UNESCO遺産事業リスト集7.創造都市リスト

今回はUNESCO(ユネスコ=国際連合教育科学文化機関)の事業のひとつ、創造都市=クリエイティブ・シティの全リスト(一覧表)を紹介します。

※「shop」ではUNESCO6事業(世界遺産、無形文化遺産、世界の記憶、ユネスコエコパーク、世界ジオパーク、創造都市)のリストを網羅したエクセル・ファイルと、世界遺産全1,154件5,000項目超の構成資産をGoogleアースやMAPS.ME等の電子地図上に表示するマップデータを取り扱っています

創造都市のロゴ
創造都市のロゴ

<創造都市とは何か?>

■創造都市の概要と目的

創造都市とはなんなのか、創造都市の取り組みを推進している創造都市ネットワーク日本(CCNJ)のサイトから引用しましょう(下にリンクあり)。

 

○創造都市とは

創造都市(Creative City)とは、グローバリゼーションと知識情報経済化が急速に進展した21世紀初頭にふさわしい都市のあり方の一つであり、文化芸術と産業経済との創造性に富んだ都市です。

産業空洞化と地域の荒廃に悩む欧米の都市では、1985年に始まる「欧州文化都市」事業など「芸術文化の創造性を活かした都市再生の試み」が成功を収めて以来、世界中で多数の都市において行政、芸術家や文化団体、企業、大学、住民などの連携のもとに進められています。

 

このように創造都市は産業空洞化やグローバル化による文化消失などによって荒廃していく都市の未来の在り方を模索するもので、2004年に始動したユネスコの事業のひとつです。

その目的については文部科学省のサイトから引用します。

 

○創造都市ネットワークの目的

文学、映画、音楽、芸術などの分野において、都市間でパートナーシップを結び相互に経験・知識の共有を図り、またその国際的なネットワークを活用して国内・国際市場における文化的産物の普及を促進し、文化産業の強化による都市の活性化及び文化多様性への理解増進を図る。

 

このように創造都市は、未来の都市のモデルとなりうる特色ある都市を認定し、そうした都市を結んでネットワーク=創造都市ネットワークを構築することで、文化の多様性を維持し、都市を活性化することを目的としています。

 

創造都市の対象は文字通り「都市」で、具体的には人口10万人以上の自治体に限定しています。

これは都市の荒廃に対処しようという目的があることに加えて、創造産業の創出・導入・理解・消費の第一の担い手が都市であることが理由となっています。

なお、近年村落を対象とした創造農村の活動も始動しています。

 

■創造都市の7つの分野

創造都市は文化の特徴にあわせて7つの分野を持っています。

それぞれの都市はいずれかの分野を選んで創造都市ネットワークに参加します。

 

〇創造都市の7分野

  1. 文学:Literature
  2. 音楽:Music
  3. 映画:Film
  4. メディアアート:Media Arts
  5. デザイン:Design
  6. クラフト&フォークアート:Crafts and Folk Art
  7. 食文化:Gastronomy

 

■創造都市ネットワークへの登録

創造都市ネットワークのメンバー都市となるためには以下の条件をクリアしなければなりません。

 

〇創造都市の条件

  • 人口10万人以上の都市であること
  • 登録は1か国最大3都市までで、その場合、ふたつ以上の分野にまたがること
  • 周辺地域を含めることができるが、2都市以上による共同申請は不可
  • 2回続けて登録されなかった都市はその後2年間、申請は不可

 

都市が申請を希望する場合、おおよそ以下のような過程で登録がなされます。

 

〇創造都市の登録手順

  1. 原則2年に一度、UNESCOが公募
  2. 日本UNESCO国内委員会が募集するプロジェクトに応募
  3. 日本UNESCO国内委員会が承認
  4. UNESCO事務局に申請書を提出
  5. UNESCOによる評価・決定

 

なお、日本では独自に創造都市ネットワーク日本(CCNJ)を推進しており、文化庁も文化芸術創造都市などの形で創造都市事業を支援しています。

 

■創造都市の数とランキング

現状、創造都市ネットワークのメンバーは以下のような状況になっています。

 

〇創造都市の数

 国数……92か国

 メンバー都市……295都市

 

〇創造都市国別ランキング

  • 1位……16件 中国
  • 2位……13件 イギリス
  •  同……13件 イタリア
  • 4位……12件 ブラジル
  • 5位……11件 韓国
  • 次点……10件 スペイン
  •  同……10件 日本

 

* * *

 

<創造都市リスト(一覧表)>

■創造都市・全リスト

それでは創造都市の全リストを紹介しましょう。

 

※掲載は六大州順:ヨーロッパ州→アジア州→オセアニア州・大洋州→北アメリカ州(中央アメリカ含む)→南アメリカ州→アフリカ州
トルコとロシアはヨーロッパ、西アジアと中央アジア・コーカサス地方はイスラエルを含めてすべてアジアに含めた
州の下は国別五十音順で、国の下は登録年順
西暦は登録年、その右側は分野を示す

 

 

<ヨーロッパ>

 

■アイスランド

  • レイキャビク、2011年、文学

■アイルランド

  • ダブリン、2010年、文学
  • ゴールウェイ、2014年、映画

■イギリス

  • エディンバラ、2004年、文学
  • グラスゴー、2008年、音楽
  • ブラッドフォード、2009年、映画
  • ノリッチ、2012年、文学
  • ヨーク、2014年、メディアアート
  • ダンディー、2015年、デザイン
  • ノッティンガム、2015年、文学
  • リバプール、2015年、音楽
  • ブリストル、2017年、映画
  • マンチェスター、2017年、文学
  • エクセター、2019年、文学
  • パース、2021年、クラフト&フォークアート
  • ベルファスト、2021年、音楽

■イタリア

  • ボローニャ、2006年、音楽
  • ファブリアーノ、2013年、クラフト&フォークアート
  • トリノ、2014年、デザイン
  • ローマ、2014年、映画
  • パルマ、2015年、食文化
  • アルバ、2017年、食文化
  • カッラーラ、2017年、クラフト&フォークアート
  • ペーザロ、2017年、音楽
  • ミラノ、2017年、文学
  • ビエッラ、2019年、クラフト&フォークアート
  • ベルガモ、2019年、食文化
  • コモ、2021年、クラフト&フォークアート
  • モデナ、2021年、メディアアート

■ウクライナ

  • リヴィウ、2015年、文学
  • オデッサ、2019年、文学
  • ハルキウ、2021年、音楽

■エストニア

  • タルトゥ、2015年、文学
  • ヴィリャンディ、2019年、クラフト&フォークアート
  • タリン、2021年、音楽

■オーストリア

  • グラーツ、2011年、デザイン
  • リンツ、2014年、メディアアート

■オランダ

  • ユトレヒト、2017年、文学
  • レーワルデン、2019年、文学

■北マケドニア

  • ビトラ、2015年、映画

■ギリシア

  • テッサロニキ、2021年、食文化

■スウェーデン

  • エステルスンド、2011年、食文化
  • ノーショーピング、2017年、音楽
  • ヨーテボリ、2021年、文学

■スペイン

  • セビリア、2006年、音楽
  • グラナダ、2014年、文学
  • ビルバオ、2014年、デザイン
  • デニア、2015年、食文化
  • バルセロナ、2015年、文学
  • ブルゴス、2015年、食文化
  • タラサ、2017年、映画
  • バリャドリッド、2019年、映画
  • リリア、2019年、音楽
  • マニゼス、2021年、クラフト&フォークアート

■スロバキア

  • コシツェ、2017年、メディアアート

■スロベニア

  • リュブリャナ、2015年、文学

■セルビア

  • ヴラニェ、2019年、音楽

■チェコ

  • プラハ、2014年、文学
  • ブルノ、2017年、音楽

■デンマーク

  • コリング、2017年、デザイン
  • ヴィボー、2019年、メディアアート

■ドイツ

  • ベルリン、2005年、デザイン
  • ハイデルベルク、2014年、文学
  • ハノーバー、2014年、音楽
  • マンハイム、2014年、音楽
  • カールスルーエ、2019年、メディアアート
  • ポツダム、2019年、映画

■トルコ

  • ガズィアンテプ、2015年、食文化
  • イスタンブール、2017年、デザイン
  • キュタヒヤ、2017年、クラフト&フォークアート
  • ハタイ、2017年、食文化
  • アフィヨンカラヒサール、2019年、食文化
  • クルシェヒル、2019年、音楽
  • ブルサ、2021年、クラフト&フォークアート

■ノルウェー

  • ベルゲン、2015年、食文化
  • リレハンメル、2017年、文学
  • ハーマル、2021年、メディアアート

■ハンガリー

  • ブダペスト、2015年、デザイン
  • ヴェスプレーム、2019年、音楽

■フィンランド

  • ヘルシンキ、2014年、デザイン
  • クフモ、2019年、文学

■フランス

  • リヨン、2008年、メディアアート
  • サン・テティエンヌ、2010年、デザイン
  • アンギャン・レ・バン、2013年、メディアアート
  • リモージュ、2017年、クラフト&フォークアート
  • アングレーム、2019年、文学
  • メス、2019年、音楽
  • カンヌ、2021年、映画
  • ルーアン、2021年、食文化

■ブルガリア

  • ソフィア、2014年、映画
  • ガブロヴォ、2017年、クラフト&フォークアート

■ベルギー

  • ヘント、2009年、音楽
  • コルトレイク、2017年、デザイン
  • ナミュール、2021年、メディアアート

■ポーランド

  • クラクフ、2013年、文学
  • カトヴィツェ、2015年、音楽
  • ウッチ、2017年、映画
  • ヴロツワフ、2019年、文学
  • グディニャ、2021年、映画

■ボスニア・ヘルツェゴビナ

  • サラエボ、2019年、映画

■ポルトガル

  • イダーニャ・ア・ノーヴァ、2015年、音楽
  • オビドス、2015年、文学
  • アマランテ、2017年、音楽
  • バルセロス、2017年、クラフト&フォークアート
  • ブラガ、2017年、メディアアート
  • カルダス・ダ・ライーニャ、2019年、クラフト&フォークアート
  • レイリア、2019年、音楽
  • コヴィリャン、2021年、デザイン
  • サンタ・マリア・ダ・フェイラ、2021年、食文化

■リトアニア

  • カウナス、2015年、デザイン
  • ヴィリニュス、2021年、文学

■ルーマニア

  • クルジュ=ナポカ、2021年、映画

■ロシア

  • ウリヤノフスク、2015年、文学
  • カザン、2019年、音楽
  • カルゴポリ、2019年、クラフト&フォークアート
  • サンクトペテルブルク、2021年、食文化

 

<アジア>

 

■アゼルバイジャン

  • シェキ、2017年、クラフト&フォークアート
  • バクー、2019年、デザイン
  • ランカラン、2021年、食文化

■アフガニスタン

  • バーミヤン、2015年、クラフト&フォークアート

■アラブ首長国連邦

  • ドバイ、2017年、デザイン
  • シャルジャ、2019年、クラフト&フォークアート
  • アブダビ、2021年、音楽

■イスラエル

  • テルアビブ・ヤッファ、2014年、メディアアート

■イラク

  • バグダード、2015年、文学
  • スレイマニヤ、2019年、文学

■イラン

  • イスファハン、2015年、クラフト&フォークアート
  • ラシュト、2015年、食文化
  • サナンダジュ、2019年、音楽
  • バンダレ・アッバース、2019年、クラフト&フォークアート
  • ケルマーンシャー、2021年、食文化

■インド

  • ヴァラナシ、2015年、音楽
  • ジャイプール、2015年、クラフト&フォークアート
  • チェンナイ、2017年、音楽
  • ハイデラバード、2019年、食文化
  • ムンバイ、2019年、映画
  • スリナガル、2021年、クラフト&フォークアート

■インドネシア

  • ペカロンガン、2014年、クラフト&フォークアート
  • バンドン、2015年、デザイン
  • アンボン、2019年、音楽
  • ジャカルタ、2021年、文学

■カザフスタン

  • アルマトイ、2017年、音楽

■カタール

  • ドーハ、2021年、デザイン

■韓国

  • ソウル、2010年、デザイン
  • 利川(イチョン)、2010年、クラフト&フォークアート
  • 全州(チョンジュ)、2012年、食文化
  • 釜山(プサン)、2014年、映画
  • 光州(クァンジュ)、2014年、メディアアート
  • 統営(トンヨン)、2015年、音楽
  • 大邱(テグ)、2017年、音楽
  • 富川(プチョン)、2017年、文学
  • 原州(ウォンジュ)、2019年、文学
  • 晋州(チンジュ)、2019年、クラフト&フォークアート
  • 金海(キメ)、2021年、クラフト&フォークアート

■サウジアラビア

  • アル・ハサ、2015年、クラフト&フォークアート
  • ブライダー、2021年、食文化

■ジョージア

  • バトゥミ、2021年、音楽
  • トビリシ、2021年、メディアアート

■シンガポール

  • シンガポール、2015年、デザイン

■タイ

  • プーケット、2015年、食文化
  • チェンマイ、2017年、クラフト&フォークアート
  • スコータイ、2019年、クラフト&フォークアート
  • バンコク、2019年、デザイン
  • ペッチャブリー、2021年、食文化

■中国

  • 深圳、2008年、デザイン
  • 上海、2010年、デザイン
  • 成都、2010年、食文化
  • 杭州、2012年、クラフト&フォークアート
  • 景徳鎮、2014年、クラフト&フォークアート
  • 順徳、2014年、食文化
  • 北京、2015年、デザイン
  • 蘇州、2015年、クラフト&フォークアート
  • マカオ、2017年、食文化
  • 青島、2017年、映画
  • 長沙、2017年、メディアアート
  • 武漢、2017年、デザイン
  • 南京、2019年、文学
  • 揚州、2019年、食文化
  • 淮安、2021年、食文化
  • 濰坊、2021年、クラフト&フォークアート

■日本

  • 神戸、2008年、デザイン
  • 名古屋、2008年、デザイン
  • 金沢、2009年、クラフト&フォークアート
  • 札幌、2013年、メディアアート
  • 浜松、2014年、音楽
  • 鶴岡、2014年、食文化
  • 篠山、2015年、クラフト&フォークアート
  • 山形、2017年、映画
  • 旭川、2019年、デザイン
  • 臼杵、2021年、食文化

■バーレーン

  • ムハッラク、2019年、デザイン

■パキスタン

  • ラホール、2019年、文学

■パレスチナ

  • ラマラ、2019年、音楽

■フィリピン

  • バギオ、2017年、クラフト&フォークアート
  • セブ・シティー、2019年、デザイン

■ベトナム

  • ハノイ、2019年、デザイン

■マレーシア

  • クチン、2021年、食文化

■ヨルダン

  • マダバ、2017年、クラフト&フォークアート

■レバノン

  • ザーレ、2013年、食文化
  • ベイルート、2019年、文学

 

<オセアニア>

 

■オーストラリア

  • メルボルン、2008年、文学
  • シドニー、2010年、映画
  • アデレード、2015年、音楽
  •  グレーター・ジーロング、2017年、デザイン
  • バララット、2019年、クラフト&フォークアート
  • ベンディゴ、2019年、食文化
  • ローンセストン、2021年、食文化

■ニュージーランド

  • ダニーデン、2014年、文学
  • オークランド、2017年、音楽
  • ウェリントン、2019年、映画
  • ワンガヌイ、2021年、デザイン

 

<北アメリカ>

 

■アメリカ

  • サンタフェ、2005年、クラフト&フォークアート
  • アイオワシティ、2008年、文学
  • パデューカ、2013年、クラフト&フォークアート
  • オースティン、2015年、メディアアート
  • ツーソン、2015年、食文化
  • デトロイト、2015年、デザイン
  • カンザスシティ、2017年、音楽
  • サン・アントニオ、2017年、食文化
  • シアトル、2017年、文学

■カナダ

  • モントリオール、2006年、デザイン
  • ケベックシティ、2017年、文学
  • トロント、2017年、メディアアート
  • ロンドン、2021年、音楽

■キューバ

  • トリニダード、2019年、クラフト&フォークアート
  • ハバナ、2019年、音楽
  • サンティアゴ・デ・キューバ、2021年、音楽

■コスタリカ

  • サン・ホセ、2019年、デザイン

■ジャマイカ

  • キングストン、2015年、音楽

■ドミニカ共和国

  • サント・ドミンゴ、2019年、音楽

■トリニダード・トバゴ

  • ポート・オブ・スペイン、2019年、音楽

■ハイチ

  • ジャクメル、2014年、クラフト&フォークアート

■パナマ

  • パナマシティ、2017年、食文化

■バハマ

  • ナッソー、2014年、クラフト&フォークアート

■メキシコ

  • プエブラ、2008年、デザイン
  • エンセナーダ、2015年、食文化
  • サン・クリストバル・デ・ラス・カサス、2015年、クラフト&フォークアート
  • グアダラハラ、2017年、メディアアート
  • メキシコシティ、2017年、デザイン
  • モレリア、2017年、音楽
  • ケレタロ、2019年、デザイン
  • メリダ、2019年、食文化
  • ハラパ、2021年、音楽

 

<南アメリカ>

 

■アルゼンチン

  • ブエノスアイレス、2005年、デザイン

 

■ウルグアイ

  • モンテビデオ、2015年、文学

■エクアドル

  • ドゥラン、2015年、クラフト&フォークアート
  • チョーデレグ、2017年、クラフト&フォークアート
  • ポルトビエホ、2019年、食文化

■コロンビア

  • ポパヤン、2005年、食文化
  • ボゴタ、2012年、音楽
  • メデジン、2015年、音楽
  • ブエナベントゥラ、2017年、食文化
  • サンティアゴ・デ・カリ、2019年、メディアアート
  • バジェドゥパル、2019年、音楽
  • イバゲ、2021年、音楽
  • パスト、2021年、クラフト&フォークアート

■チリ

  • フルティジャール、2017年、音楽
  • バルパライソ、2019年、音楽

■パラグアイ

  • アレグア、2019年、クラフト&フォークアート

■ブラジル

  • クリチバ、2014年、デザイン
  • フロリアノーポリス、2014年、食文化
  • サルバドール、2015年、音楽
  • サントス、2015年、映画
  • ベレン、2015年、食文化
  • ジョアンペソア、2017年、クラフト&フォークアート
  • パラチ、2017年、食文化
  • ブラジリア、2017年、デザイン
  • フォルタレザ、2019年、デザイン
  • ベロ・オリゾンテ、2019年、食文化
  • カンピナグランデ、2021年、メディアアート
  • レシフェ、2021年、音楽

■ペルー

  • アヤクチョ、2019年、クラフト&フォークアート
  • アレキパ、2019年、食文化
  • ワンカヨ、2021年、音楽

■ボリビア

  • コチャバンバ、2017年、食文化


<アフリカ>


■エジプト

  • アスワン、2005年、クラフト&フォークアート
  • カイロ、2017年、クラフト&フォークアート

■カーボベルデ

  • プライア、2017年、音楽

■ケニア

  • ナクル、2021年、クラフト&フォークアート

■コンゴ共和国

  • ブラザヴィル、2013年、音楽

■コンゴ民主共和国

  • キンシャサ、2015年、音楽
  • ルブンバシ、2015年、クラフト&フォークアート

■セネガル

  • ダカール、2014年、メディアアート

■チュニジア

  • チュニス、2017年、クラフト&フォークアート

■トーゴ

  • ソコデ、2017年、クラフト&フォークアート

■ナイジェリア

  • ビダ、2021年、クラフト&フォークアート

■ブルキナファソ

  • ワガドゥグー、2017年、クラフト&フォークアート

■ベナン

  • ポルトノボ、2017年、クラフト&フォークアート
  • ボヒコン、2021年、食文化

■南アフリカ

  • ケープタウン、2017年、デザイン
  • ダーバン、2017年、文学
  • オーバーストランド・ヘルマナス、2019年、食文化

■モーリシャス

  • ポートルイス、2021年、音楽

■モロッコ

  • テトゥアン、2017年、クラフト&フォークアート
  • エッサウィラ、2019年、音楽

 

 

[関連サイト]

Creative Cities Network(UNESCOの公式サイト。英語/スペイン語/フランス語/中国語)

創造都市ネットワーク日本(CCNJの公式サイト)

 



 

News

★姉妹サイト「世界遺産データベース」を制作中です。現在、ヨーロッパの世界遺産を執筆しています。

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の魅力を解説
自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が5月に登録勧告を得て7月の正式登録が確実なものとなった。その内容を紹介する。クリックで外部記事へ
文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群」の魅力を解説
2021年7月に世界遺産登録の可否が決まる文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道・青森・岩手・秋田)」の魅力を解説する。クリックで外部記事へ

Topics

 

・All About 世界遺産 新記事

 北海道・北東北の縄文遺跡群

 奄美・徳之島・沖縄島・西表島

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

世界危機言語アトラス・リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレア・ヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです