世界遺産NEWS 17/02/15:開発のための持続可能な観光の国際年2017を迎えて

国連(国際連合)は毎年、その年に世界で取り組むべき重要課題を掲げて「国際年」を採択しています。

そして2015年12月22日の国連総会で2017年の国際年が採択されました。

それが "the International Year of Sustainable Tourism for Development"、すなわち「開発のための持続可能な観光の国際年」です。

 

今回はUNESCO(ユネスコ=国際連合教育科学文化機関)の数々の事業と観光との関係などとともにこのニュースをお伝えします。

最近話題の言葉、保護・保存・保全、リビングヘリテージ、エコツーリズム、サステイナブル・ツーリズム、ユネスコエコパーク、ジオパーク、フェアトレード等々にも触れてみたいと思います。

 

世界遺産検定(特にマイスター)を受検する方、もしかしたら試験に出るかもしれませんよw

 

* * *

 

<発展する世界の観光市場>

 

21世紀の産業として大きな注目を集めているのが「観光」です。

その理由はふたつあります。

 

ひとつはその将来性です。 

日本でもインバウンド市場が盛り上がっていますが、JNTO(日本政府観光局)によると2010年から2016年にかけて訪日外国人旅行者数はこのようにうなぎ登りです。

 

■2010~2016年、訪日外国人旅行者数の推移

861万→622万→836万→1,036万→1,341万人→1,974万人→2,404万人

 

すさまじいですね。

たった6~7年で2.8倍です。

 

実は世界的にも観光客は増えています。

UNWTO(国連世界観光機関)によると、1990年→2015年の5年刻みの国際観光客到着数(1泊以上を海外ですごした訪問客)は以下のようになっています。

 

■1990~2015年、5年おきの国際観光客到着数の推移

4.35億人→5.27億人→6.74億人→8.09億人→9.50億人→11.86億人

 

25年で2.7倍、2030年にはさらに52%増えて18億人が見込まれています。

2015年の国際観光収入総額は1兆2,600億ドルで、間接的な影響も含めて世界のGDPの約10%を占めています。

巨大産業なんですね。

 

しかも観光はやりようによっては大きな投資を必要としません。

既存の文化資源や自然資源を有効活用することで収益を伸ばすことも不可能ではないのです。

このため発展を必要とする途上国ではもっとも期待される産業のひとつに位置づけられています。

 

* * *

 

<観光に期待される発展と保全の調和>

 

観光が注目を集めるもうひとつの理由は、文化や自然の「保全」です。

 

現代社会において発展は不可欠な要素です(この善し悪しは置いておきましょう)が、発展には開発が必要です。

特に現在、富は先進国に集中しており、途上国の貧困問題は21世紀最大の課題となっています。

 

しかし、気候変動やエネルギー枯渇・環境汚染等々の問題から、従来型の開発はすでに行き詰まっています。

そこで提唱されたのが「将来の世代の欲求を満たしつつ、現在の世代の欲求も満足させるような開発」(外務省のサイトより引用)、すなわち「持続可能な開発」です。

英語では「持続可能な」は "sustainable" で表されるので "sustainable development" と表現されています。

 

1980年にIUCN(国際自然保護連合)が世界保全戦略の中で提唱し、1992年の国連環境開発会議で採択されたアジェンダ21や、2002年の世界首脳会議で採択されたヨハネスブルグ宣言でもこの理念が謳われており、持続可能な開発にもっとも貢献しうる経済分野として「観光」が位置づけられているのです。

 

なぜ観光なのでしょうか?

たとえば世界遺産は顕著な普遍的価値を持つ文化遺産や自然遺産を守ろうという活動ですが、そうした遺産はむしろ隔離して保存した方が守られるのではないでしょうか?

 

しかしながら、文化遺産については経年劣化もありますから随時修復が必要です。

自然遺産についても人間が手を加えてきたために保たれている自然はたくさんありますし、気候変動や種の絶滅・外来種による生態系の変化等々の問題は人間によって引き起こされた側面も強く、むしろ積極的に手を加えて対応する必要に迫られていることもあります。

 

一例が山火事です。

気候変動に伴って温度上昇・乾燥化が進んでいる地域では山火事が増えており、昨年1月に「タスマニア原生地域」でかつてない規模の山火事が発生しました。

タスマニアの森は「イエローストーン国立公園」などと違って火事に対応できない構造であるため、数百万年かけて築かれた生態系が不可逆的に破壊されかねない危機を迎えました。

こうした場合、人間の手が必要となってくるのです。

 

こうしたことから文化や自然を守る活動は、保護 "protection" や保存 "preservation" から人間が関わる保全 "conservation" へと舵を切っているのです。

 

それに、文化遺産や自然遺産の大切さはそれらに触れてみてはじめて理解できるものです。

真にこれらを守ろうとするならば、こうしたものを愛しいと思う「心」をこそ守らなければなりません。

 

ですから文化遺産や自然遺産を隔離保存するのではなく、いま現在も生きている遺産=リビング・ヘリテージ "living heritage" として扱い、教育・研究・広報といった活動を通して積極的に参加してもらうことが大切なのです。

これを可能にするのがエコツーリズムやサステイナブル・ツーリズムで、文化や自然に触れながらこれらを愛でる心を育もうという次世代の観光の形なのです。

 

そして観光を通して学び育まれた文化や自然を愛する心は、それぞれが所属する地域でその力を発揮することでしょう。

最終的に、世界遺産やユネスコエコパーク、ジオパークなどに含まれていない自分の周辺の地域を守ることにもつながるのです。

 

* * *

 

<持続可能な観光とUNESCOの事業>

 

2015年から15年計画「持続可能な開発のための2030アジェンダ」がスタートしました。

これは2015年の「国連持続可能な開発サミット」で採択されたもので、この15年であらゆる場所・あらゆる形態の貧困に終止符を打つことを目標としています。

そしてこれを実現するための取り組みのひとつが「開発のための持続可能な観光の国際年」なのです。

 

国際年は各国がこれをテーマにさまざまな活動を行うのはもちろんですが、UNWTO(国連世界観光機関)、UNEP(国連環境計画)、UNCTAD(国連貿易開発会議)といったさまざまな政府間機関やNGO・企業なども参加しています。

特に期待されているのがUNESCOです。

 

UNESCOは世界遺産等々、さまざまな形で世界の有力な文化資源や自然資源をリストアップしており、保全活動を進めています。

下はぼくが作ったUNESCO事業のリスト集です(それぞれの詳細は各記事参照のこと)。

 

■UNESCO遺産事業リスト集

  1. 日本の遺産リスト
  2. 無形文化遺産リスト
  3. 世界の記憶リスト
  4. 世界遺産リスト
  5. ユネスコエコパーク=生物圏保存地域・リスト
  6. ユネスコ世界ジオパーク・リスト
  7. 創造都市リスト

 

この中で、ユネスコエコパークとジオパークはもともと環境の保全と社会の発展の調和を謳う活動です。

ユネスコエコパークは3つの機能「保全」「学術的研究支援」「経済と社会の発展」を掲げていますし、ジオパークは「保全」「教育」「観光(地域振興)」を活動の柱としています。

 

たとえば「糸魚川ジオパーク」。

こちらでは美しい自然を眺めながらフォッサマグナ(地質学的な溝)などの地形を知るツアーを催行していますが、それだけでなく、そうした地形が育む山菜や魚を味わう料理、地形をベースに発展した伝統祭事などもリンクさせて、五感をフルに活用して自然の恵みを体感するツーリズムを推進しています。

こうして環境保全の意識を高めつつ、利益を地域に還元して発展に寄与することが持続可能な観光の狙いであるわけです。

 

近年、世界遺産もこうした視点を取り入れており、世界遺産を利用した研究・教育活動や、地域の社会資源として世界遺産になんらかの役割を持たせる必要性が叫ばれています。

 

もちろん課題も山積です。

遺産活動はいずれも保全を義務づけているためだいたい保全と発展、保全と開発の両立を掲げてはいるのですが、現地に行ってみると実際には保全がないがしろにされているケースは少なくありません。

従来型のマス・ツーリズムの方が短期的には利益が出せますからね。

 

また、先進国・新興国や都市部といったもともと豊かな地域だけが発展するリーゲージ(漏出)問題は深刻で、UNEPによると先進国で10~20%、新興国になると40~50%もの利益が海外に流出していると見られています。

一例ですが、パック旅行で先進国から途上国、たとえば日本からカンボジアに行くような場合、パック料金から生まれる利益の80%は日本などの出発国に落ちると言われています。

 

立場の強い者が利益を独占するのではなく、地域に正しく配分されるフェアトレード(公平貿易)の実現が重要になってくるわけです。

 

* * *

フィリピンの世界遺産「フィリピン・コルディリェーラの棚田群」のバナウエ村
持続可能な農業と観光が調和していることで知られるフィリピンの世界遺産「フィリピン・コルディリェーラの棚田群」のバナウエ村

 

<国際年とUNESCO>

 

最後に「開発のための持続可能な観光の国際年」を迎えるにあたって発表したUNESCOのイリーナ・ ボコバ事務局長の声明を紹介しましょう。

「開発のための持続可能な観光の国際年」公式サイトからの引用です。

 

「観光は異文化間の交流と対話への扉です。

毎年12億以上の人々が国境を越えていますが、観光は(戦争や差別の原因となる)無知と偏見の障壁を打ち破る絶好の機会となります。

そしてまた、観光は『持続可能な開発のための2030アジェンダ』に直接に間接に貢献する可能性を秘めています。

UNWTOのデータは、雇用創出や地域への利益誘導の手段として観光の重要性を示しており、実際に観光は世界の雇用の1/11を占めています。

UNESCOは成長とイノベーションの牽引役として持続可能な開発と創造的な経済を可能にする文化の役割を強く提唱しています。

 

私たちは観光のポテンシャルを知っており、同時に管理されていない観光の弊害をよく知っています。

古代のモニュメントはマス・ツーリズムによってダメージを受けかねませんし、無形文化遺産は適切な保護がない限り危機に瀕してしまいます。

世界遺産やユネスコエコパーク、ジオパークのようなUNESCOの遺産は観光にとってすばらしい機会を提供していますが、私たちはその管理に関して責任と持続可能性を確実なものにしなければなりません。

 

「開発のための持続可能な観光の国際年」は遺産と観光を巡る積極的でダイナミックな変化を促進する機会となるでしょう。

この2017年、UNESCOはEU(欧州連合)やその他のパートナーとともに持続可能な観光の発展を支援するいくつかの取り組みを立ち上げます。

UNESCOはまた地中海の生物圏保存地域とUNWTOの文化および観光に関して重要な会議の数々を共催します。

 

持続可能な観光はよりよい教育を提供し、より新しい行動を啓蒙・促進し、すべての観光従事者の責任能力を高めるために、新しいパートナーシップを求めています。

そしてこの精神は持続可能な観光が効果的な変化の触媒となるように、UNESCOとUNWTOの協力の下で推進されます」

 

この機会にユネスコエコパークやジオパークを訪ねてみるのもおもしろいかもしれませんね。

 

 

[関連サイト]

The International Year of Sustainable Tourism for Development(公式サイト。英語)

UNESCO遺産事業リスト&各種ランキング・トップページ

 


News

カタルーニャ音楽堂
カタルーニャ音楽堂

世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

イギリスの世界遺産「ロンドン塔」
イギリスでもっとも歴史のある石造城塞であり、多くの囚人を収容した監獄兼処刑場で、世界一有名な幽霊屋敷でもある「ロンドン塔」。クリックで外部記事へ
世界遺産「文化交差路サマルカンド」のグリ・アミール廟、イーワーン
青の都・サマルカンド、グリ・アミール廟のイーワーンとドーム。世界遺産「文化交差路サマルカンド」構成資産。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 世界一の幽霊屋敷 ロンドン塔

 青の都サマルカンド

 学生が訪れたい世界の絶景

 2017年おすすめの世界遺産

 日本の世界遺産名所12選

 ル・コルビュジエの建築作品

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

2017世界遺産候補地の勧告結果

ルワンダ虐殺記念館を訪問

UNESCO分担金支払いを留保へ

宗像・沖ノ島に登録勧告

2017年、新登録の日本遺産

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ-ケバン国立公園1

11.フォンニャ-ケバン国立公園2

12.カタルーニャ堂とサンパウ病院1

13.カタルーニャ堂とサンパウ病院2

14.オフリド地域1

15.オフリド地域2

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです