Study 7:成功する人しない人

先日、東大生ふたり、東大出身の売れっ子教授ふたり、計4人に話を伺った。
こりゃ何をやっても成功するわ、この人たちなら――
すなおにそう思った。

先日家の近くの居酒屋に入った。
老夫婦が経営していたのだが、明らかに閑古鳥が鳴いている。
挨拶も言葉遣いも丁寧だし、人がよいのも伝わってくる。
でもどこかオドオドしていて頼りなく、やはりというか、予想できたのだが料理がまずい。
この人たち、何をやっても失敗するだろうな――
率直にそう感じた。

どちらのタイプがいいとか悪いとか、好きとか嫌いとか、そういう話ではない。
自分の見込み違いかもしれないし、「成功」なんて求めていない人だっているはずだ。
しかし、成功しそうな人、しそうにない人というのが確実にいる。

あの東大生たちは他の人たちといったい何が違うのか?


まずは情熱。

「これをやりたい」と決めると徹底的にやる。
東大生はふたりとも研究室で行っている実験がとにかく楽しいらしく、深夜まで徹底的にやっている。
誰よりも早く未知を解き明かすために、同様の研究をしている国内はもちろん海外のグループの論文も片っ端から読んでいるし、「自分が解明する」とか「絶対に負けない」という情熱に溢れている。

同時に、ふたりとも研究とはまったく関係がない書籍を出すために原稿を書き、TVにも極力出て、オファーはなるべく断らない。
ぼくも原稿を頼んでいるわけだが、内容・文章もこだわりに満ちていて、完全にオリジナルで他に例がない。
そんな作家活動や芸能活動も「とても楽しい」と言う。

「将来どうするの?」と聞くと、「迷いますねー。でもまだ徹夜すればなんとかなるから、やれるだけやってみます」。
ナポレオンだ。


続いて情報力と問題解決能力。

受験時代の話を聞いたがハンパじゃない。
「東大しか行かない」
4人ともこう決めて、高3の春あたりから授業を捨てて、ひたすら東大に特化した勉強に集中する。

どうしたら合格できるか?
まずは先生や先輩、友人に聞きまくり、本を読みまくって、もっとも効率的な勉強法を導き出す。
とにかく合格最低点さえとれればいいと聞けば、すぐに調べて過去数年分を分析する。
続いて現状の自分の実力を調べる。
ひとりなど、最初は0点だった科目もあったらしい。
次に過去問を分析し、これから身につけるべき知識をピックアップして、それにふさわしい参考書を探す。
これを全科目で出し、入試までの時間を逆算しながら時間対効果で優先順位をつける。

たとえば東大理2の場合、550点満点で合格最低点がだいたい320点。
A君の場合、2次の数学は6問120点満点中40点でいい、と分析した。
40点なら2問正解か、1問正解と2問の部分点でいいので、残り3問は捨てられる。
確率や数列が2問ずつ出ることはないから、確率と数列の勉強をすべて捨てても問題はない。
だから捨てる。
実際の入試で運悪く確率と数列が1問ずつ出たとしても、ひと目見て捨てればいいのだから、他の問題を解く時間的余裕だって生まれてくる。
どうせ2次の問題は全部解けるだけの時間的余裕なんてないのだから。
こんな具合に、全教科で試験戦略を練るわけだ。

こういう試験戦略に対してよくこんな非難をする人がいる。
「試験戦略で東大に入った人間は、社会に出てから使えない」
これに対して教授はハッキリこう言った。
「むしろ勉強せずに楽々東大理3に入ったような天才よりも、試験戦略を駆使して入った人の方が社会では使えます」


先述の居酒屋と空気が似ているフレンチ・レストラン(ビストロ?)が神楽坂にあった。
一応フランス国旗を掲げてはいるけれど、料理はまずいし、ギャルソンにそもそもフレンチの知識がない。
コーヒーカップの向きはバラバラ、ワイングラスに水滴はついてる、客の皿を全然見ない、デザートも忘れてる……
たしかにこちらも安フレンチ・レストランでそんなもの求めちゃいない。
求めちゃいないが、フレンチの激戦区・神楽坂には同価格帯で高級店のようなサービスをさり気なく提供するフレンチ・レストランがいくつもある。
そんな心地よい店のギャルソンは、自分がレベルの高いサービスを行っている自負があるのか、堂々と胸を張って仕事をしている。
それでいながら気軽にフレンチを味わってもらいたいからなのか、少しも片意地張ってない。
気楽なのに、心地いい――
誰だってそんな店に行きたくなるんじゃないか?

先ほどの居酒屋も同じ。
客が何を求めているのかまるでわからず、自分たちのサービスにも味にも自信がないのだろう。
だからオドオドしてオーダーを聞き、料理を出す。
もしあの東大生たちが経営者ならどうするだろうか?

まず、こんな店をどうしても出したい。
そんな理想の店を思い描くだろう。
そしてあらゆる飲食店を食べ歩くだろう。
売れている店と売れていない店を分析し、その理由を探るだろう。
専門家を探し出してきて話を聞きに行くだろう。
立地と客層と売上げの関係を数値化するだろう。
費用対効果や採算ラインを計算し、店のコンセプトを明確化するだろう……


ある問題があるとする。
ある希望があるとする。
それをどのようにしたら実現できるのか?
これを徹底的に分析して徹底的に押し進めていけるのが、彼ら最大の資質だろう。
だから成功する確率が高い。

彼らが成功する確率が高い人種だというのは傍から見てもわかるので、周りの人間も彼らをより信頼するようになる。
たとえばぼくのようなクライアントは彼らに発注すれば楽だし、コンセプト内で自由に展開してこちらの希望の一歩上を行ってくれるので、次回もまた仕事を頼むようになる。
彼らが一歩上を行ってくれると、今度はこちらも「そのアイデアならこのデザイナーを使ってこうしたら楽しくなりますよね!」と話は広がり、作品のレベルはグングン上がり、関わる人間がみんなドキドキワクワクしながら質の高い仕事をするようになる。
こういう人間関係に囲まれているから、彼らはより上を目指すし、また周りが彼らをさらに上へと引き上げる。

 * * *

別にそういう生き方がいいとか悪いとか言うつもりはまったくない。
それどころか、ぼく自身はそのような生き方をするつもりはない。
「成功」そのものに興味ないし、分析ではけっして生み出せないものもある。
もっとも、おいしいものを食べたいし、いろんなところへ行きたいし、正直お金はほしいけれど。
まぁなきゃないでなんとでもなるだろう。

居酒屋の老夫婦が成功できそうにないのは想像できるが、また同程度に、彼らが孫に見せる大きな笑顔も想像できるのだ。
もちろん東大の彼らだっていい笑顔をするだろう。

じゃあ何が言いたいのかって?
うーん……
いろんな人にいてほしいってことかなー。


News

世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

オフリド地域の自然遺産及び文化遺産
オフリド地域の自然遺産及び文化遺産
世界遺産「文化交差路サマルカンド」のグリ・アミール廟、イーワーン
フランス・ブルボン家のベルサイユ宮殿に対抗して、オーストリア・ハプスブルク家が贅と粋を尽くした世界遺産「シェーンブルン宮殿と庭園群」。クリックで外部記事へ。
イギリスの世界遺産「ロンドン塔」
イギリスでもっとも歴史のある石造城塞であり、多くの囚人を収容した監獄兼処刑場で、世界一有名な幽霊屋敷でもある「ロンドン塔」。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 シェーンブルン宮殿

 世界一の幽霊屋敷 ロンドン塔

 青の都サマルカンド

 学生が訪れたい世界の絶景

 2017年おすすめの世界遺産

 日本の世界遺産名所12選

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産のサンゴ礁、全滅危機

新登録のユネスコエコパーク

政治的対立が深まる世界の記憶

ゴミに覆われたヘンダーソン島

宗像・沖ノ島を巡る不安

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ-ケバン国立公園1

11.フォンニャ-ケバン国立公園2

12.カタルーニャ堂とサンパウ病院1

13.カタルーニャ堂とサンパウ病院2

14.オフリド地域1

15.オフリド地域2

16.古都京都の文化財1

17.古都京都の文化財2

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです