世界遺産と建築07 ローマ建築

シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」では世界遺産を通して世界の建築の基礎知識を紹介します。

本シリーズは以下の電子書籍の写真や文章を大幅に削ったダイジェスト記事となっています(構成は多少変えてあります)。

詳細は下のリンクか "shop" を参照してください。

 

電子書籍『世界遺産で学ぶ世界の建築 ~海外旅行から世界遺産学習まで~』

  1. 古代、ギリシア・ローマ、中世編
  2. 近世、近代、現代編
  3. イスラム教、ヒンドゥー教編
  4. 仏教、中国、日本編

第7回はローマ建築の基礎知識を紹介します。

ローマ建築の特徴の一例は以下です。

  • コリント式あるいはコンポジット式のオーダーを持つ
  • アーチを多用している
  • ヴォールト、ドームの石造天井を持つ

 

なお、アーチ、ヴォールト、ドームについては「世界遺産と建築05 石造建築の基礎知識」を、オーダーについては「世界遺産と建築06 ギリシア建築」を参照してください。

 

* * *

<ローマ建築>

■アーチとローマ

世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア/バチカン共通)」、フォロ・ロマーノ(フォルム・ロマヌム)
ローマのフォルム=フォロ・ロマーノ(フォルム・ロマヌム)。世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア/バチカン共通)」構成資産

ギリシア都市はアクロポリスとアゴラを中心としていましたが、ローマ都市の中心は公共広場フォルムで、ここに神殿や議会・裁判所・民会・市場などが築かれました。

ギリシアでは主に神殿を石で築いていましたが、ローマ都市では神殿のみならずバシリカ(集会場)・闘技場・劇場・公共浴場・水道など、あらゆる大型公共施設が石で建造されました。

 

ギリシア建築との最大の違いは、ローマ建築では屋根や天井まで石で造られた点です。

卓越した「アーチ」の技術が石造屋根や石造天井を可能にしました(といっても実際に石造の屋根や天井を持つのは主要都市の建物のほんの一部です)。

 

アーチ自体はメソポタミアで発明されており、橋や地下構造に使われていました。

これをイタリア先住民族エトルリア人がヨーロッパに持ち込み、神殿に転用したといわれます。

やがてローマ人がエトルリア人と同化してイタリア半島を征服すると、アーチはヴォールトやドームに発展し、あらゆる建造物に応用されるようになりました。

 

■ヴォールト&ドーム建築

世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア/バチカン共通)」、パンテオン
円形・集中式の身廊にコリント式の列柱廊玄関ポルティコを取り付けたローマの万神殿パンテオン。世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア/バチカン共通)」構成資産
世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア/バチカン共通)」、パンテオン
パンテオンのドーム。主にローマン・コンクリート製で、下部はレンガ片などを混ぜて重く厚く、上部は軽石を混ぜて薄く軽く造られています。世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア/バチカン共通)」構成資産

左右の壁からアーチを架け、このアーチを前後に平行に重ねていくと、カマボコ形あるいは半筒状の空間が生まれます。

この構造や形を「ヴォールト」といいます。

アーチの頂部の石(キーストーン)を軸に、アーチを回転させた半球形の構造や形が「ドーム」です。

 

このヴォールトとドームによって、石造の屋根・天井と広い内部空間が実現しました。

最たる例がローマのパンテオン①です。

直径43mを誇る巨大なドームは、ルネサンスの時代にフィレンツェでサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂②のクーポラ(ドーム)が完成するまで1,300年にわたって地上最大のドームでありつづけました。

※①世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア/バチカン共通)」

 ②世界遺産「フィレンツェ歴史地区(イタリア)」

 

■凱旋門

世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア/バチカン共通)」、コンスタンティヌス凱旋門
ローマのコンスタンティヌス凱旋門(左)。コリント式の柱とエンタプラチュア、そして3つの筒型ヴォールトが確認できます。世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア/バチカン共通)」構成資産
世界遺産「レプティス・マグナの古代遺跡(リビア)」のセプティミウス・セウェルス凱旋門
世界遺産「レプティス・マグナの古代遺跡(リビア)」のセプティミウス・セウェルス凱旋門

ローマ建築最大の特徴であるアーチは、ギリシア建築の「オーダー」と組み合わさることで飛躍します。

そのもっともシンプルな形が戦勝記念の「凱旋門(がいせんもん)」です。

 

凱旋門の典型がローマのコンスタンティヌス凱旋門※です。

副帝だったコンスタンティヌスが正帝マクセンティウスに勝利した312年のミルウィウス橋の戦いでの勝利を記念した門で、幅25.7m・奥行7.4m・高さ21mという巨大なものになっています。

有名なパリのエトワール凱旋門のモデルとしても知られています。

※世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア/バチカン共通)」

 

■円形闘技場

世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア/バチカン共通)」、コロッセオ
80ものアーチが連なるローマ建築の最高峰、コロッセオ。世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア/バチカン共通)」構成資産
世界遺産「アルル、ローマ遺跡とロマネスク様式建造物群(フランス)」、円形闘技場
アルルの円形闘技場。長径136m・短径109m・高さ21mの楕円形で、120のアーチを有します。世界遺産「アルル、ローマ遺跡とロマネスク様式建造物群(フランス)」構成資産

アーチ建築の最高峰といえるのが「円形闘技場(アンフィテアトルム)」です。

円形闘技場はその名の通り円形あるいは楕円形の闘技場で、ここで剣奴(剣闘士/グラディアトル)同士、あるいはゾウやライオン、ヒョウ、オオカミといった猛獣同士、または剣奴VS猛獣の戦いが繰り広げられました。

 

最大の円形闘技場がローマのコロッセオ※で、長径188m・短径156mの楕円形、高さ48.5mの4階建て、収容人数は5万人を誇ります。

アーチのひとつの弱点が横に広がって倒壊しようとするスラストと呼ばれる水平力ですが、コロッセオではローマン・コンクリートの軽さでこれを軽減しつつ、アーチを連続させて一周させることでアーチ同士が互いに支え合うきわめて堅固な構造を実現しました。

 

コロッセオの柱の柱頭装飾は1階がドーリア式、2階がイオニア式、3階がコリント式、4階がコンポジット式(イオニア式とコリント式の装飾を合わせた様式)となっています。

※世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア/バチカン共通)」

 

■水道橋

世界遺産「セゴビア旧市街とローマ水道橋(スペイン)」、セゴビアの水道橋
全長813m、高さは最高28.5m、128のアーチを持つセゴビアの水道橋。世界遺産「セゴビア旧市街とローマ水道橋(スペイン)」構成資産
世界遺産「ポン・デュ・ガール[ローマの水道橋](フランス)」。
世界遺産「ポン・デュ・ガール[ローマの水道橋](フランス)」。下段6、中段11、上段35(もともと47)、計52のアーチを持っています

円形闘技場と並んでアーチを多用した構築物が「水道橋」です。

 

ローマ帝国は各地を征服すると都市をローマ風に改築し、周辺の水源から水道を築いて水を引き入れました。

首都ローマだけで11の水道があり、総延長は350kmに及びます。

 

ローマ時代の水道は高低差を利用し、重力のみを使って水を流しました。

そのため水源から徐々に高度を下げなければなりませんが、ローマ帝国には1kmあたり34センチ以内という傾斜の基準があり、両端に重りを垂らした木製の水準器で精密な測定を行いました。

こうしたアーチの技術や傾斜を測定・維持する技術は中世の時代に失われてロスト・テクノロジーとなり、水道の再建はおろか修理もままならなかったといいます。

 

■ローマ浴場/テルマエ

世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア/バチカン共通)」、カラカラ浴場跡
皇帝セプティミウス・セウェルスが起工し、カラカラの時代に完成したカラカラ浴場跡。世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア/バチカン共通)」構成資産
世界遺産「バース市街(イギリス)」、ローマ浴場
バースのローマ浴場。建物は19世紀のヴィクトリア朝期のもの。世界遺産「バース市街(イギリス)」構成資産

 

古代ローマの人々にとって入浴は非常に重要な習慣で、各都市には闘技場と並んで公衆浴場「テルマエ」や小型の「バルネア」が建設されました。

 

帝国最大級のテルマエが3世紀前半に皇帝カラカラが完成させたローマのカラカラ浴場※です。

300m四方を超える巨大な敷地で、中央には220×114mほどの複合施設が立っており、1,600人を収容できたといいます。

この複合施設はヴォールトやドームが連なる見事な石造建築で、最大のドームは35mほどもあったと考えられていますが、ほとんど倒壊してしまいました。

 ※世界遺産「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア/バチカン共通)」

 

[関連記事]

世界遺産と世界史17.共和政ローマ

世界遺産と世界史18.帝政ローマ

 

* * *

 

シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」、第8回はビザンツ建築/ビザンチン建築を紹介します。

 


News

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

All About 世界遺産「2019年新登録の世界遺産 日本の大阪に初の遺産!」では新世界遺産の概要を解説
All About 世界遺産「2019年新登録の世界遺産 日本の大阪に初の遺産!」では新たに登録された全29件の新世界遺産の概要を解説。クリックで外部記事へ
タンザニアの世界遺産「ンゴロンゴロ保全地域」のクロサイ
タンザニアの世界遺産「ンゴロンゴロ保全地域」のクロサイ。高さ600mの壁が囲うクレーター内部に25,000頭の野生動物が暮らしている。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 2018年新登録の世界遺産

 ガラパゴス諸島/エクアドル

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです