世界遺産と世界史26.北方騎馬民族とその周辺

シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の歴史」では世界史と関連の世界遺産の数々を紹介します。

なお、本シリーズは以下の電子書籍の写真や文章を大幅に削ったダイジェスト記事となっています。

詳細は下のリンクか "shop" を参照してください。

 

■電子書籍『世界遺産で学ぶ世界の歴史 ~海外旅行から世界遺産学習まで~』

  1. 古代編
  2. 中世編
  3. 近世編
  4. 近代編
  5. 世界大戦編

* * *

<3大騎馬民族の動き>

■3大北方騎馬民族

世界遺産「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網(カザフスタン/キルギス/中国共通)」登録の玉門関近くに展開する漢代の長城
世界遺産「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網(カザフスタン/キルギス/中国共通)」登録の玉門関近くに展開する漢代の長城。古代の長城はウマの侵入を阻めればよく、土塁程度のものでした
タジキスタンの世界遺産「サラズムの原始都市遺跡」のサラズム遺跡
タジキスタンの世界遺産「サラズムの原始都市遺跡」のサラズム遺跡。サラズムでは紀元前から農業の民と牧畜の民が交流していた様子がうかがえます。また、金属や宝石の生産・加工でも繁栄しました (C) Bertramz

中国北部から東ヨーロッパや西アジアにかけて、砂漠やステップ(雨季にのみ草原が広がる亜熱帯高圧帯周辺の半砂漠地帯)を中心とする広大な乾燥地帯が広がっています。

砂漠やステップで生活するのは簡単ではありませんが移動は比較的容易で、そのため古来ウマやラクダを利用した交易が行われていました。

シルクロード①です。

 

人々は草原でヤギやヒツジ、ロバ、ウマ、高地ではヤクなどを放牧し、家畜のエサとなる緑を求めて移動を繰り返しながら遊牧生活を行っていました。

特に重要だったのがウマです。

ウマは生活用品の運搬の役を担い、農耕を行う際には畑を耕し、その背に乗ること(騎馬)ですばやい移動も可能になりました。

また、馬肉として貴重なタンパク源となっただけでなく、ミルクは不足しがちなビタミンを補い、ヨーグルトやバター、チーズ、馬乳酒に加工されて携帯食にもなりました。

 

当然戦争にも利用され、太古の昔から騎馬隊が活躍し、紀元前3000年頃にはメソポタミアで戦車(戦闘馬車)が発明され、まもなく馬上から弓を射る弓騎兵が登場しています。

そして内陸アジアはウマの名産地。

中国や西アジアの先進国はウマを手に入れるために遊牧騎馬民族と貿易を行い、あるいは傭兵として雇って騎馬軍団を形成しました。

 

もちろん騎馬民族が国を創り、中国や西アジアに攻め込むこともありました。

紀元前においては中央アジアのスキタイや東アジアの匈奴、鮮卑がその例で、春秋戦国時代や秦・漢代の万里の長城②は彼らが操るウマの侵入を防ぐためのものでした。

 

騎馬民族の中で大きな勢力を誇ったのがトルコ人、モンゴル人、チベット人です。

まずはこれら3民族の主な国家をまとめてみましょう。

矢印は厳密に国家がこの順番で移り変わったことを示しているのではなく、著名な国家を順番に並べた程度のものです。

※①世界遺産「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網(カザフスタン/キルギス/中国共通)」

 ②世界遺産「万里の長城(中国)」

 

○トルコ系

  • 高車→突厥→ウイグル→キルギス→天山ウイグル
  •       カラ・ハン朝→ガズナ朝、セルジューク朝、マムルーク朝 等々

○モンゴル系

  • 柔然→遼(キタイ)→西遼(カラ・キタイ)→モンゴル帝国→元→北元

○チベット系

  • 吐蕃→西夏
  • 南詔→大理

 

[関連サイト]

万里の長城:地球より長い!? 史上最大の人工建造物

 

■トルコ系諸民族の動き

トルコ系国家の推移(他の民族も含まれています)。最初は中央アジアで活動し、次第に西に移動していくのがわかります。Xiongnu=匈奴、Hunnic Empire=フン帝国、Hephthalites=エフタル、Turkic Khaganate=突厥、Uyghur Khaganate=ウイグル、Yenisei Kirghiz=キルギス、Ghaznavid Empire=ガズナ朝、Seljiuk Empire=セルジューク朝、Dehli=デリー・スルタン朝、Rus States=ルーシ国家群、Golden Horde=キプチャク・ハン国、Chagatai Khanate=チャガタイ・ハン国、Kazakh Khanate=カザフ・ハン国、Timurid Empire=ティムール朝、Ottoman Empire=オスマン帝国

 

世界遺産「オルホン渓谷の文化的景観(モンゴル)」、オルドゥバリクの都城跡。
オルドゥバリクの都城跡。かつては高さ10mの市壁に囲われた巨大な城郭都市が展開していたといいます。世界遺産「オルホン渓谷の文化的景観(モンゴル)」構成資産 (C) James A. Glazier

6世紀に中央アジア~東アジアにかけて大領域を支配したのがトルコ系の突厥(とっけつ)です。

この国がトルコの起源と考えられており、1952年にはトルコ建国1,400周年を祝っています。

 

6世紀後半に内紛が起きたり隋の離間の策を受けて東突厥と西突厥に分裂。

7世紀には唐の太宗が東突厥を攻撃して唐に組み入れ、続く高宗が西突厥を征伐してこれも版図に取り込みました。

 

東突厥、西突厥は唐の羈縻(きび)体制下に入ったものの王族はそのまま存続していました。

これを滅ぼして8~9世紀に覇を唱えたのがウイグルです。

 

ウイグルは東突厥の弱体化に乗じて744年にできたオルドゥバリク①を首都とするトルコ系国家です。

755年に安史の乱が起こると唐の要請を受けて軍を派遣。

唐とともに反乱軍を打ち破って長安②や洛陽②を奪還します。

ウイグルはその後、弱体化した唐にたびたび侵入してその領土を奪っていきます。

 

ところがウイグルは同じトルコ系のキルギスの反乱を受けて840年に滅亡。

キルギスも長続きせず、まもなく分裂します。

 

トルコ人はモンゴル人の内陸アジア進出を受けて多くの者が西に向かいます。

840年、中央アジアに誕生したカラ・ハン朝はウイグルから逃れた人々によって建てられた王朝です。

トルコ人初のイスラム国家で、これを皮切りにガズナ朝、セルジューク朝、ホラズム朝、マムルーク朝、デリー・スルタン朝といった国々を建国し、トルコ人は西アジアや南アジアへと進出してイスラム化していきます。

現在トルコがある小アジアに多くのトルコ人が入るのは11~12世紀のセルジューク朝以降のことです。

※①世界遺産「オルホン渓谷の文化的景観(モンゴル)」

 ②世界遺産「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網(カザフスタン/キルギス/中国共通)」

 

■モンゴル系諸民族の動き

モンゴル系国家の推移(他の民族も含まれています)。Xianbei=鮮卑(民族系統不明)、Rouran Khaganate=柔然、North Wei=北魏、Liao=契丹・遼、Qara Khitai=西遼、Mongol Empire=モンゴル帝国

 

世界遺産「万里の長城(中国)」
北京郊外に築かれた明代の長城・八達嶺。燕雲十六州はもともと現在の北京にあたる燕京と大同にあたる雲州を中心とした土地で、万里の長城の内側に位置します。したがって燕雲十六州の割譲は中国内部への進出を意味しました。世界遺産「万里の長城(中国)」構成資産

中国北東部を支配していたのがモンゴル系の諸民族です。

 

遼河流域で暮らしていた契丹(きったん)もそのひとつで、耶律阿保機(やりつあぼき)が916年に皇帝を名乗ってキタイとして独立しますが、のちに中国風に遼を名乗りました。

遼は西のモンゴル高原に進出し、東の渤海(ぼっかい。後述)を撃破。

さらに五代十国の後晋から燕雲十六州を割譲させると、万里の長城※より内側の中国内地に進出して北京や大同といった要衝を手に入れました。

 

宋が中国を統一すると、宋の太宗は燕雲十六州を奪還するために遼を攻撃。

遼は西夏と同盟してこれを撃退したのち、聖宗は逆に1004年、宋へ攻撃を仕掛けます。

結局、宋の真宗は、宋を兄、遼を弟として宋が遼に毎年金銭・物品を下賜するという和約を結びます(澶淵の盟/せんえんのめい)。

 

遼はこの後、宋・西夏と安定した関係を保って繁栄しましたが、満州周辺に暮らしていたツングース系・女真族が反旗を翻し、1115年に完顔阿骨打(わんやんあぐだ)が金を建てて独立。

金は宋・西夏と結んで遼を攻め、1125年にこれを滅ぼしました。

 

このとき西に逃れた耶律大石が中央アジアで興した国が西遼(カラ・キタイ)です。

西遼は一時カラ・ハン朝を倒して繁栄しますが、モンゴル帝国が興るとこれに帰順し、その後滅ぼされました。

※世界遺産「万里の長城(中国)」

 

[関連サイト]

万里の長城:地球より長い!? 史上最大の人工建造物

 

■チベット系諸民族の動き

吐蕃の版図の推移。途中で現れる薄い青は南詔

 

世界遺産「ラサのポタラ宮歴史地区(中国)」、ポタラ宮
ポタラ宮。チベット政府ガンデンポタンの行政庁で、観世音菩薩の化神であるダライ・ラマの居城にして、代々のダライ・ラマの廟でもあります。世界遺産「ラサのポタラ宮歴史地区(中国)」構成資産
世界遺産「ラサのポタラ宮歴史地区(中国)」、ダライ・ラマの夏の離宮、ラサのノルブリンカ
ダライ・ラマの夏の離宮、ラサのノルブリンカ、タクテン・ポタン。ダライ・ラマ14世は1959年にインドに亡命しますが、使用されていた調度品は当時のまま収められています。世界遺産「ラサのポタラ宮歴史地区(中国)」構成資産 (C) Dennis Jarvis

チベット高原では古くからチベット系の諸民族が活動していました。

 

633年、ソンツェン・ガンポはチベット初の統一王朝・吐蕃(とばん)を打ち立てます。

そして首都ラサにあるマルポリの丘に宮殿を建設しますが、これが17世紀に改築されたのがポタラ宮①です。

 

ソンツェン・ガンポは唐と戦闘を繰り返しますが640年に唐の玄宗の娘である文成公主をめとり、唐の冊封体制に入ります。

さらにネパールのリッチャヴィ朝からブリクティをめとりましたが、文成公主もブリクティも熱心な仏教徒であったことからラサににラモチェ(小昭寺)やトゥルナン寺(大昭寺。本堂はジョカン)①といった仏教寺院を建立し、ソンツェン・ガンポも仏教に帰依しました。

8世紀には国王ティソン・デツェンが仏教を国教に指定しています。

 

吐蕃と唐は戦争と和平を繰り返しますが、唐が力を失うと吐蕃はたびたび唐の領内に侵入。

755年の安史の乱で混乱すると、763年には首都・長安②にまで到達しました。

 

9世紀後半、吐蕃は内乱と唐の攻撃により混乱し、統一王朝は消滅。

ラサを中心とするチベット高原中央部は1254年のモンゴルによる統一まで地方政権が並び立ちました。

 

8世紀頃から中国南西部、現在の雲南省を中心とした地域に誕生したチベット系の王国が南詔(なんしょう)です。

雲南地方は中国-ミャンマー-インド-ペルシアを結ぶ西南シルクロードと、中国-チベットを結ぶ茶馬古道の要衝で、こうしたルートを利用した貿易で繁栄しました。 

一時はラオス、ベトナムの一部をも支配下に治めた南詔でしたが内乱によって902年に滅亡します。

 

1038年には中国の北西でチベット系タングート族の李元昊(りげんこう)が西夏を建てます。

西夏は遼やラサのチベット政権と同盟を結んで宋に対抗。

1115年に金が興ると西夏は宋・金と同盟して遼を攻め、これを撃破。

遼滅亡後、金が1127年に宋を滅ぼすと、混乱に乗じて中国北西部の多くの土地を奪取します。

※①世界遺産「ラサのポタラ宮歴史地区(中国)」

 ②世界遺産「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網(カザフスタン/キルギス/中国共通)」

 

[関連サイト]

ラサのポタラ宮/中国

世界遺産と建築22 仏教建築2:大乗仏教編(東南アジア、チベット、ネパール)

 

* * *

 

<東アジアの動向>

■朝鮮半島の動き

世界遺産「石窟庵と仏国寺(韓国)」、仏国寺
8世紀、新羅の時代に吐含山に建設された仏国寺。日本の世界遺産「平泉‐仏国土[浄土]を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」と同様、仏国土(極楽浄土)を現世に具現した建物です。世界遺産「石窟庵と仏国寺(韓国)」構成資産
世界遺産「南漢山城(韓国)」
新羅時代の長城をベースに、朝鮮王朝(李氏朝鮮)の時代に首都・ソウルを守る市壁として整備された世界遺産「南漢山城(韓国)」。北漢山城も韓国の世界遺産暫定リストに記載されています

668年に滅亡した高句麗以降の様子を見てみましょう。

 

698年、高句麗が治めていた満州・遼河周辺に大祚栄(だいそえい)が建てた国が渤海です。

唐の冊封体制に入りましたが、国境を接する朝鮮半島の新羅を牽制するために日本とも盛んに交易を行いました。

渤海は遼河から日本海にかけて広く支配しますが、遼が興ると926年に滅ぼされました。

 

朝鮮半島では新羅が勢力を広げて朝鮮半島の多くを版図に収めます。

新羅も唐に朝貢し、冊封体制に入っていました。

新羅の首都が金城①で、唐との国境線上に長城②を築いています。

 

新羅は仏教を奉じており、数々の寺院を築きました。

新羅仏教の最高峰といわれるのが仏国寺③です。

また、海印寺④に収められた版木によって印刷された高麗八萬大蔵経は日本を含む国内外に渡って仏教の布教に貢献しました。

 

朝鮮半島は10世紀に新羅、後百済、後高句麗の後三国時代に突入します。

918年、後高句麗の将軍・王建が反乱を起こして高麗を建国。

高麗は935年に新羅、936年に後百済を滅ぼして朝鮮半島を統一します。

太祖・王建は故郷に城壁を張り巡らせると、王宮を築いて首都・開州(現在の開城。ケソン)⑤を建設。

以後1392年まで開城は高麗の首都として繁栄します。

※①世界遺産「慶州歴史地域(韓国)」

 ②世界遺産「南漢山城(韓国)」

 ③世界遺産「石窟庵と仏国寺(韓国)」

 ④世界遺産「八萬大蔵経の納められた伽耶山海印寺(韓国)」

 ⑤世界遺産「開城の歴史的建造物と遺跡(北朝鮮)」

 

* * *

 

次回はモンゴル帝国の世界征服を紹介します。

 


News

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

All About 世界遺産「2019年新登録の世界遺産 日本の大阪に初の遺産!」では新世界遺産の概要を解説
All About 世界遺産「2019年新登録の世界遺産 日本の大阪に初の遺産!」では新たに登録された全29件の新世界遺産の概要を解説。クリックで外部記事へ
タンザニアの世界遺産「ンゴロンゴロ保全地域」のクロサイ
タンザニアの世界遺産「ンゴロンゴロ保全地域」のクロサイ。高さ600mの壁が囲うクレーター内部に25,000頭の野生動物が暮らしている。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 2018年新登録の世界遺産

 ガラパゴス諸島/エクアドル

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです