世界遺産と建築09 ロマネスク建築

シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」では世界遺産を通して世界の建築の基礎知識を紹介します。

本シリーズは以下の電子書籍の写真や文章を大幅に削ったダイジェスト記事となっています(構成は多少変えてあります)。

詳細は下のリンクか "shop" を参照してください。

 

電子書籍『世界遺産で学ぶ世界の建築 ~海外旅行から世界遺産学習まで~』

  1. 古代、ギリシア・ローマ、中世編
  2. 近世、近代、現代編
  3. イスラム教、ヒンドゥー教編
  4. 仏教、中国、日本編

第9回はロマネスク建築の基礎知識を紹介します。

ロマネスク建築、特にローマ・カトリックの教会堂の特徴の一例は以下です。

  • ラテン十字形の平面プランを持つ
  • 身廊を側廊が支える凸形で重厚な壁を持つ

 

* * *

<ロマネスク建築>

■ローマ建築の再興

ドイツの世界遺産「シュパイヤー大聖堂」
ドイツの世界遺産「シュパイヤー大聖堂」。11世紀に建設されたロマネスク建築の傑作で、均整の取れたラテン十字形をしています。天井は石造ですが、△形の屋根は木造です(木造トラス屋根)
世界遺産「フィレンツェ歴史地区(イタリア)」、サン・ミニアート・アル・モンテ教会
サン・ミニアート・アル・モンテ教会。中央の身廊の左右に低い側廊を構えた凸字形が確認できます。ファサードの幾何学的な装飾はルネサンスを予感させます。世界遺産「フィレンツェ歴史地区(イタリア)」構成資産

中世の時代、西ヨーロッパではローマ時代に生まれたバシリカ以降、大きな飛躍はありませんでした。

 

11世紀前後に民族大移動が終わると西欧のおおよその形ができあがり、中世ヨーロッパは落ち着きを取り戻します。

特に第1ミレニアム(西暦1~1000年)末の世界滅亡説(千年王国説)を乗り切ると、神への感謝を込めて大都市で大聖堂の建設・再建ラッシュがはじまりました。

 

その際に参考にされたのがローマ時代の建造物群です。

この時代、ほとんどの教会堂は簡素な単廊式バシリカで、屋根や天井は木造でした。

しかし、建築家たちはローマ建築の研究を進めてアーチやヴォールトの技術を復活させ、徐々に石造天井が普及していきます。

ただ、屋根については雨を避けるために傾斜をつけて△形にする必要から木造で、天井の上に蓋をするような形で据えられました(小屋組。木造トラス屋根)。

 

石造天井はより荘厳な空間を生み出しましたが、重い天井を支えるために壁は分厚くならざるをえず、側廊の壁も利用して凸形の構造で中央の身廊の重みを支えました。

窓を大きく取れなかった代わりに、暗い空間に走る一筋の光をドラマティックに演出しました。 

こうしたローマ風の建築様式を「ロマネスク様式」といいます。

 

■ラテン十字式とウェスト・ワーク

ラテン十字形・平面プランの例
ラテン十字形・平面プランの例。濃い青が身廊、その上下が側廊、上下に飛び出した短軸部分が翼廊(袖廊)、交差部分が交差廊、濃い緑が内陣、ピンク部分が周歩廊。左端の黄緑は西ファサードの拝廊でウェスト・ワークと呼ばれます
世界遺産「コルヴァイのカロリング期ヴェストヴェルクとキウィタス(ドイツ)」、コルヴァイ修道院
コルヴァイ修道院。2本の塔を持つ建物がロマネスク様式のウェスト・ワーク(ドイツ語でヴェストヴェルク)。世界遺産「コルヴァイのカロリング期ヴェストヴェルクとキウィタス(ドイツ)」構成資産

正教会では縦横の軸の長さが等しい「+」形の「ギリシア十字」が普及しましたが、ローマ・カトリックでは長い縦軸と短い横軸をもつ「†」形の「ラテン十字」が好まれました。

この形は教会堂にも採用され、ラテン十字形の平面プランを持つクロス・ドーム・バシリカが広がっていきました。

 

ラテン十字の特徴は正面性(方向性)を持つという点です。

そのバリエーションは多彩ですが、一般的には長軸上部の頭の部分を上とし、短軸を横軸とします。

そして頭部に至聖所をはじめとする内陣(神像や祭壇を収めた聖域)を置き、日が昇る東の方角に設置しています。

内陣の反対方向である長軸の下部(西側)には信者が集まる身廊が設けられ、人々を迎え入れる西ファサード(正面)は「ウェスト・ワーク」と呼ばれて教会の顔となり、塔や彫刻・レリーフなどで華やかに装飾されました。

 

■交差ヴォールト

交差ヴォールト
交差ヴォールト。縦・横ふたつの筒型ヴォールトを交差させた形からその名がついています。ヴォールトは壁で屋根や天井を支えましたが、交差ヴォールトによって屋根や天井の重さを4本の柱に集中させることができるようになりました
下から眺めた交差ヴォールト
下から眺めた交差ヴォールト。中央部分に×字の稜線ができているのがわかります。重さが集中するポイントで、この部分にリブという補強部材を加えたのがリブ・ヴォールトです
世界遺産「ダラム城と大聖堂(イギリス)」、ダラム大聖堂
イギリスのダラム大聖堂。天井の×字が交差四分のリブ・ヴォールト。バラ窓や尖頭アーチはゴシック建築の先駆けです。世界遺産「ダラム城と大聖堂(イギリス)」構成資産 (C) Oliver Bonjoch

アーチを縦に並べた石造天井をヴォールトといいます。

詳細は「世界遺産と建築05 建築の基礎知識2:石造建築」を参照してください。

 

そしてロマネスクの時代に普及するのが、ふたつの筒型ヴォールトを十字にクロスさせた「交差ヴォールト(クロス・ヴォールト)」です。

それまでのヴォールトは壁全体で支えなければなりませんでしたが、交差ヴォールトによって屋根や天井の重さは4つの柱で支えられるようになり、広くて明るい内部空間を確保することができるようになりました。

ローマ建築でも見られるものですが、ロマネスク&ゴシック様式で飛躍的に普及していきます。

 

教会堂で普及したのが半円アーチと交差ヴォールトを交互に配したヴォールト天井です。

上のダラム大聖堂※の写真では×形の交差ヴォールトと山形のアーチ(尖頭アーチ)が見られます。

※世界遺産「ダラム城と大聖堂(イギリス)」

 

■塔・鐘楼、洗礼堂

世界遺産「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路(フランス)」、トゥールーズのサン=セルナン大寺院
トゥールーズのサン=セルナン大寺院。高さ67mを誇る八角形の鐘楼はラテン十字形の交差部から伸び上がっています。世界遺産「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路(フランス)」構成資産 (C) Don vip
世界遺産「ピサのドゥオモ広場(イタリア)」、ピサ大聖堂、洗礼堂、鐘楼(ピサの斜塔)
世界遺産「ピサのドゥオモ広場(イタリア)」、左が洗礼堂、中央奥がピサ大聖堂、右奥が鐘楼(ピサの斜塔)。洗礼堂の下部はロマネスク様式、上部はゴシック様式です

ロマネスクの時代、教会堂に隣接してしばしば付属施設が建設されました。

 

一例が「塔」です。

もともと塔は物見のための軍事施設で、城壁や城塞・砦に設置されていましたが、中世の時代に教会堂と結びつき、祈りの時間を知らせる鐘を備えた「鐘楼(しょうろう。鐘塔)」が設けられるようになりました。

 

鐘楼はコルヴァイの旧修道院教会①のように西エントランスのファサード塔としてウェスト・ワークに組み込まれたり、ラヴェンナのサンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂②のように隣接して築かれたり、トゥールーズのサン=セルナン大寺院③のようにラテン十字形の交差部に設置されたものもあり、東西各2本ずつ計4本の塔を持つシュパイヤー大聖堂④のように多数の塔を持つものも現れました。

 

イタリア・ロマネスクで好んで築かれたのが「洗礼堂」です。

洗礼は聖水を用いて行う清めや入信の儀式で、聖水を入れる洗礼盤を中央に収めた堂宇を洗礼堂といいます。

一般的には教会堂の中に収められていますが、イタリアではしばしば教会堂の西に隣接して集中式の洗礼堂が築かれました。

※①世界遺産「コルヴァイのカロリング期ヴェストヴェルクとキウィタス(ドイツ)」

 ②世界遺産「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群(イタリア)」

 ③世界遺産「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路(フランス)」

 ④世界遺産「シュパイヤー大聖堂(ドイツ)」

 

* * *

 

シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」、第10回はゴシック建築を紹介します。

 


News

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

タンザニアの世界遺産「ンゴロンゴロ保全地域」のクロサイ
タンザニアの世界遺産「ンゴロンゴロ保全地域」のクロサイ。高さ600mの壁が囲うクレーター内部に25,000頭の野生動物が暮らしている。クリックで外部記事へ
アメリカの世界遺産「イエローストーン国立公園」グランド・プリズマティック・スプリング
世界初の国立公園で世界遺産第一号のひとつ、アメリカの「イエローストーン国立公園」のグランド・プリズマティック・スプリング。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 2018年新登録の世界遺産

 ガラパゴス諸島/エクアドル

 チンクエ・テッレ/イタリア

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです