ルートで選ぶ世界遺産4:インドのゴールデン・トライアングル

インド旅行の定番といえば、デリー、ジャイプール、アグラの3都市を巡るいわゆる「ゴールデン・トライアングル」の旅。

この3都市を起点に9件もの世界遺産が訪問可能だ。


<DATA>

■テーマ:インドのゴールデン・トライアングル

■ルート:デリー→ジャイプール→アグラ→デリー

■世界遺産:9か所(遺産の種類、拠点)

  1. デリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群(文化遺産、デリー)
  2. デリーのフマユーン廟(文化遺産、デリー)
  3. レッド・フォートの建造物群(文化遺産、デリー)
  4. ジャイプールにあるジャンタール・マンタール(文化遺産、ジャイプール)
  5. ラジャスタンの丘陵要塞群(文化遺産、ジャイプール他)
  6. タージ・マハル(文化遺産、アグラ)
  7. アグラ城塞(文化遺産、アグラ)
  8. ファテープル・シークリー(文化遺産、アグラ)
  9. ケオラデオ国立公園(自然遺産、アグラ)

上の9件のうち、2~8の7件は1526~1858年に栄えたムガル帝国の遺構だ。

2と6が廟、3と5と7は城や砦、4は天体観測所、8は都市遺跡となっている。

建物としてとてもバラエティに富んでいる。

 

ムガル帝国はデカン高原全域を支配したインド史上最大の帝国。

インダス文明以降5,000年以上の歴史を誇るインド史の集大成ともいえる超大国だ。

 

「ムガル」は「モンゴル」から来た言葉で、創始者バーブルはモンゴル帝国を築いたチンギス・ハーンやティムールの子孫。

またムガル帝国はイスラム教国であり、現在のパキスタンやイランの一部をも版図に収めた。

もちろんインドにはヒンドゥー教やジャイナ教、仏教も伝わっている。

ムガル帝国はモンゴル、ペルシア、アラブ、インドの多様な文化を混ぜ合わせ、史上稀に見る美しい芸術文化を生み出した。

その頂点がフマユーン廟でありタージ・マハルなのだ。

 

このルート、世界遺産以外にも見所は無数にある。
たとえばジャイプール近郊にはハワー・マハル(風の宮殿)やチャンド・バオリといった一級の観光地がある。

世界遺産ではなくても激しくオススメだ。


それに、これらの観光地でなくてもインドの街には果てしない魅力がある。

たとえば、いずれの都市でも旧市街など歴史的な街並みにはいまだに野良ウシが歩いている。

東京ではゴミ収集の日にカラスがゴミをついばむ姿を見かけるが、インドだとこれがウシになる。

これを見るだけでもインドを訪ねる価値があるだろう。


* * *

ルートの詳細を見てみよう。

 

まずはインドの首都デリーの世界遺産だ。

デリーは12世紀に繁栄がはじまる都市。

1206年にアイバクが建てた奴隷王朝の首都になると、ハルジー朝、トゥグルク朝、サイイド朝、ロディー朝と、1526年まで5王朝がデリーを首都としてインド北部を制圧した。

いわゆるデリー=スルタン朝だ。


「デリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群」はそのアイバクが建設したモスクとミナレット(礼拝の呼び掛けを行う塔)

クトゥブ・ミナールはミナレットの名称で、高さ72.5mを誇るこの塔は、世界でもっとも高いミナレットで、インドでもっとも高い石造建築といわれる。

隣接するクワト・アル・イスラム・モスクはヒンドゥー寺院を改築したものと考えられており、そのためヒンドゥー建築とイスラム建築が融合した不思議なデザインをしている。

おもしろいのが敷地内に立つ「デリーの鉄柱(チャンドラヴァルマンの柱)」だ。

5世紀に建てられた鉄製の柱だが、1,500年以上も錆びない理由はいまもって謎とされており、「オーパーツ」として有名になった。

 

「デリーのフマユーン廟」はムガル帝国第2代皇帝フマユーンの死後、王妃ハージ・ベグムが夫のために建築した墓廟。

タージ・マハルが亡き妻に贈ったものであるのと反対だ。

インド初となる本格的なイスラム建築で、白大理石の巨大なドーム、天の川を模したチャハルバーグ(四分庭園)、エントランスを飾るイーワーンなど、華麗で壮大なその姿はタージ・マハルのモデルとなった。

1857年、セポイの反乱でこの廟に避難していた第17代皇帝バハドゥル・シャー2世がイギリス軍によって逮捕された。

翌年皇帝を退位すると、ムガル帝国は滅亡した。

 

「レッド・フォートの建造物群」のレッド・フォートは第5代皇帝シャー・ジャハーンがアグラからデリーに遷都して、1648年に建築した城塞。

高さ10~20mに及ぶ赤砂岩でできた巨大な城壁がグルリ取り囲んでいることからこの名がついた

巨大な城門ラホール門、白大理石によるモーティ・マスジド(真珠のモスク)、壁一面に描かれたアラベスクが美しいシーシュ・マハル(鏡の間)など見所は多数。

近くにはシャー・ジャハーンが建てたインド最大のモスク=ジャマー・マスジド(金曜モスク)があるので、こちらもお忘れなく。

 

インドの南西約250kmにある都市がジャイプールだ。

世界遺産「ジャイプールにあるジャンタール・マンタール」は18世紀にジャイ・シン2世が造った天体観測所。

一見したところ普通の公園で、何かの遊戯施設が並んでいるように見えるのだが、一つひとつが石造りの天体観測装置。

日時、星の高度や方角、日食・月食の周期等を観測するための装置が20ほど立ち並んでいる。

ジャンタール・マンタールはデリーにもあるので、ジャイプールに行けない人はデリーのものを見るといいだろう。

 

世界遺産「ラジャスタンの丘陵要塞群」はラージプート族の築いた6城砦を登録した物件だが、その構成資産にジャイプールのアンベール城が含まれている。

イスラム式の城砦建築がベースだが、ヒンドゥー建築の影響を受けているだけでなく、ガネーシャ像が刻まれていたりと、他にない特徴を示している。

 

ジャイプールは非常に見所が多い街。

他にも1,000近い小窓と真っ赤なファサードが美しいハワー・マハル(風の宮殿)や、近郊にはチャンド・バオリなどもある。

特にオススメしたいのがこのチャンド・バオリ。

小さな階段を積み重ねたフラクタル図形が美しい大階段井戸で、9世紀の建築ながら、ミニマルなデザインがとても未来的だ。

グーグル検索結果はこちら→チャンド・バオリ

 

チャンド・バオリはジャイプールから東へ80kmほどに位置するアーバネリ村にある。

交通の便は悪いが、アグラへ行く途中にあるのでぜひ立ち寄ってみてほしい。

 

ジャイプールから西へ230kmでアグラに出る。

アグラを拠点に4件の世界遺産を訪問できる。

 

同時に訪れたいのが「タージ・マハル」と「アグラ城塞」だ。

タージ・マハルはAll About世界遺産ランキング第8位の物件。

左右対称、上から見ると点対称、中央の水路を眺めれば天地対称にもなっている。

シャー・ジャハーンが亡き妻ムムターズ・マハルに贈った愛の霊廟で、白大理石がとんでもなく美しいだけでなく、無数の宝石がはめ込まれた内部のアラベスクがまた圧巻だ。

 

アグラ城は第3代皇帝アクバルが建てた城塞で、それをシャー・ジャハーンと第6代皇帝アウラングゼーブが改修を行った。

大理石や金銀をふんだん使ったモスクや謁見の間をはじめ見所は無数にあるが、悲しい伝説が残るのがムサンマン・ブルジュと呼ばれる八角塔。

息子アウラングゼーブに捕らえられたシャー・ジャハーンはこの塔に幽閉され、ヤムナ川のほとりに小さく見えるタージ・マハルを眺めながら息を引き取ったという。

アウラングゼーブは父の死を看取ることはなかったが、その棺をタージ・マハルに運び、ムムターズ・マハルに寄り添うように並べた。

 

「ファテープル・シークリー」と「ケオラデオ国立公園」はアグラからツアーが出ているので、それに参加するのが楽だろう。

 

「ファテープル・シークリー」はアクバルがデリーからアグラに遷都した1571年に築いた都市遺跡。

パンチ・マハルのように土着のインド建築を石造で再現したような建物から、イスラム建築の影響が強いジャマー・マスジド(金曜モスク)や白大理石のサリーム・チシュティー廟など、さまざまな建築様式が混在している。

壮大な都市遺跡ながら水不足と干ばつのためわずか14年で放棄され、廃墟となった。

 

「ケオラデオ国立公園」はそのほとんどが湿地と湖沼で、ラムサール条約登録地でもある。

絶滅危惧種であるソデグロヅルをはじめ、さまざまな種類のツル、トキ、カモ、サギが越冬に訪れる。

ここでするのはもちろんバード・ウォッチング。

越冬地なので、ハイシーズンはもちろん冬だ。


* * *

ゴールデン・トライアングルの旅はインド芸術の頂点を極める旅。

はじめてのインド旅行にはオススメのルートだ。

 

時間がある人は、このルートにぜひベナレス(バラナシ)を入れてほしい。

ルート的には「デリー→ジャイプール→アグラ→ベナレス→デリー」だろうか。

世界遺産ではないが、ベナレスはインドでもっとも、いや、世界でもっとも衝撃を受ける街。

詳細は「関連サイト」の「生死の境・聖地ベナレス」を参照してほしい。

 

[関連サイト]

All About世界遺産ランキング

タージ・マハル/インド

未来の世界遺産6 生死の境・聖地ベナレス

 


■ルートで選ぶ世界遺産5:イル・ド・フランスとモンサンミシェル

ルートで選ぶ世界遺産3:北京とその近郊

World Heritage 3:世界遺産の楽しみ方TOP

 

News

カタルーニャ音楽堂
カタルーニャ音楽堂

世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

イギリスの世界遺産「ロンドン塔」
イギリスでもっとも歴史のある石造城塞であり、多くの囚人を収容した監獄兼処刑場で、世界一有名な幽霊屋敷でもある「ロンドン塔」。クリックで外部記事へ
世界遺産「文化交差路サマルカンド」のグリ・アミール廟、イーワーン
青の都・サマルカンド、グリ・アミール廟のイーワーンとドーム。世界遺産「文化交差路サマルカンド」構成資産。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 世界一の幽霊屋敷 ロンドン塔

 青の都サマルカンド

 学生が訪れたい世界の絶景

 2017年おすすめの世界遺産

 日本の世界遺産名所12選

 ル・コルビュジエの建築作品

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

2018年の世界遺産候補地

2017世界遺産候補地の勧告結果

ルワンダ虐殺記念館を訪問

UNESCO分担金支払いを留保へ

宗像・沖ノ島に登録勧告

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ-ケバン国立公園1

11.フォンニャ-ケバン国立公園2

12.カタルーニャ堂とサンパウ病院1

13.カタルーニャ堂とサンパウ病院2

14.オフリド地域1

15.オフリド地域2

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです