世界遺産NEWS 16/10/14:日本、UNESCO分担金の支払いを留保

10月13日、外務省はUNESCO(ユネスコ=国際連合教育科学文化機関)に対し、今年の分担金・拠出金約44億円を留保している事実を明らかにしました。

今回はこの周辺事情について考察してみましょう。

 

* * *

日本はUNESCOに加盟しているわけですが、毎年各国に分担された分担金を支払っています。

予算に対する分担率は国連(国際連合)の分担率と同様で、各国の経済規模等を勘案して決められており、3年に1度、国連総会で見直されています。

日本の分担率のピークは2000年の20.573%で、以降は減り続けているものの、2016~18年でも9.680%といまだ世界第2位を誇っています。

 

■2016~18年UNESCO分担率

  ※国、分担率(13~15年分担率)、前回比

  1. アメリカ 22.000%(22.000%)  0%
  2. 日本     9.680%(10.833%) -1.153%
  3. 中国     7.921%(5.148%) +2.773%
  4. ドイツ    6.389%(7.141%) -0.752%
  5. フランス   4.859%(5.593%) -0.734%
  6. 英国     4.463%(5.179%) -0.716%
  7. ブラジル   3.823%(2.934%) +0.889%
  8. イタリア   3.748%(4.448%) -0.700%
  9. ロシア    3.088%(2.438%) +0.650%
  10. カナダ    2.921%(2.984%) -0.063%

 

報道によると、2016年の分担金は約38.5億円、アンコールなどの修復のための予算である任意拠出金は5.5億円で、計44億円。

これらは毎年4~5月に支払っていますが、今年は留保しているようで、岸田外務大臣は「分担金の支払いを現時点で行っていない。今後については総合的に判断していきたい」と述べています。

 

これが続くようだと、UNESCOにとって大きな痛手になると予想されます。

というのは現在、最大拠出国であるアメリカやイスラエルも支払いを停止しているからです。 

その原因は2011年のパレスチナのUNESCO加盟にあります。

 

同年10月、パレスチナはUNESCOへの加盟を申請し、賛成107・反対14・棄権52の投票をもって承認され、さらに翌12年7月の第36回世界遺産委員会では同国の「イエスの生誕地:ベツレヘムの聖誕教会と巡礼路」が緊急的登録推薦で世界遺産リストに登録されました。

アメリカとイスラエルはUNESCOの政治利用であるとして非難しましたが、国連の安全保障理事会と違ってUNESCOには拒否権がありませんから抵抗することができませんでした。

アメリカにはパレスチナが所属する国際機関への拠出を禁ずる法律があるため、これに従って拠出を停止しました。

 

2年間にわたって分担金が支払われない場合、規定により投票権が停止されます。

ということで、両国は2013年11月8日をもってUNESCOの投票権を失いました。

 

アメリカはしばしばUNESCOの政治性を批判し、対立しています。

1984年にはUNESCOの政治的介入に反発して脱退しており(2003年復帰)、イエローストーン国立公園への干渉を嫌って世界遺産への取り組みも消極的になってしまいました(1996~2009年まで新規登録なし)。

 

そしてアメリカの拠出停止を受けて、UNESCOは予算削減・人員整理を余儀なくされています。

ですから実質的に最大拠出国となっている日本までもが拠出停止を続けた場合、影響は相当大きなものになりそうです。

 

* * *

UNESCOのシンボルのモチーフとなったパルテノン神殿。世界遺産「アテネのアクロポリス」構成資産

 

今回の日本のUNESCOに対する反発は、中国が「世界の記憶(世界記録遺産/ユネスコ記憶遺産)」にふたつの物件を推薦したことにはじまります。

  • 大日本帝国軍の性奴隷「慰安婦」に関するアーカイブ

Archives about "Comfort Women": the Sex Slaves for Imperial Japanese Troops

  • 南京虐殺のドキュメント

Documents of Nanjing Massacre

 

これらの推薦に対し、日本政府はUNESCOに遺産事業の政治利用であるとして登録延期を要請し、中国政府には共同での調査・研究を呼び掛けました。

しかし実現せず、2015年10月に開催された第12回IAC(国際諮問委員会)で「南京虐殺のドキュメント」のみ、登録が決定しました。

この登録の過程は非常に不透明なものでした。

 

推薦書によると、「南京虐殺のドキュメント」は当時の写真や日記・フィルム、日本兵の供述書や軍事法廷の裁判資料などで構成されており、日本が20万人以上を虐殺し、2万人以上の女性をレイプしたと書かれています。

しかし、実際にどのような資料なのかは1年を経た今になっても公開されていません。

世界の記憶の目的はデータの保存・公開・活用ですから、これはとてもおかしな話です。

 

世界の記憶の登録プロセスは「記録遺産保護のための一般指針」で明らかにされており、真正性(史資料の来歴が明らかでホンモノであること)や唯一性・完全性の証明などを求めています。

そしてIACでは14人の各国代表が評価を行い、協議あるいは委員の1/2以上の賛成で登録が決まります。

 

ところが、審議は非公開で質疑応答等の機会もありません。

ですから何をどのように審議したのか、その過程はまったくわかりません。

 

こうした不透明で公平性や真正性を欠く動きに対し、菅官房長官は「分担金や拠出金の支払い停止を含めて検討していく」と述べ、UNESCOに制度改革を強く求めました。

5月には馳文科相、8月には変わった松野文科相がイリーナ・ ボコバ事務局長と会談を行って制度改革を促し、事務局長も改革に前向きで作業が進行中であると述べています。

 

しかし5月31日、今度は中国・韓国・日本をはじめとする9か国15の市民団体がいわゆる慰安婦関係の資料2,744点を集めた「慰安婦の声 Voices of the ‘Comfort Women'」を世界の記憶に推薦しました。

これについては前回の記事「世界の記憶と慰安婦文書を巡る対立(下にリンク)」で記していますが、推薦は政府ではなく民間が行っており、UNESCOのメンバーがリードしているという報道もあったりします。

一部報道によると、その人物が複数国・民間主導での推薦を呼び掛け、制度改革が実行される前、つまり2017年の第13回IACでの登録を目指して推薦を行ったということですが、真相はわかりません(IACは隔年開催なので2016年はなし)。

 

世界遺産の場合、推薦は政府が行い、ICOMOS(イコモス=国際記念物遺跡会議)やIUCN(国際自然保護連合)といった専門の諮問機関の調査・評価を受け、それをもとに21か国の代表からなる世界遺産委員会が協議、あるいは投票(投票国の2/3以上の賛成で可決)を行って登録の可否を決めています。

こうした登録プロセスの見直しも行われていますし、何より世界遺産委員会は多くの参加者を認めており、審議をネット中継で見学することもできたりします。

しばしば政治的な決定が下されているのは事実ですが、一応は民主的でオープンなものと言えるでしょう。

 

拠出留保の是非はともかく、世界の記憶の登録プロセスが不透明であることは間違いありません。

 

* * *

日本はアメリカがUNESCOを脱退し、翌年イギリスとシンガポールが追随したときに脱退追随を検討していました(イギリスは1997年、シンガポールは2007年に復帰)。

しかし、1999~2009年に松浦晃一郎氏が第8代事務局長に就き、制度改革を進めて現在のような体制を築き上げました。

アメリカやイギリスが復帰したのもこうした理由によるところが大きいと言われています。

 

支払いの留保がいつまで続くのかわかりません。

一定の圧力になるとは思われますが、改革に日本が関与できなくなってしまう可能性も否定できません。

 

もっともアメリカもイギリスも、UNESCO脱退後もオブザーバーとして参加して世界遺産を登録したりしています。

そうしたことも見据えての動きなのでしょう。

 

松浦晃一郎氏は今回の政府の方針に対し、UNESCOの全事業に与える影響を鑑み、戦略として「稚拙だ」と述べているようです。

こうしたやり方ではなく、氏が行ったように内部から改革を主導していくべきだという立場なのだと思います。

 

UNESCOがどこに向かうのか?

そして日本はどのような役割を果たすのか?

非常に重要な局面であるようです。

 

おなじみですが、UNESCO憲章前文を貼り付けておきましょう。

日本語版は日本ユネスコ協会連盟、英語版はUNESCOの公式サイトからの抜粋です。

 

■UNESCO憲章前文より

戦争は人の心の中で生れるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない。

相互の風習と生活を知らないことは、人類の歴史を通じて世界の諸人民の間に疑惑と不信をおこした共通の原因であり、この疑惑と不信のために、諸人民の不一致があまりにもしばしば戦争となった。 ここに終りを告げた恐るべき大戦争は、人間の尊厳・平等・相互の尊重という民主主義の原理を否認し、これらの原理の代りに、無知と偏見を通じて人間と人種の不平等という教義をひろめることによって可能にされた戦争であった。

文化の広い普及と正義・自由・平和のための人類の教育とは、人間の尊厳に欠くことのできないものであり、且つすべての国民が相互の援助及び相互の関心の精神をもって果さなければならない神聖な義務である。

政府の政治的及び経済的取極のみに基く平和は、世界の諸人民の、一致した、しかも永続する誠実な支持を確保できる平和ではない。よって平和は、失われないためには、人類の知的及び精神的連帯の上に築かなければならない。

 

■UNESCO Constitution preceding paragraph

That ignorance of each other’s ways and lives has been a common cause, throughout the history of mankind, of that suspicion and mistrust between the peoples of the world through which their differences have all too often broken into war; 

That the great and terrible war which has now ended was a war made possible by the denial of the democratic principles of the dignity, equality and mutual respect of men, and by the propagation, in their place, through ignorance and prejudice, of the doctrine of the inequality of men and races; 

That the wide diffusion of culture, and the education of humanity for justice and liberty and peace are indispensable to the dignity of man and constitute a sacred duty which all the nations must fulfil in a spirit of mutual assistance and concern; 

That a peace based exclusively upon the political and economic arrangements of governments would not be a peace which could secure the unanimous, lasting and sincere support of the peoples of the world, and that the peace must therefore be founded, if it is not to fail, upon the intellectual and moral solidarity of mankind. 

 

 

[関連記事&サイト]

世界遺産NEWS 16/12/24:日本がUNESCO分担金の支払いへ(続報)

世界遺産NEWS 15/12/10:UNESCO分担金停止と朝鮮通信使(前回の関連記事)

UNESCO遺産事業リスト集 3.世界の記憶(ユネスコ記憶遺産/世界記録遺産)リスト

世界遺産NEWS 16/10/06:世界の記憶と慰安婦文書を巡る対立

世界遺産NEWS 15/08/01:南京事件・慰安婦登録に対し反論書簡

世界遺産NEWS 13/11/23:アメリカ&イスラエル、UNESCO投票権喪失

 


News

世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

オフリド地域の自然遺産及び文化遺産
オフリド地域の自然遺産及び文化遺産
世界遺産「文化交差路サマルカンド」のグリ・アミール廟、イーワーン
フランス・ブルボン家のベルサイユ宮殿に対抗して、オーストリア・ハプスブルク家が贅と粋を尽くした世界遺産「シェーンブルン宮殿と庭園群」。クリックで外部記事へ。
イギリスの世界遺産「ロンドン塔」
イギリスでもっとも歴史のある石造城塞であり、多くの囚人を収容した監獄兼処刑場で、世界一有名な幽霊屋敷でもある「ロンドン塔」。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 シェーンブルン宮殿

 世界一の幽霊屋敷 ロンドン塔

 青の都サマルカンド

 学生が訪れたい世界の絶景

 2017年おすすめの世界遺産

 日本の世界遺産名所12選

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産のサンゴ礁、全滅危機

新登録のユネスコエコパーク

政治的対立が深まる世界の記憶

ゴミに覆われたヘンダーソン島

宗像・沖ノ島を巡る不安

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ-ケバン国立公園1

11.フォンニャ-ケバン国立公園2

12.カタルーニャ堂とサンパウ病院1

13.カタルーニャ堂とサンパウ病院2

14.オフリド地域1

15.オフリド地域2

16.古都京都の文化財1

17.古都京都の文化財2

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです