私的旅行術 準備編5:宿泊施設の種類と予約の仕方

海外旅行ではホテルやゲストハウスといった宿泊施設に泊まることになります。

今回は宿泊施設や部屋の種類、ネットを利用した予約の取り方、予約がない場合のホテルの探し方などを紹介します。

 

* * *

<宿泊施設の種類>

 

世界にはさまざまな宿泊施設がありますが、おおよそ以下のような種類に分類されます。

ただ、定義が統一されているわけではありませんから、境界は非常にあいまいです。

宿泊施設の正確な情報が必要な人は、口コミサイトや公式サイトをチェックしましょう。

 

■形態や所有者による区分

  • ホテル

もっとも一般的な宿泊施設。日本でいうシティホテル(観光ホテル)やビジネスホテルから北米のモーテル(モータリスト・ホテル。もともと自動車旅行者のための簡易宿所)まで形態は多彩

  • ゲストハウス

もともとは賓客(ゲスト)をもてなすための宿泊施設。迎賓館を示すこともあるが、一般的にはホテルより安価な簡易宿所で、ドミトリー(相部屋)を備えていることも多い

  • ホステル

もともとは個人のホスト(主人)が経営する宿泊施設。内容はゲストハウスとほぼ同様であることが多いが、なかにはホテル以上のクオリティを誇るものもある

  • ペンション

「年金」の意味で、退職後の夫婦が空き部屋に旅行者を泊めたことに由来する。個人経営のミニ・ホテルを示すことが多く、クオリティはピンキリ

  • ユースホステル

国際ユースホステル連盟等が運営する安価な宿泊施設。青少年向けに企画された施設だが、年齢制限がないため中高年の利用も少なくない。部屋は基本的にドミトリー

  • B&B

ベッド&ブレックファストの頭文字で、朝食と宿泊を提供する小規模な宿泊施設。もともとは自宅の一室を提供するものだが、ホテルやゲストハウスと変わらないものもある

  • 民泊、ホームステイ

一般家庭に宿泊すること。これまでそれほどメジャーな手段ではなかったが、airbnbをはじめとする民泊サイトの登場で普及しつつある。また、ホテルやホステル・ゲストハウスと称しつつ、宿には看板もなく、実質的に民泊であることもある

 

* * *

 

<部屋の種類>

 

シングル、ダブル、トリプルといった区分は日本とほぼ同じですが、基本的にベッドの数ではなくて宿泊する人の数を示しています。

たとえばトリプルといった場合、ベッドが3台という意味ではなく、三人部屋になるので注意が必要です。

 

  • シングル

ひとり部屋。シングルベッドがひとつ置かれている。数は非常に少ない

  • ダブル

ふたり部屋。ダブルベッドがひとつ、あるいはシングルベッドがふたつ置かれていることが多い。海外ではツインという概念が一般的ではないため、日本でいうツインを示すことがある

  • ツイン

シングルベッドが対(つい。ツイン)になっているふたり部屋。"twin bedded" あるいは "twin beds" とあった場合はふたつのベッドが備わっている

  • トリプル、クアッド

トリプルは三人部屋、クアッド(クオーター)は四人部屋。大人ふたり+子供を想定していることが多く、キングサイズのベッド1台、またはダブルベッド×2台、あるいはダブルベッド+簡易ベッドであることも。ベッドの質と数は要確認

  • スタジオ(ステューディオ)

ワンルームにキッチン、あるいはソファーベッドが付いた部屋

  • スイート

スペルは "suite" で「ひと揃い」の意味。"sweet"(甘い)ではない。寝室に居間(リビングルーム)を備えた部屋で、居間は打合せに使用されたりするが、最高級の部屋を示すことが多い

  • バンガロー/コテージ/ヴィラ

それぞれ本来の意味があるが、一般的には部屋が一軒家のように独立しているものを示す

 

* * *

<予約がない場合のホテルの探し方>

 

気ままな旅を愛する人は、ホテルを予約せずに旅することもあると思います。

そのような場合、ぼくは以下のような方法でホテルを探しています。

 

■ホテルの探し方

  • 事前にチェックしておいたホテルやホテル街を探す

ネットやガイドブックで有望なホテルやホテル街を探しておいて、その周辺で空き部屋を探す

  • ツーリスト・インフォメーションで尋ねる

空港や駅・観光地等にあるツーリスト・インフォメーションではホテルの斡旋をしていることが多い。「i」マークが目印

  • 旅行代理店で尋ねる

地元の旅行代理店はホテルとつながりがあるので、仲介・紹介してくれることが多い

  • タクシーの運転手に尋ねる

宿泊施設に対する豊富な知識を持っているので、予算に応じて紹介してくれる

  • 客引きについていく

ホテル専属の客引きと、複数のホテルを仲介する客引きがいる。多くの場合、マージンはホテルが支払うので旅行者の負担にはなることは少ない

  • 警察官に尋ねる

本当に困ったら警察に頼ることになる。ホテルや旅行代理店を紹介するなど、なんらかの解決策を提示してくれることが多い

 

■まったくあてがない場合の対処法

  • 駅やバス・ターミナルの周辺を探す

街のメインとなる駅や長距離バス・ターミナルの周辺にはたいていホテルがある。そして駅やターミナルから離れれば離れるほど、裏に入れば入るほど値段が落ちる傾向がある。夜行電車や夜行バスで発ってしまうというのもひとつの手

  • 大聖堂や中央広場の周辺を探す

欧米や旧植民地の都市の中心には大聖堂や中央広場があって、周囲にホテル街があることが多い。中央広場は地方によって名前が違うが、セントラル・パーク、セントロ、ソカロ、プラザ・デ・アルマスなどと呼ばれている

  • 住人や旅行者に尋ねる

その場所に暮らしている人に近場のホテルを教えてもらう。あるいは外国人旅行者にガイドブックを見せてもらったり、滞在先を教えてもらってもよい

  • インターネットに接続して検索する

Wi-Fiやインターネット・カフェ等を利用してネットに接続して検索を行う

 

タクシーの運転手や客引きを利用する場合、マージンがもらえるホテルを優先したり、ツアーや夜のお誘いにしつこく誘われることもあるので、特に一人旅の女性は注意した方がよいかもしれません。

 

ぼくは3年近い世界一周の旅を経験していますが、このときはほとんどホテルを予約せずに旅しました。

リオのカーニバルやミレニアムのゴアなど「ホテルはいっぱいでまず泊まれない」といわれたこともありましたが、野宿を強いられたことはほとんどありません。

上の方法でほとんどなんとかなるはずです。

 

* * *

<ネットを利用したホテルの予約の仕方>

 

海外の宿泊施設は旅行代理店の店舗等でも予約が行えます。

その場合はいろいろ尋ねてしまえばよいので、ここではネットを使った予約方法を紹介します。

 

ホテルの予約ができるサイトには以下のようなものがあります。

 

■宿泊施設の予約ができるサイトの例

  • 航空会社の公式サイト
  • 旅行代理店の公式サイト
  • 航空券販売サイト
  • ホテル予約サイト
  • ホテルの公式サイト
  • 民泊サイト

 

航空会社や旅行代理店、航空券販売サイトなら航空券+ホテルで予約できたりします。

同時に予約したい方はこちらがオススメです。

 

ぼくは普段、航空券とホテルを別々で予約しています。

いつもの予約手順を紹介しましょう。

各サイトにバナー張っているので試してみてください。

 

1.ホテル予約サイトで希望の場所・ランクのホテルを検索する

Booking.com(ブッキング・コム)やExpedia(エクスペディア)、agoda(アゴダ)等の予約サイトを使ってホテルを検索します(下にリンクを張りました)。

予算や地図を見ることで相場やホテル街の位置を把握することができます。たとえば空港からのシャトルバスや地下鉄の路線上、到着する駅の近くなど、事情に合わせて検索します。

なお、検索する際は大都市や有名な観光地以外は英語名や現地語名で検索した方がベターです(より多くのホテルがヒットすることがあります)。

また、検索する日時によって値段が変化しますので、最安値を目指す人は何度も検索してみるとよいでしょう。

2.気になったホテルの口コミをチェックする

1で検索したサイト内の口コミや、1のホテルをtripadvisor(トリップアドバイザー)で再検索して評価・評判を調べます。

tripadvisorなら各予約サイトの値段が表示されるので、最安値を知ることもできます(実際は結果が少し違っていたりしますが)。

3.公式サイトでホテルと値段をチェックする

ホテルを絞ったらそのホテルの公式サイトやFacebookを検索してアクセスし、ホテルの概要を調べて値段をチェックします。

予約サイトとどちらがお得か比較したのち、予約を行います 。

ただ、公式サイトを持っていないホテルやなかなか公式サイトが見つからないホテルもあったりします。

4.予約したのち再度ホテル&値段をチェック

ホテルや時期によってはキャンセル料が無料になることもあります。

検索する日時によっても値段は変わるので、とりあえずキャンセル料無料のホテルを予約しておいて、さらによいホテル・安い時期を狙って再検索する方法もあります。

 

そして予約を行うまでに以下を確認しておきましょう。

  • 外観・内観・窓やエアコンの有無・ベッドの質や数・設備・値段
  • サービスの内容(朝食やアメニティ等の内容・有無)
  • セキュリティの内容
  • オーシャンビューやシティービュー等の景観
  • ホテルまでのアクセス、送迎の有無
  • チェックイン、チェックアウト、ロックアウト(締め出し時間)等の時間
  • 口コミの評価・評判
  • キャンセル・ポリシー(有料・無料キャンセル期間とキャンセル料)
  • 英語と現地語のホテル名(たとえば中国語なら漢字名等)

 

<予約サイト VS ホテルへの直接交渉、どちらがお得?>

 

予約を取る際にホテル予約サイトとホテルの公式サイト、どちらを利用したらよりお得なのでしょうか?

あるいはホテルを直接訪ねたりTELして予約した方がよいのでしょうか?

 

基本的に、ホテル予約サイトを利用するよりも直接ホテルと交渉した方が安くあがります。

というのは、ホテルはそうしたサイトにマージン(聞いたところによると10~15%前後)を支払っているため。

ですからホテルの連絡先がわかったら、直接交渉してみるとよいでしょう。

ただし、ホテルによってはネット価格を非常に安く設定していることもよくあります。

 

ぼくの経験ですが、フロントに申し込むよりagodaで予約を取った方が40%以上安くなったことがありました。

ですから延泊するのにわざわざ部屋からagodaにアクセスして新たに予約を取りました。

逆に、直接交渉したら30%ほど安くなったこともあります。

この辺り、ホテルや時期等にもよるので最安値にこだわる人はいろいろな方法を試してみてください。

 

Booking.com、Expedia、agoda以外にぼくが使ったことのあるホテル予約サイトのバナーを張っておきましょう。

 

* * *

 

 

<割引サービスを利用しよう!>

 

ホテル予約サイトで予約をする際は、航空会社やクレジットカード会社、ポイントサイトから飛ぶと数%分のマイルやポイントが得られてお得です。

 

たとえばANAやJALの公式サイトからagodaやExpediaに飛んで予約&宿泊すると、200円あたり1マイルが加算されます。

Happi+(ハピタス)からagodaやExpediaに飛んだ場合は3.0~4.2%、じゃらんnet海外予約なら毎回523pt(523円相当)が還元されます(この辺りの条件は随時変化します)。

安宿に泊まっている方の場合、1泊につき525円が戻ってくるとなるとかなり大きいでしょうし、時々1,500円のポイント還元をやったりしていますから。

 

そうしたサイトの会員ならログインして目的のサイトを探してリンク先に飛ぶだけで、特別な手続きは必要ありません。

ただ、細かな利用条件等はありますので、最初に利用するときに条件をザッと確認しておくとよいでしょう。

下に関係のリンクとバナーを貼っておきますので利用してみてください。

 

■航空会社

 

 

次回はお金の持ち出し方について解説します。

 


News

世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

イギリスの世界遺産「ロンドン塔」
イギリスでもっとも歴史のある石造城塞であり、多くの囚人を収容した監獄兼処刑場で、世界一有名な幽霊屋敷でもある「ロンドン塔」。クリックで外部記事へ
世界遺産「文化交差路サマルカンド」のグリ・アミール廟、イーワーン
青の都・サマルカンド、グリ・アミール廟のイーワーンとドーム。世界遺産「文化交差路サマルカンド」構成資産。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 世界一の幽霊屋敷 ロンドン塔

 青の都サマルカンド

 学生が訪れたい世界の絶景

 2017年おすすめの世界遺産

 日本の世界遺産名所12選

 ル・コルビュジエの建築作品

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8. 空間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

陽明門&東大手門リニューアル

ベツレヘムに分離壁ホテル開館

奄美群島国立公園が誕生

イタリアのエトナ山が噴火

シリア政府、パルミラを再奪還

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです