哲学的考察 ウソだ! 5:死とは何か 後編 <生きる意味>

さて、ここで「死」を考えてみよう。
それも、「自分の死」を(未読の方は「ウソだ! 4:死とは何か 前編 <本当の世界>」からどうぞ)。

 

「自分が死ぬ」とはどういうことだろう。
自分の体が活動を停止すること――

 

でも、「自分の体」も脳が創り出している映像なのだから、たしかな表現とは言えない(脳も脳が創り出しているという致命的な矛盾は一旦置いておく)。

ならばこう言えばいい。
「脳が活動をやめる」こと。

すべてを創り出す脳が活動を停止する。
何が起こるだろう?

もう映像は創り出せない。
感覚も創り出せない。
感情も創り出せない。
時間も創り出せない。
何も創り出せない。

じゃあ「本当の自分」は?

脳が死ぬと何も創れない。
それはわかる。
自分という意識がなくなる。
それもわかる。

でもさ、意識はなくなるかもしれないけれど、自分の意識を創り出していた元の自分、「本当の自分」はどうなるんだ?

「眠り」を考えてみる。
眠りに落ちるとき、「私」という意識は消滅する。
次に自分を意識するのは、起きた瞬間だ。
起きて空間と時間の中にふたたび戻った瞬間だ。
それとどう違うんだ?

眠りで脳が通常の活動をやめたからといって、自分が無になったわけじゃない。
見ている世界も自分という意識も消えてしまったが、自分が消えてしまったわけじゃない。
実は「眠り」と「死」の違いは「将来ふたたび自分を取り戻すか否か」にかかっている。
眠る瞬間と死の瞬間、その瞬間だけを比べたら何の違いもありはしない。 

同じように、脳が活動を停止したからといって、自分が消滅することを意味してはいない。
死ぬことと「本当の自分」はまったく関係がない。

もし宇宙が100次元とか別の可能性の宇宙とか、そういう「本当の宇宙」があるのなら、3次元空間の自分が死んでも、他の空間で「自分」がどうなっているかまったくわからない。
そして、脳に情報を送っている元の世界=「本当の宇宙」は必ず存在しなくてはならない。

つまり、死は無を意味しない。

 

この話、実は脳を否定しても結論はまったく変わらない。
人が見ている映像は脳が創り出したものではないとしても、人の思考が創り出したものであることに間違いがないからだ。
人は3次元空間と時間の中でしか生を意識することができない。
死とは、その空間と時間がなくなることにすぎない。

つまり、死はけっして無を意味しない。
しかし……

いまぼくたちが見ている世界でぼくはぼくを感じる。
この「ぼく」を「心」という。
いろいろな素材から世界やぼくを生み出している「本当のぼく」。
この『ぼく』を「魂」という。

「ぼく」が生きている間、「ぼく」はいろいろな世界を体験し、誰かと出会い、誰かと別れ、笑ったり泣いたりしながら生きていく。
心でいろいろなものを感じ・考えながら、「ぼく」は「ぼく」を生きる。

「ぼく」が死んでしまったら、「ぼく」はもう世界を創り出せないから、「ぼく」は出会ったものすべてと別れなければならない。
「ぼく」におもしろい話を聞かせてくれた友達や、とてもかわいらしい女の子や、とてつもない感動を与えてくれた食べ物たちと別れなければならない。
「ぼく」は『ぼく』になっていったいどうなるかわからないけれども、死が別れでありそれがとてつもなく悲しいということはよくわかる。

死はけっして無を意味しない。
死が意味するのはただひとつ。
別れだ。
だからいつの時代でも死がとてつもなく悲しいものであることになんら変わりはない。

 

昔から、人はこれに気づいていた。
だから、人は死を悲しみ、あらゆる民族が遺体を埋葬してきた。

 

4万年前、文字を持たなかったクロマニヨン人たちでさえ、遺体を埋葬していた。
人々は遺体を埋葬すると同時に、故人に永久(とわ)の別れを告げ、この世ならぬ場所、人知の及ばぬ「本当の世界」、「あの世」に無事に旅立つことを祈って送り出す。
心との別れを悲しみ、魂の平穏を祈る。
例外なく、全民族が、全人類が、そうしてきたのだ。

心と魂――
心と魂という発想があらゆる文化に存在するのは、偶然ではなく必然だ。

死は人知を超えているからどうやっても定義できない。
逆に言えば、死は定義できないから、死について述べるあらゆる言説は間違いだということになる。
定義できないものを語ることなどできないからだ。

死ぬと無になる……
死後、人は……
こんなセンテンスはいっさい無意味だ。
ただ、死は別れであり、悲しみなのだ。

死には意味がない。
意味はすべて「生」の中にある。

「我々が存する限り死は現に存せず、死が現に存するときにはもはや我々は存しない……。そこで、死は生きている者にもすでに死んだ者にもかかわりがない」

(エピクロス著、出隆・岩崎允胤訳『エピクロス ―教説と手紙―』「メノイケウス宛の手紙」より)

生きる意味がわからないって?
何を勘違いしてるんだ。
「生」こそが意味だ。
とてつもなく深い意味で、人と人が寄り添って意味を創造する活動、世界を構築する活動こそが「生」なのだ。

 


News

★姉妹サイト「世界遺産データベース」を制作中です。現在、ヨーロッパの世界遺産を執筆しています。

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の魅力を解説
自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が5月に登録勧告を得て7月の正式登録が確実なものとなった。その内容を紹介する。クリックで外部記事へ
文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群」の魅力を解説
2021年7月に世界遺産登録の可否が決まる文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道・青森・岩手・秋田)」の魅力を解説する。クリックで外部記事へ

Topics

 

・All About 世界遺産 新記事

 北海道・北東北の縄文遺跡群

 奄美・徳之島・沖縄島・西表島

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

世界危機言語アトラス・リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレア・ヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです