世界遺産NEWS 16/11/22:チチェン・イッツァで新たなピラミッド発見

INAH(メキシコ国立人類学歴史学研究所)の調査チームは11月16日、メキシコの世界遺産「古代都市チチェン・イッツァ」で新たなピラミッドを発見したと発表しました。

 

見つかった場所ですが、なんとマヤ文明でもっとも有名なピラミッド「エル・カスティーヨ」の内部!

実は、中にピラミッドがあることは1930年代にすでに明らかになっていましたが、今回の発見はそのさらに内部です。

三重ピラミッドということになりますね。

担当者は「ロシアのマトリョーシカのようだ」と語ったとか。

 

今回はこのニュースをお伝えします。

 

* * *

前半のドーム状の建物は古典期に建造された天体観測所カラコル、そのあと登場する四角錐のピラミッドがエル・カスティーヨ

 

マヤは紀元前4~後16世紀頃、メソ・アメリカ(中央アメリカの古代文明地帯)で栄えた文明です(時期については諸説あり)。

その歴史は3つに分けられることが多く、3世紀以前は先古典期、3~10世紀は古典期、11世紀以降は後古典期と呼ばれています。

チチェン・イッツァは古典期と後古典期にまたがって栄えたマヤ都市国家のひとつで、古典期の遺跡は旧チチェン、後古典期の遺跡は新チチェンと言われます。

 

新チチェンを代表する建物が、高さ24m、基壇55mのピラミッド=エル・カスティーヨです。

羽毛を持つヘビの姿をした創造神ククルカン(アステカ文明などではケツァルコアトル)に捧げられた神殿で、ククルカン神殿とも呼ばれています。

 

このピラミッドは天文学的なさまざまな仕掛けが施されていて、たとえば1面の階段総数は91、4面に最上段の祭壇の1段を加えると365段となって1年の日数を表します。

また、ピラミッドは9層で階段を境にふたつに分かれているので18層となりますが、これはマヤ暦の1年=18か月を示しています。

 

驚くべきは春分と秋分の日のククルカン降臨です。

ピラミッドの下にククルカンの頭部が置かれているのですが、1年に2回、春分と秋分の日に、階段の側部にかかる陽光がヘビの胴体のようなジグザグの形をとることからククルカンの降臨を表現していると考えられています。

下の動画を見るとその様子がよくわかります。

実はこのエル・カスティーヨ、1930年代に内部への通路が発見されており、調査の結果、中でピラミッドが見つかっています。

この内蔵ピラミッドにはジャガーの玉座や生け贄の心臓を捧げたチャックモール像が設置されており、出土したヒスイが当時交易など行われているはずのない中国の出土品だったことから大きな謎を呼ぶことになりました。

 

内蔵ピラミッドは古典期後期、9~10世紀の建造と見られており、11世紀以降の後古典期に、上にカバーをするように現在のエル・カスティーヨが築かれたと考えられています。

 

さらに昨年、地中に電流を流して地盤状況を把握する電気探査によって、エル・カスティーヨの地下20mほどに25×35mほどの地底湖があり、地下河川が流れていることが明らかになりました。

だからこそ、羽毛を持つヘビの神ククルカンがここに住むと考えたのかもしれませんね。

地盤が石灰質で雨が地中に浸透してしまうユカタン半島には川がないので、このような天然の井戸=セノーテは非常に貴重な水源で、神聖視されていましたから。

 

そして11月16日の発表によると、三次元比抵抗探査(ERT-3D)と呼ばれる電気探査によって、内蔵ピラミッドのさらに内側に高さ10mほどのピラミッド型構造物が発見されました。

担当者はこの小型ピラミッドを6~9世紀の古典期の建造と考えているようですが、実際に発掘調査をしてみないとハッキリしたことは言えないということです。

実は1940年代に、内蔵ピラミッドの内部にさらに構造物があると報告した考古学者がいたようです。

ただ、通路の状態が悪く危険だったため追跡調査をすることができませんでした。

今回の結果はこれを裏打ちするものですから、今後なんらかの調査が行われることになるかもしれません。

 

ちなみに、世界遺産「古代都市テオティワカン」の太陽のピラミッドや月のピラミッドなどでも内部にピラミッドが発見されています。

たとえば月のピラミッドは1世紀頃に最初の小さな神殿が建てられて、増改築を繰り返すうちに大きくなり、7回の増築を経て現在見られる高さ47m、底辺140×150mの巨大な神殿になったと考えられています。

メソ・アメリカのピラミッドでは珍しいことではなかったのかもしれませんね。

 

今後の調査が非常に楽しみです。

 

[関連記事&サイト]

チチェン・イッツァ/メキシコ

古代都市テオティワカン/メキシコ

世界遺産NEWS 19/03/08:チチェン・イッツァ近郊の洞窟でマヤ文明の遺物を発見

世界遺産NEWS 18/01/20:メキシコで世界最大の水中洞窟発見

世界遺産NEWS 16/01/06:ホヤ・デ・セレンでマヤ人の生活が明らかに

 


News

★姉妹サイト「世界遺産データベース」を制作中です。現在、ヨーロッパの世界遺産を執筆しています。

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の魅力を解説
自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が5月に登録勧告を得て7月の正式登録が確実なものとなった。その内容を紹介する。クリックで外部記事へ
文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群」の魅力を解説
2021年7月に世界遺産登録の可否が決まる文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道・青森・岩手・秋田)」の魅力を解説する。クリックで外部記事へ

Topics

 

・All About 世界遺産 新記事

 北海道・北東北の縄文遺跡群

 奄美・徳之島・沖縄島・西表島

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

世界危機言語アトラス・リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレア・ヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです