私的旅行術 準備編11:盗難&紛失対策

ぼくは旅に対して「自由であること」というコンセプトを持っています。

そして瞬間瞬間の感覚・感情を何よりも大切にしたいと考えています。

 

だから旅のルートはいつでも変更できるようにしています。

気に入った場所があったらずっとそこにいられるように――

気に入らなかったらすぐにその場を去れるように――

 

その分、さまざまな覚悟をしています。

荷物なんかが気になってものが自由に見れなくなるようなことがないように、すべてを失っても構わない覚悟で準備をしています。

 

今回は日本でしておくべき盗難・紛失対策を紹介しましょう。

 

■本記事の章立て

  • 盗難に対する心構え
  • ネットで最新の治安情報を
  • 盗難・紛失に対する準備をしておこう!
  • 保険や商品の保証内容を知っておこう!

 

なお、治安や盗難対策については最後にリンクした「私的旅行術」の「現地編6:治安情報の入手法&治安の判断法」「現地編7:治安が悪い場所の歩き方」も参照してください。

 

* * *

 

<盗難に対する心構え>

 

海外旅行での盗難や紛失によって、物理的・時間的・精神的に大きなダメージを受けます。

ぼく自身、これまでの以下のような盗難&盗難未遂を体験をしています。

 

■個人的に出くわした犯罪の例

  • 中国:ボッタクリ茶屋、ボッタクリ・バー(ほぼ被害なし)
  • 香港:通りでショルダーバッグ内の見せ財布の盗難
  • イスラエル:キャンプサイトでカメラバッグの盗難
  • スペイン:地下鉄内で集団スリ(ほぼ被害なし)
  • エクアドル:トラム内で集団スリ(被害なし)
  • エクアドル:公園でナイフ強盗(被害なし)
  • グアテマラ:バス内で集団スリ(被害なし)
  • ボリビア:路上でケチャップ強盗(被害なし)
  • ブラジル:ビーチで脱いだ服の置き引き
  • 南アフリカ:ATMでスキミングまたはATM詐欺(被害なし)

 

知人を含めると、以下のような被害を直接本人から聞いています。

これでもほんの一例です。

 

■被害者本人から直接聞いた犯罪被害の例

  • 世界中:スリ、強盗、ぼったくり、スキミング、痴漢
  • ベトナム:トランプ賭博詐欺
  • インド:旅行詐欺
  • キルギス:ニセ警察官
  • トルコ:睡眠薬強盗
  • ジンバブエ:武装強盗
  • コロンビア:武装強盗
  • ボリビア:首絞め強盗

 

ぼくがいちばん痛かったのはイスラエル側の死海でカメラバッグを盗まれた経験です。

キャンプサイトなのでもともと盗難は警戒していて貴重品はすべて身に付けていました。

ですから現金やパスポート、カード等の被害はありませんでした。

 

でも、カメラのフィルムがとにかく痛かった――

フィルム数本にはピラミッドやオアシス・紅海・死海などの写真が収められていましたから。

いずれも世界屈指の光景でした。

 

プロのスリ師や集団スリを体験してはじめてわかったことですが、あれは防げるものではありません。

ぼくはほとんど「こいつは危ない」と事前に察していて、最大限の警戒をしていました。

それでも知らぬ間にバッグを開けられ、あるいは切り裂かれていました。

まったく気づけませんでした。

 

ほとんど被害なしに食い止めているのは、盗まれてもよい見せ財布を用意していたり、バッグの奥に物を入れていたり、切りにくい素材のサブバッグを持っていたり、すぐさま大声で警察を呼んだりしているためです。

 

正直、あれだけのプロに目を付けられたら被害を食い止めるのは容易ではありません。

ですからそもそも「目を付けられない技術」や「被害を最小限に食い止める技術」が大切になってくるのですが、こうした盗難対策については今後「私的旅行術」で紹介していく予定です。

 

事前準備で大切なのは、犯行方法や被害状況を事前に知っておくことです。

どこでどのような手段で被害があったのか知っていればある程度避けることができますし、事前・事後の対策も容易です。

こうした情報はネットや大使館・書籍などで調べることができるので、目を通しておくとよいでしょう。 

 

* * *

 

<ネットで最新の治安情報を>

 

現地の最新情報はまず外務省の海外安全ホームページや海外安全アプリ、各国の日本大使館・領事館のホームページで集めるとよいでしょう。

 

■外務省のwebサイト&アプリ

 

海外安全ホームページでは国や地域を検索して現地の最新情報を入手することができます(海外安全アプリでも同様の情報が得られます)。

各国のデータには「危険・スポット・広域情報」「安全対策基礎データ」「テロ・誘拐情勢」「安全の手引」「医療事情」等の項目がありますが、特に「危険情報」は重要です。

 

危険情報とは、「渡航・滞在にあたって特に注意が必要と考えられる国・地域に発出される情報で、その国の治安情勢やその他の危険要因を総合的に判断し、それぞれの国・地域に応じた安全対策の目安をお知らせするもの」です(海外安全ホームページより抜粋)。

安全対策の目安を4カテゴリーで表しているので、旅行先を決める前にチェックしてください。

 

■危険情報の4カテゴリー(抜粋)

  • レベル1:十分注意してください

その国・地域への渡航、滞在に当たって危険を避けていただくため特別な注意が必要です。

  • レベル2:不要不急の渡航は止めてください

その国・地域への不要不急の渡航は止めてください。渡航する場合には特別な注意を払うとともに、十分な安全対策をとってください。

  • レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)

その国・地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。(場合によっては、現地に滞在している日本人の方々に対して退避の可能性や準備を促すメッセージを含むことがあります。

  • レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)

その国・地域に滞在している方は滞在地から、安全な国・地域へ退避してください。この状況では、当然のことながら、どのような目的であれ新たな渡航は止めてください。

 

この危険情報に強制力はありませんが、普通の旅行者の渡航は危険情報が出ていない地域とレベル1の地域のみに留めた方がよいと考えられています。

 

ただ、南アフリカのヨハネスブルクやケニアのナイロビ、エクアドルのキト、コロンビアのボゴダのように、レベル1(2017年3月現在。全域or一部)の地域でも非常に危険な都市や場所もあります。

危険情報のみを鵜呑みにせず、ガイドブックやクチコミ・サイトなどで現地の最新情報を入手することが大切です。

海外安全ホームページの各国情報「安全対策基礎データ」ではその国の具体的な犯罪情報を紹介しているので、こちらも目を通しておくとよいでしょう。

 

現地の情報は各国の日本大使館や領事館でも発信しています。

下の「在外公館リスト」で国名をクリックすると各国の大使館・領事館のホームページが出てきます。

そちらでも情報を確認してみてください。

 

 

また、海外安全ホームページでは実際の犯罪事例や対策なども読みやすい形で紹介しています。

関係するオススメの企画ページにもリンクしておきましょう。

 

■海外安全ホームページのオススメ・ページ

 

なお、外務省は3か月未満の海外旅行者に「たびレジ」、3か月以上の海外在住者に「在留届ORR」への登録を促しています。

万一のために登録しておくとよいかもしれません。

 

■外務省の海外渡航者登録システム

  • 3か月未満の海外渡航者登録:たびレジ
  • 3か月以上の在住者の在留届:ORR

 

最新の治安状況は実際に行ってきた人の情報がもっとも正確です。

以下のようなサイト&アプリから情報を得たり、質問をしてみるとよいでしょう。

 

■海外旅行に役立つクチコミ・サイト

  • TripAdvisor(トリップアドバイザー)

webサイト(日本語) webサイト(英語) アプリ

  • 4travel(フォートラベル)

webサイト アプリ

  • 地球の歩き方

webサイト 掲示板

  • Yahoo!知恵袋

webサイト アプリ

  • 2ch海外旅行板

海外旅行@2ch

 

治安を判断する際に重要なのは、いい加減な情報に惑わされないということです。

いくら安全だと言われている場所でも犯罪に遭遇することはありますし、反対に治安が悪いと言われている場所でも行ってみると安全だったりします。

結局最後は自己責任なので、自分自身で情報を集めて判断してください。

 

* * *

 

<盗難・紛失に対する準備をしておこう!>

 

最初に書いたように、ぼくは「すべてを失っても構わない」覚悟で旅をしています。

そのために、いつ盗まれてもよいように準備を整えています。

 

■盗難・紛失に対する準備

  • 海外旅行保険(携行品損害)をかけておく
  • 海外旅行保険の連絡先や請求方法を調べ、紙に印刷すると同時に、データをネット上にも保存しておく
  • カード類のナンバーや連絡先を控え、紙に印刷すると同時に、データをネット上にも保存しておく
  • パスポート、国際免許証等々、持っていく身分証や貴重品のコピーを取り、紙に印刷すると同時に、データをネット上にも保存しておく
  • 印刷した紙はメインバッグ、サブバッグ双方に入れておく
  • PCやカメラのデータは内蔵のメディアだけでなく、外付けHDDやクラウド上にも保存する。PCやカメラはサブバッグに入れて、外付けHDDはメインバッグに入れて分散管理する
  • 盗難・紛失してもよいような持ち物を選び、手に入れられるものは現地で調達する

 

盗難にあったら保険会社に連絡したり、警察に届け出を出したりしなければなりません。

そうした手順を書いておいて(あるいは契約書をコピーしておいて)、紙に印刷して持っていくのと同時に、データをメールやクラウドサービス上に残しておくとよいでしょう。

そうすれば仮にメインバッグ、サブバッグをすべて紛失しても、ネット経由で情報にアクセスすることができるわけです。

 

停止や再発行の手続きが必要なクレジットカードや国際キャッシュカードなども同様です。

ナンバーや連絡先を控え、メインバッグ、サブバッグ、ネット上に保存しておきましょう。

ただし、暗証番号は書いたりしないように。

 

ついでに、緊急連絡先や仕事先等も合わせて「連絡先一覧表」に記しておくとよいでしょう。

あなたに万一があったときでも、家族が仕事先に連絡したり、保険請求ができるわけです。

 

最後に書いた「盗難・紛失してもよいような持ち物を選び、手に入れられるものは現地で調達する」、これ、結構オススメです。

これによって荷物が減らせるし、お店やスーパーなどを回るので現地の生活感がよく感じられるのです。

 

逆に言えば、「現地で手に入らないもの、日本の方が安く購入できるものを多めに持っていくとよい」ということでもあります。

たとえば薬やコンタクトレンズ、PCやカメラ・スマホなどの電化製品やケーブル類・周辺部品等々です。

 

こうしたことは「私的旅行術 準備編14:海外旅行・持ち物リスト」でも書いているので参照してみてください。

 

* * *

 

<保険や商品の保証内容を知っておこう!>

 

盗難や紛失・故障などが起きた場合、できるだけ保険や保証を利用するわけですが、その内容を知っておくのも大切です。

 

たとえばPCの場合、海外での使用に対してメーカー保証が適用されなかったり、緊急に現地の修理屋さんに出してしまうとメーカー保証が破棄されてしまうことがあります。

ぼくの持っているPCの保証書には、海外での使用は非対象で、裏のネジに開けた跡があると保証されない旨が書かれています。

 

逆に、海外での盗難・紛失や故障に対してサービスを行っているメーカーもあったりします。

こうした製品については、やはり連絡先や請求方法を調べ、紙とデータで保存しておきましょう。

 

盗難の場合、置き引きや置き忘れに対しては海外旅行保険が適用されません。

保険会社や警察に届け出る際には注意が必要です。

 

 

次回は海外旅行に持っていくべき薬品類や、日本で打っておくべき予防接種について解説します。

 

 

[関連記事]

私的旅行術 現地編6:治安情報の入手法&治安の判断法

私的旅行術 現地編7:治安が悪い場所の歩き方

 


News

カタルーニャ音楽堂
カタルーニャ音楽堂

世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

イギリスの世界遺産「ロンドン塔」
イギリスでもっとも歴史のある石造城塞であり、多くの囚人を収容した監獄兼処刑場で、世界一有名な幽霊屋敷でもある「ロンドン塔」。クリックで外部記事へ
世界遺産「文化交差路サマルカンド」のグリ・アミール廟、イーワーン
青の都・サマルカンド、グリ・アミール廟のイーワーンとドーム。世界遺産「文化交差路サマルカンド」構成資産。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 世界一の幽霊屋敷 ロンドン塔

 青の都サマルカンド

 学生が訪れたい世界の絶景

 2017年おすすめの世界遺産

 日本の世界遺産名所12選

 ル・コルビュジエの建築作品

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

2017世界遺産候補地の勧告結果

ルワンダ虐殺記念館を訪問

UNESCO分担金支払いを留保へ

宗像・沖ノ島に登録勧告

2017年、新登録の日本遺産

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ-ケバン国立公園1

11.フォンニャ-ケバン国立公園2

12.カタルーニャ堂とサンパウ病院1

13.カタルーニャ堂とサンパウ病院2

14.オフリド地域1

15.オフリド地域2

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです