世界遺産と世界史20.東欧の形成とビザンツ帝国

シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の歴史」では世界史と関連の世界遺産の数々を紹介します。

なお、本シリーズは以下の電子書籍の写真や文章を大幅に削ったダイジェスト記事となっています。

詳細は下のリンクか "shop" を参照してください。

 

■電子書籍『世界遺産で学ぶ世界の歴史 ~海外旅行から世界遺産学習まで~』

  1. 古代編
  2. 中世編
  3. 近世編
  4. 近代編
  5. 世界大戦編

* * *

<東ヨーロッパの形成>

■ノルマン人の移動

ノルマン人の移動ルート。北ヨーロッパを東と西、双方から南下しています

 

レイフ・エリクソンの大西洋横断ルート。最後に出てくるのがカナダの世界遺産「ランス・オ・メドー国定史跡」です

 

世界遺産「ビルカとホーヴゴーデン(スウェーデン)」、ホーヴゴーデン近郊アデルソンに残る王城跡
ヴァイキングの拠点となっていたホーヴゴーデン近郊アデルソンに残る王城跡。世界遺産「ビルカとホーヴゴーデン(スウェーデン)」構成資産 (C) Holger.Ellgaard
世界遺産「アラブ=ノルマン様式のパレルモおよびチェファルとモンレアーレの大聖堂(イタリア」、パレルモのノルマンニ宮殿
パレルモのノルマンニ宮殿。もともとアラブ人の城砦で、12世紀にシチリアとナポリを支配したノルマン王ルッジェーロ2世らによって改修されました。1144年に教皇と和解して王位を認めらています。世界遺産「アラブ=ノルマン様式のパレルモおよびチェファルとモンレアーレの大聖堂(イタリア」構成資産 (C) Lasterketak

まずはゲルマン系のノルマン人です。

 

8~12世紀、スカンディナヴィア半島やユトランド半島に住んでいたノルマン人たちはカシやマツで造った超軽量で細長くて喫水の浅い(深く沈まない)「ロングシップ」と呼ばれるヴァイキング船で海や川を自在に行き来していました。

バルト海、北海、ケルト海はもちろん、浅場でも進めるため川を遡上し、軽量であるため陸地をも越えてヨーロッパ中に進出しました。

その拠点の一例がビルカ①やホーヴゴーデン①です。

 

外洋航海にもすぐれた性能を発揮し、10世紀末、ノルマン人レイフ・エリクソンはグリーンランドを発見。

さらに西へと漕ぎ出すと、11世紀初頭、ついに大西洋横断に成功し、カナダのニューファンドランド島を発見します。

コロンブスより5世紀も早いヨーロッパ人によるアメリカ大陸到達です。

このとき切り拓いた街の遺跡がランス・オ・メドー②です。

 

フランス北部では10世紀、ロロに率いられたノルマン人の一行がノルマンディー地方に侵入し、植民市を建設します。

西フランク王国のシャルル3世はロロをノルマンディー公(公爵)に封じる代わりに他のヴァイキングの討伐を命じます(ノルマンディー公国の成立)。

 

12世紀、フランス北部のノルマンディー公国から分かれた一派が南イタリアに到達。

シチリア王国を建ててイタリア半島南部とシチリア島を占領します。

王国は広い版図を収めましたが、14世紀にはシチリア王国(首都パレルモ③)とナポリ王国(首都ナポリ④)に分裂します。

※①世界遺産「ビルカとホーヴゴーデン(スウェーデン)」

 ②世界遺産「ランス・オ・メドー国定史跡(カナダ)」

 ③世界遺産「アラブ=ノルマン様式のパレルモおよびチェファルとモンレアーレの大聖堂(イタリア」

 ④世界遺産「ナポリ歴史地区(イタリア)」

 

■イングランド王国の成立

世界遺産「ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター寺院及び聖マーガレット教会(イギリス)」
左はウェストミンスター宮殿のビッグベン、右奥がウェストミンスター寺院。ウィリアム1世以後、イングランド王はこの寺院で戴冠式を行っており、現在の女王エリザベスも1953年6月2日に戴冠しています。世界遺産「ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター寺院及び聖マーガレット教会(イギリス)」構成資産
世界遺産「ロンドン塔(イギリス)」のホワイトタワー
中央が、ウィリアム1世が建設した世界遺産「ロンドン塔(イギリス)」のホワイトタワー。大陸から巨大な石材を運ばせて建設したもので、以後のイギリス城塞建築の手本となりました

イギリスの動きを見てみましょう。

 

グレートブリテン島ではローマ帝国がケルト人を北に追って版図を広げていましたが、西ローマ帝国滅亡後はローマ人の多くが撤退します。

5世紀以降、この地にゲルマン系のアングロ・サクソン人が入植し、7大国を中心に数多くの国家を建国しました(アングロ・サクソン七王国)。

 

その後、ノルマン人がたびたび侵入を試みますが、9世紀にこれをウェセックス王国のアルフレッド大王が撃破。

力をつけたウェセックス王国は927年、アゼルスタンが島南部を支配し、イングランド統一を果たします。

イングランド王国のはじまりです。

 

1042年にイングランド王に即位したエドワード懺悔王はロンドンの市街地の西側に新しい宮殿と寺院を建築します。

西の修道院の名を持つウェストミンスター宮殿①とウェストミンスター寺院①です。

 

1066年、ノルマンディー公ギヨーム2世はイングランド王の後継者争いに乗じてイングランド南部に進出。

へースティングスの戦いでイングランド王ハロルド2世を破るとその勢いでロンドンを落とします。

ギヨーム2世はウェストミンスター寺院で戴冠し、イングランド王ウィリアム1世を名乗ってノルマン朝を建国。

ノルマン人による征服=ノルマン・コンクェストのはじまりです。

ウィリアム1世が築いたノルマン様式の城塞がロンドン塔②です。 

※①世界遺産「ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター寺院及び聖マーガレット教会(イギリス)」

 ②世界遺産「ロンドン塔(イギリス)」

 

[関連サイト]

ウェストミンスターとビッグベン/イギリス

世界一有名な幽霊屋敷!? ロンドン塔/イギリス

 

■ルーシ国家とスカンジナビア

世界遺産「ノヴゴロドの文化財とその周辺地区(ロシア)」、ノヴゴロド・クレムリンの城壁
ノヴゴロド・クレムリンの城壁。9世紀に大聖堂と墓地が建てられた場所で、木造の柵で城塞(クレムリン)化され、14世紀に石造の城壁が建設されました。ロシア最古の城塞といわれます。世界遺産「ノヴゴロドの文化財とその周辺地区(ロシア)」構成資産
世界遺産「古代都市[タウリカのヘルソネソス]とそのホーラ(ウクライナ)」、聖ウラジーミル(聖ヴォロディームィル)大聖堂
ウラジーミル1世が洗礼を受けた場所に建つ聖ウラジーミル(聖ヴォロディームィル)大聖堂。世界遺産「古代都市[タウリカのヘルソネソス]とそのホーラ(ウクライナ)」構成資産 (C) Dmitry A. Mottl

ノルマン人は東ヨーロッパにも進出し、現在のロシアの北西部に「ルーシ」と呼ばれる小国群を打ち立てます。

9世紀、このうちリューリクの一行が「新しい都市」を意味する植民市ノヴゴロド①を建設。

やがてフィンラドからロシア北部にまたがる大国に発展します(ノヴゴロド公国)。

 

10世紀にはオルグが一帯を治めて黒海付近に遷都し、スラヴ人の都市キエフ②を占領してキエフ大公国(キエフ・ルーシ)を建国。

キエフは南北・東西ヨーロッパを結ぶ要衝で、またステップロード(シルクロードの北ルート)を使った貿易でも繁栄しました。

 

988年、タウリカ③で洗礼を受けたウラジーミル1世(ウラジーミル聖公)がキリスト教を国教化して東ローマ皇帝の妹と結婚。

ビザンツ帝国(東ローマ帝国)の首都コンスタンティノープル④(現在のイスタンブール)に置かれていたコンスタンティノープル総主教の下に入り、11世紀に聖ソフィア大聖堂②やペチェールスカヤ大修道院②が建設されるとキエフはノルマン人・スラヴ人の聖地となりました。

 

北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島では10世紀前後までにスウェーデン王国、ノルウェー王国が多くを支配。

やがてスウェーデンがフィンランドを占領します。

 

一方、ユトランド半島はデンマーク王国が占めました。

初代国王ゴームはキリスト教に改宗しましたが、このときの物語はイェリングの石碑⑤に刻まれています。

また、デンマーク国王ハーラル青歯王はノルウェーに進出してこれを版図に加え、これも石碑に記しています。

※①世界遺産「ノヴゴロドの文化財とその周辺地区(ロシア)」

 ②世界遺産「キエフ:聖ソフィア大聖堂と関連する修道院建築物群、キエフ・ペチェールスカヤ大修道院(ウクライナ)」

 ③世界遺産「古代都市[タウリカのヘルソネソス]とそのホーラ(ロシア)」

 ④世界遺産「イスタンブール歴史地域(トルコ)」

 ⑤世界遺産「イェリング墳墓群、ルーン文字石碑群と教会(デンマーク)」

 

[関連サイト]

イスタンブール/トルコ

 

■スラヴ人、アジア人の動き

スラヴ系民族が建てた国家群。もともとバルカン半島や中央ヨーロッパを拠点とする民族で、主に北や東に広がっていきました。紫=西スラヴ、赤=東スラヴ、黄=南スラヴ。Samo's Empire=サモ王国、Great Moravia=モラヴィア王国、Bulgarian Empire=ブルガリア帝国、Kievan Rus=キエフ大公国、Duchy of Bohemia=ボヘミア公国、Kingdom of Poland=ポーランド王国、Novgorod Republic=ノヴゴロド公国、Walachia =ワラキア、Kingdom of Serbia=セルビア王国、Serbian Empire=セルビア帝国、Grand Duchy of  Moscow=モスクワ大公国、Kingdom of Poland-Lithuania=ポーランド=リトアニア連合王国、Moldavia=モルダヴィア、Tsardom of Russia=ロシア・ツァーリ国、Russian Empire=ロシア帝国

 

世界遺産「オフリド地域の自然遺産及び文化遺産(北マケドニア)」、聖ナウム修道院
オフリド湖畔にたたずむ聖ナウム修道院。オフリドはスラヴ人に対するキリスト教布教の拠点となり、10世紀以来の歴史を持つこの修道院も重要な役割を果たしました(建物はその後の再建)。世界遺産「オフリド地域の自然遺産及び文化遺産(北マケドニア)」構成資産

続いてスラヴ人とアジア系民族の動きを見てみましょう。

スラヴ人はバルカン半島や中央ヨーロッパ、現在のウクライナ周辺に住んでいたスラヴ系言語を話す人々で、ゲルマン人が東に移り、フン帝国が滅んだ6世紀に東ヨーロッパに進出し、9世紀以降、多数の国家を建国します。

 

一気に羅列しましょう。

○がローマ・カトリック、●が正教会です。

 

○東・中央ヨーロッパのスラヴ人、アジア人国家

  • チェック人・スロバキア人:モラヴィア王国(9C~)→ボヘミア王国(10C~)○
  • ポーランド人:ポーランド王国(11~14C)→ポーランド=リトアニア王国(14C~)○
  • クロアチア人:クロアチア王国(10C~)○
  • セルビア人:セルビア王国(12C~)●
  • ロシア人:モスクワ大公国(14C~)●

 

9世紀にはノルマン人も南下してきたため、東ヨーロッパではノルマン・スラヴの混血が進みました。

たとえばキエフ公国ではスラヴ化が進み、両民族はやがて同化しています。

民族名や王国名を見ると、現在のヨーロッパに見られる国名がたくさん出てきているのがわかります。

 

この時代、東ヨーロッパに進出するアジア系の民族もいました。

ただ、アジア系といってもヨーロッパとアジアの境はあいまいで、人種的に大きく違うとは限りません。

ブルガール人はトルコ系です。

 

○東ヨーロッパのアジア系国家

  • マジャール人:ハンガリー王国(10C~)○
  • ブルガール人:ブルガリア王国(7C~)●

■ビザンツ帝国の誕生

ビザンツ帝国の版図の推移

 

トルコの世界遺産「イスタンブール歴史地区」、アヤ・ソフィア
トルコの世界遺産「イスタンブール歴史地区」、アヤ・ソフィア。全長77m・幅72mで、中央には直径33mの大ドームが据えられています。ドームの制作は困難を極め、完成後に一度崩壊しているほど。ビザンツ帝国の歴史は1,000年を超えますが、これほどのドームが造られることはありませんでした
トルコの世界遺産「イスタンブール歴史地域」、デオドシウスの城壁
トルコの世界遺産「イスタンブール歴史地域」、デオドシウスの城壁。堀と柵に加えて内壁・外壁の分厚い二重の城壁からなり、内壁は厚さ4.5~6.0m・高さ12m、外壁は厚さ2m・高さ9mと非常に堅固なものになっています
世界遺産「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群(イタリア)」、ラヴェンナ、サン・ヴィターレ聖堂のモザイク
ラヴェンナ、サン・ヴィターレ聖堂のモザイク。中央が皇帝ユスティニアヌス。世界遺産「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群(イタリア)」構成資産

395年、ローマ帝国を東西に分割贈与したテオドシウス1世により、コンスタンティノープルを首都とする東ローマ帝国=ビザンツ帝国が誕生しました。

再三フン帝国の圧力を受けた皇帝テオドシウス2世はコンスタンティノープルを強固な城壁で取り囲みます。

これがデオドシウスの城壁①です。

 

西ローマ帝国はゲルマン人の移動によって疲弊し、476年に滅亡。

民族大移動はビザンツ帝国をも襲いますが、小アジア(アナトリア半島。現在のトルコ)を拠点とするビザンツ帝国は領域を黒海やエーゲ海・カフカス山脈・カスピ海に囲まれているうえ、ヨーロッパとアジアを接続するボスポラス海峡やダーダネルス海峡もビザンツ帝国が押さえていました。

コンスタンティノープルは多重の城壁と海に守られた難攻不落の要塞都市となり、ビザンツ帝国は独立を守り抜くことに成功します。

 

そして6世紀、ビザンツ帝国は皇帝ユスティニアヌスのもとで勢力を大きく回復します。

イタリア半島に侵入していたヴァンダル王国や東ゴート王国を滅ぼし、ローマ②を奪還してイタリアを平定。

イタリア半島-バルカン半島-小アジア-西アジア-北アフリカ-イベリア半島南部を再統一し、地中海沿岸の多くを版図に収めました。

 

ユスティニアヌスは『ローマ大全』を編纂するなど文化事業にも従事し、コンスタンティノープルのハギア・ソフィア大聖堂(アヤ・ソフィア)①、ベツレヘムの聖誕教会③、ラヴェンナのサン・ヴィターレ聖堂④、エジプト・シナイ半島の聖カトリーナ修道院⑤、エフェソスの聖ヨハネ教会⑥などを建設・改修しました。

 

特に537年にハギア・ソフィア大聖堂が竣工した際、ソロモン王が建築したという伝説のエルサレム神殿を凌駕したと確信したユスティニアヌスは「私はソロモンを超えた」と叫んだと伝えられています。

※①世界遺産「イスタンブール歴史地域(トルコ)」

 ②世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア/バチカン共通)」

 ③世界遺産「イエス生誕の地:ベツレヘムの聖誕教会と巡礼路(パレスチナ)」

 ④世界遺産「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群(イタリア)」

 ⑤世界遺産「聖カトリーナ修道院地域(エジプト)」

 ⑥世界遺産「エフェソス(トルコ)」

 

[関連サイト]

イスタンブール/トルコ

ベツレヘムの聖誕教会/パレスチナ

ラヴェンナの初期キリスト教建築物群/イタリア

聖カトリーナ修道院地域/エジプト

エフェソス/トルコ

世界遺産と建築08 ビザンツ建築/ビザンチン建築

 

* * *

 

次回は東西教会の分裂と十字軍を紹介します。

 


News

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

All About 世界遺産「2019年新登録の世界遺産 日本の大阪に初の遺産!」では新世界遺産の概要を解説
All About 世界遺産「2019年新登録の世界遺産 日本の大阪に初の遺産!」では新たに登録された全29件の新世界遺産の概要を解説。クリックで外部記事へ
タンザニアの世界遺産「ンゴロンゴロ保全地域」のクロサイ
タンザニアの世界遺産「ンゴロンゴロ保全地域」のクロサイ。高さ600mの壁が囲うクレーター内部に25,000頭の野生動物が暮らしている。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 2018年新登録の世界遺産

 ガラパゴス諸島/エクアドル

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです