私的旅行術 準備編13:旅行用バッグやケースの選び方

海外旅行では自分の荷物をバックパックやキャリーケースに入れて移動することになります。

今回はこうしたバッグやケースの選び方を解説しましょう。

ここでは特に中長期で移動が多い旅行者を想定しています。

 

■本記事の章立て

  • メインバッグの選び方
  • メインバッグのサイズ・容量について
  • サブバッグの選び方

 

* * *

 

<メインバッグの選び方>

 

衣服や日用品・消耗品・移動中に不要なものなど、貴重品以外のものを運ぶのがメインバッグです。

飛行機に乗るときは預入手荷物(受託手荷物)となり、ホテル滞在中はホテルに置きっ放しになることが多いバッグです。

メインバッグになりうるものには以下のような例があります。

 

■メインバッグの例

  • スーツケース

主に衣服(スーツ等)を運ぶために考案された長方形の旅行カバン。伸縮するキャリーバー(取っ手)やキャスター(車輪)が付いておらず、持ち上げて運ぶものが多い

  • キャリーケース、キャリーバッグ

キャリーバーが付いたスーツケース。トローリーケースとほぼ同義で、スーツケースとも厳密に区別されているわけではない

  • トローリーケース、トローリーバッグ

キャスターが付いたケースやバッグのこと。こちらもスーツケースやキャリーケースと厳密な区別があるわけではない。ホイールバッグ、ホイールケースとも

  • バックパック

背負うタイプの大型旅行バッグ。歩きやすさを重視して、縦長で少し湾曲したものが多い。このタイプのバッグを背負った長期旅行者をバックパッカーという

  • 3wayキャリーケース、3wayキャリーバッグ

キャリーケースにバックパックのように背負える機能を付けたもので、「手で持ち上げる」「キャリーバーやキャスターで転がす」「背負う」という三つの方法で運搬できるケースやバッグ

  • ボストンバッグ

布や皮等でできた手に持って運ぶタイプの旅行カバン。転がすことも背負うこともできないため、荷物が多い人や中長期用には向かない

 

本サイトではキャリーバーやキャスターが付いた一般的なスーツケースをキャリーケースと呼びたいと思います。

 

2~3日の短期旅行であればどのようなバッグでもそれほど問題はありませんが、荷物が多い方や中長期の旅行になるとキャリーケースかバッグパックを選ぶことが多くなります。

以下では3wayキャリーケースを加えてそれぞれのメリットとデメリットを記してみましょう。

 

■キャリーケースのメリット

  • 丈夫で中身が保護できる
  • 雨にも強い
  • カギが比較的しっかりしている
  • 四角形で荷物の収納効率が高い
  • キャスターのおかげで転がしたり引っ張って移動できる

■キャリーケースのデメリット

  • 一般的に重い
  • 新素材の樹脂は軽いが高い
  • 非舗装路や石畳では移動が困難
  • キャスターが壊れると移動が困難
  • 舗装路であっても長時間の徒歩移動には適さない
  • 高級品に見られがちで盗難のリスクが増す

■バックパックのメリット

  • 背負って徒歩での移動が非常に楽
  • 歩けさえすればどのような道であろうと移動ができる
  • ポケットが多くて使いやすい

■バックパックのデメリット

  • 短距離の移動でも背負わなければならない
  • 上から荷物を詰めるので下のものが取り出しにくい
  • カギがかからないものがある
  • 湾曲していたりするため見た目より容量が少ない
  • 先進国やオシャレな場所では貧乏くさく見えることがある

■3wayキャリーケースのメリット

  • 状況に応じて背負うことも引っ張ることもできる
  • スーツケースのように大きく開いて収納できる
  • キャスターが壊れても背負うことができる

■3wayキャリーケースのデメリット

  • 長時間、背負って歩く移動には向いていない
  • スーツケースやバックパックより貧弱で壊れやすい

 

ぼく自身は現在、以下をメインバッグとして所有しています。

  • 大型キャリーケース(ハード、90L、4輪)
  • 小型キャリーケース(ハード、35L、2輪)
  • 3wayキャリーケース(ソフト、57L、2輪)
  • 中型バックパック(40L)

 

といっても、いまでは2~3日の短期旅行は小型キャリーケース、海外旅行はほとんど3wayキャリーケースを使っています。

大型キャリーケースとバックパックはほとんど使用していません。

ぼくがオススメするのもやはり3wayキャリーケースです。

 

移動を繰り返す中長期旅行者の場合、大型キャリーケースは非常に不便です。

非舗装路や石畳が多い地方ならなおさらです。

 

ただ、移動が多いといっても実際に長時間歩くということはほとんどありません。

歩くのは交通機関を乗り換えるときくらいのものでしょう。

ですから秘境に行ったり登山をしたりするのでなければバックパックである必要もありません。

 

だから3wayキャリーケースなのです。

普段は引きずって歩けるうえに、非舗装路では背負うことも可能。

バックパックのように下の荷物が取り出しにくいなんてこともないし、形が四角いので大きさの割に容量も豊富です。

非常に使い勝手がよいですね。

 

もっとも、3wayキャリーケースでも背負うことは非常にまれです。

ぼくは東南アジアを回っているときもほとんど引っ張っていました。

ですから途上国であっても小型キャリーケースで旅してもさほど問題はありませんし、最近はそんな旅行者をよく見掛けるようになりました。

好み次第、ということになりそうですね。

 

キャリーケースの場合、以下のような機能・部品に注目して選ぶとよいでしょう。

 

■キャリーケースの注目ポイント

  • キャリーバー

キャリーバーの有無でスーツケースとキャリーケースを分けることがある。キャリーバーは引くときに便利だが、その分、容量が削られ重量が増す

  • ソフトタイプ、ハードタイプ

ソフトタイプは布や皮など柔らかい素材を使ったもの。非常に軽く、中身が少なければその分コンパクトに持ち運べる。ハードタイプはジュラルミンや樹脂など固い素材を使ったもので、衝撃や雨から内部を保護できる代わりに、一般的に重く、大きさを変えることができない

  • 2輪タイプ、4輪タイプ

キャスターの数で4輪と2輪の区別がある。2輪は引いて運ぶしかないが、非常に引きやすく、多少の段差も引っ張り上げられるし、軽くて故障もしにくい。4輪は立てたまま転がしたり引いたりできるが、段差に弱く、長時間の徒歩移動には適さない。また、4輪は出っ張っていて構造が複雑であるため壊れやすい。タイヤには軟質樹脂・硬質樹脂、シングル・ダブルの違いもある

  • ファスナータイプ、フレームタイプ

ファスナーでケースを閉めるタイプと、ファスナーのないタイプ。ファスナータイプは少し開けて荷物を入れたり、立てたまま開閉できる柔軟性がある。ただ、ファスナーは布で取りつけられているため、その脇をナイフで切られたり、水が浸透したりすることがある。堅牢性・密封性・安全性ではフレームタイプが上だが、柔軟性・軽量性ではファスナータイプがすぐれる

  • シリンダーロック、カードロック、ダイヤル式ロック、TSAロック

先の三つはそれぞれキー(カギ)、カード、ダイヤルを用いて解錠するもの。TSA(アメリカ運輸保安庁)ロックはアメリカが採用している方式で、同庁の職員が対応した道具でロックを解除して中身をチェックする

 

キャリーケースの最重要ポイントはキャスターです。

転がしたり引っ張ったりして運ぶわけですが、キャスターが壊れると転がすことも引っ張ることもできなくなってしまいます。

ですからキャスターがしっかりしていて、修理に迅速に対応し、補償が利くメーカーがベターでしょう。

一流&有名メーカーなら安心です。

 

ロックに関しては、いずれにしても気休め程度のものにすぎません。

フレームタイプでシリンダーロックなら比較的丈夫ですが、プロの手にかかれば容易に開いてしまいます。

ダイヤルロックの場合、000~999まで1,000通りしかないので、素人でも十数分もあれば全通り合わせることが可能です。

ただ、カギがかかっているだけで抑止力にはなるので、やはり必須ではあります。

 

TSAロックに関しては、アメリカに行ったり経由しなければほぼ関係ありません。

TSAロックの構造はすでに知られているので、安全性が高いわけでもありません。

アメリカに行くor経由するのにTSAロックがない場合、壊されないためにロックを解除して預けることになります。

 

ちなみに、ぼくはいま↓を使っています(色・型は多少違いますが)。

左からメインの3wayキャリーケース、サブバッグ(カメラバッグ)、小型キャリーケースです。

いずれもなかなか使いやすくて気に入っていますよ。

 

スーツケースや旅行用品の専門店トコーnaviと、レンタルスーツケース店のバナーも貼り付けておきます。

トコーは品揃えもよいので相談してみてください。

* * *

 

<メインバッグのサイズ・容量について>

 

サイズについてよく「×日旅行用」などと書かれていることがありますが、容量は旅行期間よりも季節や旅行スタイルによって大きく変化します。

 

たとえば短期旅行であっても、冬、先進国に旅に出て、高級レストランやクラブに繰り出し、あちらこちらで買い物をするというのであれば、種々の衣服や靴・お土産を入れるために大型のキャリーケースが必要になるでしょう。

一方、バックパッカーの場合は何か月・何年の旅であろうと大きさは変わりませんが、PCや一眼レフカメラ・楽器・ダイビング機材やサーフボード等といった趣味の物を持っていく人はその分だけ荷物が増えることになります。

 

最終的に、荷物はバッグの大きさに合わせるもの。

大きめのバッグを選んでも結局いっぱいになってしまいます。

ですからまず「絶対に持っていく」という荷物を確定してからバッグの大きさを決めるべきでしょう。

多少容量が足りなくなっても、サブバッグの容量を増やすことで調整は可能です。

 

航空機の預入手荷物について、数や大きさ・重さは事前に決められているのでそれ以内に収まるように心掛けましょう。

超過した場合は割高な追加料金を請求されることになります。

特にLCCは厳しいので注意してください。

 

* * *

 

<サブバッグの選び方>

 

サブバッグはメインバッグを預けたり置いたあとで身に付けるもの。

ホテルにメインバッグを置いて町歩きに出掛けたり、メインバッグを航空会社やバス会社に預けたあとで座席に持ち込んだりするためのバッグです。

 

機内に持ち込むわけですから、大きさは制限以下でなくてはなりません。

ANAとJALの場合、国際線の持込手荷物は以下のように規定されています。

LCCを除いて他の国際線もだいたい似ているので、これ以下であれば安心です。

 

■ANA国際線 持込手荷物のルール

  • 身の回り品(ハンドバッグ、ノート型パソコン、カメラ、傘等)のほか1個まで
  • 総重量10kg以内
  • 3辺の和が115cm以内かつ、3辺それぞれの長さは55×40×25cm以内(キャスター、キャリーバーを含む)

■JAL国際線 持込手荷物のルール

  • 身の回りの品(ショッピングバッグ、ハンドバッグ等)1個のほか、下記の条件の手荷物1個
  • 両者の合計重量が10kgを超えないもの
  • 3辺の和は115cm以内、各辺は55×40×25cm以内、10kg以内

 

ここでいう「身の回り品 "personal items"」とは、カメラ・PC・スマホ・傘・ハンドバッグといったもので、FSCでは持込手荷物の重量に含める必要がありません。

というか、FSCではそもそも持込手荷物の重さを量らない会社がほとんどです。

 

LCCの場合は有料だったり、預入手荷物との合計重量などが規定されていることが多いです。

FSCでもLCCでも大きさはさほど厳密ではありませんが、特にLCCは重量について厳しいので注意が必要です。

 

ぼくの場合、PCや一眼レフカメラを持っていくのでこのサブバッグに入れることになります。

そのためクッション性を重視してカメラバッグを持ち歩いています。

カメラバッグは大きさの割に容量が少ないのが難点ですが、生地が厚いのでナイフ等で切られても盗みにくいのが利点です。

 

サブバッグについて、海外に持っていく場合、ワンタッチで着脱できるものは避けた方がベターです。

プロの引ったくりはこの辺りを熟知しているので、簡単に盗まれてしまいます。

 

また、カギがかかるものでなければなりません。

専用のロックがない場合はファスナーにスライダーがふたつ付いていて、カギをかけられるようなタイプを選びましょう。

先述したようにプロにかかればすぐに開いてしまいますし、丸ごと盗まれてしまったらおしまいですが、それでもカギが付いているだけで多くの人は盗むのをあきらめるものですから。

 

ダブルスライダー・タイプのファスナー(ジッパー)のバッグやケースにカギをかける際は、スライダーの上部ではなく、根元でロックするようにしましょう。

↓の動画のように上部にかけてもほとんど意味がありません。 

 

 

次回は海外旅行に持っていくべき荷物やリストを紹介します。

 


News

世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

イギリスの世界遺産「ロンドン塔」
イギリスでもっとも歴史のある石造城塞であり、多くの囚人を収容した監獄兼処刑場で、世界一有名な幽霊屋敷でもある「ロンドン塔」。クリックで外部記事へ
世界遺産「文化交差路サマルカンド」のグリ・アミール廟、イーワーン
青の都・サマルカンド、グリ・アミール廟のイーワーンとドーム。世界遺産「文化交差路サマルカンド」構成資産。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 世界一の幽霊屋敷 ロンドン塔

 青の都サマルカンド

 学生が訪れたい世界の絶景

 2017年おすすめの世界遺産

 日本の世界遺産名所12選

 ル・コルビュジエの建築作品

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8. 空間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

慶州歴史地域の修復と真正性

来訪神行事を無形文化遺産推薦

カムチャツカ火山群で噴火続く

京都市が景観保護に新制度

陽明門&東大手門リニューアル

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです