哲学的考察 ウソだ! 11:神とは何か? 前編 <一神教と多神教>

今回は神様について考えてみたい。

その途中で「一神教と多神教」「神の定義」「思考の限界」「宗教の定義」ID仮説」などにも触れていきたいと思う。

その前に。

 

不思議に思ったことはないだろうか?

すべての民族が埋葬を行っていることを。

すべての民族が宗教を持ち、神様を信じてきたという事実を。


4万年以上前、文字を持たなかったネアンデルタール人やクロマニヨン人でさえ埋葬を行っていた。

埋葬を行ったということは、人間の身体の中に日本でいう「たま(魂、霊)」のような不思議な存在があることを知覚していたということだ。

 

中国の気、インドのプラーナ、ギリシアのプシュケー、アラブのジン、ポリネシアのマナ……

それらは正体のわからぬ存在であり、生も死もその訳のわからぬものによって引き起こされると考えた。

だから、その意味不明な存在を司る存在=神を仮定して、その神に祈りを捧げた。

 

人類は何万年もそうやって生きてきた。

 

* * *

 

人は死を悼む。

その小さな思いはやがて大きな川になり、大きな信仰へと注ぎゆく。

そうして世界各地でさまざまな宗教が生み出された。


この東京にだって、お寺、神社、教会、モスク、道観等々、いろんな宗教施設があっていろんな神様が祀られている。

もともと八百万(やおよろず)の神の国。

そこに世界中の宗教が入ってきたのだから、その数たるや想像を絶するというものだ。


このように、いろんな神様を認める宗教を「多神教」という。

一方、ひとつの神様だけを信じる宗教を「一神教」という。

 

しかしながら、実は一神教と多神教の違いはそう簡単に語れるものではない。

というのは「一」と「多」という概念そのものが曖昧で、考えを進めていくとそこに大きな差異が認められないからだ。

 

この「一」と「多」の問題は神様を語るうえでけっして欠かせない大きなテーマのひとつ。

ここから考えを進めてみたい。

 

まずは一神教だ。

一神教には以下のような種類がある。

  • 唯一神教:世界にはただひとつの神しか存在しない
  • 拝一神教:世界には複数の神が存在し、その中でひとつの神だけを崇拝する
  • 単一神教:世界には複数の神が存在し、主神を中心に複数の神を崇拝する

この中で、唯一神教こそ純粋な一神教だと言えるだろう。

でもってもっとも有名な唯一神教がユダヤ教と、そこから派生したキリスト教、イスラム教だ。


ところが。

天使ミカエルやガブリエル、堕天使ルシフェル、悪魔サタン、救世主イエス、聖母マリア……

ユダヤ教にもキリスト教にもイスラム教にもこうした神に準じる存在が多数存在する。

 

これらをどう解釈するかは教派によって異なるが、たとえば多くのキリスト教諸派においては「三位一体」や「神の被造物」ということで解決している。

イエスについては「父なる神、子なるイエス、および聖霊は同一である」として神と同一視し、天使や聖母については「神の被造物」としている。

 

これらの存在は多神教の神々と同様に機能しており、機能面において多神教とさしたる違いはない。

一方、多神教側にもすべてを統一する全能の神あるいは根源の神がいて、こちらは一神教の神と大差がない。


たとえばヒンドゥー教最高神は創造神ブラフマー、維持神ビシュヌ、破壊神シヴァの3神。

そしてこれらは本来同一であるとする「三神一体(トリムルティ)」の考え方があったりするのだ。


しかも。

ビシュヌは10回、姿を変えてこの世に現れると言われている。

この10の化神の中にブッダ(釈迦。ガウタマ・シッダールタ)やクリシュナがいて、ブッダは仏教の神々につながるし、クリシュナはまたさまざまな化神をとる。

ヒンドゥー教はバラモン教をベースにインド土着の宗教を融合させてなんとなくできあがった雑多な宗教で、それこそ無数の神様が存在する。

しかしこの「化神」という考え方をとると唯一神教にもなりえるし、実際「ヒンドゥー教はシヴァを中心とする唯一神教である」と主張する人もいる。

 

同じことは神道にも言える。

八百万の神といっても、この世界の誕生である天地開闢(かいびゃく)の瞬間には三柱(みはしら)の神(造化三神)といって、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高御産巣日神(たかみむすひのかみ)、神産巣日神(かみむすひのかみ)の3神がいたという。

しかしながらやはり三神一体の考え方があり、それによると天之御中主神こそが世界そのものであるといわれる。

神道は天之御中主神を中心とする唯一神教である――

こう考えることだってできるのだ。

 

ギリシア神話にもたくさんの神々が登場するが、すべての根源はカオス神であるとしている。

いずれの宗教でも多神教はこのような解釈が可能だ。

つまり、多神教は唯一神教の可能性をつねに秘めているのだ。

 
その理由は単純だ。

「多」が根源ではあり得ないからだ。


あるいはこう。

人は根源として「多」を理解できないからだ。


地上にはたくさんの人が住んでいて、さまざまな自然現象が起きている。

これらの原因となる正体不明な存在を「神」と呼ぶ。

人の数も自然現象もたくさんあるので、太陽の神とか火の神とか死の神とか勝利の神とか、現象や目的なんかでたくさんの神様=機能神が生まれる。

 

ところがたくさんの神様が生まれると、状況はこの世界とあまり変わらない。

この世界の原因を説明するために神様を想定したのに、今度は「神様が生まれた原因」として神様の神様が必要になってしまうのだ。

 

もちろん「複数の原因がある」と考えることもできる。

でも、それだと今度は「複数の原因がある理由」が問えるわけで、その「原因の原因」こそが究極の「原因」となる。

 

結局、「多」である限りそれらをまとめる「原因」が必要になる。

つまり、「多」は最終的な原因ではあり得ない。

 

究極の原因はつねに「一」でなければならない。

これが人間の思考の限界であり、人間はそのようにしか理解できないのだ。


* * *

 

神様というと、多くの人は人間の偉くなったような存在=人格神を想像する。

でも、神様がそんなものであるはずがない。


いや、そんなものでも構わない。

構わないのだけれど、そんな人間っぽい存在が神様なのだとしたら、今度は神様の神様を考えなければならなくなる。

だって人間っぽい神様が存在する理由・原因があるはずで、その原因こそが本来の「神」の概念に近いものになるからだ。

 

結局「多」である限りそれらをまとめる「一」の原因が想定できる。

これを解決するにはこう考えるしかない。

 

「神とは一である」

 

古代ギリシアのアリストテレスはこう定義した。

神はすべての物質の原因であり(質料因=家の場合なら木材やそれを構成する素粒子)、すべての形相の原因であり(形相因=家というものの形や概念)、すべての作用の原因であり(作用因=作用が生まれる方法・家を建てる方法)、すべての目的の原因(目的因=家がもたらす効果・建てた理由)である。

 

つまり。

「神とはすべての原因」

なのだ。

 

「多」である限り、原因は問い続けられる。

ならばすべての原因の原因、「一」を神と定義するしかない。

神とはそのようにしか定義できない存在なのだ。

 

唯一神というのはこの「一」をこそ意味する。

唯一神を主張する宗教・宗派は当然これに気づいていた。

 

唯一神であるから、それは太陽神や火の神や死の神や勝利の神であってはならない。

究極の原因はそのような「部分」ではあり得ない。

 

言葉にすると必ず部分になるので、「一」とか「原因の原因」とか「宇宙そのもの」とかメタ的な言葉で表現するしか方法がない。

しかも「原因の原因」とかいうと、勘違いした人が「それは……だよ」と気軽に応えかねない。

だからユダヤ教、キリスト教、イスラム教では神様に名前を付けなかったし、何かをイメージさせる偶像の制作を禁じた。

だから原始仏教やジャイナ教では神や悪魔や天国や霊や占いについて一切語らなかったし、何かを書いて残そうともしなかった。

 

ヤハウェやアッラーは「神」という概念であって固有名詞ではない。

名前さえ付けられない究極の原因が「神」なのだ。

 

そして「一」や「原因の原因」が「神」であるならば、もはや宗教や宗派の違いに意味はない。

それは「一」なのだから、同じものでしかあり得ない。

 

すべての宗教や宗派が通じる理由がここにある。

 

* * *

 

ここまで来たのでほんの少し東洋の宗教・哲学に触れてみたい。

 

東洋の哲学、ウパニシャッドとか原始仏教なんかでは、そもそも「原因を追う」ことを否定する。

「原因を追う」というのは「×である」という具合に、という言葉を×という別の言葉でつないでいくということ。

言葉でつなぐ以上、それはどんな理論であってもひとつの解釈にすぎない。

その方法で「一」にたどり着いたとしても、それは人間が考えた「一」の解釈にすぎない。


解釈は真理ではあり得ない。

だから解釈を放棄しなければならない。

 

「一」だの「多」なんて言葉にすぎない。

そんなもの、もとより存在しないものなのだ。

 

仏教の「空(くう)」、道教の「道(タオ)」と呼ばれるものだ。

 

ぼくはこの考え方がとても好き。

でも、これも一種の「一」であるとも考えられる。

うーん、深い。

 

* * *

 

すべての民族が埋葬を行っていた。

すべての民族が宗教を持ち、神様を信じてきた。

4万年以上前、文字を持たなかったネアンデルタール人やクロマニヨン人でさえ。

 

多くの人は気づいていた。

人知を超えたものの存在に。

そしてその存在が言葉で語れるようなものではないことに。

 

だからこそ埋葬を行い、神に祈った。

すべての民族がそうやって何万年も生きてきた。

 

それが人間なのだ。

 

 

続きます→後編 <神のいる場所>

 


News

世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

オフリド地域の自然遺産及び文化遺産
オフリド地域の自然遺産及び文化遺産
世界遺産「文化交差路サマルカンド」のグリ・アミール廟、イーワーン
フランス・ブルボン家のベルサイユ宮殿に対抗して、オーストリア・ハプスブルク家が贅と粋を尽くした世界遺産「シェーンブルン宮殿と庭園群」。クリックで外部記事へ。
イギリスの世界遺産「ロンドン塔」
イギリスでもっとも歴史のある石造城塞であり、多くの囚人を収容した監獄兼処刑場で、世界一有名な幽霊屋敷でもある「ロンドン塔」。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 シェーンブルン宮殿

 世界一の幽霊屋敷 ロンドン塔

 青の都サマルカンド

 学生が訪れたい世界の絶景

 2017年おすすめの世界遺産

 日本の世界遺産名所12選

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産のサンゴ礁、全滅危機

新登録のユネスコエコパーク

政治的対立が深まる世界の記憶

ゴミに覆われたヘンダーソン島

宗像・沖ノ島を巡る不安

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ-ケバン国立公園1

11.フォンニャ-ケバン国立公園2

12.カタルーニャ堂とサンパウ病院1

13.カタルーニャ堂とサンパウ病院2

14.オフリド地域1

15.オフリド地域2

16.古都京都の文化財1

17.古都京都の文化財2

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです