私的旅行術 準備編2:航空会社と航空便の種類

海外旅行の予約をするときに、最初に考えるのは以下のいずれかにするかという点です。

  • ツアー
  • セミツアー
  • 個人旅行

 

完全パッケージのツアーや、航空券やホテルの手配だけ任せるセミツアーの場合はデスクに尋ねればよいので、本サイトではすべての予約を自分自身で行う個人旅行について解説したいと思います。

 

こうした個人旅行の場合、行き先を決めたら航空券を手配することになります。

今回は航空券の話に入る前に、準備段階として航空会社と航空便の種類を紹介しましょう。

 

* * *

<航空会社=エアラインとは何か?>

 

航空機を使って旅客・貨物の輸送サービスを行っている会社を航空会社といいます。

以下のような分類例がありますが、厳密な区別があるわけではありません。

 

■航空会社の区分

  • FSC:一般的な航空会社。Full Service Carrier
  • LCC:格安航空会社。Low Cost Carrier
  • ハイブリッド航空:FSCとLCCの中間的な航空会社
  • リージョナル航空:小型機で地方同士を結ぶ地方航空会社。コミューター航空
  • フラッグ・キャリア:国が経営・支援する or していた国策航空会社。National Flag Carrier

 

一般的な航空会社はFSCと呼ばれており、日本だとANA(全日本空輸)やJAL(日本航空)が有名ですね。

そしてJALはフラッグ・キャリアでした。

地方にはリージョナル航空もあって、フジドリームエアラインや日本トランスオーシャン航空等が一例です。

 

近年話題になっているのがLCCで、サービスや利便性を削って格安な航空券を販売するシステムを売りにしています。

日本でもエア・アジアやピーチ・アビエーション、春秋航空、ジェットスター、AIR DO、香港エクスプレス、四川航空、バニラエア等、さまざまなLCCが就航するようになりました。

 

同じ路線を比べた場合、一般的にLCCの航空料金はFSCの半額程度といわれています。

利用者レベルでは以下のようなメリットやデメリットがあります。

ただし、すべてのLCCや便が該当するわけではありません。

 

■LCCのメリット

  • 安い
  • 片道航空券も手軽

■LCCのデメリット

  • 座席指定、機内食、毛布をはじめ有料サービスが多い
  • 預入手荷物(受託手荷物)や持込手荷物が有料、あるいは無料分が少ない
  • 座席が小さく狭い
  • 航空券は自社サイトのみの販売で店舗がない
  • 航空券の変更・払い戻しができない、あるいは手数料が高い
  • 遅延や欠航が多く、補償もないか少ない
  • セカンダリー空港(都市の第二・第三の空港)の発着便が多い
  • 深夜や早朝等、不便な時間の発着が多い
  • ボーディング・ブリッジを使わないことが多い
  • 航空アライアンスのマイレージが貯まらない

 

LCCが普及して大きく変わったと思うのが以下の3点です。

  • 航空券が安くなり海外旅行が身近になった
  • 各国の国内線航空券が安くなり、気軽に空路を取れるようになった
  • 片道航空券が気軽に買えるようになり、旅のルート・日程が多彩になった

 

LCCの登場で海外行きの航空券だけでなく、各国の国内線の航空券料金が大幅に値下がりしました。

昔はバックパッカーといえば陸路移動(バスや電車等による移動)が主でしたが、いまでは気軽に空路を選べるようになりました。

また、バックパックを担いで旅行をしないような層であっても、スーツケースで途上国の奥地に飛ぶなんてことも気軽にできるようになりました。

 

また、片道航空券の普及は海外旅行を大きく変えています。

 

最近まで、FSCは片道航空券を販売していないか、販売するとしても非常に高価なものでした。

ところがLCCではむしろ片道航空券が基本で、往復する場合は往路・復路の2枚の航空券を購入する形になります。

このため往路と復路で航空会社やルートを変えたり、入国してから復路の航空券の手配をするなどということが可能になりました(出国チケットがなければ入国できない国も多いので要注意)。

これによって旅の自由度が大幅に増しています。

 

* * *

<航空アライアンスとは何か?>

 

FSCの多くは「アライアンス」と呼ばれる国際航空連合を形成し、さまざまな共通サービスを提供しています。

主な航空アライアンスには以下があります。

ANA(日本)TAP ポルトガル航空(ポルトガル)、ルフトハンザドイツ航空(ドイツ)、オーストリア航空(オーストリア)、スイス・インターナショナル・エアラインズ(スイス)、ブリュッセル航空(ベルギー)、エーゲ航空(ギリシア)、スカンジナビア航空(スウェーデン、デンマーク、ノルウェー)、アドリア航空(スロベニア)、クロアチア航空(クロアチア)、LOTポーランド航空(ポーランド)、ターキッシュ・エアラインズ(トルコ)エジプト航空(エジプト)、エチオピア航空(エチオピア)、南アフリカ航空(南アフリカ)、エア・インディア(インド)、シンガポール航空(シンガポール)、タイ国際航空(タイ)中国国際航空(中国)、深圳航空(中国)、エバー航空(台湾)、アシアナ航空(韓国)ニュージーランド航空(ニュージーランド)、ユナイテッド航空(アメリカ)、エア・カナダ(カナダ)、コパ航空(パナマ)、アビアンカ・エルサルバドル(エルサルバドル)、アビアンカ航空(コロンビア)

JAL(日本)、ブリティッシュ・エアウェイズ(イギリス)、イベリア航空(スペイン)、エアベルリン(ドイツ)、フィンエアー(フィンランド)、S7航空(ロシア)、ロイヤルヨルダン航空(ヨルダン)、カタール航空(カタール)、スリランカ航空(スリランカ)、キャセイパシフィック(香港)、マレーシア航空(マレーシア)、カンタス航空(オーストラリア)、アメリカン航空(アメリカ)、ラン航空(チリ)、TAMエアライン(ブラジル)

エール・フランス(フランス)、KLMオランダ航空(オランダ)、エア・ヨーロッパ(スペイン)、アリタリア・イタリア航空(イタリア)、チェコ航空(チェコ)、タロム航空(ルーマニア)、アエロフロート・ロシア航空(ロシア)、ケニア航空(ケニア)、サウディア(サウジアラビア)、ミドル・イースト航空(レバノン)、ガルーダ・インドネシア航空(インドネシア)、ベトナム航空(ベトナム)、中国東方航空(中国)、中国南方航空(中国)、厦門航空(中国)、大韓航空(韓国)、チャイナエアライン(台湾)、デルタ航空(アメリカ)、アエロメヒコ航空(メキシコ)、アルゼンチン航空(アルゼンチン)

バニラエア(日本)、スクート(シンガポール)、タイガーエア(シンガポール)、ノックエア(タイ)、ノックスクート(タイ)、セブパシフィック航空(フィリピン)、チェジュ航空(韓国)、タイガーエア・オーストラリア(オーストラリア)

 

航空アライアンスの主なサービスには以下のような例があります。

  • コードシェア便(共同運航便)の運行
  • マイレージ・サービスの相互乗り入れ
  • ラウンジの共通化

 

利用者にとって特に影響が大きいのはマイレージ・サービスの相互乗り入れでしょう。

飛行機に乗ったりクレジットカードで買い物をしてマイルを貯めている人も多いと思いますが、航空アライアンス内の提携航空会社のフライトでもマイルが貯まるのです(マイルの積算率等の条件はさまざまです)。

そして貯まったマイルで特典航空券を手に入れる際にも、提携航空会社のフライトを利用することができたりします。

 

ぼくは主にANAのマイルを貯めているので、なるべくANAが所属しているスターアライアンス加盟の航空会社を使うようにしています。

たとえばヨーロッパに行くのにルフトハンザとブリティッシュ・エアウェイズを選べるのであれば、スターアライアンスに加盟しているルフトハンザを優先するといった形です。

この場合、ルフトハンザに乗ればANAでマイルが加算されます。

 

つまり、マイレージというのは航空アライアンスのプログラムに参加して貯めるわけではなくて、ANAやJALといった各航空会社のマイレージプログラムに参加して貯めるわけです。

成田をはじめ、航空アライアンスごとにターミナルを分けている空港もあるので、トランジットやストップオーバーの際にも便利です。

 

といっても、値段のメリットを上回るほどのサービスが提供されることはあまりないので、ぼくは航空券を買う際に航空アライアンスはそこまで気にしていません。

そのためスターアライアンスはANA、ワンワールドはJAL、スカイチームはデルタ航空と、それぞれの航空会社のマイレージプログラムに参加していずれの航空アライアンスのマイルも貯められるようにしています。

まだどこにも参加していない方、とりあえずこの3社のマイレージプログラムに参加してみてはいかがでしょうか?

 

LCCについては、2016年5月にLCC6か国8社がバリューアライアンスという世界初のLCCアライアンスを発足させました。

今後サービスを充実させていくものと思われます。

 

[関連サイト]

ANAマイレージクラブ

JALマイレージバンク

デルタ航空スカイマイル・マイレージ・プログラム

 

* * *

<航空便の種類>

 

それぞれのフライトには必ず便名が指定されています。

たとえば "NH10" といえば毎日就航しているANAの成田-JFK(ニューヨーク)便ということになります。

 

こうした航空便には以下のような種類があります。

 

■経由地や運行会社から見た区分

  • 直行便:立ち寄りをせず、目的地に直行するフライト
  • 経由便:最終目的地以外に経由地をに立ち寄るフライト
  • 乗継便:経由地で便を変えるフライト
  • コードシェア便:複数の航空会社が共同運行するフライト
  • チャーター便:定期便と異なる臨時便

 

経由便と乗継便の違いは便名が変わるか否かですが、乗継便の場合は機体そのものが変わることが多いです。

どちらも多くの場合、いったん航空機を降りることになります(まれに降りないケースもあります)。

その際の降り方にふたつの種類があります。

 

■経由地での振る舞いによる区分

  • トランジット:途中寄航。経由地に長時間滞在しない単なる経由
  • ストップオーバー:途中降機。経由地に入国して滞在すること

  

トランジットとストップオーバーの違いはさまざまな定義がされていて厳密なものはありません。

単に24時間以上か以内かで分けられることもあれば、時間に関係なく入国して空港を出るとストップオーバーになることもあるようです。

ですからどちらの場合も入国審査の有無は一応確認しておきましょう。

 

一般的には、たとえば「東京→香港経由→バンコク」という航空券で、香港に入国しないならトランジット、入国審査を受けて空港を出るならストップオーバーということになります。

前者の場合は普通24時間以内に発ちますし、後者の場合は一泊はすることになるでしょう。

ですから「ストップオーバー可」という航空券の場合、香港に何日か滞在できることになります。

 

コードシェア便は複数の航空会社が共同で運行する航空便です。 

航空会社の数だけ便名が付いています。

 

 

次回は航空券の種類と買い方について解説します。

 


News

世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

イギリスの世界遺産「ロンドン塔」
イギリスでもっとも歴史のある石造城塞であり、多くの囚人を収容した監獄兼処刑場で、世界一有名な幽霊屋敷でもある「ロンドン塔」。クリックで外部記事へ
世界遺産「文化交差路サマルカンド」のグリ・アミール廟、イーワーン
青の都・サマルカンド、グリ・アミール廟のイーワーンとドーム。世界遺産「文化交差路サマルカンド」構成資産。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 世界一の幽霊屋敷 ロンドン塔

 青の都サマルカンド

 学生が訪れたい世界の絶景

 2017年おすすめの世界遺産

 日本の世界遺産名所12選

 ル・コルビュジエの建築作品

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8. 空間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

陽明門&東大手門リニューアル

ベツレヘムに分離壁ホテル開館

奄美群島国立公園が誕生

イタリアのエトナ山が噴火

シリア政府、パルミラを再奪還

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです