世界遺産NEWS 14/11/28:2014年新登録の無形文化遺産リスト

2014年11月、フランスのパリで開催された第9回無形文化遺産委員会で新たな無形文化遺産が誕生しました。

 

新登録は、代表リスト34件(拡大1件含)、緊急保護リスト3件、ベスト・プラクティス1件。

これで総数は、代表リスト314件、緊急保護リスト38件、ベスト・プラクティス12件になりました。

また、セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、レバノン、北朝鮮、ブルンジ、モーリシャスに初の無形文化遺産が誕生しました。

 

日本に関しては2009年に登録されていた「石州半紙」が拡大され、「和紙:日本の手漉(てすき)和紙技術」として代表リストに登録されました。

拡大なので日本の登録数は22件のままとなっています。


なお、無形文化遺産の詳細については「UNESCO遺産事業リスト集 2.無形文化遺産リスト」を参照ください。

 

 * * *

さて、「和紙:日本の手漉和紙技術」の内容を見てみましょう(文化庁報道資料「和紙:日本の手漉和紙技術のユネスコ無形文化遺産代表一覧表記載に関する補助機関による勧告について」から抜粋)。


■定義

原料に「楮(こうぞ)」のみを用いる等、伝統的な製法による手漉和紙の製作技術


■構成

下記3件の国指定重要無形文化財「手漉和紙」により構成。


①石州半紙(せきしゅうばんし。島根県浜田市)

 石州半紙は、島根県西部の石見地方(石州)に伝承されてきた楮和紙の製作技術である。石見国では10世紀初めには既に製紙が行われ、江戸時代には、石州で漉かれる半紙という規格の紙が大坂商人たちの帳簿用紙として重用され、石州半紙の名が広まった。現在は、主に障子紙や書画用紙として用いられている。

 3年間育てた楮を原料に用い、我が国特有の「流し漉き」と呼ばれる製紙技法で紙を漉く。石州半紙の最大の特色は強靱な紙質であり、これは、楮のあま皮を残して用いる独特の原料処理方法に代表される、自然の素材を生かす伝統技法によって生み出される。


②本美濃紙(ほんみのし。岐阜県美濃市)

 本美濃紙は、岐阜県美濃市蕨生地区に伝承されてきた楮和紙の製作技術である。美濃の地域では早くから紙が漉かれ、大宝2(702)年の美濃国の戸籍用紙が正倉院に残る。江戸時代以来、本美濃紙は、最高級の障子紙として高く評価されてきた。現在は、主に、障子紙のほか文化財保存修理用紙として用いられている。

 入念な手作業で原料処理を行い、不純物をよく取り除いて楮の繊維のみを用い、良質な製作用具を使用して我が国特有の「流し漉き」で漉き、板に貼りつけて天日乾燥する。紙漉き操作は「縦ゆり」に「横ゆり」を加え、左右方向にも用具を動かして漉くため、繊維がむらなく整然と広がり、美しく漉き上がる。


③細川紙(ほそかわがみ。埼玉県小川市・東秩父村)

 細川紙は、埼玉県比企郡小川町及び秩父郡東秩父村に伝承されてきた楮和紙の製作技術である。江戸時代、紀州の細川村で漉かれていた細川奉書の製作技術が、大消費地であった江戸に近い武州男衾・比企・秩父3郡に伝えられて盛んになった。細川紙は、商家の大福帳などの帳簿用紙や記録用紙、襖紙などに用いられ、江戸の庶民の生活必需品として重用された。現在は、主に、和本用紙、版画用紙、文化財保存修理用紙として用いられている。

 細川紙の製作技法は、楮のみを原料に用い、我が国特有の「流し漉き」で漉くものであり、漉き上がった紙は、紙面が毛羽立ちにくく、強靱な性質をもつ。


 * * *

では、2014年新登録の無形文化遺産の全リストを紹介します。

正式名称は英語名で、UNESCOの公式サイトから抜粋しています。

地道に訳したものなので間違い等ありましたらご容赦ください。

 

○……代表リスト 34件(拡大1件含)

●……緊急保護リスト 3件

◎……ベスト・プラクティス 1件

 

<ヨーロッパ>

 

■イタリア

○パンテレリアのコミュニティに伝わる伝統的な農業習慣 “ヴィーテ・アド・アルベレッロ”[剪定されたブッシュ・ヴァイン]

Traditional agricultural practice of cultivating the ‘vite ad alberello’ (head-trained bush vines) of the community of Pantelleria

 

■エストニア

○ヴォロマーのスモーク・サウナの伝統

Smoke sauna tradition in Voromaa

 

■ギリシア

○ヒオス島における乳香生産のノウハウ

Know-how of cultivating mastic on the island of Chios

 

■セルビア

○スラヴァ、一家の守護聖人の祝い

Slava, celebration of family saint patron’s day

 

■トルコ

○エブル、トルコのマーブリング・アート

Ebru, Turkish art of marbling

 

■フランス

○グウォカ:グアドループのアイデンティティを示す音楽・歌・踊りと文化的習慣の典型

Gwoka: music, song, dance and cultural practice representative of Guadeloupean identity

 

■ブルガリア

○チプロフツィ・キリムのカーペット製作の伝統

The carpet-making tradition of Chiprovski kilimi

 

■ベルギー

◎カリヨン文化の保護:保存・伝達・交流・啓発活動

Safeguarding the carillon culture: preservation, transmission, exchange and awareness-raising

 

■ボスニア・ヘルツェゴビナ

○ツミヤジェ刺繍

Zmijanje embroidery

 

■ポルトガル

○カンテ・アレンテジャーノ、南ポルトガル・アレンテージョ地方の多声歌唱

Cante Alentejano, polyphonic singing from Alentejo, southern Portugal

 

■マケドニア

○コパチカタ、ピジャネク地方ドラムチェ村のソシアル・ダンス

Kopachkata, a social dance from the village of Dramche, Pijanec

 

<アジア>

 

■アゼルバイジャン

○ケラクハイの伝統芸術とシンボリズム、女性用絹製ヘッド・スカーフの制作・着用

Traditional art and symbolism of Kelaghayi, making and wearing women’s silk headscarves

 

■アルメニア

○アルメニアにおける文化的表現としての伝統的なパン・ラワシの調理・意義・外観

Lavash, the preparation, meaning and appearance of traditional bread as an expression of culture in Armenia

 

■インド

○インドのパンジャーブ州ジャンディアーラ・グルのタヘラスにおける真鍮や銅を使った家庭用品の伝統工芸

Traditional brass and copper craft of utensil making among the Thatheras of Jandiala Guru, Punjab, India

 

■ウズベキスタン

○即興芸術、アスキア

Askiya, the art of wit

 

■アラブ首長国連邦/オマーン共通

○アル・アヤラ、オマーンとアラブ首長国連邦におけるスルタンの伝統的舞台芸術

Al-Ayyala, a traditional performing art of the Sultanate of Oman and the United Arab Emirates

 

■カザフスタン

○ドンブラ・キュイのカザフ伝統芸術

Kazakh traditional art of Dombra Kuy

 

■カザフスタン/キルギス共通

○キルギスとカザフのユルト製作における伝統的な知識と技術 [テュルク民族の移動住居]

Traditional knowledge and skills in making Kyrgyz and Kazakh yurts (Turkic nomadic dwellings)

 

■韓国

○農楽[ノンアク]、大韓民国における共同体の楽団演奏・舞踊・儀式

Nongak, community band music, dance and rituals in the Republic of Korea

 

■北朝鮮

○朝鮮民主主義人民共和国におけるアリラン民謡

Arirang folk song in the Democratic People’s Republic of Korea

 

■日本

○和紙:日本の手漉和紙技術

Washi, craftsmanship of traditional Japanese hand-made paper、2009年

 

■ベトナム

○ゲティンのヴィとギアンの民謡

Vi and Giam folk songs of Nghe Tinh

 

■モンゴル

○モンゴルのナックル・ボーン・シューティング

Mongolian knuckle-bone shooting

 

■レバノン

○朗唱・歌唱詩、アル・ザジャル

Al-Zajal, recited or sung poetry

 

<南アメリカ>

 

■チリ

○バイレ・チーノ

Baile Chino

 

■ブラジル

○カポエイラ・サークル

Capoeira circle

 

■ベネズエラ

●先祖伝来の地に伝わるマポヨの口承とその記号的役割

Mapoyo oral tradition and its symbolic reference points within their ancestral territory

 

■ペルー

○プーノにおけるヒルヘン・デ・ラ・カンデラリア祭

Festivity of Virgen de la Candelaria of Puno

 

■ボリビア

○プリャイとアヤリチ、ヤンパラ文化の音楽と舞踊

Pujillay and Ayarichi, music and dances of the Yampara culture

 

<アフリカ>

 

■アルジェリア

○アルジェリアのジャネット・オアシスにおけるスビーバの儀式と作法

Ritual and ceremonies of Sebeiba in the oasis of Djanet, Algeria

 

■ウガンダ

●北ウガンダ中部、ランゴ地方における男子の浄化儀式

Male-child cleansing ceremony of the Lango of central northern Uganda

 

■ケニア

●ケニア西部、イスハとイダホの共同体におけるイスクチ・ダンス

Isukuti dance of Isukha and Idakho communities of Western Kenya

 

■ニジェール

○ニジェールにおける冗談関係の慣習と表現

Practices and expressions of joking relationships in Niger

 

■ブルンジ

○祭礼舞踊と王室のドラム演奏

Ritual dance of the royal drum

 

■マラウイ

○チョパ、南マラウイのホンウェの人々に伝わる聖なる舞踊

Tchopa, sacrificial dance of the Lhomwe people of southern Malawi

 

■マリ

○マルカラにおける仮面と人形の表現

Coming forth of the masks and puppets in Markala

 

■モロッコ

○アルガン・ツリーに関する慣習とノウハウ、アルガン

Argan, practices and know-how concerning the argan tree

 

■モーリシャス

○モーリシャスの伝統、セガ

Traditional Mauritian Sega

 

 

次回、第10回無形文化遺産委員会は2015年11月30日~12月5日にナミビアで開催されます。

日本の物件としては、2016年の無形文化遺産委員会で「山・鉾・屋台行事(Yama, Hoko, Yatai, the float festival of Japan)」の登録が審査される予定です。

 

[関連記事]


News

世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

オフリド地域の自然遺産及び文化遺産
オフリド地域の自然遺産及び文化遺産
世界遺産「文化交差路サマルカンド」のグリ・アミール廟、イーワーン
フランス・ブルボン家のベルサイユ宮殿に対抗して、オーストリア・ハプスブルク家が贅と粋を尽くした世界遺産「シェーンブルン宮殿と庭園群」。クリックで外部記事へ。
イギリスの世界遺産「ロンドン塔」
イギリスでもっとも歴史のある石造城塞であり、多くの囚人を収容した監獄兼処刑場で、世界一有名な幽霊屋敷でもある「ロンドン塔」。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 シェーンブルン宮殿

 世界一の幽霊屋敷 ロンドン塔

 青の都サマルカンド

 学生が訪れたい世界の絶景

 2017年おすすめの世界遺産

 日本の世界遺産名所12選

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産のサンゴ礁、全滅危機

新登録のユネスコエコパーク

政治的対立が深まる世界の記憶

ゴミに覆われたヘンダーソン島

宗像・沖ノ島を巡る不安

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ-ケバン国立公園1

11.フォンニャ-ケバン国立公園2

12.カタルーニャ堂とサンパウ病院1

13.カタルーニャ堂とサンパウ病院2

14.オフリド地域1

15.オフリド地域2

16.古都京都の文化財1

17.古都京都の文化財2

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです