世界遺産NEWS 15/06/01:2016年の世界遺産候補地

国立西洋美術館本館
2009年、2011年に続いて3度目の世界遺産登録挑戦となる国立西洋美術館本館

かなり気が早いですが、今回は2016年の第40回世界遺産委員会で世界遺産リストへの登録を目指す物件を紹介しましょう。


その前に。

まだ2015年の世界遺産も決まっていないのに、なぜ2016年のリストが公表されているのでしょう?

世界遺産に物件を登録するためには、登録を目指す年の前年2月1日までにUNESCO(ユネスコ=国際連合教育科学文化機関)世界遺産センターに推薦書を送る必要があります。

2016年の物件については2015年2月1日が〆切で、本リストはその時点で立候補の表明があった物件ということになります。

 

ただし、例年記載漏れや緊急登録物件があったりするためこのリスト外から推薦されることもありますし、書類の不備等から審査に及ばない物件や推薦を取り下げる物件も相当数出てきます。

 

そして2015年の夏から秋にかけて、文化遺産についてはICOMOS(イコモス=国際記念物遺跡会議)、自然遺産についてはIUCN(国際自然保護連合)、複合遺産は両組織が現地視察を含めた調査を行い、2016年春に報告書を発表します。

その報告書を参考に、初夏に行われる第40回世界遺産委員会で世界遺産リストへの記載の可否が決定します。

 

※以下続報です

 

[関連記事&サイト]

世界遺産NEWS 16/07/18:速報! 2016年新登録の世界遺産21件!!

2016年新登録の世界遺産(All About 世界遺産)

世界遺産NEWS 16/06/01:2016年、世界遺産候補地の勧告結果

世界遺産NEWS 16/06/04:2017年の世界遺産候補地

 

* * *

黒島天主堂
瓦ぶきの屋根、レンガ造り、ロマネスク様式が見事に調和した黒島天主堂

個人的に注目している候補物件をピックアップしてみましょう。

 

日本が関係しているのは2件、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」と「ル・コルビュジエの建築作品 - 近代建築運動への顕著な貢献」です。

 

「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」は、キリスト教が日本に伝来し、禁止され、開国を迎えて解禁されるまでの3つの段階、14の構成資産からなっています。

特に今年2015年は信徒発見150周年の年。

これは日本が開国してキリスト教が解禁され、1865年に大浦天主堂が建設されたときに、フランス人神父のもとに15人の潜伏キリシタンが現れて「我らの胸、あなたの胸と同じ」と信仰を告白したという事件です。

禁教が250年も続いたにもかかわらずキリスト教が伝えられていたことで「奇跡」といわれ、バチカンを大いに感動させたということです。

 

構成資産を以下に記しておきましょう。

 

■城跡(キリスト教の伝達・繁栄を示す城郭跡や鎖国の原因となる島原・天草一揆の関連遺跡)

  • 日野江城跡(南島原市)
  • 原城跡(南島原市)

■歴史的景観(キリスト教の禁止以降にできた潜伏キリシタンの隠れ集落とそれを取り巻く景観)

  • 平戸の聖地と集落[春日集落と安満岳](平戸市)
  • 平戸の聖地と集落[中江ノ島](平戸市)
  • 天草の崎津集落(天草市)

■教会建築(明治以降、キリスト教が解禁されてから建設された土着の教会群)

  • 大浦天主堂と関連施設(長崎市)
  • 出津教会堂と関連遺跡(長崎市)
  • 大野教会堂(長崎市)
  • 黒島天主堂(佐世保市)
  • 田平天主堂(平戸市)
  • 旧野首教会堂と関連遺跡(小値賀町)
  • 頭ケ島天主堂(新上五島町)
  • 旧五輪教会堂(五島市)
  • 江上天主堂(五島市)

一方、「ル・コルビュジエの建築作品 - 近代建築運動への顕著な貢献」については3度目の挑戦になります(推薦名称は都度異なります)。

過去2回はフランスを中心としたスイス、ドイツ、ベルギー、日本、アルゼンチンの6か国共同推薦でしたが、2009年は情報照会(追加資料の提出で再審査が可能)、2011年は登録延期(物件の構成を再考)で登録に失敗しました。

2009年は22作品、2011年は19作品をまとめての推薦でしたが、普遍的価値の証明の不明確さや、近代建築運動というコンセプトがあいまいであること、22件なり19件が選ばれた理由が不明確である点などが理由に挙げられました。

今回は国立西洋美術館本館やサヴォア邸、ユニテ・ダビタシオン、ロンシャンの礼拝堂などに加えて、きわめて評価の高かったインドのチャンディーガルを加え、物件を17件に絞り、国数を7か国に増やしての推薦です。

 

フランク・ロイド・ライト設計の落水荘。CGで構造がよく理解できる

 

ル・コルビュジエと並んで近代建築の三大巨匠に数えられるフランク・ロイド・ライトの作品群もノミネートしています。

アメリカ国内の代表作10点をまとめたシリアル・ノミネーションで、落水荘やグッゲンハイム美術館などが含まれています。

今回の候補には含まれていませんが、日本にも帝国ホテル・旧本館や自由学園の明日館(みょうにちかん)などがありますが、こちらも人気が出そうですね。

ちなみに、三大巨匠の残りのひとり、ミース・ファン・デル・ローエについては「ブルノのトゥーゲントハート邸」がチェコの世界遺産に登録されています。


このところすさまじい勢いで世界遺産を増やしている中国はまた2件を推薦しています。

現在世界遺産リストへの推薦は1か国2件まで(2件の場合、1件は自然遺産か文化的景観でなければならない)となっているのですが、ほぼ毎年枠を使い切っています。

中国の世界遺産総数は47件で現在2位ですが、2016年はトップのイタリア(50件)の推薦がないので差を詰めそうです。

今回は古代チワン族が残した花山の岩絵と、多彩な森林群を誇る神農架の推薦です。


このところ中国に次いで世界遺産を急増させているのがイランです。

やはり今回も2件の推薦で、「ペルシャのカナート」と「ルート砂漠」です。

イランの国土はほとんどが砂漠とステップなのですが、そのひとつがルート砂漠であり、そんな乾燥地で水を確保するための工夫がカナートと呼ばれる水利施設です。

私はイランの「バムとその文化的景観」でカナートを知りましたが、なるほどと感心しました。

実は中東の水利施設はすでにイランの「シューシュタルの歴史的水利施設」、オマーンの「アフラージュ、オマーンの灌漑システム」などが世界遺産に登録されています。


逆に世界遺産を持っていない国の中では、ミクロネシア、アンティグア・バーブーダ、アンゴラが初登録に挑戦します。

アニ遺跡の聖グレゴリオ教会
アニ遺跡の聖グレゴリオ教会

2015年に「エフェソス」の登録が濃厚となっているトルコですが、2016年はアニ遺跡とアフロディシアス遺跡を推薦しています。

アニ遺跡はキリスト教会を中心に、ヨーロッパとメソポタミア両面の文化の跡が残る遺跡。

一方、アフロディシアス遺跡はヘレニズム文化を伝える都市遺跡で、とても美しい廃墟で知られています。

アジア、ヨーロッパ、アフリカをつなぐトルコはやっぱりいい遺跡がたくさんありますね。

「あれ、文化遺産は1か国1件までじゃないの?」と思うのですが、アニ遺跡が文化的景観なのでセーフのようです。


イラクからは「世界の七不思議」に数えられる「バビロンの空中庭園」で知られるバビロンがエントリーしています。

バビロンはいまから5,000年も前に誕生したと伝えられる古代都市で、紀元前6世紀頃には新バビロニアの首都となり、空中庭園を備えた華麗な都市として栄えました。

しかしながらアケメネス朝ペルシアに滅ぼされると街は破壊され、一時はアレクサンドロス大王の都として復興しましたがその後は衰退し、廃墟となって打ち捨てられました。

気になる空中庭園ですが、空中に浮いていたというわけではなく、丘の上にあって浮いたように見えたということのようです。

 

* * *

神農架
中国の神農架、山頂風景

それでは2016年の世界遺産候補地42件(拡大・変更等3件含)のリストです。

内容は、文化遺産26件、自然遺産10件、複合遺産6件となっています。

 

順番は、文化遺産→自然遺産→複合遺産で、それぞれの中はヨーロッパ→アジア→オセアニア→北米→南米→アフリカで、さらに国別五十音順です。

登録基準については、文化遺産と自然遺産を分けて表記しました。

 

日本語名は私が適当に訳したものです。

勘違い等あるかもしれませんがご容赦ください。

正式な推薦名称は英語の表記になります。

なお、推薦名称や登録基準は今後変わる可能性があります。

 

 

★2016年に世界遺産登録を目指す物件一覧表

 

 

<文化遺産26件(変更1件含)>

 

■ジブラルタルのネアンデルタール人の洞窟群と環境

Gibraltar Neanderthal Caves and Environments

イギリス、文化遺産(iii)(v)

 

■フィリッピの古代遺跡

Archaeological Site of Philippi

ギリシア、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi)

 

■公共広場フォルムにおける記念碑的建造物群のあるザダル半島のローマ時代アーバニズム

Roman Urbanism of the Zadar Peninsula with the Monumental Complex on the Forum

クロアチア、文化遺産(ii)(iii)(iv)

 

■ステチュツィ - 中世の墓石

Stecci - Medieval Tombstones

クロアチア/セルビア/ボスニア・ヘルツェゴビナ/モンテネグロ共通、文化遺産(ii)(iii)(vi)

 

■アンテケラの巨石遺跡

Antequera Dolmens Site

スペイン、文化遺産(i)(ii)

 

■ル・コルビュジエの建築作品 - 近代建築運動への顕著な貢献

L’OEuvre architecturale de Le Corbusier - Une contribution exceptionnelle au Mouvement Moderne

スイス/ドイツ/フランス/ベルギー/インド/日本/アルゼンチン共通、文化遺産(ii)(vi)

 

■鉱業に関する文化的景観、エルツとクルスノホリ

Mining Cultural Landscape Erzgebirge / Krusnohori

チェコ/ドイツ共通、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)

 

■ハレのフランケ財団

Francke Foundations, Halle

ドイツ、文化遺産(iv)(vi)

 

■アニの文化的景観

Ani Cultural Landscape

トルコ、文化遺産(ii)(iii)(iv)(v)

 

■アフロディシアス

Aphrodisias

トルコ、文化遺産(ii)(iii)(iv)(v)

 

■オルヘイ・ヴェクの考古的景観

Orheiul Vechi Archaeological Landscape

モルドバ、文化遺産(v)

 

■ツェティニェの歴史地区

Historic Center of Cetinje

モンテネグロ、文化遺産(ii)(iii)(vi)

 

■バビロンの文化的景観と都市遺跡

Babylon Cultural Landscape and Archaeological City

イラク、文化遺産(ii)(iv)(v)(vi)

 

■ペルシャのカナート

The Persian Qanat

イラン、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(v)(vi)

 

■ナーランダ僧院の出土遺跡

Excavated remains of Nalanda Mahavihara

インド、文化遺産(iv)(vi)

 

■ソウォン[書院]、朝鮮王朝期の新儒教教育

Seowon, Neo-Confucian Academies of the Joseon Dynasty

韓国、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi)

 

■プー・プラバート歴史公園

Phu Phrabat Historical Park

タイ、文化遺産(iii)(iv)(v)(vi)

 

■左江花山のロックアートの文化的景観

Zuojiang Huashan Rock Art Cultural Landscape

中国、文化遺産(i)(iii)(vi)

 

■長崎の教会群とキリスト教関連遺産

Churches and Christian Sites in Nagasaki

日本、文化遺産(ii)(iii)(vi)

 

■ナン・マトール:東ミクロネシアの祭式遺跡

Nan Madol: Ceremonial Center of the Eastern Micronesia

ミクロネシア、文化遺産(iii)(iv)(vi)

 

■フランク・ロイド・ライトによる近代建築の主要作品

Key Works of Modern Architecture by Frank Lloyd Wright

アメリカ、文化遺産(i)(ii)

 

■アンティグア海軍造船所と関連の考古遺跡

Antigua Naval Dockyard and Related Archaeological Sites

アンティグア・バーブーダ、文化遺産(iv)

 

■パナマの歴史地区と古代遺跡

※「パナマ・ビエホ古代遺跡とパナマの歴史地区」の登録範囲の変更

Archaeological Site and Historic Centre of Panama City

[Significant boundary modification of the property inscribed in 1997 and extended in 2003 under criteria (ii)(iv)(vi)]

パナマ、文化遺産(ii)(iv)(vi)

 

■パンプーリャ近代遺跡

Pampulha Modern Ensemble

ブラジル、文化遺産(i)(ii)(iv)

 

■ンバンザ・コンゴ歴史地区

Centre historique de Mbanza Kongo

アンゴラ、文化遺産(iii)(v)(vi)

 

■ディレ・シェイク・フセインの宗教的文化的歴史的遺跡

Dirre Sheikh Hussein Religious, Cultural and Historical Site

エチオピア、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi)

 

 

<自然遺産10件(拡大2件含)>

 

■西コーカサス山脈

※「西コーカサス山脈」の登録範囲の変更

Western Caucasus

[Significant boundary modification of the property inscribed in 1999 under criteria (ix)(x)]

ロシア、自然遺産(ix)(x)

 

■コミ原生林

※「コミ原生林」の登録範囲と登録基準の変更

Virgin Komi Forests

[Significant boundary modification of the property inscribed in 1995 under criteria (vii)(ix)]

ロシア、自然遺産(vii)(ix) + (viii)(x)

 

■ルート砂漠

Lut Desert

イラン、自然遺産(vii)(viii)

 

■西天山

Western Tien-Shan

ウズベキスタン/カザフスタン/キルギス共通、自然遺産(viii)(x)

 

■湖北省の神農架

Hubei Shennongjia

中国、自然遺産(ix)(x)

 

■バシズ草原の生態系

Bathyz Grassland Ecosystem

トルクメニスタン、自然遺産(vii)(ix)(x)

 

■クイテンダグの山地生態系

Mountain Ecosystems of Koytendag

トルクメニスタン、自然遺産(vii)(ix)(x)

 

■ミステイクン・ポイント

Mistaken Point

カナダ、自然遺産(viii)

 

■レビジャヒヘド諸島

Archipielago de Revillagigedo

メキシコ、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x)

 

■モール国立公園

Mole National Park

ガーナ、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x)

 

 

<複合遺産6件>

 

■南イラクのアフワール:生物多様性保護区とメソポタミア都市群の残存景観

The Ahwar of Southern Iraq: refuge of biodiversity and the relict landscape of the Mesopotamian Cities

イラク、文化遺産(iii)(v)、自然遺産(ix)(x)

 

■カンチェンツォンガ国立公園

Khangchendzonga National Park

インド、文化遺産(iii)、自然遺産(vii)(x)

 

■ピマチオウィン・アキ

Pimachiowin Aki

カナダ、文化遺産(iii)(vi)、自然遺産(ix)

 

■パラチ - 文化と生物多様性

Paraty - Culture and Biodiversity

ブラジル、文化遺産(ii)(v)(vi)、自然遺産(vii)(x)

 

■エネディ山塊:文化及び自然景観

Massif de l’Ennedi : paysage naturel et culturel

チャド、文化遺産(iii)、自然遺産(vii)(ix)

 

■ホルカ・ソフ・オマルの自然・文化遺産[ソフ・オマル:神秘の洞窟]

Holqa Sof Umar: Natural and Cultural Heritage (Sof Umar: Caves of Mystery)

エチオピア、文化遺産(iii)(v)(vi)、自然遺産(vii)(viii)

 

 

2016年春になったらICOMOS、IUCNの勧告状況を報告します。

 

※追記

 続報です

世界遺産NEWS 16/07/18:速報! 2016年新登録の世界遺産21件!!

2016年新登録の世界遺産(All About 世界遺産)

世界遺産NEWS 16/06/01:2016年、世界遺産候補地の勧告結果

世界遺産NEWS 16/06/04:2017年の世界遺産候補地

 

[関連記事]

世界遺産NEWS 16/02/05:「長崎の教会群」世界遺産推薦を取り下げへ

世界遺産NEWS 16/02/13:長崎教会群取り下げ&国立西洋美術館前進他

世界遺産NEWS 16/05/18:国立西洋美術館本館、世界遺産に内定

世界遺産NEWS 13/06/24:2014年の世界遺産候補地

世界遺産NEWS 14/06/28:2015年の世界遺産候補地

 


News

世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

イギリスの世界遺産「ロンドン塔」
イギリスでもっとも歴史のある石造城塞であり、多くの囚人を収容した監獄兼処刑場で、世界一有名な幽霊屋敷でもある「ロンドン塔」。クリックで外部記事へ
世界遺産「文化交差路サマルカンド」のグリ・アミール廟、イーワーン
青の都・サマルカンド、グリ・アミール廟のイーワーンとドーム。世界遺産「文化交差路サマルカンド」構成資産。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 世界一の幽霊屋敷 ロンドン塔

 青の都サマルカンド

 学生が訪れたい世界の絶景

 2017年おすすめの世界遺産

 日本の世界遺産名所12選

 ル・コルビュジエの建築作品

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8. 空間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

慶州歴史地域の修復と真正性

来訪神行事を無形文化遺産推薦

カムチャツカ火山群で噴火続く

京都市が景観保護に新制度

陽明門&東大手門リニューアル

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです