「古都京都の文化財」の鹿苑寺金閣(舎利殿)、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の首里城、「古都奈良の文化財」の平城宮跡の大極殿などが一例ですが、これらの建物そのものは世界遺産ではないと考えられるでしょう。

 

バーミヤンの磨崖仏はどの道を選択するのでしょうか?

今後もUNESCOやICOMOS(イコモス=国際記念物遺跡会議)などの協力をあおぎながらアフガニスタン政府が結論を下すことになりそうです。

 

* * *

イランの世界遺産「チョガ・ザンビール」のジッグラト
イランの世界遺産「チョガ・ザンビール」のジッグラト

 

ぼくは10年以上前にイランの世界遺産「チョガ・ザンビール」を訪ねているのですが、周辺では当時と同じ方法で日干しレンガが製造されており、それを使ってジッグラト(メソポタミアにおけるピラミッド型神殿)が修復されていました。

バックパッカーの間では「3,500年の時を経て完成か?」なんて笑い話にもなっていたのですが、イランではバムなどもかなり修復していましたし、これでいいのかなぁと疑問に思ったものでした。

 

一方で、エジプトの「古代都市テーベとその墓地遺跡」登録の「王妃の谷」には極彩色に修復されたネフェルタリの墓があります。

あれほど見事だと、やはり極彩色だったと伝えられているカルナック神殿あたりも復元してほしい気がしなくもありません。

 

もちろん、遺跡の修復・復元はこうした旅行者目線で行われるべきではありません。

しかし、観光資源として捉える行政はこうした観点を重視しますし、地域の協力が得られなければバグラティ大聖堂のようにそもそも保全さえできなくなってしまいますから、地域への利益還元という視点も必要ではあるでしょう。

 

いまアフガニスタンには外務省から退避勧告が出ており、旅行に行ける状況ではありません。

ですが産業の少ないアフガニスタンにとってこの世界遺産は将来の希望の星であるわけで、復元にかける政府の思いには並々ならぬものがあるでしょう。

 

どのような結論を出すのか、今後も追跡したいと思います。

 

 

[関連記事]

世界遺産NEWS 15/06/19:破壊されたバーミヤンの石仏が3Dで復活

世界遺産NEWS 16/07/26:登録抹消の危機に直面するバグラティ大聖堂

世界遺産NEWS 17/04/18:「慶州歴史地域」の修復と世界遺産の真正性

世界遺産NEWS 21/09/01:アフガニスタンの混迷と文化財保護の呼び掛け

世界遺産NEWS 22/02/03:倒壊の危機に直面するジャムのミナレット

 


News

★姉妹サイト「世界遺産データベース」を制作中です。現在、ヨーロッパの世界遺産を執筆しています。

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の魅力を解説
自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が5月に登録勧告を得て7月の正式登録が確実なものとなった。その内容を紹介する。クリックで外部記事へ
文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群」の魅力を解説
2021年7月に世界遺産登録の可否が決まる文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道・青森・岩手・秋田)」の魅力を解説する。クリックで外部記事へ

Topics

 

・All About 世界遺産 新記事

 北海道・北東北の縄文遺跡群

 奄美・徳之島・沖縄島・西表島

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

世界危機言語アトラス・リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレア・ヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです