世界遺産検定攻略法8.時事問題・世界史・検定講座の攻略

 

前回、世界遺産検定の学習の肝ともいえる最効率学習法について解説しました。

今回は、検定教材の学習では攻略できない時事問題や、世界史未履修者のための世界史攻略法、検定講座の有効性について考えてみたいと思います。

 

○本記事の章立て

  • 時事問題攻略法
  • 世界史未履修者のための世界史攻略法
  • 検定講座は受講するべきか?

 

* * *

 

■時事問題攻略法

世界遺産検定1級の配点比率は、「基礎知識25%、日本の遺産20%、世界の遺産45%、その他10%」となっています。

最後の「その他」は検定教材以外から出題される問題で、各級の配点は以下のようになっています。

 

○その他の配点

  • 4級:2%(50問中1問)
  • 3級:5%(60問中3問)
  • 2級:10%(60問中6問)
  • 1級:10%(90問中9問)

 

「その他」の問題とは、直近の世界遺産委員会に関する問題や、世界遺産が関係する最近の出来事などの時事問題です。

 

特に直近の世界遺産委員会に関する問題は多く、ぼくが1級を受検したときには、世界遺産委員会の開催都市、開催都市に関する時事問題、新登録物件、はじめて世界遺産を保有した国、危機遺産、計5問も出題されました。

これ以外の時事問題としては、日本の推薦物件に関する問題、世界遺産の破壊に対して国際刑事裁判所で行われた裁判に関する問題、バッファーゾーン内で建設が進むマンションに関する問題が出題されたのを覚えています。

 

こう書くと対策が難しいように思うかもしれませんが、とても簡単です。

なんといっても世界遺産検定や世界遺産アカデミーのホームページにほとんど資料がそろっているし、どのような出来事が起こったか知っているだけで答えられるような単純な問題が多いからです。

以下のリンクを毎週チェックしておけば、落とすことはほとんどないでしょう。

 

○時事問題対策に有効な世界遺産検定関連ページ

 

まず、「公式教材」「学習用資料」にはテキストの紹介だけでなく、各テキストをクリックすると「訂正情報」や「資料」の情報が掲載されています。

内容の正しい理解には訂正情報が欠かせませんし、資料には世界遺産委員会の最新資料なども掲載されていて非常に便利です。

これらの資料を何度か読んでおけば、世界遺産委員会についての問題にはほとんど答えられるはずです。

 

「研究員ブログ」では、世界遺産に関する最新で重要な問題について比較的自由に論じています。

いまどこでどんな問題が起こっているのか知ることのできるとても貴重な内容で、時事問題対策のみならず、マイスター試験の対策としても非常に有効な資料です(だからといって必ずしも研究員の意見に同意する必要はありません)。

ここに出てくる問題はその後話題に上らなくなっても継続していることが多いので、できれば過去記事もすべて目を通しておきたいところです。

 

世界遺産で起こった出来事については「マイスターの世界遺産ニュース」が役に立ちます。

外部記事にリンクしているだけの内容ですが、世界遺産関連ニュースのまとめとしては非常に役立ちます。

こちらも最低1年、できれば2~3年分は読んでおきましょう。

 

出来事を知っているだけでいいので、固有名詞を無理に覚える必要はありません。

この3つを毎週チェックして、検定前に2~3回読み返せば、時事問題はほぼパーフェクトに得点できると思います。

 

それで足りない人は本サイトの「World Heritage 1:世界遺産最新情報/世界遺産ニュース」もチェックしてみてください。

ぼくが受検した際に出題された1級の時事問題の内容は、すべて記事として取り上げたことがありました。

読んでいた人は楽勝だったと思います。

 

* * *

 

■世界史未履修者のための世界史攻略法

1級の検定教材には1,031件の世界遺産が登場しますが、そのうち786件は海外の文化遺産です。

海外の文化遺産をある程度のレベルで理解したいと思ったら、どうしても高校世界史程度の知識が必要になってきます。

 

日本の歴史や地理・生物の基礎は一応、中学校の社会や理科で習います。

でも世界史についてはほとんど勉強しませんから、高校で世界史を履修していない人はほとんど未知の内容を学ぶことになるわけです。

 

そうした世界史未履修者にとって世界遺産検定、特に1級と2級はかなりキツいのではないでしょうか?

たとえばローマ帝国やフランク王国、フランス革命、ナポレオンなどを知らない人がフランスの世界遺産「パリのセーヌ河岸」を学んでどれだけ理解できるのでしょうか?

 

もっとも1級攻略について、前回までに紹介した受検戦略はそれでも十分通用します。

だからあえて触れませんでした。

しかし、世界遺産理解という観点から少しフォローが必要だと感じました。

 

そんな人はぜひ、高校世界史のもっとも基礎的な参考書を取り寄せて、何度か読んでみてください。

参考書を選ぶポイントは、固有名詞はなるべく少なくてよいので、物語として読みやすくおもしろいものを選ぶということ。

単語を覚えることが目的ではなく、全体の流れ・物語を理解するために読むからです(この辺りは「世界遺産検定攻略法6.試験勉強の3要素」の理解学習の項目も参考にしてみてください)。

そういう意味で、教科書はちょっと細かすぎますし、登場する固有名詞が多すぎます。

 

やる気満々の人は本サイトの以下のページもぜひ読んでみてください。

 

* * *

 

■検定講座は受講するべきか?

世界遺産アカデミーの公式サイトではwebで視聴できる学習アシスト動画などを無料で公開しています。

まずはこれらをチェックしてみてください。

 

 

ぼくは有料講座をいっさい使っていないので内容の善し悪しはわかりません。

ただ、検定教材しか勉強していないぼくが1~3級のいずれでも満点近い得点を取っている事実から、出題は各級の検定教材と時事問題からに限られていると思われます。

非常に誠実ですね(当たり前ではありますが)。

 

ですから通信講座の教材にだけ載っている内容が出題されるとか、通信講座の教材の内容が検定教材より少なくてそこからのみ出題されるとか、そういった有利不利はないでしょう。

 

とすると、こうした通信講座のメリットは、出題されやすいところを集中的に勉強できるとか、理解しやすい教え方をしてくれるとか、写真が多くて教材が見やすい、顧客に対するフォローがある等々になってくるのかなと思います。

この辺りを調べて選んでみたらよいでしょう。

 

ただ、どんな教材を使おうと、これまで紹介してきたように受検戦略を立て、学習プランに基づいて学習しなければならない事実に変わりはありません。

学習の負担自体はどんな教材を使っても変わらないだろうとは思います。

 

* * *

 

以上で世界遺産検定1~4級に対する攻略法は終了です。

次回からマイスター試験の攻略に移ります。

 

 

[関連サイト]

世界遺産検定(公式サイト)

 


News

★姉妹サイト「世界遺産データベース」を制作中です。現在、ヨーロッパの世界遺産を執筆しています。

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の魅力を解説
自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が5月に登録勧告を得て7月の正式登録が確実なものとなった。その内容を紹介する。クリックで外部記事へ
文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群」の魅力を解説
2021年7月に世界遺産登録の可否が決まる文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道・青森・岩手・秋田)」の魅力を解説する。クリックで外部記事へ

Topics

 

・All About 世界遺産 新記事

 北海道・北東北の縄文遺跡群

 奄美・徳之島・沖縄島・西表島

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

世界危機言語アトラス・リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレア・ヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです