世界遺産ランキング集4.海外集計の世界遺産ランキング

いきなり種明かしするようでナンですが、海外の世界遺産ランキングも日本のものとあまり変わりません。

桁外れの世界遺産というのは人知を超えているという点で世界共通なのでしょう。

 

まずは2件のランキングを紹介します。
1,500万の読者がいるというカナダの "AskMen" というサイトと、世界中の旅行情報を発信している "Explorra" の「世界遺産トップ・テン」です。

いずれも編集者の選で、ある程度旅行慣れしており、知識もある人が選んだんだろうなということがわかるランキングです。

■AskMen 世界遺産トップ・テン Top 10: World Heritage Sites

※2012年、AskMen選定

元記事

1. ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群(イギリス)

2. 古代都市チチェン・イッツァ(メキシコ)

3. エルサレムの旧市街とその城壁群(ヨルダン申請)

4. ラパ・ヌイ国立公園(チリ)※イースター島

5. バチカン市国(バチカン市国)

6. メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯(エジプト)

7. サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群(ロシア)

8. エバーグレーズ国立公園(アメリカ)

9. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン地区(スペイン)

10.パリのセーヌ河岸(フランス)


■Explorra 世界遺産トップ・テン Top 10 World Heritage Sites

※2010年、Explorra選定

元記事

上のふたつ、そっくりです。

この中でぼくのいち押しはグアテマラのティカルです。

ジャングルからマヤのピラミッドがニョキニョキ突き出す姿は本当に神秘的です。

 

* * *

続いて、世界最大の旅行ガイドブック『ロンリープラネット』が2015年8月に発表した "Lonely Planet's Ultimate Travelist" から上位20件を紹介しましょう。

こちらは世界トップ500サイトをロンリープラネットのコミュニティに集う究極の旅人たちがランキングしたもので、インパクトの大きな場所が選ばれています。

旅行先選びにはピッタリかもしれません。

世界遺産に限定したものではありませんが、その多くが世界遺産リストに登録されています。


Lonely Planet's Ultimate Travelist

※2015年、ロンリープラネット選定

元記事

  1. アンコール寺院[アンコール](カンボジア)
  2. グレートバリアリーフ[グレートバリアリーフ](オーストラリア)
  3. マチュピチュ[マチュピチュの歴史保護区](ペルー)
  4. 中国の万里の長城[万里の長城](中国)
  5. タージ・マハル[タージ・マハル](インド)
  6. グランドキャニオン国立公園[グランドキャニオン国立公園](アメリカ)
  7. コロッセウム[ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂](イタリア)
  8. イグアスの滝[イグアス国立公園](アルゼンチン/ブラジル)
  9. アルハンブラ[グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン地区](スペイン)
  10. アヤ・ソフィア[イスタンブール歴史地域](トルコ)
  11. フェズのメディナ[フェズ旧市街](モロッコ)
  12. グレートオーシャンロードの十二使徒(オーストラリア)
  13. ペトラ[ペトラ](ヨルダン)
  14. ティカル[ティカル国立公園](グアテマラ)
  15. 大英博物館(イギリス)
  16. サグラダファミリア[アントニオ・ガウディの作品群](スペイン)
  17. フィヨルドランド国立公園[テ・ワヒポウナム-南西ニュージーランド](ニュージーランド)
  18. サントリーニ島(ギリシア)
  19. ガラパゴス諸島[ガラパゴス諸島](エクアドル)
  20. MONA オールド・アンド・ニュー・アート美術館(オーストラリア) 

* * *

次は世界の美に関する権威と、地球地理の権威であるふたつの雑誌・協会の世界遺産ランキング(セレクション)を紹介しましょう。


ひとつ目はスミソニアン博物館を運営するスミソニアン協会。

その機関誌『月刊スミソニアン・マガジン』の2008年1月号で「スミソニアン・ライフ・リスト-死ぬまでに見たい28の場所 "The Smithsonian Life List 28 Places to See Before You Die"」という特集を組んでいました。


世界中の美を知り尽くしたスミソニアンのメンバーが選び抜いたというだけあって注目です。

世界遺産に限っているわけではありませんし、順位もついていませんが、7分野・各4件・計28件を紹介しましょう。

この内容、とても共感できます!

 

なお、世界遺産については[ ]内に世界遺産名を入れました。

それがないものは世界遺産ではありません。

 

■スミソニアン・ライフ・リスト-死ぬまでに見たい28の場所

※2008年、スミソニアン協会による選出

元記事

○過去への入り口 Portals into the Past

 ※過去の記憶をとどめる建物

○工学上の偉業 Feats of Engineering

 ※工学的に偉大な建物

○瞬間の出来事 A Matter of Timing

 ※ドラマティックな瞬間を演出する物件

○想像力の勝利 Triumphs of Vision

 ※アート性の高い建物

○スケールの絶頂 Scale New Heights

 ※人類を圧倒する自然景観

○神々を宿す In the Presence of Gods

 ※神々を祀る神殿や寺院

○明日には消滅? Here Today, Gone Tomorrow?

 ※消滅の危機にある遺産

  • ベネチア[ベネチアとその潟](イタリア)
  • アマゾン熱帯雨林[中央アマゾン保全地域群](ブラジル)
  • グレートバリアリーフ[グレートバリアリーフ](オーストラリア)
  • ガラパゴス諸島[ガラパゴス諸島](エクアドル)

いやー、いいですね、上のセレクション。

京都の庭園とかバガンとか、大好きです。

京都の庭園だったら西芳寺とか龍安寺、世界遺産ではありませんが東福寺なんか最高です!

 

* * *

世界中の文化遺産や自然遺産を調査・研究しているあの『ナショナルジオグラフィック』の発行者、ナショナルジオグラフィック協会も2006年に「最高・最悪の世界遺産サイト Best, Worst World Heritage Sites Ranked」を発表しています。

 

100件弱の世界遺産について419人の専門家が評価したそうですが、順位は他のランキングとまったく違っています。

世界遺産そのもののおもしろさ・驚き・価値はもちろん、インフラや治安・ホスピタリティ、保護体制までが考慮されているようです。

そのせいなのか、たとえばアンコール、ベネチア、ラサ、ガラパゴスといった上位常連の世界遺産が「最悪」の評価で驚きです。

 

評価のよくない有名どころのコメントを見てみると、マチュピチュは「観光客の列さえなければ最高に美しい」、ナスカは「地上絵のラインが車で消されつつある」、ギザのピラミッドは「土産物売りがウザい」、ラサは「魂の国は残っていない。チベット文化は消え、仏具店は土産物屋に代わった」、ベネチアは「水質汚濁や水位上昇による水浸し等の問題があるし、観光客ばかりで博物館のよう」といった具合。

英語ですが、興味がある人は元記事を参照してみてください。

 

なお、下記は2006年時点のデータによるもの。

順位の付け方がちょっとおかしい気もしますが、元記事そのままです。


■最高・最悪の世界遺産サイト

※2006年、ナショナルジオグラフィック協会による選出

元記事PDF

○最高の目的地 BEST- RATED DESTINATIONS

1. 西ノルウェーフィヨルド群-ガイランゲルフィヨルドとネーロイフィヨルド(ノルウェー)

2. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン地区(スペイン)

2. ヴェズレーの教会と丘(フランス)

3. テ・ワヒポウナム-南西ニュージーランド(ニュージーランド)

4. 古都グアナファトとその銀鉱群(メキシコ)

4. コルドバ歴史地区(スペイン)

5. バース市街(イギリス)

5. エヴォラ歴史地区(ポルトガル)

○よい目的地 DESTINATIONS DOING WELL

6. ザルツブルク市街の歴史地区(オーストリア)

6. ベルサイユの宮殿と庭園(フランス)

6. ケベック旧市街の歴史地区(カナダ)

6. シエナ歴史地区(イタリア)

7. ブルージュ歴史地区(ベルギー)

7. スイス・アルプス ユングフラウ-アレッチ(スイス)

7. パリのセーヌ河岸(フランス)

8. シュリー・シュル・ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷(フランス)

8. アヴィニョン歴史地区:法王庁宮殿、司教関連建造物群及びアヴィニョン橋(フランス)

8. アッシジ、聖フランチェスコ聖堂と関連遺跡群(イタリア)

8. ウルル・カタ・ジュタ国立公園(オーストラリア)

9. 古都京都の文化財(日本)

9. ライン渓谷中流上部(ドイツ)

10.ブリッゲン(ノルウェー)

10.デルフィの古代遺跡(ギリシア)

10.ウォータートン・グレーシャー国際平和自然公園自然(アメリカ/カナダ)

10.クラクフ歴史地区(ポーランド)

11.グレーター・ブルー・マウンテンズ地域(オーストラリア)

11.アマルフィ海岸(イタリア)

12.ドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペスト(ハンガリー)

12.パンタナール保全地域(ブラジル)

13.ポルトヴェネーレ、チンクエ・テッレ及び小島群[パルマリア、ティーノ及びティネット島](イタリア)

13.ドーセット及び東デヴォン海岸(イギリス)

14.プエルト・リコのラ・フォルタレサとサン・ファン国定史跡(アメリカ)

14.マサダ(イスラエル)

14.ラパ・ヌイ国立公園(チリ)※イースター島

14.オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡(メキシコ)

15.ドゥブロヴニク旧市街(クロアチア)

15.リガ歴史地区(ラトビア)

15.古都アレッポ(シリア)

○まぁまぁな目的地 DESTINATIONS RATED SO- SO

16.エローラ石窟群(インド)

16.ケープ植物区保護地域群(南アフリカ)

16.サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群(ロシア)

17.秦の始皇陵(中国)

17.古都トレド(スペイン)

17.バルデス半島(アルゼンチン)

17.古代都市シギリヤ(スリランカ)

18.プラハ歴史地区(チェコ)

18.ケルン大聖堂(ドイツ)

18.フィレンツェ歴史地区(イタリア)

18.ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群(トルコ)

19.モシ・オ・トゥニャ/ヴィクトリアの滝(ザンビア/ジンバブエ)

19.グレートバリアリーフ(オーストラリア)

20.マラケシュ旧市街(モロッコ)

20.ロードス島の中世都市(ギリシア)

20.プエブロ・デ・タオス(アメリカ)

20.スプリットの史跡群とディオクレティアヌス宮殿(クロアチア)

21.モンサンミシェルとその湾(フランス)

21.ブウィンディ原生国立公園(ウガンダ)

22.セレンゲティ国立公園(タンザニア)

22.コパンのマヤ遺跡(ホンジュラス)

22.イグアス国立公園(アルゼンチン/ブラジル)

22.シントラの文化的景観(ポルトガル)

22.カルタゴ遺跡(チュニジア)

22.サルバドール・デ・バイア歴史地区(ブラジル)

23.蘇州古典園林(中国)

23.ピトンズ・マネジメント・エリア(セントルシア)

23.ペトラ(ヨルダン)

24.キリマンジャロ国立公園(タンザニア)

24.モスタル旧市街の古橋地区(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

○問題のある目的地 DESTINATIONS IN TROUBLE

25.古代都市テーベとその墓地遺跡(エジプト)

25.シアン・カアン(メキシコ)

25.ボロブドゥール寺院遺跡群(インドネシア)

26.オールド・ハバナとその要塞群(キューバ)

26.ザンジバル島のストーンタウン(タンザニア)

27.タージ・マハル、アグラ城塞、ファテープル・シークリー(インド)※世界遺産3件

27.ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群(イギリス)

27.万里の長城(中国)

28.クスコ市街マチュピチュの歴史保護区(ペルー)※世界遺産2件

28.エルサレムの旧市街とその城壁群(ヨルダン申請)

29.アテネのアクロポリス(ギリシア)

29.古代都市チチェン・イッツァ(メキシコ)

29.カイロ歴史地区(エジプト)

30.サント・ドミンゴ植民都市(ドミニカ共和国)

30.ナスカとパルパの地上絵(ペルー)

30.麗江旧市街、雲南三江併流の保護地域群(中国)※世界遺産2件

31.メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯(エジプト)

31.ハロン湾(ベトナム)

○最悪の目的地 WORST- RATED DESTINATIONS

32.アンコール(カンボジア)

32.ラリベラの岩窟教会群(エチオピア)

33.ベリーズのバリアリーフ保護区(ベリーズ)

34.ラサのポタラ宮歴史地区(中国)

34.ベネチアとその潟(イタリア)

35.ガラパゴス諸島(エクアドル)

36.パナマのカリブ海沿岸の要塞群:ポルトベロとサン・ロレンソ(パナマ)

37.カトマンズの谷(ネパール)

 

いや-、すごいランキングですね。

アンコールが「最悪」ですか。

たしかにバイタクに騙されたとか、土産物屋がウザイとか、身体が不自由な方による物乞い問題とかありました。

起点となるシェムリアップを除けば周囲は貧しい村々なので、スラム化や無規律な都市拡散、経済格差、公害なんかの問題の最前線でもあるわけです。

 

でも、それを見るのもいいことだと思うのですよね。

私はアンコール郊外でバイクが故障して何キロも歩くハメになりましたが、おかげで村々の様子がよく見れてとてもよかったです。

すごく美しい村でしたが、月の世帯収入は3千円以下。

アンコール周辺の物乞いとか小学生の土産物売りですらその数倍を稼ぐそうです。

 

ベネチアは、高潮で街が海に飲まれる「アクア・アルタ」が問題になっています。

私が訪れたときもアクア・アルタが起きて、サン・マルコ広場や周辺のレストランやお土産物屋は水浸しでした。

ビックリしましたがいい思い出です。

 

カトマンズやラサは指摘されている通り、急速に都市化が進んでいます。

特にラサは3つの建物が世界遺産に登録されているのですが、その周囲の歴史的な街並みが変化していくのはとても寂しいですね。

カトマンズはそれでもまだ地域が世界遺産に登録されているので、そこだけは守られています。

このランキングは、そうした保護状況なんかが強く反映しているのですね。

 

でも、それって世界遺産そのものと関係ないし、そんなこと言い出したらキリがない気も……。

 

まぁでもこうしたランキングをきっかけに世界遺産に興味を持ち、世界遺産に興味を持つことで世界や自分に興味を持ち……なんていうのも悪くはないのかも知れませんね。

世界遺産の見方については下記で触れているのでよろしければ参照してみてください。

 

[関連記事]

世界遺産の見方 1.知性的鑑賞法

世界遺産の見方 2.感性的鑑賞法

 

次回は世界遺産の国別ランキングです。

 



 

News

世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

イギリスの世界遺産「ロンドン塔」
イギリスでもっとも歴史のある石造城塞であり、多くの囚人を収容した監獄兼処刑場で、世界一有名な幽霊屋敷でもある「ロンドン塔」。クリックで外部記事へ
世界遺産「文化交差路サマルカンド」のグリ・アミール廟、イーワーン
青の都・サマルカンド、グリ・アミール廟のイーワーンとドーム。世界遺産「文化交差路サマルカンド」構成資産。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 世界一の幽霊屋敷 ロンドン塔

 青の都サマルカンド

 学生が訪れたい世界の絶景

 2017年おすすめの世界遺産

 日本の世界遺産名所12選

 ル・コルビュジエの建築作品

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8. 空間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

オフリド湖に迫る危機

持続可能な観光の国際年2017

業者がタスマニア政府を提訴

キラウエア火山の溶岩の滝

アレッポ旧市街60%が損壊

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです