世界遺産の見方 2.感性的鑑賞法

一般的に世界遺産、特に文化遺産は知性的な見方をされることが大半です。

でも、ぼくがオススメしたいのは感性的な見方。

世界遺産をアートとして捉える方法です。

なぜって、感性的な見方こそ世界遺産条約が言う普遍的価値に近づく道しるべだと考えるからです。

 

そもそも、世界遺産ってなんでしょう?

 

世界遺産条約において、世界遺産とは顕著な普遍的価値(O.U.V.=Outstanding Universal Value)を持つ物件をリストアップした世界遺産リスト記載の文化遺産や自然遺産を示します。

そしてその価値が「普遍」である以上、世界遺産は時代や国や民族・宗教を超えた人類共通の価値を持たなければなりません。

 

ではその普遍的価値とはなんでしょう?

 

世界遺産条約にはO.U.V.そのものの明確な定義はなされていません。

定義が難しいものであるということは想像できると思います。

もしかしたら全人類に共通するものですから、「あなたにもなんとなくわかりますよね?」ということなのかもしれません。

イギリスの世界遺産「ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群」登録のストーンヘンジ
イギリスの世界遺産「ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群」登録のストーンヘンジ

また絵にたとえてみましょう。

前回紹介したカンディンスキーの「印象III <コンサート>」にはどんな価値があるのでしょうか?

 

絵画の技法や歴史的な価値があることはわかりますが、そもそも「印象III <コンサート>」は「絵」です。

絵の価値と技法や歴史にはどんな関係があるのでしょうか?

 

たとえば「印象III <コンサート>」がカンディンスキーとは関係のない別の人間によって描かれたことが判明したとしましょう。

そしたらその絵の価値は突然消え失せるのでしょうか?

 

そんなはずはありません。

絵には絵そのものに価値があるはずです。

その絵を描いたのが誰であろうと、どこであろうと、いつであろうと、どのような技法であろうと、それらとは無関係にその絵そのものに価値があるはずです。

経済的価値は「誰がいつ描いたか」で変わりますが、絵本来の価値がそんなもので変わるはずがないのです。


絵には純粋に絵としての美的価値があるはずで、それは技法や歴史などの「解釈」とは完全に独立していなければなりません。

解釈や意味に価値があるのなら、画家は文章でそれを表せばよいのですから。

解釈=意味=論理ですから、それらは文章で表現できるはずです。

 

「例えば、諸君が野原を歩いていて一輪の美しい花が咲いているのを見たとする。見ると、それは菫(スミレ)の花だとわかる。何だ、菫の花か、と思った瞬間に、諸君はもう花の形も色も見るのを止めるでしょう。諸君は心の中でお喋りをしたのです。菫の花という言葉が、諸君の心のうちに這入って来れば、諸君は、もう眼を閉じるのです。それほど、黙って物を見るという事は難しいことです。菫の花だと解るという事は、花の姿や色の美しい感じを言葉で置き換えて了うことです。言葉の邪魔の這入らぬ花の美しい感じを、そのまま、持ち続け、花を黙って見続けていれば、花は諸君に、嘗て見た事もなかった様な美しさを、それこそ限りなく明かすでしょう」

(『小林秀雄全作品21 美を求める心』新潮社より)

 

だから知識を捨て、言葉を捨てて、沈黙の中で感じ取ることが大切なのです。

インディアンレッドの地の壁画
ジャクソン・ポロック「インディアンレッドの地の壁画」1950年、テヘラン現代美術館

「詩の中のバラは、私にとっては、あくまで言葉であるにすぎず、それ故、それは本当のバラとは似ても似つかない。それは、匂いも、色も、重さももっていない。それはただ、せいぜいわたしたちの心に訴えるものにすぎない。だが、本当のバラは、この地上に、私たちの目の前に、鼻の先に、唇の触れる所に咲いているのである。私たちは、それに触れ、その色を見、その花びらの重さをはかり、その匂いをかぎ、更に、それを踏みにじることさえ出来る。私たちは心だけでなく、自らの感官のすべて、肉体のすべて、存在のすべてをあげて、そのバラとむすばれることが出来る。そのバラは本物であり、詩の中のバラは、もし本当のバラと比較するのなら、にせ物であると私は考える。
 一輪の本当のバラは沈黙している。だが、その沈黙は、バラについての、リルケのいかなる美しい詩句にもまして、私を慰める。言葉とは本来そのような貧しさに住むものではないのか。バラについてのすべての言葉は、一輪の本当のバラの沈黙のためにあるのだ」

 (谷川俊太郎『二十億光年の孤独』集英社文庫より)

 

絵には視覚を揺さぶる美的価値がなければなりません。

そしてその美的価値は人類共通のもの。

アートが時代や国境を超える理由がここにあります。

こうした話は「Art 2:絵&写真の話」あたりで書いているので詳細はこちらを参照ください。

 

さて、そこで世界遺産です。

 

イギリスのストーンヘンジを見る。
その歴史はとても興味深いものですが、でもぼくはまず何も考えずにこの世界遺産を見るべきだと考えています。

なぜなら、感性的にものを見るうえで、知識が邪魔をするからです。


ゴキブリ=汚いという知識を身につけてしまった人はゴキブリを美的に見ることができません。

クジラを食べること=非道徳的という知識を信じている人はクジラの刺身を見た瞬間に吐き気を催します。

きれい-汚い、正しい-間違い、善-悪などという、その時代・その文化・その地方でしか通用しない小さな価値観でものを見ても、普遍性に近づくことはできないのです。

 

カンディンスキーの「印象III <コンサート>」の美的価値は、「コンサートを描いた絵である」なとどいう知識に左右されません。

カンディンスキーの手紙が見つかって、「あれはコンサートを描いてはいないんだよ」なんてことになっても絵の価値が変わろうはずがありません。

あの形・色が視覚的に美しいから「印象III <コンサート>」に価値があるのです。

そしてそれはいつ、誰が、どこで見ても変わりません。


殴られたら痛い。

それが人類共通であることと同じです。

 

「印象III <コンサート>」で見るべきは、それが何を意味するかではなく、その形と色が何を感じさせてくれるのか、です。

抽象画は形がない分、具象画よりも感じるのが簡単です。

ゴッホの「ひまわり」を見て「ひまわりのここがリアルよね」などと、ひまわりという先入観に犯される恐れがないからです。

ペルーの世界遺産「マチュピチュの歴史保護区」登録のマチュピチュ
ペルーの世界遺産「マチュピチュの歴史保護区」登録のマチュピチュ

さて、世界遺産です。

 

ストーンヘンジ。

明らかに変です。
石がない場所に石が立つというその光景の異様さ。

自然界では見たことがない円というその形の不可解さ。

石の上に石が並ぶというその意匠の特異さ。

こういうものは考えるまでもなくいきなり感覚に入ってきます。

それはいずれの世界遺産にも共通する感覚です。


マピュピチュ。

早朝、マチュピチュに登りましたが、一面霧に覆われていて視界は10mもありませんでした。

ところが日が昇ると同時に一気に霧が消え去り、マチュピチュが姿を現しました。

そこにいた人全員が拍手をし、握手をし、抱き合いました。

マチュピチュがなぜあそこに建てられたのか?

周りにはもっと高くて目立つ場所もあるし、低くてよい環境の場所もありました。

その理由はいまだ謎に包まれていますが、あの場にいた人は全員が感じたはずです。

 

キリマンジャロ。

その圧倒的な存在感。

光り輝く山頂の美しさ。

これらを感じたならなぜマサイ族の人々が「ヌガイエ・ヌガイ」、神が住まう家と呼ぶのかひと目で理解できるはずです。

そしてそれらが「神」という言葉でしか表現できないことを知るでしょう。

 

法隆寺。

なぜ法隆寺はあのような形・伽藍の配置をしていて、あのような高度な建築法が用いられたのでしょうか?

世界最古の木造建築であるとか校倉造りがいかに効果的だったかというエピソードも重要ですが、あの寺を建てた人々はそんなことを伝えたかったのではありません。

あの形・配置によってしか伝わらないある感覚を伝えたかったはずなのです。


それは画家が絵を描くのと同じこと。

技術は手段にすぎません。

言葉では表せないから絵を描き、ストーンヘンジやマチュピチュや法隆寺を建てるのです。

 

というわけで。

はじめてその世界遺産を見る際には、言葉という遮蔽幕は取り去るべきでしょう。

 

「天上に視線を及ぼし、地の底を探っても無駄である。学者の著書に諮って古代の暗い足跡をたどっても無駄である。知識の木の実は甘美で我々の手の届くところにあるが、そうした知識のいと麗しい木を見るには、言葉の遮蔽幕を取り除けるだけでよいのである」

(ジョージ・バークリー『人知原理論』岩波文庫より)

 

いっさいの意味性を排除して、自分の感性を信じること。

ものを意味で捉えようとせず、感じるままに任せること。

 

ストーンヘンジやマチュピチュは訴えかける力が半端じゃありませんから、誰でも直感的に感じることができます。

でも、それがとても難しい世界遺産も数多く存在します。

 

というか。

何も世界遺産でなくたって、そうしたものはいつでもどこでも感じられるものだとぼくは考えています。

カメラマンがなんでもない景色からとんでもなく美しい写真を撮るように。

画家が何もない場所から美しい絵を完成させるように。

死に際にはものがとても美しく見えると言いますが、まさにその視線です。

 

そのような視線がいまいちよくわからない人は抽象画を見ることをオススメします。

抽象画は「これは……の絵である」なとという言葉が通用せず、感性に頼るほかないからです。

その美しさがわかったとき、自分の中にいる人間の存在に気づくでしょう。

世界遺産条約がいうO.U.V.も、これと深い関係があるはずです。

 

死に際の視線――

これをぜひ、手に入れてください。

 

 

[関連記事]

絵&写真8:アートと魂 ~抽象画とジャクソン・ポロック~

絵&写真9:マーク・ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

エロジー1:遊びの本質

 


News

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

オーストリアの世界遺産「ザルツブルク市街の歴史地区」
ユネスコ創造都市の「デザイン都市」で、世界遺産「グラーツ市-歴史地区とエッゲンベルク城」を持つオーストリアのグラーツ。クリックで外部記事へ
オーストリアの世界遺産「ザルツブルク市街の歴史地区」
ホーエンザルツブルク城から見た世界遺産「ザルツブルク市街の歴史地区」の絶景。中央がその象徴、ザルツブルク大聖堂。クリックで外部記事へ
世界遺産「エディンバラの旧市街と新市街」
スコットランド王国の歴史を伝える古都にして、文芸や幽霊の町でもある世界遺産「エディンバラの旧市街と新市街」。クリックで外部記事へ。
イタリアの世界遺産「モデナ大聖堂、トッレ・チヴィカ及びピアッツァ・グランデ」
中世とグルメと自動車の町にあるイタリアの世界遺産「モデナ大聖堂、トッレ・チヴィカ及びピアッツァ・グランデ」。クリックで外部記事へ。

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 グラーツ:歴史的デザイン都市

 ザルツブルク:バロックの都

 エディンバラ:歴史・文芸の町

 モデナ大聖堂、市民の塔

 デルフィ 太陽神アポロンの聖地

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

米&イ、UNESCO脱退を表明

パルミラのライオン像、復元!

バーミヤン渓谷の磨崖仏復元法

サブラータ古代遺跡が戦闘被害

2017年新登録の世界ジオパーク

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ-ケバン国立公園1

11.フォンニャ-ケバン国立公園2

12.カタルーニャ堂とサンパウ病院1

13.カタルーニャ堂とサンパウ病院2

14.オフリド地域1

15.オフリド地域2

16.古都京都の文化財1

17.古都京都の文化財2

18.アントニオ・ガウディ作品群1

19.アントニオ・ガウディ作品群2

20.アンコール1

21.アンコール2

22.アンコール3

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです