UNESCO遺産事業リスト集1.日本の遺産リスト

「UNESCO遺産事業リスト集」ではUNESCO(ユネスコ=国際連合教育科学文化機関)の三大遺産事業(世界遺産、無形文化遺産、世界の記憶[ユネスコ記憶遺産/世界記録遺産])やユネスコエコパーク(生物圏保存地域)、ユネスコ世界ジオパーク、創造都市をはじめ、さまざまなリストを出してみたいと思います。

 

まずは日本の遺産のリストから。

日本におけるUNESCO事業記載物件のリストを掲載していきます。

 

最後に2015年から選定がはじまった文化庁の「日本遺産」のリストも載せているのでご覧ください。

UNESCOロゴ
UNESCOロゴ

 

<世界遺産>

 

まずは「世界遺産」。

以下が日本の世界遺産です。

 

■日本の世界遺産リスト(20件=文化遺産16件+自然遺産4件)

 ※括弧内は登録年、遺産種別、都道府県名

  • 法隆寺地域の仏教建造物(1993、文化遺産、奈良)
  • 姫路城(1993年、文化遺産、兵庫)
  • 白神山地(1993年、自然遺産、青森・秋田)
  • 屋久島(1993年、自然遺産、鹿児島)
  • 古都京都の文化財[京都市、宇治市、大津市](1994年、文化遺産、京都・滋賀)
  • 白川郷・五箇山の合掌造り集落(1995年、文化遺産、岐阜・富山)
  • 広島平和記念碑[原爆ドーム](1996年、文化遺産、広島)
  • 厳島神社(1996年、文化遺産、広島)
  • 古都奈良の文化財(1998年、文化遺産、奈良)
  • 日光の社寺(1999年、文化遺産、栃木)
  • 琉球王国のグスク及び関連遺産群(2000年、文化遺産、沖縄)
  • 紀伊山地の霊場と参詣道(2004年、文化遺産、和歌山・奈良・三重)
  • 知床(2005年、自然遺産、北海道)
  • 石見銀山遺跡とその文化的景観(2007年、文化遺産、島根)
  • 小笠原諸島(2011年、自然遺産、東京)
  • 平泉‐仏国土[浄土]を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群(2011年、文化遺産、岩手)
  • 富士山-信仰の対象と芸術の源泉(2013年、文化遺産、静岡・山梨)
  • 富岡製糸場と絹産業遺産群(2014年、文化遺産、群馬)
  • 明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業(2015年、文化遺産、岩手・静岡・山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・鹿児島)
  • ル・コルビュジエの建築作品 - 近代建築運動への顕著な貢献(国立西洋美術館が7か国17件の構成資産のひとつとして登録。2016年、文化遺産、東京)

 

次に暫定リスト記載の物件です。

暫定リストとは5~10年のうちに世界遺産登録を目指す物件を記載したリストで、政府がUNESCO世界遺産センターに推薦したのち掲載が決まります。

世界遺産リストに推薦するためには、まずこのリストに候補物件を掲載しておく必要があります(緊急登録推薦の例外あり)。

文化遺産は主に文化庁、自然遺産は主に環境省や林野庁が管轄しており、暫定リスト記載物件の選定などを行っているのですが、世界遺産リストに推薦する物件はこれらに外務省などが加わった世界遺産関係省庁連絡会議で決定されています。

 

世界遺産リストへの推薦は年1度の世界遺産委員会で45件が上限で、各国2件まで(ただし、文化遺産は文化的景観を除いて1件まで。国境をまたぐトランスパウンダリー・サイトは主導する国の枠を使用)となっています。

2020年の世界遺産委員会から35件の上限で、各国1件のみの推薦に変更されます。

 

2017年の世界遺産委員会には「宗像(むなかた)・沖ノ島(おきのしま)と関連遺産群」、2018年は「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が推薦されています。

 

■日本の暫定リスト記載物件(10件、拡大1件含)

 ※括弧内は遺産種別、都道府県名

  • 武家の古都・鎌倉(文化遺産、神奈川)
  • 彦根城(文化遺産、滋賀)
  • 飛鳥・藤原 -古代日本の宮都と遺跡群(文化遺産、奈良)
  • 長崎の教会群とキリスト教関連遺産→「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」に名称変更(文化遺産、長崎・熊本)
  • 北海道・北東北の縄文遺跡群(文化遺産、北海道・青森・秋田・岩手)
  • 宗像・沖ノ島と関連遺産群(文化遺産、福岡)
  • 金を中心とする佐渡鉱山の遺産群(文化遺産、新潟)
  • 百舌鳥[もず]・古市[ふるいち]古墳群(文化遺産、大阪)
  • 平泉 -仏国土[浄土]を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群(2011年、文化遺産、岩手)→拡大
  • 奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島(自然遺産、鹿児島・沖縄)

 

世界遺産を保有する県と保有しない県に分けると以下のようになります。

■世界遺産を有する26都道府県

※数は保有する世界遺産数

※「*」は暫定リスト記載の物件があるもの

  • 北海道1*
  • 青森1*
  • 秋田1*
  • 岩手2**
  • 栃木1
  • 群馬1
  • 東京2
  • 山梨1
  • 富山1
  • 岐阜1
  • 静岡2
  • 三重1
  • 滋賀1*
  • 京都1
  • 奈良3*
  • 和歌山1
  • 兵庫1
  • 島根1
  • 広島2
  • 山口1
  • 福岡1*
  • 佐賀1
  • 長崎1*
  • 熊本1*
  • 鹿児島2
  • 沖縄1

■世界遺産を有しない21府県

※「*」は暫定リスト記載の物件があるもの

  • 宮城
  • 山形
  • 福島
  • 茨城
  • 千葉
  • 埼玉
  • 神奈川*
  • 新潟*
  • 石川
  • 福井
  • 長野
  • 愛知
  • 大阪*
  • 岡山
  • 鳥取
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 大分
  • 宮崎

* * *

 

<無形文化遺産> 

 

次に「無形文化遺産」のリストです。

無形文化遺産は代表リスト、緊急保護リスト、ベスト・プラクティスの3つのリストが存在し、日本の物件はいまのところすべて代表リストへの記載となっています。

 

なお、無形文化遺産のリスト登録がはじまるのは2008年以降で、それ以前の表記は「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」のもの。

厳密にはこれらのリスト登録年は2008年になります。

無形文化遺産の詳細は「UNESCO遺産事業リスト集2.無形文化遺産リスト」を参照してください。

 

■日本の無形文化遺産(代表リスト21件)

  • 能楽(2001年、代表リスト)
  • 人形浄瑠璃文楽(2003年、代表リスト)
  • 歌舞伎(2005年、代表リスト)
  • アイヌ古式舞踊(2009年、代表リスト)
  • チャッキラコ(2009年、代表リスト)
  • 奥能登のあえのこと(2009年、代表リスト)
  • 雅楽(2009年、代表リスト)
  • 京都祇園祭の山鉾行事(2009年、代表リスト)→2016年「山・鉾・屋台行事」に拡大
  • 甑島のトシドン(2009年、代表リスト)
  • 秋保の田植踊(2009年、代表リスト)
  • 小千谷縮・越後上布(2009年、代表リスト)
  • 石州半紙(2009年、代表リスト)→2014年「和紙:日本の手漉和紙技術」に拡大
  • 早池峰神楽(2009年、代表リスト)
  • 大日堂舞楽(2009年、代表リスト)
  • 題目立(2009年、代表リスト)
  • 日立風流物(2009年、代表リスト)→2016年「山・鉾・屋台行事」に拡大
  • 結城紬(2010年、代表リスト)
  • 組踊(2010年、代表リスト)
  • 佐陀神能(2011年、代表リスト)
  • 壬生の花田植(2011年、代表リスト)
  • 那智の田楽(2012年、代表リスト)
  • 和食:日本人の伝統的な食文化 ―正月を例として―(2013年、代表リスト)
  • 和紙:日本の手漉和紙技術(2009年、2014年拡大、代表リスト)
  • 山・鉾・屋台行事(2009年、2016年拡大、代表リスト)

 

無形文化遺産は各国1件の推薦に限られており、2018年には「甑島のトシドン」を拡大してナマハゲなど10件を加えた「来訪神:仮面・仮装の神々」の登録可否が審議される予定です。 

 

* * *

 

<世界の記憶>

 

続いて「世界の記憶(ユネスコ記憶遺産/世界記録遺産)」です。

 

世界の記憶については政府の推薦でなくてもよいのですが、事務処理が追いつかないということで各国年2件までの推薦となっており、それ以上の立候補があった場合は国内で事前審査が行われます。

はじめて登録された2011年の1件は福岡県田川市と福岡県立大学による推薦で、日本政府によるものではありません。

世界の記憶の詳細は「UNESCO遺産事業リスト集3.世界の記憶リスト」を参照のこと。

 

■日本の世界の記憶(5件)

  • 山本作兵衛コレクション(2011年)
  • 慶長遣欧使節関係資料(日本/スペイン共通、2013年)
  • 御堂関白記(2013年)
  • 東寺百合文書(2015年)
  • 舞鶴への生還 -1945~1956シベリア抑留等日本人の本国への引き揚げの記録-(2015年)

 

世界の記憶は2年に1度の審査で、各国2件までの推薦となっています。

日本は2017年の登録を目指して「上野三碑」と「杉原リスト -1940年、杉原千畝が避難民救済のため人道主義・博愛精神に基づき大量発給した日本通過ビザ発給の記録」を推薦しています。

 

また、世界の記憶は民間からの推薦が可能であるため、中国・韓国・日本をはじめとする9か国15の市民団体が慰安婦の関係資料を集めた「慰安婦の声」の推薦しています。

さらに日本のNPO法人・朝鮮通信使縁地連絡協議会と韓国の釜山文化財団が「朝鮮通信使に関する記録 17~19世紀の日韓間の平和構築と文化交流の歴史」を、「新しい歴史教科書をつくる会」が通州事件の資料を推薦する意向を発表しています。

複数国での共同推薦に関しては各国2件の枠に入れなくてもよいため慰安婦と朝鮮通信使の推薦は可能ですが、通州事件の資料に関しては枠を超えるためUNESCO国内委員会に差し戻されるものと見られます。

 

* * *

 

<ユネスコエコパーク、ユネスコ世界ジオパーク、創造都市>

 

さらに、3件のUNESCO事業の日本のリストを一気に紹介しましょう。

 

「ユネスコエコパーク(生物圏保存地域/バイオスフィア・リザーブ)」は生物多様性が認められる、あるいは絶滅危惧種が生息・生育しているような保存すべき重要な地域を登録しています。

「ユネスコ世界ジオパーク」は重要な地形・地質学的遺産、「創造都市」は未来の都市のモデルとなりうる特色ある都市を示します。

 

これらの詳細はUNESCO遺産事業リスト集の「5.ユネスコエコパーク・リスト」「6.ユネスコ世界ジオパーク・リスト」「7.創造都市リスト」を参照してください。

 

■日本のユネスコエコパーク(9件)

  • 白山(1980年、1999年、2016年)
  • 大台ヶ原・大峯山・大杉谷(1980年、1999年、2016年)
  • 志賀高原(1980年、1999年、2014年)
  • 屋久島・口永良部島(1980年、1999年、2014年、2016年)
  • 綾(2012年)
  • 南アルプス(2014年)
  • 只見(2014年)
  • 祖母・傾・大崩(2017年)
  • みなかみ(2017年)

 

■日本のユネスコ世界ジオパーク(8件)

  • 洞爺湖有珠山ジオパーク(2009年)
  • 島原半島ジオパーク(2009年)
  • 糸魚川ジオパーク(2009年)
  • 山陰海岸ジオパーク(2010年)
  • 室戸ジオパーク(2011年)
  • 隠岐ジオパーク(2013年)
  • 阿蘇ジオパーク(2014年)
  • アポイ岳ジオパーク(2015年)

 

■日本の創造都市(7件)

  • 神戸(2008年、デザイン)
  • 名古屋(2008年、デザイン)
  • 金沢(2009年、クラフト&フォークアート)
  • 札幌(2013年、メディアアート)
  • 浜松(2014年、音楽)
  • 鶴岡(2014年、食文化)
  • 篠山(2015年、クラフト&フォークアート)

 

* * *

 

<日本遺産>

 

文化庁は日本の地域の歴史的魅力や特色を通じて日本の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産」として認定することを決め、2015年から認定を開始し、現在54件が認定されています。

世界文化遺産のように価値付けや保護が目的ではなく、地域に点在する遺産を「面」として活用・発信することで、地域のブランド化とアイデンティティの確立に貢献し、地域活性化を図ることを目的としています。

 

日本遺産の概要を文化庁の報道資料から抜粋しましょう。

○目的

地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」に認定するとともに、ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の文化財群を地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内外に戦略的に発信することにより、地域の活性化を図る。

○認定対象

  • 歴史的経緯や、地域の風土に根ざし世代を超えて受け継がれている伝承、風習等を踏まえたストーリーであること
  • ストーリーの中核には、地域の魅力として発信する明確なテーマを設定の上、建造物や遺跡・名勝地、祭りなど、地域に根ざして継承・保存がなされている文化財にまつわるものが据えられていること
  •  単に地域の歴史や文化財の価値を解説するだけのものになっていないこと

○ストーリーのタイプ

  • 地域型:単一の市町村内でストーリーが完結
  • シリアル型(ネットワーク型):複数の市町村にまたがってストーリーが展開

○ストーリーの構成文化財

  • 地域の魅力ある有形・無形の文化財群の一覧を作成するものとする
  • 構成文化財は、地域に受け継がれている有形・無形のあらゆる文化財を対象とし、地方指定や未指定の文化財も可能とする
  • 日本遺産のストーリーが我が国の文化・伝統を語るものであることから、文化財群の中に国指定・選定のものを必ず一つは含めることとする

○認定申請の手続き

(1)申請者

  • 日本遺産の申請者は市町村とし、文化庁への申請は都道府県教育委員会を経由して行う
  • シリアル型の場合、原則として市町村の連盟とするが、当該市町村が同一都道府県内に所在する場合は当該都道府県が申請者となることも可能

(2)認定申請を行うに当たっての条件

  • 認定申請を行うことができるのは、歴史文化基本構想又は歴史的風致維持向上計画を策定済みの市町村、若しくは世界文化遺産一覧表記載案件又は世界文化遺産暫定一覧表記載・候補案件を有する市町村とする
  • 地域型の申請の場合は上記の条件が必須であるが、シリアル型の申請の場合は満たすことが望ましい

(3)認定の可否

  • 認定可否は、文化庁に設置する外部有識者で構成される「日本遺産審査委員会」の審査結果を踏まえて、文化庁が決定する

(4)認定基準

  • ストーリーの内容が、当該地域の際立った歴史的特徴・特色を示すものであるとともに我が国の魅力を十分に伝えるものとなっていること

※ストーリーについては,以下の観点から総合的に判断する。

・興味深さ(人々が関心を持ったり惹きつけられたりする内容となっているか)

・斬新さ(あまり知られていなかった点や隠れた魅力を打ち出しているか)

・訴求力(専門的な知識がなくても理解しやすい内容となっているか)

・希少性(他の地域ではあまり見られない稀有な点があるか)

・地域性(地域特有の文化が現れているか)

・日本遺産という資源を活かした地域づくりについての将来像(ビジョン)と、実現に向けた具体的な方策が適切に示されていること

・ストーリーの国内外への戦略的・効果的な発信など、日本遺産を通じた地域活性化の推進が可能となる体制が整備されていること

2015年4月、日本遺産審査委員会の審議の結果、83件の申請の中から以下18件が初の日本遺産に認定されました。

 

■2015年認定の日本遺産(18件)

  • 近世日本の教育遺産群 -学ぶ心・礼節の本源-(茨城県:水戸市、栃木県:足利市、岡山県:備前市、大分県:日田市)
  • かかあ天下 -ぐんまの絹物語-(群馬県:桐生市、甘楽町、中之条町、片品村)
  • 加賀前田家ゆかりの町民文化が花咲くまち高岡 -人、技、心-(富山県:高岡市)
  • 灯り舞う半島能登 ~熱狂のキリコ祭り~(石川県:七尾市、輪島市、珠洲市、志賀町、穴水町、能登町)
  • 海と都をつなぐ若狭の往来文化遺産群 ~御食国若狭と鯖街道~(福井県:小浜市、若狭町)
  • 「信長公のおもてなし」が息づく戦国城下町・岐阜(岐阜県:岐阜市)
  • 祈る皇女斎王のみやこ 斎宮(三重県:明和町)
  • 琵琶湖とその水辺景観 -祈りと暮らしの水遺産(滋賀県:大津市、彦根市、近江八幡市、高島市、東近江市、米原市)
  • 日本茶800 年の歴史散歩(京都府:宇治市、城陽市、八幡市、京田辺市、木津川市、宇治田原町、和束町、南山城村)
  • 丹波篠山デカンショ節 -民謡に乗せて歌い継ぐふるさとの記憶(兵庫県:篠山市)
  • 日本国創成のとき -飛鳥を翔た女性たち-(奈良県:明日香村、橿原市、高取町)
  • 根清浄と六感治癒の地 ~日本一危ない国宝鑑賞と世界屈指のラドン泉~(鳥取県:三朝町)
  • 津和野今昔 ~百景図を歩く~(島根県:津和野町)
  • 尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市(広島県:尾道市)
  • 「四国遍路」 ~回遊型巡礼路と独自の巡礼文化~(愛媛県、高知県、徳島県、香川県の57市町村)
  • 古代日本の「西の都」 ~東アジアとの交流拠点~(福岡県:太宰府市)
  • 国境の島 壱岐・対馬 ~古代からの架け橋~(長崎県:対馬市、壱岐市、五島市、新上五島町)
  • 相良700年が生んだ保守と進取の文化 ~日本でもっとも豊かな隠れ里 -人吉球磨~(熊本県:人吉市、錦町、あさぎり町、多良木町、湯前町、水上村、相良村、五木村、山江村、球磨村)

2016年4月には67件の申請があり、以下19件が認定されています。

 

■2016年認定の日本遺産(19件、累計37件)

  • 政宗が育んだ “伊達” な文化(宮城県:仙台市、塩竈市、多賀城市、松島町)
  • 自然と信仰が息づく『生まれかわりの旅』~樹齢300年を超える杉並木につつまれた2,446段の石段から始まる出羽三山~(山形県:鶴岡市、西川町、庄内町)
  • 会津の三十三観音めぐり ~巡礼を通して観た往時の会津の文化~(福島県:会津若松市、喜多方市、南会津町、下郷町、檜枝岐村、只見町、北塩原村、西会津町、磐梯町、猪苗代町、会津坂下町、湯川村、柳津町、会津美里町、三島町、金山町、昭和村)
  • 未来を拓いた「一本の水路」 -大久保利通 “最期の夢” と開拓者の軌跡郡山・猪苗代-(福島県:郡山市、猪苗代町)
  • 北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み ─佐倉・成田・佐原・銚子:百万都市江戸を支えた江戸近郊の四つの代表的町並み群─(千葉県:佐倉市、成田市、香取市、銚子市)
  • 江戸庶民の信仰と行楽の地 ~巨大な木太刀を担いで「大山詣り」~(神奈川県:伊勢原市)
  • いざ、鎌倉 ~歴史と文化が描くモザイク画のまちへ~(神奈川県:鎌倉市)
  • 「なんだ、コレは!」 信濃川流域の火焔型土器と雪国の文化(新潟県:三条市、新潟市、長岡市、十日町市、津南町)
  • 『珠玉と歩む物語』小松 ~時の流れの中で磨き上げた石の文化~(石川県:小松市)
  • 木曽路はすべて山の中 ~山を守り山に生きる~(長野県:南木曽町、大桑村、上松町、木曽町、木祖村、王滝村、塩尻市)
  • 飛騨匠の技・こころ ―木とともに、今に引き継ぐ1300年―(岐阜県:高山市)
  • 『古事記』の冒頭を飾る「国生みの島・淡路」~古代国家を支えた海人の営み~(兵庫県:淡路市、洲本市、南あわじ市)
  • 森に育まれ、森を育んだ人々の暮らしとこころ ~美林連なる造林発祥の地 “吉野” ~(奈良県:吉野町、下市町、黒滝村、天川村、下北山村、上北山村、川上村、東吉野村)
  • 鯨とともに生きる(和歌山県:新宮市、那智勝浦町、太地町、串本町)
  • 地蔵信仰が育んだ日本最大の大山牛馬市(鳥取県:大山町、伯耆町、江府町、米子市)
  • 出雲國たたら風土記 ~鉄づくり千年が生んだ物語~(島根県:雲南市、安来市、奥出雲町)
  • 鎮守府横須賀・呉・佐世保・舞鶴 ~日本近代化の躍動を体感できるまち~(広島県:呉市、神奈川県:横須賀市、長崎県:佐世保市、京都府:舞鶴市)
  • ”日本最大の海賊” の本拠地:芸予諸島 -よみがえる村上海賊 “Murakami KAIZOKU” の記憶-(愛媛県:今治市、広島県:尾道市)
  • 日本磁器のふるさと肥前 ~百花繚乱のやきもの散歩~(佐賀県:唐津市、伊万里市、武雄市、嬉野市、有田町、長崎県:佐世保市、平戸市、波佐見町) 

2017年4月には79件の申請があり、17件が認定されました。

 

■2017年認定の日本遺産(17件、累計54件)

  • 江差の五月は江戸にもない -ニシンの繁栄が息づく町-(北海道:江差町)
  • 荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間 ~北前船寄港地・船主集落~(山形県:酒田市、北海道:函館市、松前町、青森県:鰺ヶ沢町、深浦町、秋田県:秋田市、新潟県:新潟市、長岡市、石川県:加賀市、福井県敦賀市・南越前町)
  • サムライゆかりのシルク 日本近代化の原風景に出会うまち鶴岡へ(山形県:鶴岡市)
  • 和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田(埼玉県:行田市)
  • 忍びの里 伊賀・甲賀 -リアル忍者を求めて-(滋賀県:甲賀市、三重県:伊賀市)
  • 300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊(京都府:宮津市、京丹後市、与謝野町、伊根町)
  • 1400年に渡る悠久の歴史を伝える「最古の国道」 ~竹内街道・横大路(大道)~(大阪府:大阪市、堺市、松原市、羽曳野市、太子町、奈良県:葛城市、大和高田市、橿原市、桜井市、明日香村)
  • 播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道 ~資源大国日本の記憶をたどる73kmの轍~(兵庫県:朝来市、姫路市、福崎町、市川町、神河町、養父市)
  • 絶景の宝庫 和歌の浦(和歌山県:和歌山市、海南市)
  • 「最初の一滴」醤油醸造の発祥の地 紀州湯浅(和歌山県:湯浅町)
  • 日が沈む聖地出雲 ~神が創り出した地の夕日を巡る~(島根県:出雲市)
  • 一輪の綿花から始まる倉敷物語 ~和と洋が織りなす繊維のまち~(岡山県:倉敷市)
  • きっと恋する六古窯 -日本生まれ日本育ちのやきもの産地-(岡山県:備前市、福井県:越前町、愛知県:瀬戸市、常滑市、滋賀県:甲賀市、兵庫県:篠山市)
  • 森林鉄道から日本一のゆずロードへ -ゆずが香り彩る南国土佐・中芸地域の景観と食文化-(高知県:安田町、奈半利町、田野町、北川村、馬路村)
  • 関門“ノスタルジック”海峡 ~時の停車場、近代化の記憶~(福岡県:北九州市、山口県下関市)
  • 米作り、二千年にわたる大地の記憶 ~菊池川流域「今昔『水稲』物語」~(熊本県:山鹿市、玉名市、菊池市、和水町)
  • やばけい遊覧 ~大地に描いた山水絵巻の道をゆく(大分県:中津市、玖珠町)

 



 

News

世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

オフリド地域の自然遺産及び文化遺産
オフリド地域の自然遺産及び文化遺産
世界遺産「文化交差路サマルカンド」のグリ・アミール廟、イーワーン
フランス・ブルボン家のベルサイユ宮殿に対抗して、オーストリア・ハプスブルク家が贅と粋を尽くした世界遺産「シェーンブルン宮殿と庭園群」。クリックで外部記事へ。
イギリスの世界遺産「ロンドン塔」
イギリスでもっとも歴史のある石造城塞であり、多くの囚人を収容した監獄兼処刑場で、世界一有名な幽霊屋敷でもある「ロンドン塔」。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 シェーンブルン宮殿

 世界一の幽霊屋敷 ロンドン塔

 青の都サマルカンド

 学生が訪れたい世界の絶景

 2017年おすすめの世界遺産

 日本の世界遺産名所12選

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産のサンゴ礁、全滅危機

新登録のユネスコエコパーク

政治的対立が深まる世界の記憶

ゴミに覆われたヘンダーソン島

宗像・沖ノ島を巡る不安

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ-ケバン国立公園1

11.フォンニャ-ケバン国立公園2

12.カタルーニャ堂とサンパウ病院1

13.カタルーニャ堂とサンパウ病院2

14.オフリド地域1

15.オフリド地域2

16.古都京都の文化財1

17.古都京都の文化財2

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです