世界遺産と建築23 仏教建築3:上座部仏教編(スリランカ、東南アジア)

シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」では世界遺産を通して世界の建築の基礎知識を紹介します。

本シリーズは以下の電子書籍の写真や文章を大幅に削ったダイジェスト記事となっています(構成は多少変えてあります)。

詳細は下のリンクか "shop" を参照してください。

 

電子書籍『世界遺産で学ぶ世界の建築 ~海外旅行から世界遺産学習まで~』

  1. 古代、ギリシア・ローマ、中世編
  2. 近世、近代、現代編
  3. イスラム教、ヒンドゥー教編
  4. 仏教、中国、日本編

第23回はスリランカ、ミャンマー、タイ、ラオスの上座部仏教建築を紹介します。

 

* * *

<スリランカの仏教建築(セイロン様式)>

■スリランカの仏教建築:ヴィハーラ、パンサラ、ダゴバ

スリランカの世界遺産「聖地アヌラーダプラ」、アバヤギリ僧院のアバヤギリ・ダゴバ
スリランカの世界遺産「聖地アヌラーダプラ」、アバヤギリ僧院のアバヤギリ・ダゴバ。20世紀に復元されたスリランカ最大のストゥーパです (C) Nicolas Chadeville
世界遺産「聖地アヌラーダプラ(スリランカ)」、イスルムニヤ精舎(イスルムニヤ僧院)
紀元前3世紀に創建されたと伝わるアヌラーダプラのイスルムニヤ精舎(イスルムニヤ僧院)。世界遺産「聖地アヌラーダプラ(スリランカ)」構成資産 (C) Abhaya77

インドや中央アジアで最初に仏教を広めたのはマウリヤ朝のアショーカ王で、当時は上座部仏教が奉じられていました。

続いてインドから中央アジア、中国国境まで大国を築いたクシャーナ朝は大乗仏教を広めました。

また、インドで密教化した大乗仏教はチベット仏教となり、ヒマラヤを越えてやはり中国に到達しました。

これらをまとめて「北伝仏教(北方仏教)」といいます。

これに対し、インドの南からスリランカを経由して東南アジアに伝えられた仏教(上座部仏教)を「南伝仏教(南方仏教)」と呼びます。

 

紀元前3世紀、マウリヤ朝のアショーカ王の弟あるいは息子と伝えられるマヒンダがセイロン(スリランカ)のシンハラ王国を訪れて上座部仏教を伝えます。

当時の王はこれを受け入れて仏教に改宗し、首都アヌラーダプラ①にイスルムニヤ精舎やトゥーパーラーマ塔を建立し、ダンブッラ②などに石窟寺院を築きました。

以来、シンハラ王国は11世紀まで繁栄し、仏教がスリランカに根付いていきます。

 

スリランカに伝わった段階では仏像も仏殿も存在せず、僧たちは僧院で学問や瞑想といった修行を行いました。

インドの石窟寺院には僧院であるヴィハーラ窟と瞑想や修行の場であるチャイティヤ窟がありましたが、スリランカでは僧院はそのまま「ヴィハーラ」といわれ、寺院は「パンサラ」、ストゥーパは「ダゴバ(ダーガバ)」と呼ばれます。

なお、ヨーロッパ言語でストゥーパの意味で使われる「パゴダ」はダゴバに由来するといわれます(異説あり)。

 

ヴィハーラは石造で簡素に築かれたのに対し、著しく発達したのがダゴバです。

基本はサーンチーのストゥーパ③と同様で、基壇の上に半球ドームの覆鉢(ふくばち。伏鉢)を築き、その上に箱形の平頭 (へいとう/ひょうず) 、頂部に相輪を載せ、周囲を欄順(らんじゅん。柵や垣)で囲っています。

形はサーンチーのストゥーパに似ていますが、高さは100mを超えるものもあり、サーンチー最大のグレート・ストゥーパでさえ高さ約17mですから、大きさ的にははるかに凌駕したものとなっています。

※①世界遺産「聖地アヌラーダプラ(スリランカ)」

 ②世界遺産「ランギリ・ダンブッラ石窟寺院(スリランカ)」

 ③世界遺産「サーンチーの仏教建造物群(インド)」

 

[関連記事]

世界遺産と世界史9.インダス文明

 

<ミャンマーの仏教建築(ビルマ様式)>

■ミャンマーの仏教建築1.パヤー、ゼティ

世界遺産「ピュー古代都市群(ミャンマー)」、シュリクシェトラのボーボージー・パヤー
シュリクシェトラのボーボージー・パヤー。5世紀前後に建設されたストゥーパで、インド北部のストゥーパ群を参考に築かれています。世界遺産「ピュー古代都市群(ミャンマー)」構成資産 (C) Jakub Hałun
世界遺産「バガン(ミャンマー)」のシュエサンドー・パヤー
ブッダの遺髪を収めていると伝わるバガンのシュエサンドー・パヤー。バガン朝の創始者であるアノーヤターが1057年に完成させたパヤーで、5層の方形壇の上に釣鐘形の覆鉢を頂いています。世界遺産「バガン(ミャンマー)」構成資産

ビルマ(現・ミャンマー)には古くからインドの大乗仏教やヒンドゥー教が伝わっており、さまざまな寺院が建てられました。

紀元前から紀元後9世紀ほどにかけてエーヤワディー川中流で大きな勢力を誇ったピュー王朝の都ハリン①やベイタノー①、シュリクシェトラ①といった城郭都市では、大乗仏教の僧院やセイロン様式のストゥーパ、ヒンドゥー教の寺院や民間信仰であるナッ信仰の寺院が発見されており、さまざま宗教が併存していたようです。

 

目立つのはストゥーパで、ビルマではストゥーパ本体は「ゼティ」、施設全体は「パヤー」と呼ばれています。

シュリクシェトラのボーボージー・パヤーのように、当時のパヤーはインドのストゥーパ同様、基壇の上に半球形や円筒形の覆鉢を載せ、相輪を頂いていました。

 

11世紀にビルマ族が南下してバガン朝を建国すると、上座部仏教に帰依して雑多な宗教を整備しました。

スリランカのシンハラ王国にしばしば留学生や僧を派遣して仏教を学ばせ、首都バガン②におびただしい数のパヤーを建設しました。

 

もともとストゥーパは仏舎利(ブッダの遺灰)を収める供養塔でしたが、ビルマではブッダの象徴となって神格化されました。

在家信者にとってパヤーを建設することは最大の功徳とされ、一族で財産を集めてはパヤーが建立されました。

バガンに林立する数千のパヤーはこうして築かれたものです。

※①世界遺産「ピュー古代都市群(ミャンマー)」

 ②世界遺産「バガン(ミャンマー)」

 

[関連記事]

世界遺産と世界史24.イスラム教の拡散

世界遺産写真館25.バガン1(ミャンマー)

 

■ミャンマーの仏教建築2.パトー、キャウン

世界遺産「バガン(ミャンマー)」のアーナンダ・パトー
バガンのアーナンダ・パトー。方形の堂宇の上に階段ピラミッド形の基壇が載り、頂部にストウーパがそびえています。四面には前殿が付属し、全体は十字形です。世界遺産「バガン(ミャンマー)」構成資産
世界遺産「バガン(ミャンマー)」のダマヤンジー・パトー
まさに階段ピラミッドといった意匠が目を引くバガンのダマヤンジー・パトー。世界遺産「バガン(ミャンマー)」構成資産
世界遺産「バガン(ミャンマー)」のマハーボディ・パトー
仏教の聖地インド・ブッダガヤのマハーボディをかたどったバガンのマハーボディ・パトー。世界遺産「バガン(ミャンマー)」構成資産

ビルマでは12世紀頃になるとストゥーパよりも仏像が重視されるようになり、バガン①でも仏殿「パトー」が増えていきます。

 

アーナンダ・パトーは正方形の周壁に囲われた点対称のマンダラ風伽藍で、本堂は方形の四面堂(四方が同じ構造を持つ堂宇)ですが、四面に前殿を設けてギリシア十字形をしています。

頂部のストゥーパはインド・ブッダガヤの大菩薩寺=マハーボディのシカラ(塔身)を模した金剛宝座式で、本堂の東西南北には黄金の釈迦如来立像が安置されています。

 

ダマヤンジー・パトーもほぼ同様の造りで、本堂は6層の階段ピラミッド、内部は四方に釈迦如来坐像を安置しています。

頂部の覆鉢はインド・サーンチーのストゥーパ②を思わせる半球形ですが小さく、ストゥーパはすでに崇拝対象になっていません。

 

同時代のマハーボディ・パトーはインドのヒンドゥー教建築の北方型・ナーガラ様式で、その名の通り同様式のインド・ブッダガヤの大菩薩寺=マハーボディ③をかたどっています。

造りはそのままヒンドゥー教寺院で、奥に至聖所ガルバグリハ、手前に礼拝室マンダパを持ち、上部にはシカラを頂いています。

 

パヤーやパトーは基本的に在家信者が寄進し、一般の信者が祈りを捧げる場所です。

上座部仏教では出家して僧となり修行することを重視していますが、そうした僧のための修行施設が僧院「キャウン」です。

キャウンは基本的にシンプル質素な木造の高床建築で、腐りやすいこともあって17世紀以前のものは残っておらず、古いものでも18世紀のコンバウン朝期のキャウンとなっています。

※①世界遺産「バガン(ミャンマー)」

 ②世界遺産「サーンチーの仏教建造物群(インド)」

 ③世界遺産「ブッダガヤの大菩提寺(インド)」

 

[関連記事]

世界遺産と世界史24.イスラム教の拡散

世界遺産写真館25.バガン1(ミャンマー)

 

<タイとラオスの仏教建築>

■タイの仏教建築1.スコータイ様式、クメール様式

世界遺産「古代都市スコータイと周辺の古代都市群(タイ)」、ワット・マハタート
スコータイのワット・マハタート。中央奥のストゥーパが大チェディ、その前に座す釈迦如来坐像はかつて木造の屋根を持つヴィハーンに安置されていました。世界遺産「古代都市スコータイと周辺の古代都市群(タイ)」構成資産
世界遺産「古代都市スコータイと周辺の古代都市群(タイ)」、ワット・シーサワーイ
スコータイのワット・シーサワーイ。3基並んだ塔はアンコール朝で発達したクメール様式の塔堂プラサートの影響を受けたもので、プラーンと呼ばれます。世界遺産「古代都市スコータイと周辺の古代都市群(タイ)」構成資産

バガン朝の僧たちはビルマだけでなく、インドシナ半島全域で布教活動を行いました。

 

タイ族がタイ北部に築いたスコータイ朝の第3代国王ラームカムヘーン王が上座部仏教に帰依すると、代々の王たちは首都スコータイ※に数々の寺院を築いて仏教の聖地として整備しました。

14世紀のリタイ王が一時的に出家して「タンマラーチャー(仏法王)」を名乗ると、これ以降、タイの国王は仏教の守護者にして寺院の統括者であるという立場を確立し、現在に引き継がれていきます。

 

タイでは寺院を「ワット」と呼びますが、これはアンコール・ワット②からもわかるようにカンボジアのクメール語の影響です。

ミャンマーでは先述したようにパヤーやパトーとキャウンは別に築かれることが多かったのですが、タイでは基本的にワットの中に設置されました。

 

スコータイ最古といわれる寺院が13世紀創建のワット・マハタートです。

マハタートは「偉大なる仏舎利(ぶっしゃり。ブッダの遺灰)」といった意味で、タイでは多くの町にこの名の寺院があります。

 

全体は方形のマンダラ風伽藍で、「チェディ」と呼ばれる200近いストゥーパと18の祠堂「モンドップ」が立ち並んでいます。

中心となっているのは中央の大チェディと、仏像を安置する仏殿であり講堂でもある「ヴィハーン」で、スコータイ様式では「チェディ-ヴィハーン」、あるいは「チェディ-ヴィハーン-礼拝堂マンダパ」が直線上に並ぶスタイルが多く、周辺に本堂「ウボソット」や経蔵「ホー・トライ」などが配されました。

 

近くにあるワット・シーサワーイの3連チェディの塔身はクメール様式の塔堂「プラサート」の影響で、タイでは「プラーン」と呼ばれます。

プラーンは一般的に方形やロータス形の基壇に砲弾形の塔身を載せており、基壇の四面に祠堂を設けて仏像を収めています。

※世界遺産「古代都市スコータイと周辺の古代都市群(タイ)」

 

[関連記事]

世界遺産と世界史24.イスラム教の拡散

 

■タイの仏教建築2.アユタヤ様式、バンコク様式

世界遺産「古都アユタヤ(タイ)」、ワット・プラ・マハタート
アユタヤのワット・プラ・マハタート。背後の山が寺院の中心に築かれた大プラーン跡。世界遺産「古都アユタヤ(タイ)」構成資産
。世界遺産「古都アユタヤ(タイ)」、ワット・プラ・マハタートのプラーン
ワット・プラ・マハタートのプラーン。このように段々を描く意匠をロータス形(ロータス・バッド形/蓮の蕾形)といいます。南アジアや東南アジアの仏教寺院やヒンドゥー教寺院でしばしば見られます。世界遺産「古都アユタヤ(タイ)」構成資産
バンコクのワット・プラ・ケオ(エメラルド寺院)の本堂ウボソット
本尊であるエメラルド仏を収めるワット・プラ・ケオ(エメラルド寺院)の本堂ウボソット。屋根の破風部分から飛び出しているのはチョーファー。世界遺産ではありません

14世紀には同じタイ族が現在のバンコクの北にアユタヤ朝を建て、15世紀にスコータイ朝を吸収します。

首都アユタヤ①には多くの寺院や宮殿が建設されますが、これらはスコータイ朝の建築様式を洗練したものとなりました。

 

アユタヤのワット・プラ・マハタートは二重の周壁に囲われた回字状のマンダラ風伽藍で、中央に大プラーンを置き、その東西に左右対称にヴィハーンが設置され、周辺には数多くのプラーンやチェディが立ち並んでいました。

ワット・ラーチャブーラナやワット・プラ・ラームなどもほぼ同様の造りで、「チェディ-ヴィハーン」が並ぶスコータイ様式と比べて正面性は薄れ、点対称でマンダラ風の造りが強調されています。

チェディは円錐形のセイロン・ビルマ様式のものからロータス形のプラーンまで多種多様です。

 

タイのバンコクではこれらを進化・集大成させた寺院や王宮を見ることができます。

その最高峰が18世紀建立の王室寺院コンプレックス、ワット・プラ・ケオ(エメラルド寺院)です。

黄金のプラ・シー・ラッタナー・チェディは釣鐘形で小祠堂を持つアユタヤ様式のチェディで、周辺にはロータス形の黄金チェディも見られます。

王族の霊廟であるプラサート・プラ・テップ・ビドンはクメール様式のプラーンと十字形の木造堂宇が融合しています。

この寺でもっとも大きいのは本尊のエメラルド仏を収める極彩色の本堂ウボソットで、長方形の周柱式、寄棟屋根に切妻の多層屋根を重ねています。

こうした幾重にも重なる多層屋根や屋根飾りチョーファーはタイ北部で栄えたラーンナー王国の影響が表れています(ラーンナー様式)。

※①世界遺産「古都アユタヤ(タイ)」

 ②世界遺産「古代都市スコータイと周辺の古代都市群(タイ)」

 ③世界遺産「アンコール(カンボジア)」

 

[関連記事]

世界遺産と世界史24.イスラム教の拡散

 

■タイの仏教建築3.ラーンナー様式

チェンマイのワット・チェディ・ルワンのチェディ
チェンマイのワット・チェディ・ルワンのチェディ。チェディといってもストゥーパというより、四方に安置された仏像の仏殿としての役割が強くなっています。奥に見えるのがヴィハーン。タイの世界遺産暫定リスト記載
チェンマイのワット・スアン・ドーク
チェンマイのワット・スアン・ドーク。手前がヴィハーン、奥の金色がメインのチェディ。左に見える破風飾りは非常に繊細華麗で、多層屋根やチョーファーなどとともにラーンナー様式の特徴となっています。タイの世界遺産暫定リスト記載

14世紀頃、スコータイ朝のさらに北部で栄えたラーンナー王国はビルマから伝わった上座部仏教を保護し、チェンマイ※やチェンライに数多くの寺院を建設しました。

ビルマやスコータイから僧を呼び寄せて仏教を学んだこともあって、両者の建築に似た構造となっています。

 

一例がチェンマイ最大級を誇るワット・チェディ・ルワンです。

ミャンマーで見られるような階段ピラミッドの基壇で、ゾウの彫刻が並べられており、世界をゾウが支えているという須弥山の伝説を表現しています。

塔身はロータス形で四方に仏龕を持ち、釈迦如来像を収めています。

チェディの東にはヴィハーンが並んでおり、「チェディ-ヴィハーン」の並びが寺院の中心を構成している点はスコータイ様式と同様です。

 

スコータイ様式では屋根が木造でも壁と柱は石造であることが多いのに対し、「ラーンナー様式」ではすべて木造であることも少なくありません。

こうした列柱構造や衣のような多層屋根、屋根から飛び出した屋根飾りチョーファー、美しい破風飾り、竜王ナーガの彫刻などがラーンナー様式の特徴で、のちにタイやラオス全域に広がりました。

※タイの世界遺産暫定リスト記載

 

■ラオスの仏教建築:ルアンパバン様式

世界遺産「ルアンパバンの町(ラオス)」、ワット・シエントーン
ラーンサーン王国の菩提寺、ワット・シエントーン。深く長く反った多層屋根や繊細な破風飾り、チョーファーなどがルアンパバン様式の特徴です。世界遺産「ルアンパバンの町(ラオス)」構成資産
世界遺産「ルアンパバンの町(ラオス)」、ワット・マイ・スワンナプームアハーム、通称ワット・マイ
世界遺産「ルアンパバンの町(ラオス)」、ワット・マイ・スワンナプームアハーム、通称ワット・マイ。五層屋根の本堂(左)に列柱廊玄関(右)が付属しています
世界遺産「ルアンパバンの町(ラオス)」、ワット・ウィスンナラート
ルアンパバン最古の寺、ワット・ウィスンナラート。左が仏塔タート・パトゥム、右がヴィハーンで仏像を安置しています。ラオスでは珍しくタイ北部の様式そのままです。世界遺産「ルアンパバンの町(ラオス)」構成資産

ラオスは北タイと隣接しており、民族的にも文化的にも近く、ラーンサーン王国の木造建築様式「ルアンパバン様式」はラーンナー様式とよく似たものとなっています。

 

ただ、ラオスの仏教建築では巨大なストゥーパ(ラオスでは「タート」と呼ばれます)が見られません(小さなストゥーパはたくさんあります)。

したがって「チェディ-ヴィハーン」の並びも見られず、本堂が寺院の中心となっています。

ルアンパバンのワット・ウィスンナラート、ビエンチャンのタート・ルアン①やタート・ダムなどの例外はあるものの、ラオスやカンボジア、ベトナムでは円錐形の巨大なストゥーパはほとんど築かれませんでした。

 

ラーンサーン王国の首都ルアンパバン②は王都であると同時に仏教寺院が立ち並ぶ仏教の聖地として整備されました。

ルアンパバン様式の本堂はラーンナー様式のヴィハーンやウボソットとほぼ同様ですが、屋根が湾曲した反り屋根で、軒は基壇に達するほど深く、破風飾りやチョーファーはより豪華に発展しています。

木造の柱梁構造または石壁の組積造で、周囲に柱が連なる周柱式であることもあります。

また、エントランスに列柱廊玄関を備えていることが多く、玄関と内部が区切られて、美しい装飾で飾られています。

※①ラオスの世界遺産暫定リスト記載

 ②世界遺産「ルアンパバンの町(ラオス)」

 

[関連記事]

世界遺産と世界史24.イスラム教の拡散

 

* * *

 

シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」、第24回からは中国の建築を紹介します。

中国の仏教建築も以降で紹介する予定です。

 


News

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

All About 世界遺産「2019年新登録の世界遺産 日本の大阪に初の遺産!」では新世界遺産の概要を解説
All About 世界遺産「2019年新登録の世界遺産 日本の大阪に初の遺産!」では新たに登録された全29件の新世界遺産の概要を解説。クリックで外部記事へ
タンザニアの世界遺産「ンゴロンゴロ保全地域」のクロサイ
タンザニアの世界遺産「ンゴロンゴロ保全地域」のクロサイ。高さ600mの壁が囲うクレーター内部に25,000頭の野生動物が暮らしている。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 2018年新登録の世界遺産

 ガラパゴス諸島/エクアドル

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです