世界遺産と世界史30.百年戦争とバラ戦争

シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の歴史」では世界史と関連の世界遺産の数々を紹介します。

なお、本シリーズはほぼ毎年更新している以下の電子書籍の写真や文章を大幅に削ったダイジェスト記事となっています。

 

■電子書籍『世界遺産で学ぶ世界の歴史 ~海外旅行から世界遺産学習まで~』

 1.古代編、2.中世編、3.近世編、4.近代編、5.世界大戦編

 

詳細は "shop" をご参照ください。

 

* * *

 

<中世の権力者>

■誰が力を持っていたのか?

世界遺産「ランスのノートル=ダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院及びトー宮殿(フランス)」、ランスのノートル=ダム大聖堂
代々フランス王が戴冠式を行ったランスのノートル=ダム大聖堂。1211年に起工しましたが、完成したのは1475年と264年を要しました。世界遺産「ランスのノートル=ダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院及びトー宮殿(フランス)」構成資産 (C) G.Garitan

中世、西ヨーロッパでは以下のような人たちが勢力を誇っていました。

  • 教皇:ローマ・カトリックの盟主。教皇庁の頂点
  • 大司教、司教:教皇の下で地方をまとめる教会の地域権力者
  • 総主教:正教会の盟主。総主教庁の頂点
  • 皇帝:ローマ帝国の君主。ローマ皇帝の後継
  • 国王:国家の君主
  • 諸侯:皇帝や国王に土地を封じられた世襲の大領主・有力貴族
  • 聖界諸侯:大司教領や司教領を持つ有力大司教・司教
  • 騎士:皇帝や国王・諸侯に仕える戦士階級の貴族
  • 城主:城郭都市の領主
  • 帝国都市:諸侯に仕えず皇帝に直接管理された都市
  • 自由都市:教会に仕えず皇帝に直接管理された都市

 

この中で実際に誰が力を持っていたでしょうか?

その事情は国や地域、時代によってずいぶん異なっていました。

 

たとえば神聖ローマ帝国。

領内にはオーストリア公やハンガリー王、ボヘミア王、ザクセン公、ケルン大司教、マインツ大司教、ブランデンブルク辺境伯などがいて、皇帝は形的にはこれらの上に君臨していました。

しかし、地方は独立状態にあり、皇帝は選帝侯によって選ばれた諸侯や都市の代表者にすぎず、地方に介入する権利はありませんでした。

 

諸侯には大公・公爵・侯爵・伯爵・子爵・男爵といった爵位がありました。

フランドル伯領の「伯領」は「伯爵の領地」というような意味で、主権を持ち独立性が高くなるとブルゴーニュ公国のように「国」という言葉が使われます。

これらの爵位は皇帝や国王から与えられるもので、フランドル伯は一応フランス王の下にいましたが、実際は半ば独立しているような状態でした。 

だからフランスはいつもこうした国々に独立させまいと構えていましたし、隣の神聖ローマ帝国はフランドルやブルゴーニュを取り込むか独立させて自陣に引き入れようと画策していました。

 

諸侯や都市による領土や国家を「領邦」といいます。

特にドイツやイタリアは長らく小さな領邦が集まる土地で、国家としての統一は19世紀までなされませんでした。

これが大国化や近代化が遅れた大きな原因となりました。

 

* * *

 

<イングランドとアンジュー帝国>

アンジュー帝国の版図の推移 

■アンジュー帝国

世界遺産「ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター寺院及び聖マーガレット教会(イギリス)」
右に見えるのがロンドンのウェストミンスター宮殿とウェストミンスター寺院。手前の時計塔がビッグ・ベン、奥の大きな塔がヴィクトリア・タワー。世界遺産「ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター寺院及び聖マーガレット教会(イギリス)」構成資産
世界遺産「ボルドー、リューヌ港(フランス)」、ピエール橋とサン・ミシェル大聖堂
ボルドーのピエール橋とサン・ミシェル大聖堂。ヘンリー2世はアキテーヌ公と結婚してフランス南部のアキテーヌ地方を手に入れました。これによりサン・テミリオン産のワインがボルドーから輸出され、イギリスの貴族たちを魅了しました。世界遺産「ボルドー、リューヌ港(フランス)」構成資産

イングランドでは1066年にノルマンディー公国のギヨーム2世がウェストミンスター寺院①で戴冠し、ウィリアム1世としてイングランド王に即位してノルマン朝がスタートしました。

ノルマン人によるイングランドの征服、いわゆるノルマン・コンクェストです。

 

しかしながらノルマン朝は4代で断絶。

このときイングランドに呼ばれて1154年に王位に就き、プランタジネット朝を開くのがフランスのアンジュー伯アンリ1世、すなわちイングランド王ヘンリー2世です。

 

ヘンリー2世はイングランド王であり、フランスのアンジュー伯(伯爵)、ノルマンディー公(公爵)、メーヌ伯でもありました。

また、ヘンリー2世の妻アリエノール・ダキテーヌはアキテーヌ公です。

これによりヘンリー2世のイングランドは形的にフランスのアンジュー伯国、ノルマンディー公国、メーヌ伯国、アキテーヌ公国を治めることになり、フランスの北部から西部までを版図に加えました。

さらにスコットランド、ウェールズ、アイルランドを加えて「アンジュー帝国」と呼ばれる大領域を支配下に収めました。

※世界遺産「ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター寺院及び聖マーガレット教会(イギリス)」

 

[関連サイト]

ウェストミンスターとビッグベン/イギリス

 

■失地王ジョンとマグナ・カルタ

世界遺産「カンタベリー大聖堂、聖オーガスティン大修道院及び聖マーティン教会(イギリス)」、カンタベリー大聖堂
ウィリアム1世がロマネスク様式で建設し、14世紀にゴシック様式で改築されたカンタベリー大聖堂。16世紀にローマ・カトリックを離れ、イングランド国教会の総本山となりました。世界遺産「カンタベリー大聖堂、聖オーガスティン大修道院及び聖マーティン教会(イギリス)」構成資産

ヘンリー2世の跡を継いだのはジョン。

フランス王フィリップ2世はアンジュー伯がフランスに保有するノルマンディー以外の領地を没収し、ブルターニュ公アーサーに与えました。

 

これに怒ったジョンはフランスに戦争を仕掛けますが、大陸のほとんどの諸侯はフィリップ2世の側につき、ジョンはノルマンディー地方さえ失ってしまいます。

このためジョンは後日「失地王」「欠地王」という不名誉な名を与えられています。

 

この頃フランスは、商業革命の中心であり、毛織物業で栄えていたフランドルが何かにつけて独立を匂わせるため併合を狙って軍を進めていました。

フランドルは現在のオランダ南部・ベルギー・フランス北東部にあたる土地で、神聖ローマ帝国との境にあって高度な自治が認められていました。

 

イングランドを打ち破り、勢力を拡大するフィリップ2世に対し、フランドル伯は神聖ローマ帝国と結んでこれに対抗します。

イングランド王ジョンも参戦し、フランドル伯・神聖ローマ帝国と連合してフランスと戦いました。

しかし1214年のブーヴィーヌの戦いで連合軍はフランス軍に大敗。

ジョンは失地回復に失敗し、フランスはフランドルの支配を確認し、神聖ローマ皇帝オットー4世は追放されました。

 

ジョンは度重なる戦のため重税を課し、しかも敗戦続きで多くの領地を失ったことから諸侯・騎士は協力してジョンに抵抗。

1215年、諸侯は王といえども法の下にあることを大憲章=マグナ・カルタによって確認し、課税をはじめとする重大な決定には諸侯や司教の承認が必要であることなどを了承させました。

 

■議会制の進展

世界遺産「ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター寺院及び聖マーガレット教会(イギリス)」、ウェストミンスター寺院の北ファサード
ウェストミンスター寺院の北ファサード(正面)。13世紀にヘンリー3世がフランスのゴシック建築家を招いて改装させたもので、イギリス・ゴシックを代表する教会堂に仕上がっています。世界遺産「ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター寺院及び聖マーガレット教会(イギリス)」構成資産
世界遺産「グウィネズのエドワード1世の城群と市壁群(イギリス)」
ビューマリス城、コンウィ城、ハーレフ城とともに世界遺産「グウィネズのエドワード1世の城群と市壁群(イギリス)」を構成しているカーナヴォン城。最初のプリンス・オブ・ウェールズ、エドワード2世はこの城で生まれています (C) RICHARD OUTRAM

ジョンの跡を継いだヘンリー3世は、フランスとの戦いやウェストミンスター寺院①の大改修を実施。

その費用調達にマグナ・カルタを無視して重税を課したため、シモン・ド・モンフォールを中心とする諸侯・騎士は国王に対して挙兵します。

この戦いは反乱軍が勝利して、1265年にシモン・ド・モンフォール議会を開催してマグナ・カルタを承認させました。

 

続くエドワード1世は1295年に庶民代表を集めて議会を招集(模範議会)。

これが1343年に貴族・聖職者からなる貴族院(上院)と都市代表者からなる庶民員(下院)に発達します。

 

エドワード1世はウェールズやスコットランドに対する遠征でも知られます。

ウェールズに対しては大公グリフィスを倒して征服し、戦後、反乱鎮圧のためにグウィネズの城塞群②を建設しています。

 

また、スコットランドの王位継承問題に介入して遠征を行い、こちらにも勝利しています。

スコットランド王が代々戴冠を行っていた「スクーンの石(運命の石)」をウェストミンスター寺院に持ち帰りますが、スコットランドの反発が大きく、この支配は最終的に失敗に終わります。

なお、スクーンの石は1996年にスコットランドのエディンバラ城③に返還されています。

※①世界遺産「ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター寺院及び聖マーガレット教会(イギリス)」

 ②世界遺産「グウィネズのエドワード1世の城群と市壁群(イギリス)」だ。

 ③世界遺産「エディンバラの旧市街と新市街(イギリス)」

 

[関連サイト]

ウェストミンスターとビッグベン/イギリス

エディンバラ:イギリスが誇る歴史・文芸・幽霊の町

 

* * *

 

<フランスの勢力拡大>

青がおおむねフランス王国、緑がイングランド・ノルマン朝、エンジ色がイギリス(アンジュー帝国やプランタジネット朝等。途中から無色)

■フランスの南部進出

世界遺産「歴史的城塞都市カルカソンヌ(フランス)」の城塞シテ
カルカソンヌの城塞シテ。アルビジョワ十字軍の攻撃を受けて1209年に落城し、まもなくフランス王国の支配下に入りました。世界遺産「歴史的城塞都市カルカソンヌ(フランス)」構成資産

フランスでは987年にパリ伯であるユーグ・カペーがフランス王国を建てていました。

しかし、アンジュー帝国が興るとフランスの多くが奪われてしまいます。

 

ジョンがイングランド王に就くと、フィリップ2世はイングランドから大陸の多くの領地を没収します。

さらにフランドル、イングランド、神聖ローマ帝国連合軍を打ち破り、フランドルへの影響力を強めました。

ただ、1189年に神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世バルバロッサ、イングランド王リチャード1世とともに第3回十字軍に参加しますが、こちらはエルサレム①攻略に失敗しています。

 

ルイ8世、ルイ9世の時代には教皇インノケンティウス3世の呼び掛けに応じ、フランス南部で信者を増やしていたキリスト教の異端・カタリ派(アルビジョワ派)に対するアルビジョワ十字軍に参加。

難攻不落の城郭都市カルカソンヌ②を落とすと、アルビ③、アヴィニョン④、そして最大の拠点トゥールーズ⑤を落とし、フランス王国の版図を広げました。

※①世界遺産「エルサレムの旧市街とその城壁群(ヨルダン申請)」

 ②世界遺産「歴史的城塞都市カルカソンヌ(フランス)」

 ③世界遺産「アルビ司教都市(フランス)」

 ④世界遺産「アヴィニョン歴史地区:教皇庁宮殿、司教関連建造物群及びアヴィニョン橋(フランス)」

 ⑤世界遺産「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路(フランス)」

 

[関連サイト]

聖地エルサレム:3宗教35億人が崇める神の土地

 

■フィリップ4世の時代

世界遺産「パリのセーヌ河岸(フランス)」、パリのノートル=ダム大聖堂
フィリップ4世が三部会を設置したパリのノートル=ダム大聖堂。ノートル=ダムはフランス語で「我が貴婦人」を意味し、聖母マリアを示します。ローマ・カトリックの教会や聖堂にはこの名を冠するものが多くあります。世界遺産「パリのセーヌ河岸(フランス)」構成資産
世界遺産「アヴィニョン歴史地区:教皇庁宮殿、司教関連建造物群及びアヴィニョン橋(フランス)」
アヴィニョンのサン・ベネゼ橋と、奥が教皇庁宮殿。1309~1377年に教皇庁がローマからここに遷され、「教皇のバビロン捕囚」の舞台となりました。世界遺産「アヴィニョン歴史地区:教皇庁宮殿、司教関連建造物群及びアヴィニョン橋(フランス)」構成資産

王権が特に強まるのがフィリップ4世の時代です。

フィリップ4世はイングランドとの戦費を調達するために、1302年に第1身分である大司教や司教、第2身分である諸侯・騎士、第3身分である都市民からなる三部会を開いて聖職者に対する課税を打診します。

イングランドや神聖ローマ帝国で諸侯や騎士が国王や皇帝に反旗を翻したことを意識して、事前に了解を得てから課税に踏み切りました。

 

聖職者への課税に反発した教皇ボニファティウス8世はフィリップ4世を破門しますが、逆にイタリアのアナーニで捕らえられ、まもなく憤死してしまいます(1303年、アナーニ事件)。

このあとフィリップ4世は息のかかったクレメンス5世を教皇に即位させ、1309年には教皇庁をローマ①から南フランスのアヴィニョン②に遷してフランスの支配下に置きました(教皇のバビロン捕囚/アヴィニョン捕囚)。

 

フィリップ4世が1314年に亡くなるとカペー家の本家は断絶。

分家であるヴァロワ家が継ぎ、1328年にフィリップ6世が即位してヴァロワ朝がスタートします。

 

これに異議を唱えたのがイングランド王エドワード3世です。

彼の母はフィリップ4世の娘イザベラであることから、フランスの王位継承権を主張しました。

 

この頃の両国の最大の争点はやはりフランドル地方です。

イングランドは羊毛をフランドルに輸出することで栄えていましたし、フランスは強い経済力を持つフランドルを支配下に置くことで国力を増していました。

※①世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア/バチカン共通)」

 ②世界遺産「アヴィニョン歴史地区:教皇庁宮殿、司教関連建造物群及びアヴィニョン橋(フランス)」

 

[関連サイト]

ブルージュ歴史地区:運河が美しいベルギーの世界遺産

ブリュッセルのグランプラス/ベルギー

 

* * *

 

<百年戦争>

百年戦争における勢力の推移

■百年戦争

イギリスの世界遺産「ロンドン塔」
二重の城壁に囲まれたイギリスの世界遺産「ロンドン塔」、中央が天守閣に当たるホワイト・タワー。ロンドン塔は城塞兼宮殿で、牢獄や動物園としても使用されました。リチャード2世やヘンリー6世、クロムウェルらもこの地に幽閉されています (C) Hilarmont

1337年、イングランドとフランスの間で百年戦争が勃発します。

 

イングランド王エドワード3世はフランドル伯・神聖ローマ帝国と結んでフランスへ侵攻。

戦いを優位に進め、1356年のポワティエの戦いではフィリップ6世の跡を継いだフランス王ジャン2世を捕縛します。

ジャン2世は捕虜のままロンドン①②で死亡し、シャルル5世がその跡を継ぎました。

 

イングランドはフランス本土で戦い、土地を荒らす焦土作戦を展開。

休戦期間には傭兵が地方を略奪して回りました。

またこの頃、ヨーロッパでペストが大流行し、フランスにも広がりました。

両国は重税を課したため農民一揆も頻発しました。

こうしてフランスの国土は荒廃し、諸侯や騎士は没落していきました。

 

その後、ランカスター朝のヘンリー5世がノルマンディーに上陸。

1415年にアジャンクールの戦いで大勝し、ノルマンディーを奪取します。

1420年にはトロワ条約を結んでフランス北部の多くの土地を入手。

さらにフランス王シャルル6世の娘カトリーヌと結婚し、その子をフランスの王太子(第一王位継承者)とすることを約束させました。

 

1422年にヘンリー5世とシャルル6世が死去すると、イングランドは国王に生まれたばかりのヘンリー6世を擁立し、約束通りフランス王にも即位させました。

イングランド=フランス二重王国の誕生です。

※①世界遺産「ロンドン塔(イギリス)」

 ②世界遺産「ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター寺院及び聖マーガレット教会(イギリス)」

 

[関連サイト]

世界一有名な幽霊屋敷!? ロンドン塔/イギリス

ウェストミンスターとビッグベン/イギリス

 

■ジャンヌ・ダルク

リュック・ベッソン監督『ジャンヌ・ダルク』予告編

世界遺産「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷(フランス)」、シノン城
もともとはアンジュー伯の居城で、百年戦争に際してはジャンヌ・ダルクが王太子シャルルに謁見し、王位への即位と派兵を要請したシノン城。世界遺産「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷(フランス)」構成資産

フランス王太子シャルル(後のシャルル7世)はヘンリー6世の即位に反対し、自らの王位就任を宣言して対抗しますが、フランス北部はほぼ押さえられ、パリ①も陥落してフランスの命運は尽きたかに思われました。

 

ここで登場するのがジャンヌ・ダルクです。

伝説によると、農家に生まれたジャンヌ・ダルクは12歳の頃「イングランドを倒し、フランスを助けよ」という神の声を聞いたといいます。

1429年、彼女はロワール渓谷のシノン城②でシャルルに面会すると、軍を授かってフランス最後の拠点オルレアンへ②進軍します。

オルレアンはイングランド軍の包囲を受けていましたが、これを打ち破って解放しました。

 

フランスはこれで勢いを盛り返し、同年パテーの戦いに勝利して勢力を回復。

シャルルはランスのノートル=ダム大聖堂③で戴冠式を行い、シャルル7世としてフランス王に就任します。

しかしながらジャンヌ・ダルクは翌年1430年にイングランド軍に捕らえられ、翌年処刑されてしまいます。

 

このあとシャルル7世はパリ③を中心としたイル=ド=フランスやノルマンディーを奪回し、イングランドを駆逐。

1453年にカスティヨンの戦いに勝利して百年戦争は幕を下ろしました。

※①世界遺産「パリのセーヌ河岸(フランス)」

 ②世界遺産「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷(フランス)」

 ③世界遺産「ランスのノートル=ダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院及びトー宮殿(フランス)」

 

■バラ戦争

世界遺産「グウィネズのエドワード1世の城群と市壁群(イギリス)」、ハーレフ城
ハーレフ城。エドワード1世がウェールズ攻略の拠点として建設した城塞で、バラ戦争やピューリタン革命(清教徒革命)の舞台になりました。世界遺産「グウィネズのエドワード1世の城群と市壁群(イギリス)」構成資産

イングランドは混乱を極めていました。

百年戦争において、ランカスター朝ヘンリー5世の時代までフランスに対して圧倒的優位に立っていました。

しかし1429年以降、形勢は逆転し、赤バラを紋章に持つ和平派・ランカスター家と、白バラを紋章に掲げる主戦派・ヨーク家が対立を深めました。

 

そして1453年の敗戦を機に責任問題に発展し、1455年に両家はとうとう開戦(バラ戦争)。

血で血を洗う凄惨な戦争へと発展します。

 

度重なる内乱で王位は右に左に動きますが、結局ランカスター家の血を引くテューダー家のヘンリー7世が即位してヨーク家の娘と結婚。

両家の妥協が成立し、テューダー朝が誕生して戦争は終結しました。

 

* * *

 

次回はオーストリアや神聖ローマ帝国、スペインを中心にハプスブルク帝国を紹介します。

 


News

★姉妹サイト「世界遺産データベース」を制作中です。現在、ヨーロッパの世界遺産を執筆しています。

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の魅力を解説
自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が5月に登録勧告を得て7月の正式登録が確実なものとなった。その内容を紹介する。クリックで外部記事へ
文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群」の魅力を解説
2021年7月に世界遺産登録の可否が決まる文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道・青森・岩手・秋田)」の魅力を解説する。クリックで外部記事へ

Topics

 

・All About 世界遺産 新記事

 北海道・北東北の縄文遺跡群

 奄美・徳之島・沖縄島・西表島

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

世界危機言語アトラス・リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレア・ヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです