世界遺産と世界史13.シルクロードとインド

シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の歴史」では世界史と関連の世界遺産の数々を紹介します。

なお、本シリーズは以下の電子書籍の写真や文章を大幅に削ったダイジェスト記事となっています。

詳細は下のリンクか "shop" を参照してください。

 

■電子書籍『世界遺産で学ぶ世界の歴史 ~海外旅行から世界遺産学習まで~』

  1. 古代編
  2. 中世編
  3. 近世編
  4. 近代編
  5. 世界大戦編

* * *

<シルクロード>

↑は現在中国が推進している「一帯一路 "One Belt, One Road"」の解説動画です。一帯一路は古代、東西を結んでいたシルクロード上の経済ベルトと、海のシルクロード上の国々を結びつけようという経済政策です。古代のルートの解説も含まれています

 

■ステップロードとオアシスロード

世界遺産「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網(カザフスタン/キルギス/中国共通)」、玉門関
漢の武帝が版図の最西端に築いたとされる玉門関。現在の遺跡は唐代に再建されたものと考えられています。世界遺産「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網(カザフスタン/キルギス/中国共通)」構成資産
中国の世界遺産「万里の長城」、嘉峪関
中国の世界遺産「万里の長城」、嘉峪関。明代の長城の西端で、北のゴビ砂漠、西のタクラマカン砂漠へ渡るシルクロードの要衝となっていました

西アジアから中央アジア、中国に至る広大な大地を占めているのは主にステップ(雨季にのみ草原が広がる亜熱帯高圧帯周辺の半砂漠地帯)と砂漠です。

ステップは雨季に背の低い草が広がるだけの荒野で、半ば砂漠といった土地も少なくありません。

 

古来、中央アジアのグレート・ステップにはスキタイ人やソグド人、パルティア人、月氏、匈奴といった遊牧民族が暮らしており、彼らは移動を繰り返しつつ各地の産物を別の土地に運ぶ隊商貿易を行っていました。

中国をはじめとする東アジアと中央アジアや南アジア、西アジア、ヨーロッパをつなぐ東西貿易のルートを主要産品である絹(シルク)の名を取って「シルクロード※」といいます。

 

シルクロードには主として2つのルートがありました。

ひとつは中国からモンゴルやカザフスタンに入り、ロシア南部を通ってヨーロッパに入る北回りのルートで「ステップロード(草原の道)」と呼ばれます。

もうひとつは中国から中央アジアのカザフスタン南部やキルギス、アフガニスタンのオアシス都市をつないでインドや西アジア、ヨーロッパに至るルートで「オアシスロード(オアシスの道)」といわれています。

 

細かく見ていけばステップロードやオアシスロードにもさまざまなルートがあり、それ以外にも中国南部からミャンマーを経てインドに至る「西南シルクロード」や、中国南部から東南アジアを経てインド、西アジア、東アフリカに至る「海のシルクロード(海の道。シーロード)」なども存在しました。

※世界遺産「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網(カザフスタン/キルギス/中国共通)」

 

■ガンダーラ

世界遺産「バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群( アフガニスタン)」
ガンダーラの要衝、バーミヤン渓谷。2001年3月12日、イスラム教原理主義組織タリバンは高さ55mを誇る西大仏と高さ38mの東大仏の2体を爆破しました。世界遺産「バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群( アフガニスタン)」構成資産 (C) Alessandro Balsamo

シルクロードの中でも東西南北の文化が盛んに交流したのがオアシスロードのガンダーラです。

 

ガンダーラには複数の都市国家が成立していましたが、ペルシア系のアケメネス朝、ギリシア系のアレクサンドロス帝国、セレウコス朝の支配を受けたあと、インドのマウリヤ朝に侵略され、さらにギリシア系のバクトリア、ペルシア系のパルティア(アルサケス朝)に支配されました。

おかげでペルシア、ギリシア、インド、遊牧民族の文化が複雑に混じり合うことになりました。

 

アレクサンドロス帝国以降の入植によりギリシア人が西アジアや中央アジアに進出していました。

彼らが建てた国のひとつがバクトリアです。

バクトリアはやがてパルティアや大月氏といった遊牧民族の侵入で滅びますが、ギリシア人たちはインド北部に移動してマウリヤ朝を滅ぼし、ギリシア人国家グリーク朝を建国します。

 

これにより、ガンダーラをはじめとするヘレニズム文化がインドにもたらされました。

 

■クシャーナ朝

クシャーナ朝の版図の推移

 

世界遺産「タフティ・バヒーの仏教遺跡群とサリ・バロールの近隣都市遺跡群(パキスタン)」、タフティ・バヒー
2世紀にクシャーナ朝のカニシカ王が建設したと伝わるタフティ・バヒー寺院跡。世界遺産「タフティ・バヒーの仏教遺跡群とサリ・バロールの近隣都市遺跡群(パキスタン)」構成資産 (C) Asif Nawaz

その頃、中国の西域にいた月氏(げっし)は匈奴に押され、バクトリアの地に移動して大月氏として力を振るっていました。

そして1世紀に首都をシルスフ①に置いてクシャーナ朝を建国します。

 

2世紀に首都をプルシャプラ(現在のペシャワール)、副都をマトゥラーに定めたカニシカ王はインド北部を平定し、インド~中央アジアに至る大帝国を打ち立てました。

 

カニシカ王は大乗仏教を保護しており、その結果生まれたのが仏像です。

アレクサンドロス帝国やバクトリアのギリシア人たちがもたらした神々の彫刻をまねて、人々は仏像や仏画を作り出しました。

また、クシャーナ朝が中国と接し、インド北部を占めていたことから仏教文化はインドや中国に伝えられました。

 

カニシカ王が建てた仏教寺院がタフティ・バヒー寺院②です。

クシャーナ朝から次のグプタ朝期の仏教美術、特に石窟寺院や仏像・壁画が集まっているのがバーミヤン渓谷③です。

※①世界遺産「タキシラ(パキスタン)」

 ②世界遺産「タフティ・バヒーの仏教遺跡群とサリ・バロールの近隣都市遺跡群(パキスタン)」

 ③世界遺産「バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群(アフガニスタン)」

 

[関連記事]

世界遺産と建築21 仏教建築1:インド編

 

* * *

 

<仏教王国とヒンドゥー教の成立>

■グプタ朝

グプタ朝の版図の推移

 

世界遺産「アジャンター石窟群(インド)」、第26窟
アジャンター第26窟。5~6世紀の仏教石窟で、それまでストゥーパしかありませんでしたが、この頃になるとブッダの像が据えられています。中国でストゥーパは層塔となり、中心的な仏像は金堂(本堂。仏殿)に収められました。世界遺産「アジャンター石窟群(インド)」構成資産
世界遺産「エローラ石窟群(インド)」、第16窟カイラーサナータ寺院
エローラ第16窟、カイラーサナータ寺院。8~9世紀に築かれたヒンドゥー教の石彫寺院で、約100年をかけてノミとカナヅチだけで彫り上げた世界最大の彫刻です。世界遺産「エローラ石窟群(インド)」構成資産 (C) Chinmaya Panda

クシャーナ朝はペルシアのササン朝に敗れると、ササン朝の傀儡政権となります。

その後チャンドラグプタ1世のグプタ朝によってインドから駆逐され、ガンダーラの地へと帰ります。

 

グプタ朝は4~5世紀、チャンドラグプタ2世のときに最盛期を迎えます。

南インドの一部を除いてインドのほぼ全土を掌握。

仏教美術はさらに洗練され、ギリシア等の影響を廃したインド特有の様式を確立し、グプタ美術として花開きます。

 

この前後の時代にアジャンター①、エローラ②、エレファンタ③というインド3大石窟が築かれました。

アジャンターは仏教、エレファンタはヒンドゥー教の石窟群ですが、エローラは仏教・ジャイナ教・ヒンドゥー教の混合石窟で、仏教・ジャイナ教の神々が次第にヒンドゥー教に同化・吸収される姿を見ることができます。

 ※①世界遺産「アジャンター石窟群(インド)」

 ②世界遺産「エローラ石窟群(インド)」

 ③世界遺産「エレファンタ石窟群(インド)」

 

[関連サイト]

アジャンター石窟群/インド

エローラ石窟群/インド

世界遺産と建築21 仏教建築1:インド編

 

■ヒンドゥー教の誕生とヴァルダナ朝

世界遺産「ビハール州ナーランダ・マハーヴィハーラ[ナーランダ大学]の遺跡(インド)」、ナーランダ僧院跡
グプタ朝期の5~6世紀、ブッダや龍樹が教えを説いたとされる地に整備された大僧院=マハーヴィハーラ、ナーランダ僧院跡。世界遺産「ビハール州ナーランダ・マハーヴィハーラ[ナーランダ大学]の遺跡(インド)」構成資産 (C) myself

もともと庶民の間では仏教、ジャイナ教、バラモン教の差異はあいまいで、それ以外にも多彩な民間信仰が存在していました。

これらが融合してなんとなく成立するのがヒンドゥー教です。

 

ヒンドゥー教はもともと明確な定義のある宗教ではありませんでした。

バラモン教のヴァルナ制(カースト制)をはじめとする慣習を引き継ぎつつ、さまざまな神々を雑多に信じる民間信仰にすぎませんでした。

 

それがグプタ朝の時代、『マヌ法典』が成立してヴァルナ制が強化され、『マハーバーラタ』や『ラーマーヤナ』といった叙事詩が広まることで神々の物語が体系化され、共通の神概念を持つようになりました。

やがて仏教やジャイナ教の神々は雑多な神々の一部として認識され、ヒンドゥー教に吸収されていきます。

 

6世紀にグプタ朝に変わってハルシャ王のヴァルダナ朝が北インドを統一します。

ハルシャ王は仏教を庇護し、この時代に玄奘(三蔵法師)や義浄が聖地ブッダガヤ①や大僧院コンプレックス=マラーヴィハーラであるナーランダ僧院②を訪れていますが、この頃から仏教やジャイナ教は衰退の一途をたどります。

※①世界遺産「ブッダガヤの大菩提寺(インド)」

 ②世界遺産「ビハール州ナーランダ・マハーヴィハーラ[ナーランダ大学]の遺跡(インド)」

 

[関連サイト]

ブッダガヤ/インド

世界遺産と建築19 ヒンドゥー教建築1:インド編

 

* * *

 

次回は大帝国・漢と魏晋南北朝時代を紹介します。

 


News

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

All About 世界遺産「2019年新登録の世界遺産 日本の大阪に初の遺産!」では新世界遺産の概要を解説
All About 世界遺産「2019年新登録の世界遺産 日本の大阪に初の遺産!」では新たに登録された全29件の新世界遺産の概要を解説。クリックで外部記事へ
タンザニアの世界遺産「ンゴロンゴロ保全地域」のクロサイ
タンザニアの世界遺産「ンゴロンゴロ保全地域」のクロサイ。高さ600mの壁が囲うクレーター内部に25,000頭の野生動物が暮らしている。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 2018年新登録の世界遺産

 ガラパゴス諸島/エクアドル

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです