世界遺産NEWS 16/04/09:WWF、産業の脅威にさらされた114の世界遺産

 

WWF(世界自然保護基金)は6日、人間の産業活動によって自然遺産と複合遺産の約半数が脅威にされているとの報告を発表しました。

 

報告書は "PROTECTING PEOPLE THROUGH NATURE" とタイトルされたもので、これによると世界遺産の自然遺産197件+複合遺産32件=計229件のうち、49.78%にあたる114件が人間の産業活動から深刻な脅威を与えられているということです(下に114件の全リストを掲載)。

産業活動の例としては、鉱山やダム・鉄道の開発、石油やガスの探査・採掘、違法伐採・密漁、持続不可能な大規模開発・大量収穫などが挙げられています。

 

ぼくが以前書いたふたつの記事がよい例になりそうなのでご参照ください。

両記事で取り上げている「ヴィルンガ国立公園」も「グレートバリアリーフ」も脅威を与えられている世界遺産に取り上げられています。

 

[関連記事]

世界遺産NEWS 16/01/29:石油開発に揺れるヴィルンガ国立公園

世界遺産NEWS 16/04/05:グレートバリアリーフを巡る危機

実はこれ、かなり大きな問題をはらんでいると思われます。

 

世界自然遺産の価値を認められるためには「完全性 integrity」を有していなければなりません。

完全性とは、O.U.V.(顕著な普遍的価値)を維持するために必要な要素や範囲をすべて含んでおり、国内法で保護されるなど保護体制が整備されていて、そこを保護・保全すれば価値が完全に守られることを意味しています。

つまり、脅威がある時点で世界遺産の理念が厳密には運用されていないということになります。

 

もちろん、O.U.V.が危機にさらされた場合、その世界遺産をモニターし、顕著なものは危機遺産リストに掲載するという体制はできています。

危機遺産リスト記載の48件の中で自然遺産と複合遺産は18件しかありませんが、「グレートバリアリーフ」の記事で紹介したように、脅威を有する物件についてはモニタリングが行われています。

しかしそれにしても約半数、114件というのは多すぎます。

 

これに対して報告書は、世界遺産周辺の開発であっても持続可能なものに転換していく必要性を訴えています。

一例として挙げているのがフィリピンの「トゥバタハ岩礁海中公園」で、この世界遺産は以前、乱獲や密漁・ダイナマイトを利用した漁法などが問題となっていましたが、取り締まりを行い、自然保護の理念が浸透したことでほぼ解決に至っています。

この結果、観光地として人気を集めるようになったうえに、魚たちが戻って漁獲量が増加するという好循環を招いています。

報告書では、自然遺産の20%で石油やガスの探査・採掘が認められているとしています。

自然保護より自然開発の方がお金になるからでしょう。

 

2007年にオマーン政府が石油開発を進めると申し出て「アラビアオリックスの保護区」が世界遺産リストから抹消されました。

利益にならないから「世界遺産や~めた」というような状態です。

 

オーストラリアの「グレートバリアリーフ」の場合、年間4,000億円とも5,000億円とも言われる観光収入を稼いでいます。

このため政府は危機遺産リスト入りをなんとしても回避しようとしており、それが開発に対する一定の歯止めになっています。

 

結局のところ、「自然保護>自然開発」であれば保護を優先するというきわめてシンプルな話です。

世界遺産がいいように利用されているようにも思えます。

 

一方で、「トゥバタハ岩礁海中公園」のように世界遺産が大きな利益であることが認知されれば、人々は世界遺産を自ら守るようになるし、大きな誇りさえ抱きます。

世界遺産が地域のブランド化や人々のアイデンティティにまで影響を与えるのですね。

 

こうした場所では観光ガイドやレンジャーが人気の職業になっています。

このような価値体系の啓蒙・確立こそが持続可能な開発や自然保護の核であり、世界遺産はそうした価値転換の大きなきっかけにもなりうるわけです。

 

先進国の快適な生活を見直せとか、そうした生活を目指すことを断念しろというのは非常に身勝手な主張です。

そうではない価値をいかに創造し、育み、浸透させるか――

ここが問題です。

 

UNESCO(ユネスコ)は国際連合教育科学文化機関の略称です。

世界遺産を通した「教育・科学・文化」によって新しい価値を世界に拡散すること。

この実現を期待したいと思います。

 

* * *

さて。

WWFが発表した産業活動の脅威にさらされている世界遺産114件をすべて紹介しましょう。

 

掲載順は、ヨーロッパ→アジア→オセアニア→北アメリカ→南アメリカ→アフリカという順番で、その下は国別50音順です。

トランスバウンダリー・サイト(複数の国にまたがる物件)については、50音順で先になる国にのみ含めています。

括弧内は(所属国、登録年、拡大年、種別、登録基準)です。

 

<ヨーロッパ>

  • カルパチア山地のブナ原生林とドイツの古代ブナ林(ウクライナ/スロバキア/ドイツ、2007、2011、自然遺産(ix))
  • ワッデン海(オランダ/デンマーク/ドイツ、2009、2014、自然遺産(viii)(ix)(x))
  • プリトヴィッチェ湖群国立公園(クロアチア、1979、2000、自然遺産(vii)(ix))
  • ラポニアンエリア(スウェーデン、1996、複合遺産(iii)(v)(vii)(viii)(ix))
  • スレバルナ自然保護区(ブルガリア、1983、2008、自然遺産(x))
  • ピリン国立公園(ブルガリア、1983、2010、自然遺産(vii)(viii)(ix))
  • マデイラ諸島のラウリシルヴァ(ポルトガル、1999、自然遺産(ix)(x))
  • ドゥルミトル国立公園(モンテネグロ、1980、2005、自然遺産(vii)(ix)(x))
  • ドナウ・デルタ(ルーマニア、1991、自然遺産(vii)(x))
  • コミ原生林(ロシア、1995、自然遺産(vii)(ix))
  • バイカル湖(ロシア、1996、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  • カムチャツカ火山群(ロシア、1996、2001、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  • アルタイのゴールデン・マウンテン(ロシア、1998、自然遺産(x))
  • 西コーカサス山脈(ロシア、1999、自然遺産(ix)(x))

<アジア>

  • ソコトラ諸島(イエメン、2008、自然遺産(x))
  • マナス野生生物保護区(インド、1985、自然遺産(vii)(ix)(x))
  • スンダルバンス国立公園(インド、1987、自然遺産(ix)(x))
  • 西ガーツ山脈(インド、2012、自然遺産(ix)(x))
  • コモド国立公園(インドネシア、1991、自然遺産(vii)(x))
  • ロレンツ国立公園(インドネシア、1999、自然遺産(viii)(ix)(x))
  • スマトラの熱帯雨林遺産(インドネシア、2004、自然遺産(vii)(ix)(x))
  • シンハラジャ森林保護区(スリランカ、1988、自然遺産(ix)(x))
  • トゥンヤイ-ファイ・カ・ケン野生生物保護区群(タイ、1991、自然遺産(vii)(ix)(x))
  • ドン・パヤーイェン-カオ・ヤイ森林群(タイ、2005、自然遺産(x))
  • 泰山(中国、1987、複合遺産(i)(ii)(iii)(iv)(v)(vi)(vii))
  • 武陵源の自然景観と歴史地域(中国、1992、自然遺産(vii))
  • 峨眉山と楽山大仏(中国、1996、複合遺産(iv)(vi)(x))
  • 武夷山(中国、1999、複合遺産(iii)(vi)(vii)(x))
  • 雲南三江併流の保護地域群(中国、2003、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  • 四川ジャイアント・パンダ保護区群(中国、2006、自然遺産(x))
  • 中国南方カルスト(中国、2007、2014、自然遺産(vii)(viii))
  • 中国丹霞(中国、2010、自然遺産(vii)(viii))
  • 新疆・天山(中国、2013、自然遺産(vii)(ix))
  • 知床(日本、2005、自然遺産(ix)(x))
  • サガルマータ国立公園(ネパール、1979、自然遺産(vii))
  • チトワン国立公園(ネパール、1984、自然遺産(vii)(ix)(x))
  • シュンドルボン(バングラデシュ、1997、自然遺産(ix)(x))
  • プエルト・プリンセサ地下河川国立公園(フィリピン、1999、自然遺産(vii)(x))
  • ハミギタン山地野生生物保護区(フィリピン、2014、自然遺産(x))
  • フォンニャ-ケバン国立公園(ベトナム、2003、2015、自然遺産(viii)(ix)(x))
  • チャンアン複合景観(ベトナム、2014、複合遺産(v)(vii)(viii))
  • ウヴス・ヌール盆地(モンゴル/ロシア、2003、自然遺産(ix)(x))

<オセアニア>

  • グレートバリアリーフ(オーストラリア、1981、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  • カカドゥ国立公園(オーストラリア、1981、1987、1992、複合遺産(i)(vi)(vii)(ix)(x))
  • タスマニア原生地域(オーストラリア、1982、1989、複合遺産(iii)(iv)(vi)(vii)(viii)(ix)(x))
  • オーストラリアのゴンドワナ雨林(オーストラリア、1986、1994、自然遺産(viii)(ix)(x))
  • ウルル・カタ・ジュタ国立公園(オーストラリア、1987、1994、複合遺産(v)(vi)(vii)(viii))
  • クイーンズランドの湿潤熱帯地域(オーストラリア、1988、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  • 西オーストラリアのシャーク湾(オーストラリア、1991、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  • グレーター・ブルー・マウンテンズ地域(オーストラリア、2000、自然遺産(ix)(x))
  • パーヌルル国立公園(オーストラリア、2003、自然遺産(vii)(viii))
  • ニンガルー・コースト(オーストラリア、2011、自然遺産(vii)(x))
  • 東レンネル(ソロモン諸島、1998、自然遺産(ix))
  • テ・ワヒポウナム-南西ニュージーランド(ニュージーランド、1990、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))

<北アメリカ>

  • エバーグレーズ国立公園(アメリカ合衆国、1979、自然遺産(viii)(ix)(x))
  • グランドキャニオン国立公園(アメリカ合衆国、1979、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  • レッドウッド国立公園及び州立公園(アメリカ合衆国、1980、自然遺産(vii)(ix))
  • オリンピック国立公園(アメリカ合衆国、1981、1990、自然遺産(vii)(ix))
  • パパハナウモクアケア(アメリカ合衆国、2010、複合遺産(iii)(vi)(viii)(ix)(x))
  • ウッド・バッファロー国立公園(カナダ、1983、自然遺産(vii)(ix)(x))
  • カナディアン・ロッキー山脈自然公園群(カナダ、1984、1990、自然遺産(vii)(viii)(ix))
  • タラマンカ地方-ラ・アミスター保護区群/ラ・アミスター国立公園(コスタリカ/パナマ、1983、1990、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  • ピトンズ・マネジメント・エリア(セントルシア、2004、自然遺産(vii)(viii))
  • ベリーズのバリアリーフ保護区(ベリーズ、1996、自然遺産(vii)(ix)(x))
  • リオ・プラタノ生物圏保護区(ホンジュラス、1982、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  • カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林(メキシコ、2002、2014、複合遺産(i)(ii)(iii)(iv)(ix)(x))
  • オオカバマダラ生物圏保護区(メキシコ、2008、自然遺産(vii))
  • ピナカテ火山とアルタル大砂漠生物圏保存地域(メキシコ、2013、自然遺産(vii)(viii)(x))

<南アメリカ>

  • ロス・グラシアレス国立公園(アルゼンチン、1981、自然遺産(vii)(ix))
  • イグアス国立公園(アルゼンチン、1984、自然遺産(vii)(x))
  • イスチグアラスト/タランパジャ自然公園群(アルゼンチン、2000、自然遺産(viii))
  • サンガイ国立公園(エクアドル、1983、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  • イグアス国立公園(ブラジル、1986、自然遺産(vii)(x))
  • サウス-イースト大西洋岸森林保護区群(ブラジル、1999、自然遺産(vii)(ix)(x))
  • ディスカヴァリー・コースト大西洋岸森林保護区群(ブラジル、1999、自然遺産(ix)(x))
  • パンタナール保全地域(ブラジル、2000、自然遺産(vii)(ix)(x))
  • セラード保護地域群:ヴェアデイロス平原国立公園とエマス国立公園(ブラジル、2001、自然遺産(ix)(x))
  • ブラジルの大西洋諸島:フェルナンド・デ・ノローニャとロカス環礁保護区群(ブラジル、2001、自然遺産(vii)(ix)(x))
  • カナイマ国立公園(ベネズエラ、1994、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  • マチュピチュの歴史保護区(ペルー、1983、複合遺産(i)(iii)(vii)(ix))
  • ワスカラン国立公園(ペルー、1985、自然遺産(vii)(ix))
  • リオ・アビセオ国立公園(ペルー、1990、1992、複合遺産(iii)(vii)(ix)(x))
  • ノエル・ケンプ・メルカード国立公園(ボリビア、2000、自然遺産(ix)(x))

<アフリカ>

  • ブウィンディ原生国立公園(ウガンダ、1994、自然遺産(vii)(x))
  • ルウェンゾリ山地国立公園(ウガンダ、1994、自然遺産(vii)(x))
  • シミエン国立公園(エチオピア、1978、自然遺産(vii)(x))
  • サンガ川流域の三か国保護地域(カメルーン/コンゴ共和国/中央アフリカ、2012、自然遺産(ix)(x))
  • ニンバ山厳正自然保護区自然(ギニア/コートジボアール、1981、1982、自然遺産(ix)(x))
  • トゥルカナ湖国立公園群(ケニア、1997、2001、自然遺産(viii)(x))
  • ケニアグレート・リフト・バレーの湖群の生態系(ケニア、2011、自然遺産(vii)(ix)(x))
  • タイ国立公園(コートジボワール、1982、自然遺産(vii)(x))
  • コモエ国立公園(コートジボワール、1983、自然遺産(ix)(x))
  • ヴィルンガ国立公園(コンゴ民主共和国、1979、自然遺産(vii)(ix)(x))
  • カフジ・ビエガ国立公園(コンゴ民主共和国、1980、自然遺産(x))
  • サロンガ国立公園(コンゴ民主共和国、1984、自然遺産(vii)(ix))
  • オカピ野生生物保護区(コンゴ民主共和国、1996、自然遺産(x))
  • モシ・オ・トゥニャ/ヴィクトリアの滝(ザンビア、ジンバブエ共通)(ザンビア、1989、自然遺産(vii)(ix))
  • マナ・プールズ国立公園、サピとチュウォールのサファリ地域(ジンバブエ、1984、自然遺産(vii)(ix)(x))
  • ジュッジ国立鳥類保護区(セネガル、1981、自然遺産(vii)(x))
  • ニオコロ・コバ国立公園(セネガル、1981、自然遺産(x))
  • セルー・ゲーム・リザーブ(タンザニア、1982、自然遺産(ix)(x))
  • マノヴォ-グンダ・サン・フローリス国立公園(中央アフリカ、1988、自然遺産(ix)(x))
  • イシュケル国立公園(チュニジア、1980、自然遺産(x))
  • ナミブ砂海(ナミビア、2013、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  • アイルとテネレの自然保護区群(ニジェール、1991、自然遺産(vii)(ix)(x))
  • ニジェールのW国立公園(ニジェール、1996、自然遺産(ix)(x))
  • ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区(マダガスカル、1990、自然遺産(vii)(x))
  • アツィナナナの雨林(マダガスカル、2007、自然遺産(ix)(x))
  • マラウイ湖国立公園(マラウイ、1984、自然遺産(vii)(ix)(x))
  • イシマンガリソ湿地公園(南アフリカ、1999、自然遺産(vii)(ix)(x))
  • ケープ植物区保護地域群(南アフリカ、2004、2015、自然遺産(ix)(x))
  • フレーデフォート・ドーム(南アフリカ、2005、自然遺産(viii))
  • マロティ-ドラケンスバーグ公園(南アフリカ/レソト、2000、2013、複合遺産(i)(iii)(vii)(x))
  • バンダルギン国立公園(モーリタニア、1989、自然遺産(ix)(x))

 

[関連記事&サイト]

WWF(公式サイト。英語)

世界遺産NEWS 16/01/29:石油開発に揺れるヴィルンガ国立公園

世界遺産NEWS 16/04/05:グレートバリアリーフを巡る危機

世界遺産NEWS 17/06/26:世界遺産のサンゴ礁、今世紀中に全滅の危機

 


News

世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

世界遺産「シェーンブルン宮殿と庭園群」
フランス・ブルボン家のベルサイユ宮殿に対抗して、オーストリア・ハプスブルク家が贅と粋を尽くした世界遺産「シェーンブルン宮殿と庭園群」。クリックで外部記事へ。
イギリスの世界遺産「ロンドン塔」
イギリスでもっとも歴史のある石造城塞であり、多くの囚人を収容した監獄兼処刑場で、世界一有名な幽霊屋敷でもある「ロンドン塔」。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 2017年新登録の世界遺産

 シェーンブルン宮殿

 世界一の幽霊屋敷 ロンドン塔

 青の都サマルカンド

 学生が訪れたい世界の絶景

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

沖ノ島、全面上陸禁止へ

2017年新登録の世界遺産!!

イスラエル、ICOMOSを拒否

世界遺産のサンゴ礁、全滅危機

新登録のユネスコエコパーク

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ-ケバン国立公園1

11.フォンニャ-ケバン国立公園2

12.カタルーニャ堂とサンパウ病院1

13.カタルーニャ堂とサンパウ病院2

14.オフリド地域1

15.オフリド地域2

16.古都京都の文化財1

17.古都京都の文化財2

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです