世界遺産と世界史12.ヘレニズム時代

シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の歴史」では世界史と関連の世界遺産の数々を紹介します。

なお、本シリーズはほぼ毎年更新している以下の電子書籍の写真や文章を大幅に削ったダイジェスト記事となっています。

 

■電子書籍『世界遺産で学ぶ世界の歴史 ~海外旅行から世界遺産学習まで~』

 1.古代編、2.中世編、3.近世編、4.近代編、5.世界大戦編

 

詳細は "shop" をご参照ください。

 

* * *

 

<アレクサンドロス帝国>

■マケドニアによるギリシア支配

世界遺産「オリンピアの考古遺跡(ギリシア)」、フィリペイオン
フィリッポス2世がカイロネイアの戦いでの戦勝を記念して建てた記念碑、オリンピアのフィリペイオン。世界遺産「オリンピアの考古遺跡(ギリシア)」構成資産

アテネ①、スパルタ、テーベといったポリスの覇権争いから距離を取り、力を蓄えていたのがエゲ(アイガイ)②に首都を置くギリシア人国家マケドニアです。

マケドニアのフィリッポス2世は3年間、テーベに人質として預けられていましたが、その間に政治や軍略を学んでこれを自国に取り入れます。

 

紀元前338年。

力を増すマケドニアの台頭を恐れたアテネとテーベは同盟を結んで戦いを挑みます。

フィリッポス2世はカイロネイアの戦いでこれを退け、 コリントス同盟(ヘラス同盟)を結成。

スパルタ以外の全ポリスが参加して、マケドニアのギリシア支配が固まりました。

※①世界遺産「アテネのアクロポリス(ギリシア)」

 ②世界遺産「エゲの考古遺跡[現在名ヴェルギナ](ギリシア)」

 

[関連サイト]

アテネのアクロポリス/ギリシア

 

■アレクサンドロスの東征

アレクサンドロス帝国の版図の推移

マケドニアのファランクス戦術

紀元前336年。

フィリッポス2世が暗殺されるとアレクサンドロス3世(アレキサンダー大王)が弱冠20歳で王位に就きます。

絶大な行動力とカリスマ性を持っていたアレクサンドロス3世はギリシアをまとめ上げ、紀元前334年、総司令官として約4万の兵を率いてギリシア人の悲願・ペルシア討伐に乗り出します。

 

彼が率いた精鋭のうち、特徴的なのが重装歩兵ファランクスと重装騎兵ヘタイロイです。

上の動画にあるファランクスはサリッサと呼ばれる5mを超えるような長槍を持ち、これを一斉に敵に向けることで針の山のような防御壁を作って陣を進めました。

さらにその周囲でサリッサを持ったヘタイロイが馬に乗って敵の急所に突撃し、敵陣を打ち破りました。

 

紀元前334年、ダーダネルス海峡を渡って小アジアに入り、グラニコス河畔の戦いに勝利。

紀元前333年、ペルシア皇帝ダレイオス3世は自ら10万~50万ほどの兵を率い、現在のトルコ・シリア国境にほど近いイッソスで迎え撃ちます(イッソスの戦い)。

ペルシア軍は数的に圧倒していましたがファランクスの攻撃を受けきれずに敗退し、ダレイオス3世は母や妻子を見捨てて逃げ去ってしまいます。

 

マケドニア軍は一旦進路を南に取り、フェニキア、エジプトを攻略。

このときエジプトに築いたギリシア植民都市がアレクサンドリア※です。

※エジプトの世界遺産暫定リスト記載

 

■アケメネス朝の滅亡

イランの世界遺産「ペルセポリス」の冬の宮殿タチャラ
イランの世界遺産「ペルセポリス」の冬の宮殿タチャラ。アレクサンドロス3世はペルセポリスを落とすと10,000頭のロバと5,000頭のラクダでアケメネス朝の財宝を運び出したといいます
パキスタンの世界遺産「タキシラ」
パキスタンの世界遺産「タキシラ」。アレクサンドロス3世の東方遠征以降に伝わったギリシア彫刻をまねて、タキシラを含むガンダーラ地方で仏像が生み出されたといわれています

紀元前331年、アレクサンドロス3世は再び東へ兵を進めると、ガウガメラでダレイオス3世と対峙します(ガウガメラ、あるいはアルベラの戦い)。

このときマケドニア軍4万~5万に対して、ペルシア軍20万~100万。

それでもアレクサンドロス3世の陣を崩せず、ダレイオス3世はまたしても敗走。

マケドニア軍はこれを追い、バビロン①、スーサ②、ペルセポリス③といったペルシア諸都市を次々と破壊しながら進軍します。

 

ところがダレイオス3世はサトラップ(地方長官)のベッソスに裏切られ、暗殺されてしまいます。

ベッソスはペルシア皇帝アルタクセルクセスを名乗って抵抗しますが、アレクサンドロス3世はこれを破って処刑し、アケメネス朝は滅亡します。

 

その後アレクサンドロス3世は現在のパキスタン~中央アジアを攻め上がり、サマルカンド④を落とします。

さらにカイバル峠を通り、インダス川を渡ってガンダーラのタキシラ⑤を占領すると、インドへ攻め込む準備を整えます。

 

しかし、疲れ果てた兵士たちの不満を聞き入れ、紀元前323年にスーサへ帰還。

そして同年大病を患い、「もっとも王にふさわしい者が国を治めよ」との言葉を遺して病死してしまいます。

この結果、後継者を決めるディアドコイ(後継者)戦争が勃発します。

※①世界遺産「バビロン(イラク)」

 ②世界遺産「スーサ(イラン)」

 ③世界遺産「ペルセポリス(イラン)」

 ④世界遺産「サマルカンド-文化交差路(ウズベキスタン)」

 ⑤世界遺産「タキシラ(パキスタン)」

 

[関連サイト]

ペルセポリス/イラン

青の都サマルカンド/ウズベキスタン

 

* * *

 

<ヘレニズム時代>

■ヘレニズム3王国とパルティア

ディアドコイ戦争の様子。Antipater=アンティパトロス、Lysimachus=リュシマコス、Antigonus=アンティゴノス、Ptolemy=プトレマイオス、Peithon of Crateuas=クラテウスのペイトン、Eumenes=エウメネス、Seleucus=セレウコス、Polyperchon=ポリュペルコン、Cassander=カサンドロス、Demetrius=デメトリオス、Macedonian Kingdom=マケドニア、Thracian Kingdom=トラキア、Antigonid Kingdom=アンティゴノス朝、Ptolemaic Kingdom=プトレマイオス朝、Seleucid Kingdom=セレウコス朝

イラクの世界遺産「ハトラ」
イラクの世界遺産「ハトラ」。二重の円形城壁に囲われた難攻不落のパルティア要塞都市で、ローマの攻撃をしばしば撃退しました

アレクサンドロス3世の時代からプトレマイオス朝エジプトの滅亡(紀元前30年)までをヘレニズム時代といいます。

 

この時代に主導権を握ったのがマケドニア人によるヘレニズム3王国、アンティゴノス朝マケドニア、プトレマイオス朝エジプト、セレウコス朝シリアです。

このうち最初に滅んだのがアンティゴノス2世が建てたアンティゴノス朝マケドニアで、共和政ローマが勢力を増すとマケドニア戦争で討伐され、紀元前168年に滅亡しました。

 

セレウコス1世が建てたセレウコス朝シリアは3王国でももっとも大きな国土を治めました。

一時は小アジア(トルコ)からインダス川に至る広大な領土を支配しましたが、中央アジアのバクトリアでギリシア人移民たちが反乱を起こしてバクトリア王国を建国。

続いて遊牧系ペルシア人の一派、パルティア人のアルサケスがその西でパルティア王国(アルサケス朝パルティア。初期の首都ニサ①)を興して独立してしまいます。

 

セレウコス朝と入れ替わるように勢力を拡大したのがこのパルティアです。

セレウコス朝からメソポタミアを奪い、さらにバクトリアを討ってインドに進出すると、メソポタミアからインド北部に至る大国を築き上げました。

セレウコス朝はローマとパルティアに挟まれると、紀元前63年、ローマのポンペイウスによって滅ぼされました。

 

国境を接したローマとパルティアは8度にわたり戦いを繰り広げますが、結局決着がつくことはありませんでした。

この時代にローマとの最前線に造ったパルティアの軍事都市がハトラ②です。

※①世界遺産「ニサのパルティア要塞群(トルクメニスタン)」

 ②世界遺産「ハトラ(イラク)」

 

■プトレマイオス朝エジプト

デンデラ神殿コンプレックス、ハトホル神殿のレリーフ
エジプトにあるデンデラ神殿コンプレックス、ハトホル神殿のレリーフ。いちばん左がクレオパトラ、その隣が息子カエサリオン。エジプトの世界遺産暫定リスト記載
世界遺産「エフェソス(トルコ)」、セルシウス図書館跡
新婚まもないアントニウスとクレオパトラも訪れたというトルコの世界遺産「エフェソス」。エフェソスはアレクサンドロス3世の死後、ペルガモン王国の都市として繁栄し、ローマ時代には人口20万人を誇る帝国の主要港になりました

3王国でもっとも長く続いたのがプトレマイオス1世が建てたプトレマイオス朝エジプトです。

特に首都アレクサンドリア①は大いに繁栄し、オリエント中にその名を響かせたといいます。

 

プトレマイオス朝は古代エジプトのファラオの称号を継いでいました。

しかし末期になると権力闘争が激化して、王族同士で争いが絶えませんでした。

しかも周囲の国々は次々と共和政ローマに組み込まれ、ローマの属州に落ちるのも時間の問題でした。

 

紀元前51年、姉クレオパトラと弟プトレマイオス13世は父の遺言もあって兄弟で結婚し、エジプトの共同統治を開始します。

ところがまもなくプトレマイオス13世はクレオパトラを裏切り、彼女を追放してしまいます。

 

ローマ②ではこの頃カエサル(シーザー)とポンペイウスの争いが激化していました。

ポンペイウスはローマ内戦に敗れ、つてのあったエジプトに撤退しますがプトレマイオス13世に殺されてしまいます。

 

そんなとき、ポンペイウスを追っていたカエサルがエジプトに到着。

伝説では、クレオパトラは絨毯に身をくるみ、贈り物としてカエサルの元に届けさせます。

絨毯から現れたクレオパトラを見たカエサルはひと目で恋に落ち、彼女を愛人にしたといいます。

カエサルの援護を得たクレオパトラは紀元前47年、ナイルの戦いでプトレマイオス13世を撃破。

そしてカエサルとの間に息子カエサリオンが誕生します(異父説あり)。

 

しかし紀元前44年、そのカエサルが暗殺され、遺言により養子オクタウィアヌス(後のローマ初代皇帝アウグストゥス)が遺産を相続します。

クレオパトラはローマを去ってエジプトに戻り、カエサリオンをプトレマイオス15世に即位させて息子と共同統治を開始します。

その後、今度はオクタウィアヌスとライバル関係にあるアントニウスを誘惑し、彼と結婚して3人の子をもうけます(結婚していないともいわれます)。

 

紀元前31年。

ローマにいたオクタウィアヌスは、アントニウスのパルティアに対する敗戦やクレオパトラに骨抜きにされて勝手な振る舞いを続ける態度に激怒して討伐軍を派遣します。

 

アントニウスとプトレマイオス朝連合軍はアクティウムの海戦で敗北。

伝説によると、クレオパトラの死の誤報を聞いたアントニウスは自刃し、駆け寄ったクレオパトラの腕の中で亡くなります。

そしてクレオパトラは毒蛇に乳房を噛ませ、アントニウスの後を追ったということです。

 

紀元前30年、カエサリオンがオクタウィアヌスに殺害されるとプトレマイオス朝は幕を下ろしました。

※①エジプトの世界遺産暫定リスト記載

 ②世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア/バチカン共通)」

 

* * *

 

次回はシルクロードとインドの仏教王国を紹介します。

 


News

★姉妹サイト「世界遺産データベース」を制作中です。現在、ヨーロッパの世界遺産を執筆しています。

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の魅力を解説
自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が5月に登録勧告を得て7月の正式登録が確実なものとなった。その内容を紹介する。クリックで外部記事へ
文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群」の魅力を解説
2021年7月に世界遺産登録の可否が決まる文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道・青森・岩手・秋田)」の魅力を解説する。クリックで外部記事へ

Topics

 

・All About 世界遺産 新記事

 北海道・北東北の縄文遺跡群

 奄美・徳之島・沖縄島・西表島

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

世界危機言語アトラス・リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレア・ヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです