世界遺産と建築22 仏教建築2:大乗仏教編(東南アジア、チベット、ネパール)

シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」では世界遺産を通して世界の建築の基礎知識を紹介します。

本シリーズは以下の電子書籍の写真や文章を大幅に削ったダイジェスト記事となっています(構成は多少変えてあります)。

詳細は下のリンクか "shop" を参照してください。

 

電子書籍『世界遺産で学ぶ世界の建築 ~海外旅行から世界遺産学習まで~』

  1. 古代、ギリシア・ローマ、中世編
  2. 近世、近代、現代編
  3. イスラム教、ヒンドゥー教編
  4. 仏教、中国、日本編

第22回は東南アジア、チベット、ネパールの大乗仏教建築を紹介します。

東南アジアでも上座部仏教の建築は次の第23回に回します。

 

* * *

<東南アジアの大乗仏教建築、マンダラ風伽藍>

■インドネシアの大乗仏教建築

世界遺産「ボロブドゥール寺院遺跡群(インドネシア)」
階段ピラミッド、ボロブドゥール。中央は最下層の「隠された基壇」。世界遺産「ボロブドゥール寺院遺跡群(インドネシア)」構成資産
世界遺産「ボロブドゥール寺院遺跡群(インドネシア)」、ボロブドゥール、円壇の釈迦如来像
ボロブドゥール、円壇の釈迦如来像。円壇に足を踏み入れると視界が突如開けますが、晴れ晴れとした悟りの境地を示しているといわれます。世界遺産「ボロブドゥール寺院遺跡群(インドネシア)」構成資産

密教化した仏教(大乗仏教)はインド・バングラデシュに留まらず、東南アジアにも伝えられました。

なかでも東南アジアの仏教の一大拠点となっていたのが、7世紀頃からスマトラ島で栄え、強大な海上王国を築いたシュリーヴィジャヤ王国です。

 

隣のジャワ島を支配したシャイレーンドラ朝も仏教国で、同朝が建設した仏教遺跡がボロブドゥール※です。

ボロブドゥールは欲界・色界・無色界の3界9層からなる階段ピラミッドで、欲界を示す基壇と色界の5層が方形壇、無色界は円壇となっています。

 

基壇は一部を除いてブロックで埋められており、色界の5層は回廊に囲われ、壁面はブッダの生涯や前世を描いたレリーフで覆われています。

無色界の3層は回廊のない見晴らしのよい開けた空間で、円形のストゥーパの中には釈迦如来像が据えられており、悟りの世界を示しています。

 

中央の大ストゥーパの内部は空洞で、大乗仏教の「空」の思想を示しているようです。

こうしたピラミッド構造は須弥山(メール山)を示し、全体は世界の在り方を示すマンダラ、あるいは悟りの道程を表した経典であるともいわれます。

※世界遺産「ボロブドゥール寺院遺跡群(インドネシア)」

 

[関連記事]

世界遺産と世界史15.東南&東アジア、アフリカの古代

 

■カンボジアの大乗仏教建築

世界遺産「アンコール(カンボジア)」、アンコール・トムのバイヨン寺院
アンコール・トムのバイヨン寺院。二重の回廊に囲われた方形・三層構造のマンダラ風伽藍で、中央には高さ43mの中央祠堂の大プラサートがそびえています。世界遺産「アンコール(カンボジア)」構成資産
世界遺産「アンコール(カンボジア)」、バイヨン寺院の四面仏顔塔
バイヨン寺院の四面仏顔塔。大乗仏教の寺院として建設されましたがヒンドゥー教寺院に改装され、現在は本尊として上座部仏教の釈迦如来像が据えられています。世界遺産「アンコール(カンボジア)」構成資産

インドシナ半島で栄えたアンコール朝は当初ヒンドゥー教の王朝で、クメール様式の寺院を多数建立しましたが、後期の王は大乗仏教の保護者も少なくありませんでした(詳細は「世界遺産と建築20 ヒンドゥー教建築2:東南アジア編」の「クメール様式」参照)。

 

首都アンコール・トム※のバイヨン寺院は各辺を東西南北に向けた点対称の階段ピラミッドで、回字状の二重回廊に囲われており、中央祠堂はロータス形の四面堂となっています。

アンコールでは塔状の堂宇を「プラサート」と呼びますが、階段ピラミッドやプラサート群が須弥山を模している点はボロブドゥールと同様です。

 

巨大な観世音菩薩像(異説あり)が4面に描かれた四面仏顔塔で知られますが、回廊のレリーフにはヒンドゥー教神話の乳海攪拌(にゅうかいかくはん)が描かれており、随所に習合(宗教が混同・折衷されること)が見られます。

やがてヒンドゥー教寺院として改装され、各所にヒンドゥー教の神像やリンガが設置されましたが、その後は上座部仏教の寺院として使用されていました。

 

東南アジアではこのように大乗仏教が広がりましたが、やがてインドと同様にヒンドゥー教と混在し、同化・吸収されて衰退します。

島嶼部では12~13世紀頃からイスラム教が取って代わり、インドシナ半島では13世紀頃からスリランカ・ビルマ経由で上座部仏教(小乗仏教)が伝えられて一気に拡散していきます。

※世界遺産「アンコール(カンボジア)」

 

[関連記事]

世界遺産と世界史15.東南&東アジア、アフリカの古代

 

<チベット、ネパールの仏教>

■チベット仏教

世界遺産「ラサのポタラ宮歴史地区(中国)」、トゥルナン寺(大昭寺)
チベット自治区の首府ラサのトゥルナン寺(大昭寺)。チベット仏教の聖地中の聖地で、山々を越えて各地から巡礼者が訪れます。世界遺産「ラサのポタラ宮歴史地区(中国)」構成資産
世界遺産「ラサのポタラ宮歴史地区(中国)」
観世音菩薩の化神であるダライ・ラマの居城、ラサのポタラ宮。白壁の地域が政治機能を司る白宮で、赤壁が宗教機能を司る紅宮。世界遺産「ラサのポタラ宮歴史地区(中国)」構成資産

7世紀、チベットには初の統一王朝・吐蕃(とばん)があり、国王ソンツェン・ガンポは中国・唐の文成公主(ぶんせいこうしゅ)とネパール・リッチャヴィ朝のブリクティをめとりました。

ふたりの王妃は熱心な仏教徒であったことから首都ラサにラモチェ寺(小昭寺)やトゥルナン寺(大昭寺)※といった仏教寺院を建立し、ソンツェン・ガンポも仏教に帰依しました。

 

8世紀にはティソン・デツェン王が仏教を国教に定め、チベット仏教の体系化を進めました。

顕教時代から密教時代のものまでインドの経典のチベット語化が進められ、チベット大蔵経としてまとめられました。

12~13世紀にイスラム教の侵略を受けてインド仏教がほぼ消滅する一方で、チベット仏教はモンゴル帝国に受け入れられてさらに拡大します。

 

16世紀、熱心なチベット仏教徒だったモンゴルのアルタン・ハンは、チベット仏教ゲルク派(黄帽派)の僧ソナム・ギャツォを青海の迎華寺に招くと、大海を意味するダライと上師を示すラマを合わせて「ダライ・ラマ」の称号を与えます。

この称号は過去にさかのぼって適用されたため、ソナム・ギャツォはダライ・ラマ3世となってモンゴルへの布教に努めました。

 

17世紀にダライ・ラマ5世が建設したチベット政府=ガンデンポタンの行政庁であり、ダライ・ラマの居城で、代々のダライ・ラマの墓廟(遺体や遺灰を収める墓と魂を祀る廟が一体化したもの)でもあるのがラサのポタラ宮※です。

※世界遺産「ラサのポタラ宮歴史地区(中国)」

 

[関連記事]

世界遺産と世界史26.北方騎馬民族とその周辺

 

■ネワール仏教

世界遺産「カトマンズの谷(ネパール)」、カトマンズのダルバール広場
カトマンズのダルバール広場。カトマンズ盆地にはカトマンズ(カンティプル)、パタン(ラリトプル)、バクタプル(バドガオン)という3つの古都があり、いずれもが世界遺産「カトマンズの谷(ネパール)」の構成資産となっています
世界遺産「カトマンズの谷(ネパール)」、パタンのダルバール広場
パタンのダルバール広場。ヒンドゥー教とネワール仏教、石造建築と木造建築、インド式の仏塔と中国式の層塔など、さまざまな文化の影響が見られます。世界遺産「カトマンズの谷(ネパール)」構成資産 (C) Bikram Pratap Singh

12~13世紀に滅んだインド密教のサンスクリット経典を引き継いで発展したのがネパール、特にカトマンズの谷※を拠点とするネワール族が奉じるネワール仏教です。

 

ネワール族はもともと仏教徒だったようですが、ヒンドゥー教や密教が広がるとそれらを吸収し、マンダラにヒンドゥー教最高神シヴァを描いたり、カースト制度を採り入れるなど独自の発展を見せました。

チベット仏教が盛んになるとこれも取り込んでいます。

 

ネパールの主要都市カトマンズはネワール仏教とヒンドゥー教の聖地で、両者の寺院が並び立ちますが、いずれの寺院にも両教徒が訪れています。

一般の信者にとって、ネワール仏教、チベット仏教、ヒンドゥー教の区別はほとんど意味を持たないようです。

※世界遺産「カトマンズの谷(ネパール)」

 

■ラカン

サムイェ寺
サムイェ寺。仏教を国教に定めた吐蕃のティソン・デツェン王が仏教の振興のために築いたラカンで、密教のマンダラを模した立体マンダラ風伽藍となっています。世界遺産ではありません
世界遺産「ラサのポタラ宮歴史地区(中国)」、トゥルナン寺の本堂ジョカン
ソンツェン・ガンポが創建したラサのトゥルナン寺、本堂ジョカン。内部には数多くの祠堂があり、仏像や高僧の像など3,000体以上の像が収められています。世界遺産「ラサのポタラ宮歴史地区(中国)」構成資産 (C) Maris Burbergs

インドの仏教石窟は僧院であるヴィハーラ窟と、瞑想室であるチャイティヤ窟があり、やがてチャイティヤ窟は仏像を祀る仏殿に発達しました。

チベット仏教では僧院を「ゴンパ」、仏殿を主とする寺院を「ラカン」と呼びます。

 

チベット最初期のラカンがダナンのサムイェ寺(桑耶寺)やラサのトゥルナン寺(大昭寺)①です。

これらの寺ではナーランダ僧院②などから高僧を招いて仏教の研究を行いました。

 

サムイェ寺はほぼ正方形の伽藍で、各辺を東西南北に向け、中央に四面堂(四方が同様の造りである堂宇)の本堂を配しています。

周囲の4つの建物が四大陸を示すなど世界の在り方を表現したマンダラ風伽藍で、山型の本堂は聖山である須弥山(メール山)を模しています。

 

ジョカンと呼ばれるトゥルナン寺の本堂も正方形に近い長方形で、回廊に種々の仏像を収めた祠堂が連なり、東に本尊である釈迦如来像を収めています。

外装は金屋根に赤壁・白壁で、金や赤は聖域を示し、内部はマンダラを描いたフレスコやタンカ(掛軸)、タルチョー(5色旗)で埋め尽くされたきらびやかな空間で、仏像は金色に光り輝いています。

 

寺院はすべて右繞(うにょう)で、右回り(時計回り)に回って「コルラ(巡拝)」を行います。

※①世界遺産「ラサのポタラ宮歴史地区(中国)」

 ②世界遺産「ビハール州ナーランダ・マハーヴィハーラ[ナーランダ大学]の遺跡(インド)」

 

■ゴンパ、ゾン

ブータン・パロのタクツァン・ゴンパ
「虎の巣」の名で知られるブータン・パロのタクツァン・ゴンパ。高僧(グル)パドマサンバヴァが瞑想を行ったとされる断崖中腹の洞窟に築かれています。ブータンの世界遺産暫定リスト記載
ブータン・パロのリンプン・ゾン
ブータン・パロのリンプン・ゾン。7階建ての城塞のような僧院で、ブータンでは各地にこのような城塞形のゾンが見られます。ブータンの世界遺産暫定リスト記載 (C) Bernard-Gagnon

チベット仏教の僧院が「ゴンパ」です。

僧の生活の場であり、修行場であるだけでなく、イスラム教のマドラサと同様、知の探求を行う学問所・大学でもありました。

 

ラカンが一般の信者の巡拝を考えて町や平地に築かれていることが多いのに対し、ゴンパは僻地に建てられる例が多く、造形は地域によって大きく異なります。

峰を利用したインド・ラダックのティクセ・ゴンパや、断崖に張り付くように建てられたブータン・パロのタクツァン・ゴンパ※、僧院都市となっている中国・色達のラルンガル僧院など、それぞれ独自の景観を見せています。

 

金屋根・紅白壁はラカンと同様で、現世を示す僧院が白壁で、仏像を収める仏殿が赤壁となっています。

壁はレンガや石造りで漆喰や粘土で固められており、地形を利用して城壁のように内部を取り囲んでいます。

こうした立地や城塞のような造りはイスラム勢力や政府から逃れるため、あるいは内戦や宗派の対立が原因と考えられています。

 

ブータンを中心に、城塞化した大規模な仏教コンプレックスは「ゾン」と呼ばれています。

ゾンは行政庁や寺院・僧院・中庭を兼ねた政教一致の施設で、行政地区を示す名前にもなっています。

※ブータンの世界遺産暫定リスト記載

 

■ストゥーパ、チョルテン

中国の世界遺産「ラサのポタラ宮歴史地区」のポタラ宮
中国の世界遺産「ラサのポタラ宮歴史地区」のポタラ宮。左に見えるチョルテンはチャクポ・リ(薬王山)の白塔。ピラミッド形の基壇とすぼまった釣鐘形の覆鉢、その上に頂く相輪がチョルテンの典型的な形です
世界遺産「オルホン渓谷の文化的景観(モンゴル)」、エルデネ・ゾー僧院のソボルガン塔
エルデネ・ゾー僧院、「黄金仏塔」の名を持つチョルテン、ソボルガン塔。世界遺産「オルホン渓谷の文化的景観(モンゴル)」構成資産 (C) Marcin Konsek
世界遺産「カトマンズの谷(ネパール)」、ボダナート
ボダナート。三重の基壇の上に直径27mの覆鉢、さらに上部に平頭と相輪を頂いています。平頭に描かれている目は真理を見通す目で、「知恵の目」「ブッダ・アイ」などと呼ばれます。世界遺産「カトマンズの谷(ネパール)」構成資産

チベット仏教ではストゥーパを「チョルテン」と呼びますが、そのデザインは多種多様です。

 

チョルテンは基本的に「覆鉢式」で、茶碗を伏せたような半球ドームの覆鉢(ふくばち)をベースとし、その上に傘蓋(さんがい)を発達させた相輪(そうりん)を頂いています。

基壇は円形から方形、ロータス形まで多彩で、覆鉢も真球から下がすぼまった釣鐘形・円筒形と時代や地域によって形が異なっています。

中国ではこうした多彩なストゥーパを「覆鉢式塔」といい、特にチベット式のストゥーパを「ラマ塔」と呼んでいます。

 

ネパールやブータンでしばしば見られるのが高さ数十mもあるような巨大な覆鉢式ストゥーパで、カトマンズのボダナート①は直径27m・高さ36mを誇ります。

相輪の下の平頭(へいとう/ひょうず)には「知恵の目(ブッダ・アイ)」と呼ばれる目が描かれており、額には真理を示す「1」が刻まれています。

もともとストゥーパは仏舎利を収める供養塔でしたが、ネパールでは須弥山をかたどって独自に発展したようです。

※世界遺産「カトマンズの谷(ネパール)」

 

* * *

 

シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」、第23回はスリランカと東南アジアの上座部仏教建築を紹介します。

 


News

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

All About 世界遺産「2019年新登録の世界遺産 日本の大阪に初の遺産!」では新世界遺産の概要を解説
All About 世界遺産「2019年新登録の世界遺産 日本の大阪に初の遺産!」では新たに登録された全29件の新世界遺産の概要を解説。クリックで外部記事へ
タンザニアの世界遺産「ンゴロンゴロ保全地域」のクロサイ
タンザニアの世界遺産「ンゴロンゴロ保全地域」のクロサイ。高さ600mの壁が囲うクレーター内部に25,000頭の野生動物が暮らしている。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 2018年新登録の世界遺産

 ガラパゴス諸島/エクアドル

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです