私的旅行術 現地編6:治安情報の入手法&治安の判断法

日本は世界でもっとも治安がよい国のひとつです。

ですから海外旅行に行く際は多かれ少なかれ日本にいるときよりも警戒しなければならないことになります。

 

現地編の第6回では、現地の治安の最新情報を手に入れる方法、治安を的確に判断する方法を紹介します。

なお、盗難や紛失に対する事前準備については「私的旅行術 準備編11:盗難&紛失対策」を参照してください(一部内容が重複しています)。

 

■本記事の章立て

  • 治安の考え方
  • 外務省・危険情報と政治リスク、犯罪リスク
  • 現地の治安&犯罪情報を入手する方法
  • 治安を判断する方法

 

* * *

 

<治安の考え方>

 

ぼくは約100か国を訪ねていますが、これまでに未遂も含めて以下のような犯罪に出くわしています。

 

■個人的に出くわした犯罪の例

  • 中国:ボッタクリ茶屋、ボッタクリ・バー(ほぼ被害なし)
  • 香港:通りでショルダーバッグ内の見せ財布の盗難
  • イスラエル:キャンプサイトでカメラバッグの盗難
  • スペイン:地下鉄内で集団スリ(ほぼ被害なし)
  • エクアドル:トラム内で集団スリ(被害なし)
  • エクアドル:公園でナイフ強盗(被害なし)
  • グアテマラ:バス内で集団スリ(被害なし)
  • ボリビア:路上でケチャップ強盗(被害なし)
  • ブラジル:ビーチで脱いだ服の置き引き
  • 南アフリカ:ATMでスキミングまたはATM詐欺(被害なし)

 

数えてみると結構ありますね。

多くを「被害なし」で食い止めているのは事前に犯罪情報をつかんで警戒していたからです。

 

中国・上海のボッタクリは『地球の歩き方』や上海の日本総領事館でも警戒を呼び掛けています。

スペインの集団スリとボリビアのケチャップ強盗は非常に有名で、実際に被害に遭った人にも会っていたので、ケチャップを掛けられた瞬間、集団に囲まれた瞬間に対応することができました。

香港の財布の盗難については、こういうこともあろうかとポケットとショルダーバッグに盗まれても構わない見せ財布を入れていたので、被害を最小限に抑えることができました。

 

ただ、「警戒する」と言っても警戒しすぎると行動範囲や自由度が限られますし、人々との交流も減ってしまいます。

ぼくは町歩きが好きで、市場などで食事をして現地の方々と交流することを大きな楽しみにしています。

市場は観光エリアから離れた生活圏にあるものですが、こうした場所に行かない旅は考えられません。

ですから適切に治安を見切り、警戒のレベルを調整する必要があるわけです。

 

ぼくはLevel.1~4の4段階の警戒レベルを設定していますが、その場の状況を見てレベルを決め、それに沿った行動をしています(次回「私的旅行術 現地編7:治安が悪い場所の歩き方」で紹介します)。

 

厄介なのは、危険だと思われている場所がそれほど危険でなかったり、安全だと思われている場所が実際にはかなり危ないなんてことが少なくないことです。

日本にも夜ひとりで出歩くことがためらわれるような場所があるように、安全だと思われている国や都市にも危険地帯はあるものです。

ですからその場その場で自分自身で治安状況を判断する力が必要になるわけです。

 

以上より、治安については以下2点がポイントになります。

  • 最新の治安&犯罪情報を得て対策を練ること
  • 自分自身で治安状況を判断して的確に行動すること

今回の記事で両ポイントの前半部分を、次回の記事で後半部分を紹介します。

 

* * *

 

<外務省・危険情報と政治リスク、犯罪リスク>

 

■海外安全ホームページで危険情報を入手する

 

海外の治安について、まずチェックすべき情報が外務省・海外安全ホームページの「危険情報」でしょう。

 

○危険情報

危険情報とは、「渡航・滞在にあたって特に注意が必要と考えられる国・地域に発出される情報で、その国の治安情勢やその他の危険要因を総合的に判断し、それぞれの国・地域に応じた安全対策の目安をお知らせするもの」です(海外安全ホームページより抜粋)

 

以下のwebサイトで国・地域名を検索すると各地の情報が表示されます。

危険情報はその中にあるのですが、渡航前というより旅行先を決める前に必ずチェックしてください。

 

 

危険情報では安全対策の目安を4カテゴリー(危険情報が出ていない地域を含めれば5カテゴリー)で表しています。

 

○危険情報の4カテゴリー(抜粋)

  • レベル1:十分注意してください

その国・地域への渡航、滞在に当たって危険を避けていただくため特別な注意が必要です。

  • レベル2:不要不急の渡航は止めてください

その国・地域への不要不急の渡航は止めてください。渡航する場合には特別な注意を払うとともに、十分な安全対策をとってください。

  • レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)

その国・地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。場合によっては、現地に滞在している日本人の方々に対して退避の可能性や準備を促すメッセージを含むことがあります。

  • レベル4:退避してください。渡航は止めてください(退避勧告)

その国・地域に滞在している方は滞在地から、安全な国・地域へ退避してください。この状況では、当然のことながら、どのような目的であれ新たな渡航は止めてください。

 

目的地にこれらの危険情報が出ている場合、どうしたらよいのでしょうか?

 

実は安全情報にはいっさいの強制力がありません。

ですからレベル1や2が出ていてもツアーが催行されたりしますし、ビザや交通機関等の事情が許せばレベル4の地域にさえ行くことができます。

 

ただ、一般的には旅行者はレベル2~4の場所に行くことは避けた方がよいと考えられています。

レベル1については情報を十分に入手したうえであればそれほど問題ないことが多いです。

たとえば2017年3月現在、カンボジアには全土にレベル1が出されていますが、世界遺産「アンコール」へたくさんのツアーが催行されていますし、日本人も含めて世界中から多くの観光客が訪れています。

 

注意したいのは、安全情報が出ていない、あるいはレベル1~2だからといって安全だとは限らないという点です。

レベル1でもとてつもなく危険な場所もあれば、レベル4でもさほど危険でない場所もあったりします。

これを政治リスクと犯罪リスクの違いから解説してみましょう。

 

 

■危険情報の注意点:政治リスクと犯罪リスクの違い

 

政治リスク・犯罪リスクの違いは以下。

  • 政治リスク:テロ組織や反政府勢力の存在や不安定な政権等、政情不安から来る危険
  • 犯罪リスク:スリや強盗など場当たり的な一般犯罪による危険

 

外務省の危険情報は政治リスクを重視した指標で、犯罪リスクは軽視される傾向があります。

 

たとえば2017年3月現在、南アフリカのヨハネスブルク、ケニアのナイロビ、エクアドルのキト、コロンビアのボゴダ、ブラジルのリオデジャネイロといった都市の全域あるいは一部がレベル1となっています。

しかし、ヨハネスブルクは旅行者の多くが避ける町で、駅周辺の被強盗率は150%(平均2回弱、強盗に遭うため)なんていう笑い話があるほどの犯罪都市です。

ナイロビはぼくが訪ねた都市の中でもっとも危険な街でしたし、キトやボゴダ、リオにもスラムがあり、強盗等の被犯罪率が異常に高くて最高度の警戒が必要でした。

 

一方で、レベル4・退避勧告が出ているアブハジアの首都スフミなどは政治リスクは高いものの犯罪リスクはさほど高くなくて、実際行ってしまうとそれほど危険ではなかったりするのです(もちろんクーデターやテロ、大使館・領事館がないなどの問題があるため行くことは控えるべきでしょう)。

 

このように、危険情報のレベルのみを信じるのは非常に危険です。

ですからガイドブックや実際に訪れた人のクチコミ情報などで最新の治安状況を入手することが大切です。

 

* * *

 

<現地の治安&犯罪情報を入手する方法>

 

前章でも紹介しましたが、現地の治安情報を集めるときに最初にアクセスしたいのが外務省の海外安全ホームページと、各国の日本大使館・領事館のwebサイトです。

海外安全ホームページは海外安全アプリでも読むことができます。

 

 

海外安全ホームページの各国のデータの中には「危険・スポット・広域情報」の他に「安全対策基礎データ」「テロ・誘拐情勢」「安全の手引」「医療事情」といった項目もあるのでチェックしてみてください。

特に安全対策基礎データにはその国の具体的な犯罪情報が記されているので参考になります。

 

外務省の日本大使館・領事館のリストページにもリンクを張っておきます。

国名をクリックすると各国の日本大使館や領事館のwebサイトが出てきます。

大使館や領事館でも安全情報をはじめさまざまな情報を発信しているので、こちらも確認してみてください。

 

 

海外安全ホームページでは実際の犯罪事例や対策等も解説しています。

関係するページもリンクしておきます。

 

 

なお、外務省では海外旅行者や在住者に対して外務省のシステム「たびレジ」や「ORR」への登録を促しています。

いざというときのために登録しておくとよいかもしれません。

  • 3か月未満の海外渡航者登録:たびレジ
  • 3か月以上の在住者の在留届:ORR

 

実際に現地に行ってきた人のクチコミ情報は以下で入手できます。

最新情報がなければ質問してみてください。

 

■海外旅行に役立つクチコミ・サイト

  • TripAdvisor(トリップアドバイザー)

webサイト(日本語) webサイト(英語) アプリ

  • 4travel(フォートラベル)

webサイト アプリ

  • 地球の歩き方

webサイト 掲示板

  • Yahoo!知恵袋

webサイト アプリ

  • 2ch海外旅行板

海外旅行@2ch

 

* * *

 

<治安を判断する方法>

 

安全な街にも危険な場所があり、危険な街にも安全な場所があります。

先入観にとらわれずに治安を判断することができれば、危険を大きく減らすことができます。

 

一例ですが、ぼくは個人的に、殺人件数が極端に多いコロンビアのボゴダやフィリピンのマニラよりスペインのマドリードやイタリアのミラノの方が危険だと感じました。

実際、日本人観光客の被犯罪率はボゴダやマニラよりマドリードやミラノの方が高いのではないでしょうか。

 

コロンビアでは殺人事件は多くても外国人観光客が被害に遭うケースは非常に少なかったりします。

コロンビアに強力な犯罪組織や反政府勢力があるのは事実ですが、観光客に被害を与えると外圧を通して自分たちの立場が不利になるため、外国人への犯罪を抑制する傾向にあるためです。

 

反対に、危険なのは統制する組織のないスラムです。

特にスラムについては先進国の方が危険だと言われています。

途上国の強盗は命を奪うことまでしませんが、先進国は警察機構がしっかりしているので、犯罪が露見することを恐れて手軽に殺害してしまうためです。

先進国だから安全、途上国だから危険などということはありません。

 

だからこそ、その場その場で治安状況を判断する必要があるわけです。

危険な街は雰囲気でわかるものですが、以下では具体的に目を向けるべき場所をピックアップしてみましょう。

 

 

■ここに注目!:若い女性のファッションと行動

 

ぼくは危険と言われている場所でも現地の若い女性と同レベルの行動をしていればほぼ間違いないと思っています。

 

これまでの経験でもっとも危険だった場所はケニアのナイロビやペルーのリマの郊外ですが、そのような場所では若い女性をほとんど見かけません。

少し危険な場所になると、女性は身体の線が出ない厚めの服装をして、荷物を前に抱え、夕方以降は出歩きません。

 

逆に言えば、若い女性が露出の多い格好をして、夜ひとりで出歩いているような街の治安はそれほど悪くはありません。

ハンドバッグをフラフラ持っているようならひったくりや強盗も少ないということです。

 

 

■ここに注目!:24時間営業店、店外ATM

 

治安が悪い場所には24時間オープンしている店舗や店外ATMがほとんどありません。

武装強盗の餌食になるからでしょう。

 

比較的治安が悪い場所では武装した警備員が常駐していたり、店舗が鉄格子で囲われていたりします。

24時間オープンしている店に警備員等がおらず、少数の女性店員で店を回しているようであれば、治安は悪くないと言えるでしょう。

 

 

■ここに注目!:ホテルや店・家のエントランスや窓

 

治安が本当に悪い場所ではホテルや店のエントランスがオープン中でも鉄格子で覆われています。

ケニアのナイロビではホテルの鉄格子を開けてもらって入っていましたし、商店では鉄格子越しに商品をやりとりしていました。

また、家々は高い壁で囲われており、壁の上には有刺鉄線や電気柵が張り巡らされています。

 

店を閉めるときシャッターなのか鉄格子なのか、建物の窓ガラスに鉄格子がはめられているか否かなどでも治安は判断できます。

総ガラスの建物は治安の悪い場所にはあまりないので、そのような建物が多い場所は比較的治安がよいことを意味します。

 

 

■ここに注目!:人々の表情

 

やはり緊張感は表情に出ます。

表情をよく観察していると、治安の悪い場所では皆、険しい表情をしているのがわかります。

 

そんな場所で悪いことをしようとしている人は鬼のような表情をしています。

悪を悪と認識しているからでしょう。

これに対して先進国の詐欺師などは悪いことをしているという意識がないのか、怖い表情をしていなかったりします。

 

 

次回は治安が悪い場所の歩き方を紹介します。

 


News

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

ギリシャの世界遺産「デルフィの古代遺跡」
ギリシャ神話の最高神ゼウスが大地の中心を定め、太陽神アポロンが人々に神託を与えた古代ギリシャ最高の聖地デルフィ。クリックで外部記事へ
世界遺産「シェーンブルン宮殿と庭園群」
フランス・ブルボン家のベルサイユ宮殿に対抗して、オーストリア・ハプスブルク家が贅と粋を尽くした世界遺産「シェーンブルン宮殿と庭園群」。クリックで外部記事へ。

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 デルフィ 太陽神アポロンの聖地

 シェムリアップの観光スポット

 2017年新登録の世界遺産

 シェーンブルン宮殿

 世界一の幽霊屋敷 ロンドン塔

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

2017年新登録の世界ジオパーク

ストーンヘンジ周辺のトンネル化

深刻化するバンダリズム

カジランガ&チトワンで洪水

九寨溝の地震被害の状況

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ-ケバン国立公園1

11.フォンニャ-ケバン国立公園2

12.カタルーニャ堂とサンパウ病院1

13.カタルーニャ堂とサンパウ病院2

14.オフリド地域1

15.オフリド地域2

16.古都京都の文化財1

17.古都京都の文化財2

18.アントニオ・ガウディ作品群1

19.アントニオ・ガウディ作品群2

20.アンコール1

21.アンコール2

22.アンコール3

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです