UNESCO遺産事業リスト集4.世界遺産リスト

ここではUNESCO(ユネスコ=国際連合教育科学文化機関)三大遺産事業のひとつ「世界遺産」の全リスト・全一覧表を紹介しましょう。

世界遺産のロゴ
世界遺産のロゴ

世界遺産とは「世界の文化遺産および自然遺産の保護に関する条約」、すなわち世界遺産条約で定められた世界遺産リスト(世界遺産一覧表)に掲載された物件のことを示します。

このリストは英語とフランス語で書かれているため、世界遺産の正式名称は英語またはフランス語ということになります。

リストはUNESCOの公式サイトにて参照することができます。

 

[関連サイト]

World Heritage List(UNESCO World Heritage Centreの公式サイト)

 

世界遺産の数については以下のような状況です。

  • 世界遺産条約締約国……192か国
  • 世界遺産総数……1052件
  • 文化遺産……814件
  • 自然遺産……203件
  • 複合遺産……35件
  • 危機遺産……55件
  • 登録を抹消された元世界遺産……2件

 

抹消された元世界遺産は以下2件です。

  • アラビアオリックスの保護区(オマーン、 1994年登録、2007年抹消、自然遺産(x))
  • ドレスデン・エルベ渓谷(ドイツ、2004年登録、2009年抹消、文化遺産(ii)(iii)(iv)(v))

 

世界遺産を保有していない世界遺産条約締約国は以下27か国となっています。

 

■世界遺産非保有の条約締約国

 

○ヨーロッパ

  • モナコ

○アジア

  • クウェート
  • ブータン
  • ブルネイ
  • モルディブ

○オセアニア・大洋州

  • クック諸島
  • サモア
  • トンガ
  • ニウエ

○アフリカ

  • アンゴラ
  • エリトリア
  • ギニアビサウ
  • コモロ連合
  • サントメ・プリンシペ
  • シエラレオネ
  • ジブチ
  • スワジランド
  • 赤道ギニア
  • 南スーダン
  • ブルンジ
  • リベリア
  • ルワンダ

○北アメリカ

  • グレナダ
  • セントビンセント及びグレナディーン諸島
  • トリニダード・トバゴ
  • バハマ

○南アメリカ 

  •  ガイアナ

 

世界遺産を種別に見ると以下のようになります。

割合については小数点第三位を四捨五入しています。

  • 文化遺産……814件(77.38%)
  • 自然遺産……203件(19.30%)
  • 複合遺産……  35件(3.33%)

もっとも、複合遺産は文化遺産と自然遺産の価値を併せ持つ物件なので、次のように分類することもできます。

  • 文化遺産の価値を持つ物件……849件(80.70%)
  • 自然遺産の価値を持つ物件……238件(22.62%)

 

やはり圧倒的に文化遺産が多いですね。

理由はいくつかあるが、まず文化遺産の場合、登録範囲が狭い点が挙げられます。

文化遺産はひとつの建物でも登録することができるので、たとえば北京近郊に6件、奈良県に3件の世界遺産があるように、1地域に複数の世界遺産が存在するケースも少なくありません。

それに対して自然遺産の場合、その自然を維持するために必要な地域全体が登録される必要があるために(これを完全性といいます)、どうしても登録範囲が広くなって数が少なくなってしまいます。

 

また、世界遺産に登録されるためにはしっかりとした保護体制が整備されていなければなりませんが、自然保護よりも自然開発を優先していたり、登録範囲が広大なので予算が掛かりすぎたり、途上国の場合は自然が広がる地域が内戦やゲリラ・テロの危機にさらされていて保護が難しいという実情もあるようです。

 

なお、世界遺産に登録されるためには(i)~(x)まで10項目ある登録基準を1項目以上満たさなければなりません。

その中で、(i)~(vi)の1項目以上を満たすものを「文化遺産」、(vii)~(x)の1項目以上を満たすものを「自然遺産」、双方をそれぞれ1項目以上満たすものを「複合遺産」と呼びます。

以下が登録基準です。

 

■世界遺産の登録基準

(i) 人間の創造的な才能を表現する傑作であるもの

(ii) 一定の期間、または世界のある文化圏において、建築・技術・記念碑・街並み・景観デザインの発展において、人類の価値の重要な交流を示しているもの

(iii) 現存する、またはすでに消滅した文化的伝統や文明に関する唯一の、あるいはまれな証拠を示しているもの

(iv) 人類の歴史の重要な段階を示す建築物、建築様式、技術集合体、または景観の顕著な例といえるもの

(v) ある文化(ある複数の文化)や人類の環境的相互作用を特徴づける人類の伝統的集落や土地や海洋利用の顕著な例であるもの。特に、回復が困難で、存続が危うい状態にあるもの

(vi) 顕著で普遍的な価値を有する出来事や現在存続する伝統で、思想・信仰・芸術作品・あるいは文学作品と直接に、または実質的に関連があるもの(本基準は他の基準と関連して適用されるべき基準と考えられている)

(vii) 類まれな自然の美や美的要素を有した自然現象、または地域を含むもの

(viii) 生命の記録、進行中の地形発達の重要な地質学的過程、または重要な地形学的・自然地理学的特徴を含む、地球の歴史の主要な段階を示す顕著な例であるもの

(ix) 陸上・淡水・沿岸・海洋生態系・動植物群集の進化や発展において、進行中の重要な生態学的・生物学的過程を示す顕著な例であるもの

(x) 生物の多様性保全の観点から、重要な自然の生息・生育地があるもの。学術上・保全上の観点から、顕著な普遍的価値を有し、絶滅の恐れがある種を含むもの

 

世界遺産の登録数は以下のように推移しています。

ただし、合併したり抹消されたりした世界遺産があるので合計=世界遺産総数ではありません。

  • 1978年:12件
  • 1979年:45件
  • 1980年:28件
  • 1981年:27件
  • 1982年:24件
  • 1983年:29件
  • 1984年:23件
  • 1985年:30件
  • 1986年:31件
  • 1987年:41件
  • 1988年:27件
  • 1989年:7件
  • 1990年:17件
  • 1991年:22件
  • 1992年:20件
  • 1993年:33件
  • 1994年:29件
  • 1995年:29件
  • 1996年:37件
  • 1997年:46件
  • 1998年:30件
  • 1999年:48件
  • 2000年:61件
  • 2001年:31件
  • 2002年:9件
  • 2003年:24件
  • 2004年:34件
  • 2005年:24件
  • 2006年:18件
  • 2007年:22件
  • 2008年:27件
  • 2009年:13件
  • 2010年:21件
  • 2011年:25件
  • 2012年:26件
  • 2013年:19件
  • 2014年:26件
  • 2015年:24件
  • 2016年:21件

 

なお、世界遺産の地域ごとの偏りや国別のランキングについては記事「世界遺産ランキング集5.世界遺産国別ランキング」を、日本の世界遺産暫定リスト記載の物件や今後の登録予定等については記事「UNESCO遺産事業リスト集1.日本の遺産リスト」を参照してください。

 * * *

■世界遺産全リスト(世界遺産一覧表)

 

それでは世界遺産リストを紹介しましょう。

 

世界遺産の名称について、UNESCOの世界遺産リストは英語とフランス語で書かれており、日本語名の公式なリストは存在しません。

そのためメディアなどによって表記が異なることがありますが、ここでは基本的に公益社団法人日本ユネスコ協会連盟の表記に従い、必要に応じて調整を行っています。

 

リストは以下の要領で掲載しています。

  • 掲載は六大州順:ヨーロッパ州→アジア州→オセアニア州・大洋州→北アメリカ州→南アメリカ州→アフリカ州
  • ただし、トルコとロシアはヨーロッパ、西アジアとコーカサス地方はイスラエルを含めてすべてアジアに含めている
  • 州の下は国別五十音順で、国の下は登録年順
  • 括弧内は(登録年、あれば拡大年、世界遺産種別と登録基準)を示す
  • 複数国にまたがるトランスパンダリー・サイトは各国に記載

 

なお、所属国についてはUNESCOの表記に従っていますが、以下のような世界遺産で論争があったりします。

 

「エルサレムの旧市街とその城壁群」については世界遺産リスト上では所属国が記されておらず、"Jerusalem (Site proposed by Jordan)"「エルサレム(ヨルダン申請遺産)」となっています。

第二次世界大戦後に東エルサレム(エルサレム旧市街)は国連によってヨルダン管理とされましたが、1967年の第三次中東戦争でイスラエルが占領して以来、実効支配が続いています。

ヨルダンが1994年に領有権を放棄したため「ヨルダン申請遺産」という表記になっており、現在領有権はイスラエルとパレスチナが争っています。

ここでも「エルサレム」という項目を作って収めました。

 

旧ユーゴスラビアが申請して登録した「コソボの中世建造物群」についてはセルビアの項目に収めています。

コソボ共和国は2008年に独立を宣言し、日本をはじめ100か国以上が承認しています。

現在UNESCO加盟を目指しており、これが実現した場合は所属国が変わるものと思われます。

 

2014年3月にロシアが併合したクリミア半島の「古代都市[タウリカのヘルソネソス]とそのホーラ」もUNESCOの表記通りウクライナ所属としました。

 

タイとカンボジアの間で長らく領有権が争われていた「プレア・ヴィヒア寺院」については、2013年11月にICJ(国際司法裁判所)の判決が下りてカンボジア領とされました。

両軍とも撤退しており、UNESCOのリスト上でもカンボジア所属ということで落ち着いています。

 

パレスチナはアメリカやイスラエルをはじめ承認していない国も存在しますが、2011年にUNESCOに加盟しているのでこちらもそのまま記載しました。

 

 

<ヨーロッパ>

 

■アイスランド

  1. シングヴェトリル国立公園(2004年、文化遺産(iii)(vi))
  2. スルツエイ(2008年、自然遺産(ix))

■アイルランド

  1. ブルー・ナ・ボーニャ ボイン渓谷の遺跡群(1993年、文化遺産(i)(iii)(iv))
  2. スケリッグ・マイケル(1996年、文化遺産(iii)(iv))

■アルバニア

  1. ブトリント(1992年、1999・2007年拡大、文化遺産(iii))
  2. ベラットとギロカストラの歴史地区(2005年、2008年拡大、文化遺産(iii)(iv))

■アンドラ

  1. マデリウ-ペラフィタ-クラーロル渓谷(2004年、2006年拡大、文化遺産(v))

■イギリス

  1. ジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸(1986年、自然遺産(vii)(viii))
  2. ダラム城と大聖堂(1986年、2008年拡大、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  3. アイアンブリッジ峡谷(1986年、文化遺産(i)(ii)(iv)(vi))
  4. ファウンティンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園(1986年、文化遺産(i)(iv))
  5. ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群(1986年、2008年拡大、文化遺産(i)(ii)(iii))
  6. グウィネズのエドワード1世の城群と市壁群(1986年、文化遺産(i)(iii)(iv))
  7. セント・キルダ(1986年、2004・2005年拡大、複合遺産(iii)(v)(vii)(ix)(x))
  8. ブレナム宮殿(1987年、文化遺産(ii)(iv))
  9. バース市街(1987年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  10. ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター寺院及び聖マーガレット教会(1987年、2008年拡大、文化遺産(i)(ii)(iv))
  11. ローマ帝国の国境線(イギリス、ドイツ共通)(1987年、2005・2008年拡大、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  12. ヘンダーソン島(1988年、自然遺産(vii)(x))
  13. ロンドン塔(1988年、文化遺産(ii)(iv))
  14. カンタベリー大聖堂、聖オーガスティン大修道院及び聖マーティン教会(1988年、文化遺産(i)(ii)(vi))
  15. エディンバラの旧市街と新市街(1995年、文化遺産(ii)(iv))
  16. ゴフ島及びインアクセシブル島(1995年、2004年拡大、自然遺産(vii)(x))
  17. 河港都市グリニッジ(1997年、文化遺産(i)(ii)(iv)(vi))
  18. オークニー諸島の新石器時代遺跡中心地(1999年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  19. バミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群(2000年、文化遺産(iv))
  20. ブレナヴォン産業用地(2000年、文化遺産(iii)(iv))
  21. ニュー・ラナーク(2001年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  22. ソルテア(2001年、文化遺産(ii)(iv))
  23. ドーセット及び東デヴォン海岸(2001年、自然遺産(viii))
  24. ダーウェント峡谷の工場群(2001年、文化遺産(ii)(iv))
  25. キュー王立植物園(2003年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  26. 海商都市リヴァプール(2004年、文化遺産(ii)(iii)(iv)、危機遺産)
  27. コーンウォールとウェストデヴォンの鉱山風景(2006年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  28. ポントカサステ水路橋と水路(2009年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  29. フォース橋(2015年、文化遺産(i)(iv))
  30. ゴーハムの洞窟群(2016年、文化遺産(iii))

■イタリア

  1. ヴァルカモニカの岩絵群(1979年、文化遺産(iii)(vi))
  2. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア、バチカン市国共通)(1980年、1990年拡大、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))
  3. レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院(1980年、文化遺産(i)(ii))
  4. フィレンツェ歴史地区(1982年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))
  5. ヴェネツィアとその潟(1987年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(v)(vi))
  6. ピサのドゥオモ広場(1987年、2007年拡大、文化遺産(i)(ii)(iv)(vi))
  7. サン・ジミニャーノ歴史地区(1990年、文化遺産(i)(iii)(iv))
  8. マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園(1993年、文化遺産(iii)(iv)(v))
  9. ヴィチェンツァ市街とヴェネト地方のパッラーディオ様式の邸宅群(1994年、1996年拡大、文化遺産(i)(ii))
  10. シエナ歴史地区(1995年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  11. ナポリ歴史地区(1995年、文化遺産(ii)(iv))
  12. クレスピ・ダッダ(1995年、文化遺産(iv)(v))
  13. フェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯(1995年、1999年拡大、文化遺産(ii)(iii)(iv)(v)(vi))
  14. デル・モンテ城(1996年、文化遺産(i)(ii)(iii))
  15. アルベロベッロのトゥルッリ(1996年、文化遺産(iii)(iv)(v))
  16. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群(1996年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  17. ピエンツァ市街の歴史地区(1996年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  18. カゼルタの18世紀の王宮と公園、ヴァンヴィテッリの水道橋とサン・レウチョ邸宅群(1997年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  19. サヴォイア王家の王宮群(1997年、文化遺産(i)(ii)(iv)(v))
  20. パドヴァの植物園[オルト・ボタニコ](1997年、文化遺産(ii)(iii))
  21. ポルトヴェネーレ、チンクエ・テッレ及び小島群[パルマリア、ティーノ及びティネット島](1997年、文化遺産(ii)(iv)(v))
  22. モデナの大聖堂、トッレ・チヴィカ及びグランデ広場(1997年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  23. ポンペイ、エルコラーノ及びトッレ・アヌンツィアータの遺跡地域(1997年、文化遺産(iii)(iv)(v))
  24. アマルフィ海岸(1997年、文化遺産(ii)(iv)(v))
  25. アグリジェントの遺跡地域(1997年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  26. ヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレ(1997年、文化遺産(i)(ii)(iii))
  27. スー・ヌラージ・ディ・バルーミニ(1997年、文化遺産(i)(iii)(iv))
  28. アクイレイアの遺跡地域と総主教聖堂バシリカ(1998年、文化遺産(iii)(iv)(vi))
  29. ウルビーノ歴史地区(1998年、文化遺産(ii)(iv))
  30. パエストゥムとヴェリアの古代遺跡群を含むチレントとディアノ渓谷国立公園とパドゥーラのカルトゥジオ修道院(1998年、文化遺産(iii)(iv))
  31. ヴィッラ・アドリアーナ[ティヴォリ](1999年、文化遺産(i)(ii)(iii))
  32. ヴェローナ市(2000年、文化遺産(ii)(iv))
  33. エオリア諸島(2000年、自然遺産(viii))
  34. アッシジ、聖フランチェスコ聖堂と関連遺跡群(2000年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))
  35. ティヴォリのエステ家別荘(2001年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))
  36. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々[シチリア島南東部](2002年、文化遺産(i)(ii)(iv)(v))
  37. ピエモンテとロンバルディアのサクリ・モンティ(2003年、文化遺産(ii)(iv))
  38. オルチア渓谷(2004年、文化遺産(iv)(vi))
  39. チェルヴェテリとタルキニアのエトルリア古代都市群(2004年、文化遺産(i)(iii)(iv))
  40. シラクサとパンタリカの岩壁墓地遺跡(2005年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))
  41. ジェノヴァ:レ・ストラーデ・ヌオーヴェとパラッツィ・デイ・ロッリ制度(2006年、文化遺産(ii)(iv))
  42. マントヴァとサッビオネータ(2008年、文化遺産(i)(ii)(iii))
  43. レーティシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観(イタリア/スイス共通)(2008年、文化遺産(ii)(iv))
  44. ドロミーティ(2009年、自然遺産(vii)(viii))
  45. サン・ジョルジオ山(イタリア、スイス共通)(2003年、2010年拡大、自然遺産(viii))
  46. アルプス山系の先史時代杭上住居跡群(イタリア、オーストリア、スイス、スロベニア、ドイツ、フランス共通)(2011年、文化遺産(iii)(v))
  47. イタリアのランゴバルド族:権勢の足跡[568-774年](2011年、文化遺産(ii)(iii)(vi))
  48. エトナ山(2013年、自然遺産(viii))
  49. トスカーナ地方のメディチ家の別荘と庭園群(2013年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  50. ピエモンテの葡萄畑景観:ランゲ・ロエロ、モンフェッラート(2014年、文化遺産(iii)(v))
  51. アラブ-ノルマン様式のパレルモおよびチェファルとモンレアーレの大聖堂(2015年、文化遺産(ii)(iv))

■ウクライナ

  1. キエフ:聖ソフィア大聖堂と関連する修道院建築物群、キエフ・ペチェールスカヤ大修道院(1990年、2005年拡大、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  2. リヴィウ歴史地区(1998年、2008年拡大、文化遺産(ii)(v))
  3. シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群(ウクライナ/エストニア/スウェーデン/ノルウェー/フィンランド/ベラルーシ/モルドバ/ラトビア/リトアニア/ロシア共通)(2005年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  4. カルパチア山地のブナ原生林とドイツの古代ブナ林(ウクライナ、スロバキア、ドイツ共通)(2007年、2011年拡大、自然遺産(ix))
  5. ブコヴィナ・ダルマティアの主教座施設(2011年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  6. ポーランド、ウクライナのカルパチア地方の木造教会(ウクライナ/ポーランド共通)(2013年、文化遺産(iii)(iv))
  7. 古代都市[タウリカのヘルソネソス]とそのホーラ(2013年、文化遺産(ii)(v))

■エストニア

  1. タリン歴史地区[旧市街](1997年、2008年拡大、文化遺産(ii)(iv))
  2. シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群(ウクライナ/エストニア/スウェーデン/ノルウェー/フィンランド/ベラルーシ/モルドバ/ラトビア/リトアニア/ロシア共通)(2005年、文化遺産(ii)(iv)(vi))

■オーストリア

  1. ザルツブルク市街の歴史地区(1996年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  2. シェーンブルン宮殿と庭園群(1996年、文化遺産(i)(iv))
  3. ハルシュタット-ダッハシュタイン・ザルツカンマーグートの文化的景観(1997年、文化遺産(iii)(iv))
  4. ゼメリング鉄道(1998年、文化遺産(ii)(iv))
  5. グラーツ市歴史地区とエッゲンベルグ城(1999年、2010年拡大、文化遺産(ii)(iv))
  6. ヴァッハウ渓谷の文化的景観(2000年、文化遺産(ii)(iv))
  7. ウィーン歴史地区(2001年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  8. フェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観(オーストリア、ハンガリー共通)(2001年、文化遺産(v))
  9. アルプス山系の先史時代杭上住居跡群(イタリア、オーストリア、スイス、スロベニア、ドイツ、フランス共通)(2011年、文化遺産(iii)(v))

■オランダ

  1. スホクラントとその周辺(1995年、文化遺産(iii)(v))
  2. アムステルダムのディフェンス・ライン(1996年、文化遺産(ii)(iv)(v))
  3. キンデルダイク・エルスハウトの風車群(1997年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  4. キュラソー島の港町ヴィレムスタット歴史地域(1997年、文化遺産(ii)(iv)(v))
  5. IR.D.F.ヴァウダヘマール[D.F.ヴァウダ蒸気水揚げポンプ場](1998年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  6. ドゥローフマーケライ・デ・ベームステル[ベームステル干拓地](1999年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  7. リートフェルト設計のシュレーダー邸(2000年、文化遺産(i)(ii))
  8. ワッデン海(オランダ/デンマーク/ドイツ共通)(2009年、2014年拡大、自然遺産(viii)(ix)(x))
  9. アムステルダムのシンゲル運河内の17世紀の環状運河地区(2010年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  10. ファンネレ工場(2014年、文化遺産(ii)(iv))

■キプロス

  1. パフォス(1980年、文化遺産(iii)(vi))
  2. トロードス地方の壁画教会群(1985年、2001年拡大、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  3. キロキティア(1998年、文化遺産(ii)(iii)(iv))

■ギリシア

  1. バッサイのアポロ・エピクリオス神殿(1986年、文化遺産(i)(ii)(iii))
  2. デルフィの古代遺跡(1987年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))
  3. アテネのアクロポリス(1987年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))
  4. アトス山(1988年、複合遺産(i)(ii)(iv)(v)(vi)(vii))
  5. メテオラ(1988年、複合遺産(i)(ii)(iv)(v)(vii))
  6. テッサロニキの初期キリスト教とビザンチン様式の建造物群(1988年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  7. アスクレピオスの聖地エピダウロス(1988年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))
  8. ロードス島の中世都市(1988年、文化遺産(ii)(iv)(v))
  9. ミストラ遺跡(1989年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  10. オリンピアの古代遺跡(1989年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))
  11. デロス島(1990年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))
  12. ダフニ修道院群、オシオス・ルカス修道院群及びヒオス島のネア・モニ修道院群(1990年、文化遺産(i)(iv))
  13. サモス島のピタゴリオンとヘラ神殿(1992年、文化遺産(ii)(iii))
  14. エゲの古代遺跡[現在名ヴェルギナ](1996年、文化遺産(i)(iii))
  15. ミケーネとティリンスの古代遺跡群(1999年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))
  16. パトモス島の“神学者”聖ヨハネ修道院と黙示録の洞窟の歴史地区[コーラ](1999年、文化遺産(iii)(iv)(vi))
  17. コルフ旧市街(2007年、文化遺産(iv))
  18. フィリッピの古代遺跡(2016年、文化遺産(iii)(iv)

■クロアチア

  1. ドブロブニク旧市街(1979年、1994年拡大、文化遺産(i)(iii)(iv))
  2. スプリットの史跡群とディオクレティアヌス宮殿(1979年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  3. プリトヴィッチェ湖群国立公園(1979年、2000年拡大、自然遺産(vii)(ix))
  4. ポレッチ歴史地区のエウフラシウス聖堂建築群(1997年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  5. 古都トロギール(1997年、文化遺産(ii)(iv))
  6. シベニクの聖ヤコブ大聖堂(2000年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  7. スタリー・グラード平原(2008年、文化遺産(i)(ii)(iii)(v))
  8. 中世墓碑ステチュツィの墓所群(クロアチア/セルビア/ボスニア・ヘルツェゴビナ/モンテネグロ共通)(2016年、文化遺産(iii)(vi)

■サンマリノ

  1. サンマリノ歴史地区とティターノ山(2008年、文化遺産(iii))

■スイス

  1. ベルン旧市街(1983年、文化遺産(iii))
  2. ザンクト・ガレン修道院(1983年、文化遺産(ii)(iv))
  3. ミュスタイルのベネディクト会ザンクト・ヨハネ修道院(1983年、文化遺産(iii))
  4. ベリンツォーナ旧市街にある3つの城、要塞及び城壁(2000年、文化遺産(iv))
  5. スイス・アルプス ユングフラウ-アレッチ(2001年、2007年拡大、自然遺産(vii)(viii)(ix))
  6. サン・ジョルジオ山(イタリア、スイス共通)(2003年、2010年拡大、自然遺産(viii))
  7. ラヴォー地区の葡萄畑(2007年、文化遺産(iii)(iv)(v))
  8. レーティシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観(イタリア/スイス共通)(2008年、文化遺産(ii)(iv))
  9. スイスのサルドーナ地殻変動地帯(2008年、自然遺産(viii))
  10. ラ・ショー‐ド‐フォン/ル・ロクル、時計製造の町(2009年、文化遺産(iv))
  11. アルプス山系の先史時代杭上住居跡群(イタリア、オーストリア、スイス、スロベニア、ドイツ、フランス共通)(2011年、文化遺産(iii)(v))
  12. ル・コルビュジエの建築作品 - 近代建築運動への顕著な貢献(スイス/ドイツ/フランス/ベルギー/インド/日本/アルゼンチン共通)(2016年、文化遺産(i)(ii)(vi)

■スウェーデン

  1. ドロットニングホルムの王領地(1991年、文化遺産(iv))
  2. ビルカとホーヴゴーデン(1993年、文化遺産(iii)(iv))
  3. エンゲルスベリの製鉄所(1993年、文化遺産(iv))
  4. タヌムの線刻画群(1994年、文化遺産(i)(iii)(iv))
  5. スクーグシュルコゴーデン(1994年、文化遺産(ii)(iv))
  6. ハンザ同盟都市ヴィスビュー(1995年、文化遺産(iv)(v))
  7. ラポニアンエリア(1996年、複合遺産(iii)(v)(vii)(viii)(ix))
  8. ルーレオーのガンメルスタードの教会街(1996年、文化遺産(ii)(iv)(v))
  9. カールスクローナの軍港(1998年、文化遺産(ii)(iv))
  10. ハイ・コースト/クヴァルケン群島(スウェーデン/フィンランド共通)(2000年、2006年拡大、自然遺産(viii))
  11. エーランド島南部の農業景観(2000年、文化遺産(iv)(v))
  12. ファールンの大銅山地域(2001年、文化遺産(ii)(iii)(v))
  13. グリメトン・ラジオ無線局、ヴァールベリ(2004年、文化遺産(ii)(iv))
  14. シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群(ウクライナ/エストニア/スウェーデン/ノルウェー/フィンランド/ベラルーシ/モルドバ/ラトビア/リトアニア/ロシア共通)(2005年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  15. ヘルシングランドの装飾農場家屋群(2012年、文化遺産(v))

■スペイン

  1. コルドバ歴史地区(1984年、1994年拡大、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  2. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン地区(1984年、1994年拡大、文化遺産(i)(iii)(iv))
  3. ブルゴス大聖堂(1984年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  4. マドリードのエル・エスコリアル修道院とその遺跡(1984年、文化遺産(i)(ii)(vi))
  5. アントニオ・ガウディの作品群(1984年、2005年拡大、文化遺産(i)(ii)(iv))
  6. アルタミラ洞窟と北スペインの旧石器時代の洞窟画(1985年、2008年拡大、文化遺産(i)(iii))
  7. セゴビア旧市街とローマ水道橋(1985年、文化遺産(i)(iii)(iv))
  8. オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群(1985年、1998年拡大、文化遺産(i)(ii)(iv))
  9. サンティアゴ・デ・コンポステーラ[旧市街](1985年、文化遺産(i)(ii)(vi))
  10. アビラの旧市街と城壁外の教会群(1985年、2007年拡大、文化遺産(iii)(iv))
  11. アラゴン州のムデハル様式建造物(1986年、2001年拡大、文化遺産(iv))
  12. 古都トレド(1986年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  13. ガラホナイ国立公園(1986年、自然遺産(vii)(ix))
  14. カセレスの旧市街(1986年、文化遺産(iii)(iv))
  15. セビリアの大聖堂、アルカサルとインディアス古文書館(1987年、文化遺産(i)(ii)(iii)(vi))
  16. サラマンカ旧市街(1988年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  17. ポブレー修道院(1991年、文化遺産(i)(iv))
  18. メリダの遺跡群(1993年、文化遺産(iii)(iv))
  19. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院(1993年、文化遺産(iv)(vi))
  20. サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路:カミーノ・フランセスとスペイン北部の巡礼路群(1993年、2015年拡大、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  21. ドニャーナ国立公園(1994年、2005年拡大、自然遺産(vii)(ix)(x))
  22. 歴史的城壁都市クエンカ(1996年、文化遺産(ii)(v))
  23. バレンシアのラ・ロンハ・デ・ラ・セダ(1996年、文化遺産(i)(iv))
  24. ラス・メドゥラス(1997年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  25. バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院(1997年、2008年拡大、文化遺産(i)(ii)(iv))
  26. ピレネー山脈-ペルデュ山(スペイン、フランス共通)(1997年、1999年拡大、複合遺産(iii)(iv)(v)(vii)(viii))
  27. サン・ミジャン・ユソとサン・ミジャン・スソの修道院群(1997年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  28. イベリア半島の地中海入り江のロックアート(1998年、文化遺産(iii))
  29. アルカラ・デ・エナレスの大学と歴史地区(1998年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  30. イビサ、生物多様性と文化(1999年、複合遺産(ii)(iii)(iv)(ix)(x))
  31. サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナ(1999年、文化遺産(ii)(iv))
  32. タラゴナの遺跡群(2000年、文化遺産(ii)(iii))
  33. エルチェの椰子園(2000年、文化遺産(ii)(v))
  34. ルーゴのローマの城壁群(2000年、文化遺産(iv))
  35. ボイ渓谷のカタルーニャ風ロマネスク様式教会群(2000年、文化遺産(ii)(iv))
  36. アタプエルカの古代遺跡(2000年、文化遺産(iii)(v))
  37. アランフェスの文化的景観(2001年、文化遺産(ii)(iv))
  38. ウベダとバエーサのルネサンス様式の記念碑的建造物群(2003年、文化遺産(ii)(iv))
  39. ビスカヤ橋(2006年、文化遺産(i)(ii))
  40. テイデ国立公園(2007年、自然遺産(vii)(viii))
  41. ヘラクレスの塔(2009年、文化遺産(iii))
  42. コア渓谷とシエガ・ヴェルデの先史時代のロックアート遺跡群(スペイン、ポルトガル共通)(1998年、2010年拡大、文化遺産(i)(iii))
  43. トラムンタナ山脈の文化的景観(2011年、文化遺産(ii)(iv)(v))
  44. 水銀関連遺産:アルマデンとイドリア(スロベニア、スペイン共通)(2012年、文化遺産(ii)(iv))
  45. アンテケラのドルメン遺跡(2016年、文化遺産(i)(iii)(iv)

■スロバキア

  1. バンスカー・シュティアヴニツァの歴史都市と近隣の工業建築物群(1993年、文化遺産(iv)(v))
  2. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財(1993年、2009年拡大、文化遺産(iv))
  3. ヴルコリニェツ(1993年、文化遺産(iv)(v))
  4. アグテレック・カルストとスロバキア・カルストの洞窟群(スロバキア、ハンガリー共通)(1995年、2000・2008年拡大、自然遺産(viii))
  5. バルデヨフ市街保護区(2000年、文化遺産(iii)(iv))
  6. カルパチア山地のブナ原生林とドイツの古代ブナ林(ウクライナ、スロバキア、ドイツ共通)(2007年、2011年拡大、自然遺産(ix))
  7. カルパチア山地のスロバキア地域の木造教会群(2008年、文化遺産(iii)(iv))

■スロベニア

  1. シュコツィアン洞窟群(1986年、自然遺産(vii)(ix))
  2. アルプス山系の先史時代杭上住居跡群(イタリア、オーストリア、スイス、スロベニア、ドイツ、フランス共通)(2011年、文化遺産(iii)(v))
  3. 水銀関連遺産:アルマデンとイドリア(スロベニア、スペイン共通)(2012年、文化遺産(ii)(iv))

■セルビア

  1. スタリ・ラスとソポチャニ(1979年、文化遺産(i)(iii))
  2. ストゥデニツァ修道院(1986年、文化遺産(i)(ii)(iv)(vi))
  3. コソボの中世建造物群(2004年、2006年拡大、文化遺産(ii)(iv)、危機遺産)
  4. ガムジグラード-ロムリア、ガレリウス宮殿(2007年、文化遺産(iii)(iv))
  5. 中世墓碑ステチュツィの墓所群(クロアチア/セルビア/ボスニア・ヘルツェゴビナ/モンテネグロ共通)(2016年、文化遺産(iii)(vi)

■チェコ

  1. プラハ歴史地区(1992年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  2. チェスキー・クルムロフ歴史地区(1992年、文化遺産(iv))
  3. テルチ歴史地区(1992年、文化遺産(i)(iv))
  4. ゼレナー・ホラのネポムークの聖ヨハネ巡礼教会(1994年、文化遺産(iv))
  5. クトナー・ホラ:聖バルバラ教会とセドレツの聖母マリア大聖堂のある歴史都市(1995年、文化遺産(ii)(iv))
  6. レドニツェ・ヴァルティツェの文化的景観(1996年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  7. クロミェルジーシュの庭園群と城(1998年、文化遺産(ii)(iv))
  8. ホラショヴィツェの歴史地区(1998年、文化遺産(ii)(iv))
  9. リトミシュル城(1999年、文化遺産(ii)(iv))
  10. オロモウツの聖三位一体柱(2000年、文化遺産(i)(iv))
  11. ブルノのトゥーゲントハート邸(2001年、文化遺産(ii)(iv))
  12. トジェビーチのユダヤ人街とプロコピウス聖堂(2003年、文化遺産(ii)(iii))

■デンマーク

  1. イェリング墳墓群、ルーン文字石碑群と教会(1994年、文化遺産(iii))
  2. ロスキレ大聖堂(1995年、文化遺産(ii)(iv))
  3. クロンボー城(2000年、文化遺産(iv))
  4. イルリサット・アイスフィヨルド(2004年、自然遺産(vii)(viii))
  5. スティーブンス・クリント(2014年、自然遺産(viii))
  6. ワッデン海(オランダ/デンマーク/ドイツ共通)(2009年、2014年拡大、自然遺産(viii)(ix)(x))
  7. モラヴィア教会の入植地クリスチャンフェルド(2015年、文化遺産(iii)(iv))
  8. シェラン島北部のパル・フォルス狩猟景観(2015年、文化遺産(ii)(iv))

■トルコ

  1. イスタンブール歴史地域(1985年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  2. ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群(1985年、複合遺産(i)(iii)(v)(vii))
  3. ディヴリーイの大モスクと病院(1985年、文化遺産(i)(iv))
  4. ハットゥシャ:ヒッタイトの首都(1986年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  5. ネムルット・ダー(1987年、文化遺産(i)(iii)(iv))
  6. クサントス、レトーン(1988年、文化遺産(ii)(iii))
  7. ヒエラポリス-パムッカレ(1988年、複合遺産(iii)(iv)(vii))
  8. サフランボル市街(1994年、文化遺産(ii)(iv)(v))
  9. トロイの古代遺跡(1998年、文化遺産(ii)(iii)(vi))
  10. セリミエ・モスクと複合施設群(2011年、文化遺産(i)(iv))
  11. チャタルホユックの新石器時代遺跡(2012年、文化遺産(ii)(iv))
  12. ブルサとジュマルクズック:オスマン帝国発祥の地(2014年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))
  13. ペルガモンとその重層的な文化的景観(2014年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))
  14. エフェソス(2015年、文化遺産(iii)(iv)(vi))
  15. ディヤルバクル城塞とエヴセル庭園の文化的景観(2015年、文化遺産(iv))
  16. アニの古代遺跡(2016年、文化遺産(ii)(iii)(iv))

■ドイツ

  1. アーヘン大聖堂(1978年、文化遺産(i)(ii)(iv)(vi))
  2. シュパイヤー大聖堂(1981年、文化遺産(ii))
  3. ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場(1981年、文化遺産(i)(iv))
  4. ヴィースの巡礼教会(1983年、文化遺産(i)(iii))
  5. ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト(1984年、文化遺産(ii)(iv))
  6. ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミカエル教会(1985年、2008年拡大、文化遺産(i)(ii)(iii))
  7. トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会(1986年、文化遺産(i)(iii)(iv)(vi))
  8. ハンザ同盟都市リューベック(1987年、文化遺産(iv))
  9. ローマ帝国の国境線(イギリス、ドイツ共通)(1987年、2005・2008年拡大、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  10. ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群(1990年、1992・1999年拡大、文化遺産(i)(ii)(iv))
  11. ロルシュの王立修道院とアルテンミュンスター(1991年、文化遺産(iii)(iv))
  12. ランメルスベルク鉱山と古都ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム(1992年、2008・2010年拡大、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  13. バンベルクの町(1993年、文化遺産(ii)(iv))
  14. マウルブロンの修道院群(1993年、文化遺産(ii)(iv))
  15. クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街(1994年、文化遺産(iv))
  16. フェルクリンゲン製鉄所(1994年、文化遺産(ii)(iv))
  17. メッセル・ピットの化石地域(1995年、自然遺産(viii))
  18. ケルン大聖堂(1996年、2008年拡大、文化遺産(i)(ii)(iv))
  19. ワイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群(1996年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  20. アイスレーベンとヴィッテンベルクにあるルターの記念建造物群(1996年、文化遺産(iv)(vi))
  21. 古典主義の都ワイマール(1998年、文化遺産(iii)(vi))
  22. ベルリンのムゼウムスインゼル[博物館島](1999年、文化遺産(ii)(iv))
  23. ヴァルトブルク城(1999年、文化遺産(iii)(vi))
  24. デッサウ・ヴェルリッツの庭園王国(2000年、文化遺産(ii)(iv))
  25. 僧院の島ライヒェナウ(2000年、文化遺産(iii)(iv)(vi))
  26. エッセンのツォルフェライン炭坑業遺産群(2001年、文化遺産(ii)(iii))
  27. ライン渓谷中流上部(2002年、文化遺産(ii)(iv)(v))
  28. シュトラールズント及びヴィスマールの歴史地区(2002年、文化遺産(ii)(iv))
  29. ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像(2004年、文化遺産(iii)(iv)(vi))
  30. ムスカウアー公園/ムジャコフスキ公園(ドイツ、ポーランド共通)(2004年、文化遺産(i)(iv))
  31. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ(2006年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  32. ベルリンの近代集合住宅群(2008年、文化遺産(ii)(iv))
  33. ワッデン海(オランダ/デンマーク/ドイツ共通)(2009年、2014年拡大、自然遺産(viii)(ix)(x))
  34. カルパチア山地のブナ原生林とドイツの古代ブナ林(ウクライナ、スロバキア、ドイツ共通)(2007年、2011年拡大、自然遺産(ix))
  35. アルプス山系の先史時代杭上住居跡群(イタリア、オーストリア、スイス、スロベニア、ドイツ、フランス共通)(2011年、文化遺産(iii)(v))
  36. アルフェルトのファグス工場(2011年、文化遺産(ii)(iv))
  37. バイロイト辺境伯のオペラハウス(2012年、文化遺産(i)(iv))
  38. ヴィルヘルムスヘーエ城公園(2013年、文化遺産(iii)(iv))
  39. コルヴァイのカロリング期ヴェストヴェルクとキウィタス(2014年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  40. ハンブルクの倉庫街とチリハウスを含む商館街(2015年、文化遺産(iv))
  41. ル・コルビュジエの建築作品 - 近代建築運動への顕著な貢献(スイス/ドイツ/フランス/ベルギー/インド/日本/アルゼンチン共通)(2016年、文化遺産(i)(ii)(vi)

■ノルウェー

  1. ウルネスの木造教会(1979年、文化遺産(i)(ii)(iii))
  2. ブリッゲン(1979年、文化遺産(iii))
  3. レーロース鉱山都市とその周辺(1980年、2010年拡大、文化遺産(iii)(iv)(v))
  4. アルタのロックアート(1985年、文化遺産(iii))
  5. ヴェガオヤン・ヴェガ群島(2004年、文化遺産(v))
  6. 西ノルウェーフィヨルド群-ガイランゲルフィヨルドとネーロイフィヨルド(2005年、自然遺産(vii)(viii))
  7. シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群(ウクライナ/エストニア/スウェーデン/ノルウェー/フィンランド/ベラルーシ/モルドバ/ラトビア/リトアニア/ロシア共通)(2005年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  8. リューカンとノトデンの産業遺産群(2015年、文化遺産(ii)(iv))

■ハンガリー

  1. ドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペスト(1987年、2002年拡大、文化遺産(ii)(iv))
  2. ホローケーの古村落とその周辺地区(1987年、文化遺産(v))
  3. アグテレック・カルストとスロバキア・カルストの洞窟群(スロバキア、ハンガリー共通)(1995年、2000・2008年拡大、自然遺産(viii))
  4. パンノンハルマのベネディクト会修道院とその自然環境(1996年、文化遺産(iv)(vi))
  5. ホルトバージ国立公園-プッツァ(1999年、文化遺産(iv)(v))
  6. ペーチ[ソピアネ]にある初期キリスト教墓地遺跡(2000年、文化遺産(iii)(iv))
  7. フェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観(オーストリア、ハンガリー共通)(2001年、文化遺産(v))
  8. トカイ・ワイン産地の歴史的文化的景観(2002年、文化遺産(iii)(v))

■バチカン市国

  1. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア、バチカン市国共通)(1980年、1990年拡大、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))
  2. バチカン市国(1984年、文化遺産(i)(ii)(iv)(vi))

■フィンランド

  1. ラウマ旧市街(1991年、文化遺産(iv)(v))
  2. スオメンリンナの要塞群(1991年、文化遺産(iv))
  3. ペタヤヴェシの古い教会(1994年、文化遺産(iv))
  4. ヴェルラ砕木・板紙工場(1996年、文化遺産(iv))
  5. サンマルラハデンマキの青銅器時代の石塚墳(1999年、文化遺産(iii)(iv))
  6. ハイ・コースト/クヴァルケン群島(スウェーデン/フィンランド共通)(2000年、2006年拡大、自然遺産(viii))
  7. シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群(ウクライナ/エストニア/スウェーデン/ノルウェー/フィンランド/ベラルーシ/モルドバ/ラトビア/リトアニア/ロシア共通)(2005年、文化遺産(ii)(iv)(vi))

■フランス

  1. モンサンミッシェルとその湾(1979年、2007年拡大、文化遺産(i)(iii)(vi))
  2. シャルトル大聖堂(1979年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  3. ベルサイユの宮殿と庭園(1979年、2007年拡大、文化遺産(i)(ii)(vi))
  4. ヴェズレーの教会と丘(1979年、2007年拡大、文化遺産(i)(vi))
  5. ヴェゼール渓谷の先史時代史跡群と洞窟壁画群(1979年、文化遺産(i)(iii))
  6. フォンテーヌブローの宮殿と庭園(1981年、文化遺産(ii)(vi))
  7. アミアン大聖堂(1981年、文化遺産(i)(ii))
  8. オランジュのローマ劇場とその周辺及び"凱旋門"(1981年、2007年拡大、文化遺産(iii)(vi))
  9. アルル、ローマ遺跡とロマネスク様式建造物群(1981年、文化遺産(ii)(iv))
  10. フォントネーのシトー会修道院(1981年、2007年拡大、文化遺産(iv))
  11. 天日製塩施設、サラン ‐ レ ‐ バン大製塩所からアルケ ‐ スナン王立製塩所まで(1982年、2009年拡大、文化遺産(i)(ii)(iv))
  12. ナンシーのスタニスラス広場、カリエール広場及びアリアンス広場(1983年、文化遺産(i)(iv))
  13. サン-サヴァン・シュール・ガルタンプの修道院教会(1983年、2007年拡大、文化遺産(i)(iii))
  14. ポルト湾:ピアナのカランケ、ジロラッタ湾、スカンドラ保護区(1983年、自然遺産(vii)(ix)(x))
  15. ポン・デュ・ガール[ローマの水道橋](1985年、2007年拡大、文化遺産(i)(iii)(iv))
  16. ストラスブールのグラン・ディル(1988年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  17. パリのセーヌ河岸(1991年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  18. ランスのノートル・ダム大聖堂、サン・レミ旧大修道院及びトー宮殿(1991年、文化遺産(i)(ii)(vi))
  19. ブールジュ大聖堂(1992年、文化遺産(i)(iv))
  20. アヴィニョン歴史地区:教皇庁宮殿、司教関連建造物群及びアヴィニョン橋(1995年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  21. ミディ運河(1996年、文化遺産(i)(ii)(iv)(vi))
  22. 歴史的城塞都市カルカソンヌ(1997年、文化遺産(ii)(iv))
  23. ピレネー山脈-ペルデュ山(スペイン、フランス共通)(1997年、1999年拡大、複合遺産(iii)(iv)(v)(vii)(viii))
  24. フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路(1998年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  25. リヨン歴史地区(1998年、文化遺産(ii)(iv))
  26. サン・テミリオン地域(1999年、文化遺産(iii)(iv))
  27. シュリー・シュル・ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷(1981年、2000年拡大、文化遺産(i)(ii)(iv))
  28. ベルギーとフランスの鐘楼群(フランス、ベルギー共通)(1999年、2005年拡大、文化遺産(ii)(iv))
  29. 中世市場都市プロヴァン(2001年、文化遺産(ii)(iv))
  30. ル・アーヴル、オーギュスト・ペレによる再建都市(2005年、文化遺産(ii)(iv))
  31. ボルドー、リューヌ港(2007年、文化遺産(ii)(iv))
  32. ヴォーバンの要塞群(2008年、文化遺産(i)(ii)(iv)(vi))
  33. ニューカレドニアのラグーン:リーフの多様性とその生態系(2008年、自然遺産(vii)(ix)(x))
  34. アルビ司教都市(2010年、文化遺産(iv)(v))
  35. レユニオン島の火山峰、圏谷と岩壁群(2010年、自然遺産(vii)(x))
  36. アルプス山系の先史時代杭上住居跡群(イタリア、オーストリア、スイス、スロベニア、ドイツ、フランス共通)(2011年、文化遺産(iii)(v))
  37. コースとセヴェンヌの地中海性農牧地の文化的景観(2011年、文化遺産(iii)(v))
  38. ノール=パ・デュ・カレー地方の炭田地帯(2012年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  39. アルデッシュ、ショーヴェ・ポンダルク洞窟壁画(2014年、文化遺産(i)(iii))
  40. シャンパーニュの丘陵、メゾンとカーヴ(2015年、文化遺産(iii)(iv)(vi))
  41. ブルゴーニュのブドウ畑のクリマ(2015年、文化遺産(iii)(v))
  42. ル・コルビュジエの建築作品 - 近代建築運動への顕著な貢献(スイス/ドイツ/フランス/ベルギー/インド/日本/アルゼンチン共通)(2016年、文化遺産(i)(ii)(vi)

■ブルガリア

  1. ボヤナ教会(1979年、文化遺産(ii)(iii))
  2. マダラの騎士像(1979年、文化遺産(i)(iii))
  3. カザンラクのトラキア人の墳墓(1979年、文化遺産(i)(iii)(iv))
  4. イヴァノヴォの岩窟教会群(1979年、文化遺産(ii)(iii))
  5. 古代都市ネセバル(1983年、文化遺産(iii)(iv))
  6. リラ修道院(1983年、文化遺産(vi))
  7. スレバルナ自然保護区(1983年、2008年拡大、自然遺産(x))
  8. ピリン国立公園(1983年、2010年拡大、自然遺産(vii)(viii)(ix))
  9. スヴェシュタリのトラキア人の墳墓(1985年、文化遺産(i)(iii))

■ベラルーシ

  1. ビャウォヴィエジャの森(ベラルーシ、ポーランド共通)(1979年、1992・2014年拡大、自然遺産(ix)(x))
  2. ミール地方の城と関連建物群(2000年、文化遺産(ii)(iv))
  3. ネースヴィジのラジヴィール家の建築、住居、文化的複合体(2005年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  4. シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群(ウクライナ/エストニア/スウェーデン/ノルウェー/フィンランド/ベラルーシ/モルドバ/ラトビア/リトアニア/ロシア共通)(2005年、文化遺産(ii)(iv)(vi))

■ベルギー

  1. フランドル地方のベギン会修道院(1998年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  2. 中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエール及びル・ルー[エノー](1998年、文化遺産(iii)(iv))
  3. ブリュッセルのグラン・プラス(1998年、文化遺産(ii)(iv))
  4. ベルギーとフランスの鐘楼群(フランス、ベルギー共通)(1999年、2005年拡大、文化遺産(ii)(iv))
  5. ブルージュ歴史地区(2000年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  6. 建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群[ブリュッセル](2000年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  7. スピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地[モンス](2000年、文化遺産(i)(iii)(iv))
  8. トゥルネーのノートル・ダム大聖堂(2000年、文化遺産(ii)(iv))
  9. プランタン-モレトゥスの家屋-工房-博物館複合体(2005年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))
  10. ストックレー邸(2009年、文化遺産(i)(ii))
  11. ワロン地方の主要な鉱山遺跡群(2012年、文化遺産(ii)(iv))
  12. ル・コルビュジエの建築作品 - 近代建築運動への顕著な貢献(スイス/ドイツ/フランス/ベルギー/インド/日本/アルゼンチン共通)(2016年、文化遺産(i)(ii)(vi)

■ボスニア・ヘルツェゴビナ

  1. モスタル旧市街の古橋地区(2005年、文化遺産(vi))
  2. ヴィシェグラードのメフメド・パシャ・ソコロヴィッチ橋(2007年、文化遺産(ii)(iv))
  3. 中世墓碑ステチュツィの墓所群(クロアチア/セルビア/ボスニア・ヘルツェゴビナ/モンテネグロ共通)(2016年、文化遺産(iii)(vi)

■ポーランド

  1. クラクフ歴史地区(1978年、文化遺産(iv))
  2. ヴィエリチカ・ボフニャ王立岩塩坑(1978年、2008・2013年拡大、文化遺産(iv))
  3. アウシュヴィッツ-ビルケナウ、ナチスドイツの強制絶滅収容所 [1940-1945](1979年、文化遺産(vi))
  4. ビャウォヴィエジャの森(ベラルーシ、ポーランド共通)(1979年、1992・2014年拡大、自然遺産(ix)(x))
  5. ワルシャワ歴史地区(1980年、文化遺産(ii)(vi))
  6. ザモシチ旧市街(1992年、文化遺産(iv))
  7. 中世都市トルニ(1997年、文化遺産(ii)(iv))
  8. マルボルクのドイツ騎士団の城(1997年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  9. カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園(1999年、文化遺産(ii)(iv))
  10. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群(2001年、文化遺産(iii)(iv)(vi))
  11. マーウォポルスカ南部の木造教会群(2003年、文化遺産(iii)(iv))
  12. ムスカウアー公園/ムジャコフスキ公園(ドイツ、ポーランド共通)(2004年、文化遺産(i)(iv))
  13. ヴロツワフの百周年記念ホール(2006年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  14. ポーランド、ウクライナのカルパチア地方の木造教会(ウクライナ/ポーランド共通)(2013年、文化遺産(iii)(iv))

■ポルトガル

  1. アゾレス諸島のアングラ・ド・エロイズモの町の中心地区(1983年、文化遺産(iv)(vi))
  2. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔(1983年、2008年拡大、文化遺産(iii)(vi))
  3. バターリャ修道院(1983年、文化遺産(i)(ii))
  4. トマールのキリスト教修道院(1983年、文化遺産(i)(vi))
  5. エヴォラ歴史地区(1986年、文化遺産(ii)(iv))
  6. アルコバッサ修道院(1989年、文化遺産(i)(iv))
  7. シントラの文化的景観(1995年、文化遺産(ii)(iv)(v))
  8. ポルト歴史地区、ルイス1世橋およびセラ・ド・ピラール修道院(1996年、文化遺産(iv))
  9. コア渓谷とシエガ・ヴェルデの先史時代のロックアート遺跡群(スペイン、ポルトガル共通)(1998年、2010年拡大、文化遺産(i)(iii))
  10. マデイラ諸島のラウリシルヴァ(1999年、自然遺産(ix)(x))
  11. ギマランイス歴史地区(2001年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  12. アルト・ドウロ・ワイン生産地域(2001年、文化遺産(iii)(iv)(v))
  13. ピーコ島のブドウ園文化の景観(2004年、文化遺産(iii)(v))
  14. 国境防備の町エルヴァスとその要塞群(2012年、文化遺産(iv))
  15. コインブラ大学-アルタとソフィア(2013年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))

■マケドニア

  1. オフリド地域の自然遺産及び文化遺産(1979年、1980年拡大、複合遺産(i)(iii)(iv)(vii))

■マルタ

  1. ハル・サフリエニ地下墳墓(1980年、文化遺産(iii))
  2. ヴァレッタ市街(1980年、文化遺産(i)(vi))
  3. マルタの巨石神殿群(1980年、1992年拡大、文化遺産(iv))

■モルドバ

  1. シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群(ウクライナ/エストニア/スウェーデン/ノルウェー/フィンランド/ベラルーシ/モルドバ/ラトビア/リトアニア/ロシア共通)(2005年、文化遺産(ii)(iv)(vi))

■モンテネグロ

  1. コトルの自然と文化-歴史地域(1979年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  2. ドゥルミトル国立公園(1980年、2005年拡大、自然遺産(vii)(ix)(x))
  3. 中世墓碑ステチュツィの墓所群(クロアチア/セルビア/ボスニア・ヘルツェゴビナ/モンテネグロ共通)(2016年、文化遺産(iii)(vi)

■ラトビア

  1. リガ歴史地区(1997年、文化遺産(i)(ii))
  2. シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群(ウクライナ/エストニア/スウェーデン/ノルウェー/フィンランド/ベラルーシ/モルドバ/ラトビア/リトアニア/ロシア共通)(2005年、文化遺産(ii)(iv)(vi))

■リトアニア

  1. ヴィルニュス歴史地区(1994年、文化遺産(ii)(iv))
  2. クルシュー砂州(リトアニア、ロシア共通)(2000年、文化遺産(v))
  3. ケルナヴェ古代遺跡[ケルナヴェ文化保護区](2004年、文化遺産(iii)(iv))
  4. シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群(ウクライナ/エストニア/スウェーデン/ノルウェー/フィンランド/ベラルーシ/モルドバ/ラトビア/リトアニア/ロシア共通)(2005年、文化遺産(ii)(iv)(vi))

■ルクセンブルク大公国

  1. ルクセンブルク市:その古い街並みと要塞群(1994年、文化遺産(iv))

■ルーマニア

  1. ドナウ・デルタ(1991年、自然遺産(vii)(x))
  2. トランシルヴァニア地方の要塞教会群のある集落(1993年、1999年拡大、文化遺産(iv))
  3. ホレズ修道院(1993年、文化遺産(ii))
  4. モルドヴィア地方の教会群(1993年、2010年拡大、文化遺産(i)(iv))
  5. シギショアラ歴史地区(1999年、文化遺産(iii)(v))
  6. マラムレシュ地方の木造教会群(1999年、文化遺産(iv))
  7. オラシュチエ山脈のダキア人の要塞群(1999年、文化遺産(ii)(iii)(iv))

■ロシア

  1. サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群(1990年、文化遺産(i)(ii)(iv)(vi))
  2. キジ島の木造教会(1990年、文化遺産(i)(iv)(v))
  3. モスクワのクレムリンと赤の広場(1990年、文化遺産(i)(ii)(iv)(vi))
  4. ノヴゴロドの文化財とその周辺地区(1992年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  5. ソロヴェツキー諸島の文化と歴史遺産群(1992年、文化遺産(iv))
  6. ウラジーミルとスーズダリの白い建造物群(1992年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  7. セルギエフ・ポサドのトロイツェ・セルギー大修道院の建造物群(1993年、文化遺産(ii)(iv))
  8. コローメンスコエの昇天教会(1994年、文化遺産(ii))
  9. コミ原生林(1995年、自然遺産(vii)(ix))
  10. バイカル湖(1996年、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  11. カムチャツカ火山群(1996年、2001年拡大、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  12. アルタイのゴールデン・マウンテン(1998年、自然遺産(x))
  13. 西コーカサス山脈(1999年、自然遺産(ix)(x))
  14. カザン・クレムリンの歴史遺産群と建築物群(2000年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  15. フェラポントフ修道院群(2000年、文化遺産(i)(iv))
  16. クルシュー砂州(リトアニア、ロシア共通)(2000年、文化遺産(v))
  17. 中央シホテ・アリン(2001年、自然遺産(x))
  18. デルベントのシタデル、古代都市、要塞建築物群(2003年、文化遺産(iii)(iv))
  19. ウヴス・ヌール盆地(モンゴル、ロシア共通)(2003年、自然遺産(ix)(x))
  20. ランゲル島保護区の自然生態系(2004年、自然遺産(ix)(x))
  21. ノヴォデヴィチ女子修道院群(2004年、文化遺産(i)(iv)(vi))
  22. ヤロスラヴリ市街の歴史地区(2005年、文化遺産(ii)(iv))
  23. シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群(ウクライナ/エストニア/スウェーデン/ノルウェー/フィンランド/ベラルーシ/モルドバ/ラトビア/リトアニア/ロシア共通)(2005年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  24. プトラナ高原(2010年、自然遺産(vii)(ix))
  25. レナ川の石柱自然公園(2012年、自然遺産(viii))
  26. ブルガールの歴史的考古学的遺跡群(2014年、文化遺産(ii)(vi))

 

 

<アジア>

 

■アゼルバイジャン

  1. 城塞都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔(2000年、文化遺産(iv))
  2. ゴブスタンのロックアートと文化的景観(2007年、文化遺産(iii))

■アフガニスタン

  1. ジャムのミナレットと考古遺跡群(2002年、文化遺産(ii)(iii)(iv)、危機遺産)
  2. バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群(2003年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi)、危機遺産)

■アルメニア

  1. ハフパトとサナヒンの修道院群(1996年、2000年拡大、文化遺産(ii)(iv))
  2. ゲハルト修道院とアザート川上流域(2000年、文化遺産(ii))
  3. エチミアツィンの大聖堂と教会群及びズヴァルトノツの古代遺跡(2000年、文化遺産(ii)(iii))

■アラブ首長国連邦UAE

  1. アル・アインの文化遺産群[ハフィート、ヒリ、ビダー・ビン・サウードとオアシス地域](2011年、文化遺産(iii)(iv)(v))

■イエメン

  1. シバームの旧城壁都市(1982年、文化遺産(iii)(iv)(v)、危機遺産)
  2. サナア旧市街(1986年、文化遺産(iv)(v)(vi)、危機遺産)
  3. 古都ザビード(1993年、文化遺産(ii)(iv)(vi)、危機遺産)
  4. ソコトラ諸島(2008年、自然遺産(x))

■イスラエル

  1. マサダ(2001年、文化遺産(iii)(iv)(vi))
  2. アッコ旧市街(2001年、文化遺産(ii)(iii)(v))
  3. テルアビブのホワイト・シティ-近代化運動(2003年、文化遺産(ii)(iv))
  4. 香料の道-ネゲヴ砂漠都市(2005年、文化遺産(iii)(v))
  5. 聖書時代の遺丘群-メギド、ハツォール、ベエル・シェバ(2005年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))
  6. ハイファ及び西ガリラヤ地方のバハイ聖地群(2008年、文化遺産(iii)(vi))
  7. 人類の進化を示すカルメル山の遺跡:ナハル・メアロット/ワディ・エルムガーラ渓谷の洞窟群(2012年、文化遺産(iii)(v))
  8. 洞窟の地の小宇宙としてのユダヤ低地のマレシャとベイト・グブリンの洞窟群(2014年、文化遺産(v))
  9. ベート・シェアリムの墓地遺跡:ユダヤ再興を示すランドマーク(2015年、文化遺産(ii)(iii))

■イラク

  1. ハトラ(1985年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi)、危機遺産)
  2. アッシュール[カラット・シェルカット](2003年、文化遺産(iii)(iv)、危機遺産)
  3. 都市遺跡サーマッラー(2007年、文化遺産(ii)(iii)(iv)、危機遺産)
  4. エルビル城塞(2014年、文化遺産(iv))
  5. 南イラクのアフワール:生物の避難所と古代メソポタミア都市景観の残影(2016年、複合遺産(iii)(v)(ix)(x)

■イラン

  1. チョガ・ザンビール(1979年、文化遺産(iii)(iv))
  2. ペルセポリス(1979年、文化遺産(i)(iii)(vi))
  3. イスファハンのイマーム広場(1979年、文化遺産(i)(v)(vi))
  4. タフテ・スレマーン(2003年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))
  5. パサルガダエ(2004年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  6. バムとその文化的景観(2004年、2007年拡大、文化遺産(ii)(iii)(iv)(v))
  7. ソルターニーエ(2005年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  8. ビソトゥーン(2006年、文化遺産(ii)(iii))
  9. イランのアルメニア修道院群(2008年、文化遺産(ii)(iii)(vi))
  10. シューシュタルの歴史的水利施設(2009年、文化遺産(i)(ii)(v))
  11. アルダビールのシェイフ・サフィー・アッディーンの修道院と聖者廟複合体群と寺院群(2010年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  12. タブリーズの歴史的バザール複合体(2010年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  13. ペルシア庭園(2011年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))
  14. ゴンバデ・カーブース(2012年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  15. イスファハンのジャーメ・モスク(2012年、文化遺産(ii))
  16. ゴレスタン宮殿(2013年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  17. シャフレ・ソフテ(2014年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  18. スーサ(2015年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  19. メイマンドの文化的景観(2015年、文化遺産(v))
  20. イランの地下水路カナート(2016年、文化遺産(iii)(iv)
  21. ルート砂漠(2016年、自然遺産(vii)(viii)

■インド

  1. アジャンター石窟群(1983年、文化遺産(i)(ii)(iii)(vi))
  2. エローラ石窟群(1983年、文化遺産(i)(iii)(vi))
  3. アグラ城塞(1983年、文化遺産(iii))
  4. タージマハル(1983年、文化遺産(i))
  5. コナーラクの太陽神寺院(1984年、文化遺産(i)(iii)(vi))
  6. マハーバリプラムの建造物群(1984年、文化遺産(i)(ii)(iii)(vi))
  7. カジランガ国立公園(1985年、自然遺産(ix)(x))
  8. マナス野生生物保護区(1985年、自然遺産(vii)(ix)(x))
  9. ケオラデオ国立公園(1985年、自然遺産(x))
  10. ゴアの教会群と修道院群(1986年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  11. カジュラホの建造物群(1986年、文化遺産(i)(iii))
  12. ハンピの建造物群(1986年、文化遺産(i)(iii)(iv))
  13. ファテープル・シークリー(1986年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  14. パッタダカルの建造物群(1987年、文化遺産(iii)(iv))
  15. エレファンタ石窟群(1987年、文化遺産(i)(iii))
  16. 大チョーラ朝寺院群(1987年、2004年拡大、文化遺産(ii)(iii))
  17. スンダルバンス国立公園(1987年、自然遺産(ix)(x))
  18. ナンダ・デヴィ国立公園及び花の谷国立公園(1988年、2005年拡大、自然遺産(vii)(x))
  19. サーンチーの仏教建造物群(1989年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))
  20. デリーのフマユーン廟(1993年、文化遺産(ii)(iv))
  21. デリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群(1993年、文化遺産(iv))
  22. インドの山岳鉄道群(1999年、2005・2008年拡大、文化遺産(ii)(iv))
  23. ブッダガヤの大菩提寺(2002年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))
  24. ビンベットカのロック・シェルター群(2003年、文化遺産(iii)(v))
  25. チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅[旧名ヴィクトリア・ターミナス](2004年、文化遺産(ii)(iv))
  26. チャンパネール・パーヴァガドゥ遺跡公園(2004年、文化遺産(iii)(iv)(v)(vi))
  27. レッド・フォートの建造物群(2007年、文化遺産(ii)(iii)(vi))
  28. ジャイプールにあるジャンタール・マンタール(2010年、文化遺産(iii)(iv))
  29. 西ガーツ山脈(2012年、自然遺産(ix)(x))
  30. ラジャスタンの丘陵要塞群(2013年、文化遺産(ii)(iii))
  31. ラニ・キ・ヴァヴ グジャラート・パタンの女王の階段井戸(2014年、文化遺産(i)(iv))
  32. 大ヒマラヤ国立公園(2014年、自然遺産(vii)(x))
  33. ル・コルビュジエの建築作品 - 近代建築運動への顕著な貢献(スイス/ドイツ/フランス/ベルギー/インド/日本/アルゼンチン共通)(2016年、文化遺産(i)(ii)(vi)
  34. ビハール州ナーランダ・マハーヴィハーラ[ナーランダ大学]の遺跡(2016年、文化遺産(iv)(vi)
  35. カンチェンゾンガ国立公園(2016年、複合遺産(iii)(vi)(vii)(x)

■インドネシア

  1. ボロブドゥール寺院遺跡群(1991年、文化遺産(i)(ii)(vi))
  2. ウジュン・クロン国立公園(1991年、自然遺産(vii)(x))
  3. コモド国立公園(1991年、自然遺産(vii)(x))
  4. プランバナン寺院遺跡群(1991年、文化遺産(i)(iv))
  5. サンギラン初期人類遺跡(1996年、文化遺産(iii)(vi))
  6. ロレンツ国立公園(1999年、自然遺産(viii)(ix)(x))
  7. スマトラの熱帯雨林遺産(2004年、自然遺産(vii)(ix)(x)、危機遺産)
  8. バリ州の文化的景観:トリ・ヒタ・カラナ哲学に基づくスバック灌漑システム(2012年、文化遺産(ii)(iii)(v)(vi))

■ウズベキスタン

  1. イチャン・カラ(1990年、文化遺産(iii)(iv)(v))
  2. ブハラ歴史地区(1993年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  3. シャフリサブス歴史地区(2000年、文化遺産(iii)(iv)、危機遺産
  4. サマルカンド-文化交差路(2001年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  5. 西天山(ウズベキスタン/カザフスタン/キルギス共通)(2016年、自然遺産(x)

■エルサレム(ヨルダン申請遺産)

  1. エルサレムの旧市街とその城壁群(1981年、文化遺産(ii)(iii)(vi))

■オマーン

  1. バハラ城塞(1987年、文化遺産(iv))
  2. バット、アル・フトゥム、アル・アインの古代遺跡群(1988年、文化遺産(iii)(iv))
  3. フランキンセンス[乳香]の国土(2000年、文化遺産(iii)(iv))
  4. アフラージュ、オマーンの灌漑システム(2006年、文化遺産(v))

■カザフスタン

  1. ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟(2003年、文化遺産(i)(iii)(iv))
  2. タムガリの考古的景観にある岩絵群(2004年、文化遺産(iii))
  3. サルヤルカ-カザフスタン北部のステップと湖沼群(2008年、自然遺産(ix)(x))
  4. シルクロード:長安-天山回廊の交易路網(カザフスタン/キルギス/中国共通)(2014年、文化遺産(ii)(iii)(v)(vi))
  5. 西天山(ウズベキスタン/カザフスタン/キルギス共通)(2016年、自然遺産(x)

■カタール

  1. アル・ズバラ考古遺跡(2013年、文化遺産(iii)(iv)(v))

■韓国

  1. ソックラムとプルグクサ[石窟庵と仏国寺](1995年、文化遺産(i)(iv))
  2. ヘインサ・ジャンギョンパンジョン:八萬大蔵経の納められた伽耶山海印寺(1995年、文化遺産(iv)(vi))
  3. チョンミョ[宗廟](1995年、文化遺産(iv))
  4. チャンドックン[昌徳宮](1997年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  5. ファソン[華城](1997年、文化遺産(ii)(iii))
  6. キョンジュ[慶州]歴史地域(2000年、文化遺産(ii)(iii))
  7. コチャン[高敞]、ファスン[和順]、カンファ[江華]の支石墓群跡(2000年、文化遺産(iii))
  8. ジェジュ[済州]火山島と溶岩洞窟群窟群(2007年、自然遺産(vii)(viii))
  9. 朝鮮王朝の王墓群(2009年、文化遺産(iii)(iv)(vi))
  10. 韓国の歴史的集落群:河回と良洞(2010年、文化遺産(iii)(vi))
  11. 南漢山城(2014年、文化遺産(ii)(iv))
  12. 百済歴史地域(2015年、文化遺産(ii)(iii))

■カンボジア

  1. アンコール(1992年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  2. プレア・ヴィヒア寺院(2008年、文化遺産(i))

■キルギス

  1. スライマン・トー聖山( 2009年、文化遺産(iii)(vi))
  2. シルクロード:長安-天山回廊の交易路網(カザフスタン/キルギス/中国共通)(2014年、文化遺産(ii)(iii)(v)(vi))
  3. 西天山(ウズベキスタン/カザフスタン/キルギス共通)(2016年、自然遺産(x)

■サウジアラビア

  1. アル-ヒジュル古代遺跡[マダイン・サーレハ](2008年、文化遺産(ii)(iii))
  2. ディルイーヤのトライフ(2010年、文化遺産(iv)(v)(vi))
  3. ジェッダ歴史地区:メッカへの玄関口(2014年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  4. サウジアラビアのハイール地方のロックアート(2015年、文化遺産(i)(iii))

■ジョージア

  1. ムツヘタの文化財群(1994年、文化遺産(iii)(iv))
  2. バグラティ大聖堂とゲラティ修道院(1994年、文化遺産(iv)、危機遺産)
  3. アッパー・スヴァネティ(1996年、文化遺産(iv)(v))

■シリア

  1. 古都ダマスカス(1979年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi)、危機遺産)
  2. 古代都市ボスラ(1980年、文化遺産(i)(iii)(vi)、危機遺産)
  3. パルミラの遺跡(1980年、文化遺産(i)(ii)(iv)、危機遺産)
  4. 古都アレッポ(1986年、文化遺産(iii)(iv)、危機遺産)
  5. クラック・デ・シュバリエとカラット・サラディン(2006年、文化遺産(ii)(iv)、危機遺産)
  6. シリア北部の古代村落群(2011年、文化遺産(iii)(iv)(v)、危機遺産)

■シンガポール

  1. シンガポール植物園(2015年、文化遺産(ii)(iv))

■スリランカ

  1. 聖地アヌラーダプラ(1982年、文化遺産(ii)(iii)(vi))
  2. 古代都市ポロンナルワ(1982年、文化遺産(i)(iii)(vi))
  3. 古代都市シギリヤ(1982年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  4. シンハラジャ森林保護区(1988年、自然遺産(ix)(x))
  5. 聖地キャンディ(1988年、文化遺産(iv)(vi))
  6. ゴール旧市街とその要塞群(1988年、文化遺産(iv))
  7. ダンブッラの黄金寺院(1991年、文化遺産(i)(vi))
  8. スリランカ中央高原 (2010年、自然遺産(ix)(x))

■タイ

  1. 古代都市スコータイと周辺の古代都市群(1991年、文化遺産(i)(iii))
  2. 古都アユタヤ(1991年、文化遺産(iii))
  3. トゥンヤイ-ファイ・カ・ケン野生生物保護区群(1991年、自然遺産(vii)(ix)(x))
  4. バンチェンの古代遺跡(1992年、文化遺産(iii))
  5. ドン・パヤーイェン-カオ・ヤイ森林群(2005年、自然遺産(x))

■タジキスタン

  1. サラズムの遺跡(2010年、文化遺産(ii)(iii))
  2. タジク国立公園[パミール山脈](2013年、自然遺産(vii)(viii))

■中国

  1. 泰山(1987年、複合遺産(i)(ii)(iii)(iv)(v)(vi)(vii))
  2. 万里の長城(1987年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))
  3. 北京と瀋陽の明・清朝の皇宮群(1987年、2004年拡大、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  4. 莫高窟(1987年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(v)(vi))
  5. 秦の始皇陵(1987年、文化遺産(i)(iii)(iv)(vi))
  6. 周口店の北京原人遺跡(1987年、文化遺産(iii)(vi))
  7. 黄山(1990年、複合遺産(ii)(vii)(x))
  8. 九寨溝の渓谷の景観と歴史地域(1992年、自然遺産(vii))
  9. 黄龍の景観と歴史地域(1992年、自然遺産(vii))
  10. 武陵源の自然景観と歴史地域(1992年、自然遺産(vii))
  11. 承徳の避暑山荘と外八廟(1994年、文化遺産(ii)(iv))
  12. 曲阜の孔廟、孔林、孔府(1994年、文化遺産(i)(iv)(vi))
  13. 武当山の古代建築物群(1994年、文化遺産(i)(ii)(vi))
  14. ラサのポタラ宮歴史地区(1994年、2000・2001年拡大、文化遺産(i)(iv)(vi))
  15. 廬山国立公園(1996年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))
  16. 峨眉山と楽山大仏(1996年、複合遺産(iv)(vi)(x))
  17. 麗江旧市街(1997年、文化遺産(ii)(iv)(v))
  18. 古都平遥(1997年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  19. 蘇州古典園林(1997年、2000年拡大、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(v))
  20. 頤和園:北京の皇帝の庭園(1998年、文化遺産(i)(ii)(iii))
  21. 天壇:北京の皇帝の廟壇(1998年、文化遺産(i)(ii)(iii))
  22. 武夷山(1999年、複合遺産(iii)(vi)(vii)(x))
  23. 大足石刻(1999年、文化遺産(i)(ii)(iii))
  24. 青城山と都江堰灌漑施設(2000年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  25. 安徽南部の古村落-西逓・宏村(2000年、文化遺産(iii)(iv)(v))
  26. 龍門石窟(2000年、文化遺産(i)(ii)(iii))
  27. 明・清朝の皇帝陵墓群(2000年、2003・2004年拡大、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))
  28. 雲崗石窟(2001年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  29. 雲南三江併流の保護地域群(2003年、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  30. 古代高句麗王国の首都と古墳群(2004年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(v))
  31. マカオ歴史地区(2005年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))
  32. 四川ジャイアント・パンダ保護区群(2006年、自然遺産(x))
  33. 殷墟(2006年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))
  34. 中国南方カルスト(2007年、2014年拡大、自然遺産(vii)(viii))
  35. 開平の望楼群と村落(2007年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  36. 福建の土楼(2008年、文化遺産(iii)(iv)(v))
  37. 三清山国立公園(2008年、自然遺産(vii))
  38. 五台山(2009年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))
  39. 河南登封の文化財”天地之中”(2010年、文化遺産(iii)(vi))
  40. 中国丹霞(2010年、自然遺産(vii)(viii))
  41. 杭州西湖の文化的景観(2011年、文化遺産(ii)(iii)(vi))
  42. 上都[ザナドゥ]の遺跡(2012年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))
  43. 澄江の化石産地(2012年、自然遺産(viii))
  44. 新疆・天山(2013年、自然遺産(vii)(ix))
  45. 紅河ハニ棚田群の文化的景観(2013年、文化遺産(iii)(v))
  46. シルクロード:長安-天山回廊の交易路網(カザフスタン/キルギス/中国共通)(2014年、文化遺産(ii)(iii)(v)(vi))
  47. 中国大運河(2014年、文化遺産(i)(iii)(iv)(vi))
  48. 土司の遺跡群(2015年、文化遺産(ii)(iii))
  49. 左江花山のロックアートの文化的景観(2016年、文化遺産(iii)(vi)
  50. 湖北省の神農架(2016年、自然遺産(ix)(x)

■朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)

  1. 高句麗[コグリョ]古墳群(2004年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  2. 開城[ケソン]の歴史的建造物と遺跡(2013年、文化遺産(ii)(iii))

■トルクメニスタン

  1. 国立歴史文化公園“古代メルフ”(1999年、文化遺産(ii)(iii))
  2. クニヤ・ウルゲンチ(2005年、文化遺産(ii)(iii))
  3. ニサのパルティア要塞群(2007年、文化遺産(ii)(iii))

■日本

  1. 法隆寺地域の仏教建造物(1993年、文化遺産(i)(ii)(iv)(vi))
  2. 姫路城(1993年、文化遺産(i)(iv))
  3. 屋久島(1993年、自然遺産(vii)(ix))
  4. 白神山地(1993年、自然遺産(ix))
  5. 古都京都の文化財[京都市、宇治市、大津市](1994年、文化遺産(ii)(iv))
  6. 白川郷・五箇山の合掌造り集落(1995年、文化遺産(iv)(v))
  7. 広島平和記念碑[原爆ドーム](1996年、文化遺産(vi))
  8. 厳島神社(1996年、文化遺産(i)(ii)(iv)(vi))
  9. 古都奈良の文化財(1998年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))
  10. 日光の社寺(1999年、文化遺産(i)(iv)(vi))
  11. 琉球王国のグスク及び関連遺産群(2000年、文化遺産(ii)(iii)(vi))
  12. 紀伊山地の霊場と参詣道(2004年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))
  13. 知床(2005年、自然遺産(ix)(x))
  14. 石見銀山遺跡とその文化的景観(2007年、文化遺産(ii)(iii)(v))
  15. 小笠原諸島(2011年、自然遺産(ix))
  16. 平泉‐仏国土[浄土]を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群(2011年、文化遺産(ii)(vi))
  17. 富士山-信仰の対象と芸術の源泉(2013年、文化遺産(iii)(vi))
  18. 富岡製糸場と絹産業遺産群(2014年、文化遺産(ii)(iv))
  19. 明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業(2015年、文化遺産(ii)(iv))
  20. ル・コルビュジエの建築作品 - 近代建築運動への顕著な貢献(スイス/ドイツ/フランス/ベルギー/インド/日本/アルゼンチン共通)(2016年、文化遺産(i)(ii)(vi)

■ネパール

  1. サガルマータ国立公園(1979年、自然遺産(vii))
  2. カトマンズの谷(1979年、2006年拡大、文化遺産(iii)(iv)(vi))
  3. チトワン国立公園(1984年、自然遺産(vii)(ix)(x))
  4. 仏陀の生誕地ルンビニ(1997年、文化遺産(iii)(vi))

■バーレーン

  1. カルアト・アル-バフレーン-古代の港とディルムンの首都(2005年、2008年拡大、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  2. 島の経済を表す真珠産業遺産(2012年、文化遺産(iii))

■バングラデシュ

  1. バゲルハットのモスク都市(1985年、文化遺産(iv))
  2. パハルプールの仏教寺院遺跡群(1985年、文化遺産(i)(ii)(vi))
  3. シュンドルボン(1997年、自然遺産(ix)(x))

■パキスタン

  1. モヘンジョダロの遺跡群(1980年、文化遺産(ii)(iii))
  2. タキシラ(1980年、文化遺産(iii)(vi))
  3. タフティ・バヒーの仏教遺跡群とサリ・バロールの近隣都市遺跡群(1980年、文化遺産(iv))
  4. タッタとマクリの歴史的建造物群(1981年、文化遺産(iii))
  5. ラホールの城塞とシャーリマール庭園(1981年、文化遺産(i)(ii)(iii))
  6. ロータス城塞(1997年、文化遺産(ii)(iv))

■パレスチナ

  1. イエス生誕の地:ベツレヘムの聖誕教会と巡礼路(2012年、文化遺産(iv)(vi)、危機遺産)
  2. パレスチナ:オリーブとワインの地-エルサレム南部バティールの文化的景観(2014年、文化遺産(iv)(v)、危機遺産)

■フィリピン

  1. トゥバタハ岩礁海中公園(1993年、2009年拡大、自然遺産(vii)(ix)(x))
  2. フィリピンのバロック様式教会群(1993年、文化遺産(ii)(iv))
  3. フィリピン・コルディリェーラの棚田群(1995年、文化遺産(iii)(iv)(v))
  4. 古都ビガン(1999年、文化遺産(ii)(iv))
  5. プエルト・プリンセサ地下河川国立公園(1999年、自然遺産(vii)(x))
  6. ハミギタン山地野生生物保護区(2014年、自然遺産(x))

■ベトナム

  1. フエの建造物群(1993年、文化遺産(iv))
  2. ハロン湾(1994年、2000年拡大、自然遺産(vii)(viii))
  3. 古都ホイアン(1999年、文化遺産(ii)(v))
  4. ミーソン聖域(1999年、文化遺産(ii)(iii))
  5. フォンニャ-ケバン国立公園(2003年、2015年拡大、自然遺産(viii)(ix)(x))
  6. ハノイ-タンロン王城遺跡中心地区(2010年、文化遺産(ii)(iii)(vi))
  7. ホー朝[胡朝]の城塞(2011年、文化遺産(ii)(iv))
  8. チャンアン複合景観(2014年、複合遺産(v)(vii)(viii))

■マレーシア

  1. キナバル自然公園(2000年、自然遺産(ix)(x))
  2. グヌン・ムル国立公園(2000年、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  3. マラッカとジョージタウン、マラッカ海峡の古都群(2008年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  4. レンゴン渓谷の考古遺跡(2012年、文化遺産(iii)(iv))

■ミャンマー

  1. ピュー古代都市群(2014年、文化遺産(ii)(iii)(iv))

■モンゴル

  1. ウヴス・ヌール盆地(ロシア、モンゴル共通)(2003年、自然遺産(ix)(x))
  2. 大ボルハン・ハルドゥン山とその周辺の聖なる景観(2004年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  3. モンゴル・アルタイ山系の岩絵群(2011年、文化遺産(iii))
  4. 大ボルハン・ハルドゥン山とその周辺の聖なる景観(2015年、文化遺産(iv)(vi))

■ヨルダン

  1. ペトラ(1985年、文化遺産(i)(iii)(iv))
  2. アムラ城(1985年、文化遺産(i)(iii)(iv))
  3. ウム・エル-ラサス[キャストロ・メファ](2004年、文化遺産(i)(iv)(vi))
  4. ワディ・ラム保護地域(2011年、複合遺産(iii)(v)(vii))
  5. 洗礼の地"ヨルダン川対岸のベタニア"[アル・マグタス](2015年、文化遺産(iii)(vi))

■ラオス

  1. ルアンパバンの町(1995年、文化遺産(ii)(iv)(v))
  2. チャンパーサック県の文化的景観にあるワット・プーと関連古代遺産群(2001年、文化遺産(iii)(iv)(vi))

■レバノン

  1. アンジャル(1984年、文化遺産(iii)(iv))
  2. バールベック(1984年、文化遺産(i)(iv))
  3. ビブロス(1984年、文化遺産(iii)(iv)(vi))
  4. ティルス(1984年、文化遺産(iii)(vi))
  5. カディーシャ渓谷[聖なる谷]と神のスギの森[ホルシュ・アルツ・エル-ラーブ](1998年、文化遺産(iii)(iv))

 

 

<オセアニア・大洋州>

 

■オーストラリア

  1. カカドゥ国立公園(1981年、1987・1992年拡大、複合遺産(i)(vi)(vii)(ix)(x))
  2. グレートバリアリーフ(1981年、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  3. ウィランドラ湖群地域(1981年、複合遺産(iii)(viii))
  4. タスマニア原生地域(1982年、1989年拡大、複合遺産(iii)(iv)(vi)(vii)(viii)(ix)(x))
  5. ロード・ハウ諸島(1982年、自然遺産(vii)(x))
  6. オーストラリアのゴンドワナ雨林(1986年、1994年拡大、自然遺産(viii)(ix)(x))
  7. ウルル・カタ・ジュタ国立公園(1987年、1994年拡大、複合遺産(v)(vi)(vii)(viii))
  8. クイーンズランドの湿潤熱帯地域(1988年、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  9. 西オーストラリアのシャーク湾(1991年、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  10. フレーザー島(1992年、自然遺産(vii)(viii)(ix))
  11. オーストラリアの哺乳類化石地域[リヴァーズレー/ナラコーテ](1994年、自然遺産(viii)(ix))
  12. ハード島とマクドナルド諸島(1997年、自然遺産(viii)(ix))
  13. マッコーリー島(1997年、自然遺産(vii)(viii))
  14. グレーター・ブルー・マウンテンズ地域(2000年、自然遺産(ix)(x))
  15. パーヌルル国立公園(2003年、自然遺産(vii)(viii))
  16. ロイヤル・エキシビジョン・ビルとカールトン庭園(2004年、文化遺産(ii))
  17. シドニー・オペラハウス(2007年、文化遺産(i))
  18. オーストラリア囚人遺跡群(2010年、文化遺産(iv)(vi))
  19. ニンガルー・コースト(2011年、自然遺産(vii)(x))

■キリバス

  1. フェニックス諸島保護地域(2010年、自然遺産(vii)(ix))

■ソロモン諸島

  1. 東レンネル(1998年、自然遺産(ix)、危機遺産)

■ニュージーランド

  1. テ・ワヒポウナム-南西ニュージーランド(1990年、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  2. トンガリロ国立公園(1990年、1993年拡大、複合遺産(vi)(vii)(ix))
  3. ニュージーランドの亜南極諸島(1998年、自然遺産(ix)(x))

■バヌアツ

  1. 酋長ロイ・マタの地(2008年、文化遺産(iii)(iv)(vi))

■パプアニューギニア

  1. クックの初期農耕遺跡(2008年、文化遺産(iii)(iv)(v))

■パラオ

  1. 南ラグーンのロックアイランド群(2012年、複合遺産(iii)(v)(vii)(ix)(x))

■フィジー

  1. レブカ歴史的港町(2013年、文化遺産(ii)(iv))

■マーシャル諸島

  1. ビキニ環礁核実験場(2010年、文化遺産(iv)(vi))

■ミクロネシア

  1. ナン・マドール:東ミクロネシアの儀式の中心地(2016年、文化遺産(i)(iii)(iv)(vi)、危機遺産

 

 

<北アメリカ>

 

■アンティグア・バーブーダ

  1. アンティグアの海軍造船所と関連考古遺跡群(2016年、文化遺産(ii)(iv)

■アメリカ合衆国

  1. メサ・ヴェルデ国立公園(1978年、文化遺産(iii))
  2. イエローストーン国立公園(1978年、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  3. グランドキャニオン国立公園(1979年、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  4. エバーグレーズ国立公園(1979年、自然遺産(viii)(ix)(x)、危機遺産)
  5. 独立記念館(1979年、文化遺産(vi))
  6. クルアーニー/ランゲル-セント・イライアス/グレーシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセク(アメリカ、カナダ共通)(1979年、1992・1994年拡大、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  7. レッドウッド国立公園及び州立公園(1980年、自然遺産(vii)(ix))
  8. マンモス・ケーヴ国立公園(1981年、自然遺産(vii)(viii)(x))
  9. オリンピック国立公園(1981年、1990年拡大、自然遺産(vii)(ix))
  10. カホキア墳丘群州立史跡(1982年、文化遺産(iii)(iv))
  11. グレート・スモーキー山脈国立公園(1983年、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  12. プエルト・リコのラ・フォルタレサとサン・ファン国定史跡(1983年、文化遺産(vi))
  13. 自由の女神像(1984年、文化遺産(i)(vi))
  14. ヨセミテ国立公園(1984年、自然遺産(vii)(viii)(ix))
  15. チャコ文化(1987年、文化遺産(iii))
  16. シャーロットヴィルのモンティセロとヴァージニア大学(1987年、文化遺産(i)(iv)(vi))
  17. ハワイ火山国立公園(1987年、自然遺産(ix))
  18. プエブロ・デ・タオス(1992年、文化遺産(iv))
  19. カールズバッド洞窟群国立公園(1995年、自然遺産(vii)(viii))
  20. ウォータートン・グレーシャー国際平和自然公園自然(アメリカ、カナダ共通)(1995年、自然遺産(vii)(ix))
  21. パパハナウモクアケア(2010年、複合遺産(iii)(vi)(viii)(ix)(x))
  22. ポバティー・ポイントの記念碑的土構造物群(2014年、文化遺産(iii))
  23. サン・アントニオ伝道施設群(2015年、文化遺産(ii))

■エルサルバドル

  1. ホヤ・デ・セレンの古代遺跡(1993年、文化遺産(iii)(iv))

■カナダ

  1. ランス・オ・メドー国定史跡(1978年、文化遺産(vi))
  2. ナハニ国立公園(1978年、自然遺産(vii)(ix))
  3. 恐竜州立自然公園(1979年、自然遺産(vii)(viii))
  4. クルアーニー/ランゲル-セント・イライアス/グレーシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセク(アメリカ、カナダ共通)(1979年、1992・1994年拡大、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  5. スカン・グアイ(1981年、文化遺産(iii))
  6. ヘッド-スマッシュト-イン・バッファロー・ジャンプ(1981年、文化遺産(vi))
  7. ウッド・バッファロー国立公園(1983年、自然遺産(vii)(ix)(x))
  8. カナディアン・ロッキー山脈自然公園群(1984年、1990年拡大、自然遺産(vii)(viii)(ix))
  9. ケベック旧市街の歴史地区(1985年、文化遺産(iv)(vi))
  10. グロス・モーン国立公園(1987年、自然遺産(vii)(viii))
  11. ルーネンバーグ旧市街(1995年、文化遺産(iv)(v))
  12. ミグアシャ国立公園(1999年、自然遺産(viii))
  13. ウォータートン・グレーシャー国際平和自然公園自然(アメリカ、カナダ共通)(1995年、自然遺産(vii)(ix))
  14. リドー運河(2007年、文化遺産(i)(iv))
  15. ジョギンズ化石断崖(2008年、自然遺産(viii))
  16. グラン・プレの景観(2012年、文化遺産(v)(vi))
  17. レッドベイのバスク人捕鯨基地(2013年、文化遺産(iii)(iv))
  18. ミステイクン・ポイント(2016年、自然遺産(viii)

■キューバ

  1. オールド・ハバナとその要塞群(1982年、文化遺産(iv)(v))
  2. トリニダードとロス・インヘニオス渓谷(1988年、文化遺産(iv)(v))
  3. サンティアゴ・デ・キューバのサン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城(1997年、文化遺産(iv)(v))
  4. ビニャーレス渓谷(1999年、文化遺産(iv))
  5. グランマ号上陸記念国立公園(1999年、自然遺産(vii)(viii))
  6. キューバ南東部のコーヒー農園発祥地の景観(2000年、文化遺産(iii)(iv))
  7. アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園(2001年、自然遺産(ix)(x))
  8. シエンフェゴスの都市歴史地区(2005年、文化遺産(ii)(iv))
  9. カマグェイの歴史地区(2008年、文化遺産(iv)(v))

■グアテマラ

  1. ティカル国立公園(1979年、複合遺産(i)(iii)(iv)(ix)(x))
  2. アンティグア・グアテマラ(1979年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  3. キリグアの遺跡公園と遺跡群(1981年、文化遺産(i)(ii)(iv))

■コスタリカ

  1. タラマンカ地方-ラ・アミスター保護区群/ラ・アミスター国立公園(コスタリカ、パナマ共通)(1983年、1990年拡大、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  2. ココ島国立公園(1997年、2002年拡大、自然遺産(ix)(x))
  3. グアナカステ保全地域(1999年、2004年拡大、自然遺産(ix)(x))
  4. ディキスの石球のある先コロンブス期首長制集落群(2014年、文化遺産(iii))

■ジャマイカ

  1. ブルーマウンテン山脈とジョン・クロウ山地(2015年、複合遺産(iii)(vi)(x))

■セントクリストファー・ネーヴィス

  1. ブリムストーン・ヒル要塞国立公園(1999年、文化遺産(iii)(iv))

■セントルシア

  1. ピトンズ・マネジメント・エリア(2004年、自然遺産(vii)(viii))

■ドミニカ

  1. モーン・トロワ・ピトンズ国立公園(1997年、自然遺産(viii)(x))

■ドミニカ共和国

  1. サント・ドミンゴ植民都市(1990年、文化遺産(ii)(iv)(vi))

■ニカラグア

  1. レオン・ビエホ遺跡群(2000年、文化遺産(iii)(iv))
  2. レオン大聖堂(2011年、文化遺産(ii)(iv))

■ハイチ

  1. 国立歴史公園-シタデル、サン・スーシ、ラミエ(1982年、文化遺産(iv)(vi))

■パナマ

  1. パナマのカリブ海沿岸の要塞群:ポルトベロとサン・ロレンソ(1980年、文化遺産(i)(iv)、危機遺産)
  2. ダリエン国立公園(1981年、自然遺産(vii)(ix)(x))
  3. タラマンカ地方-ラ・アミスター保護区群/ラ・アミスター国立公園(コスタリカ、パナマ共通)(1983年、1990年拡大、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  4. パナマ・ビエホ古代遺跡とパナマの歴史地区(1997年、2003年拡大、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  5. コイバ国立公園とその海洋保護特別地帯(2005年、自然遺産(ix)(x))

■バルバドス

  1. ブリッジタウン歴史地区とその要塞(2011年、文化遺産(ii)(iii)(iv))

■ベリーズ

  1. ベリーズのバリアリーフ保護区(1996年、自然遺産(vii)(ix)(x)、危機遺産)

■ホンジュラス

  1. コパンのマヤ遺跡(1980年、文化遺産(iv)(vi))
  2. リオ・プラタノ生物圏保護区(1982年、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x)、危機遺産)

■メキシコ

  1. シアン・カアン(1987年、自然遺産(vii)(x))
  2. 古代都市パレンケと国立公園(1987年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  3. メキシコシティ歴史地区とソチミルコ(1987年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(v))
  4. 古代都市テオティワカン(1987年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))
  5. オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡(1987年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  6. プエブラ歴史地区(1987年、文化遺産(ii)(iv))
  7. 古都グアナファトとその銀鉱群(1988年、文化遺産(i)(ii)(iv)(vi))
  8. 古代都市チチェン・イッツァ(1988年、文化遺産(i)(ii)(iii))
  9. モレリア歴史地区(1991年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  10. 古代都市エル・タヒン(1992年、文化遺産(iii)(iv))
  11. エル・ビスカイノのクジラ保護区(1993年、自然遺産(x))
  12. サカテカス歴史地区(1993年、文化遺産(ii)(iv))
  13. サンフランシスコ山地の岩絵群(1993年、文化遺産(i)(iii))
  14. ポポカテペトル山腹の16世紀初頭の修道院群(1994年、文化遺産(ii)(iv))
  15. 古代都市ウシュマル(1996年、文化遺産(i)(ii)(iii))
  16. ケレタロの歴史史跡地区(1996年、文化遺産(ii)(iv))
  17. グアダラハラのオスピシオ・カバーニャス(1997年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))
  18. パキメの遺跡、カサス・グランデス(1998年、文化遺産(iii)(iv))
  19. トラコタルパンの歴史遺跡地帯(1998年、文化遺産(ii)(iv))
  20. カンペチェ歴史的要塞都市(1999年、文化遺産(ii)(iv))
  21. ソチカルコの古代遺跡地帯(1999年、文化遺産(iii)(iv))
  22. カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林(2002年、2014年拡大、複合遺産(i)(ii)(iii)(iv)(ix)(x))
  23. ケレタロのシエラ・ゴルダのフランシスコ修道会伝道施設群(2003年、文化遺産(ii)(iii))
  24. ルイス・バラガン邸と仕事場(2004年、文化遺産(i)(ii))
  25. カリフォルニア湾の島々と保護地域群(2005年、2007年拡大、自然遺産(vii)(ix)(x))
  26. リュウゼツラン景観と古代テキーラ産業施設群(2006年、文化遺産(ii)(iv)(v)(vi))
  27. メキシコ国立自治大学[UNAM]の中央大学都市キャンパス(2007年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  28. オオカバマダラ生物圏保護区(2008年、自然遺産(vii))
  29. サン・ミゲルの要塞都市とヘスス・デ・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖地(2008年、文化遺産(ii)(iv))
  30. ティエラ・アデントロの王の道(2010年、文化遺産(ii)(iv))
  31. オアハカ中部渓谷ヤグルとミトラの先史時代洞窟(2010年、文化遺産(iii))
  32. ピナカテ火山とアルタル大砂漠生物圏保存地域(2013年、自然遺産(vii)(viii)(x))
  33. テンブレーケ神父の水道橋水利施設(2015年、文化遺産(i)(ii)(iv))
  34. レビジャヒヘド諸島(2016年、自然遺産(vii)(ix)(x)

 

 

<南アメリカ>

 

■アルゼンチン

  1. ロス・グラシアレス(1981年、自然遺産(vii)(ix))
  2. グアラニーのイエズス会伝道施設群:サン・イグナシオ・ミニ、サンタ・アナ、ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート、サンタ・マリア・ラ・マジョール(アルゼンチン)、サン・ミゲル・ダス・ミソオエス遺跡群(ブラジル)(1983年、1984年拡大、文化遺産(iv))
  3. イグアス国立公園(1984年、自然遺産(vii)(x))
  4. リオ・ピントゥラスのクエバ・デ・ラス・マノス(1999年、文化遺産(iii))
  5. バルデス半島(1999年、自然遺産(x))
  6. イスチグアラスト/タランパジャ自然公園群(2000年、自然遺産(viii))
  7. コルドバのイエズス会管区とエスタンシアス(2000年、文化遺産(ii)(iv))
  8. ケブラーダ・デ・ウマワーカ(2003年、文化遺産(ii)(iv)(v))
  9. カパック・ニャン アンデスの道(アルゼンチン/エクアドル/コロンビア/チリ/ペルー/ボリビア共通)(2014年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))
  10. ル・コルビュジエの建築作品 - 近代建築運動への顕著な貢献(スイス/ドイツ/フランス/ベルギー/インド/日本/アルゼンチン共通)(2016年、文化遺産(i)(ii)(vi)

■ウルグアイ

  1. コロニア・デル・サクラメントの歴史的街並み(1995年、文化遺産(iv))
  2. フライ・ベントスの産業景観(2015年、文化遺産(ii)(iv))

■エクアドル

  1. ガラパゴス諸島(1978年、2001年拡大、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  2. キト市街(1978年、文化遺産(ii)(iv))
  3. サンガイ国立公園(1983年、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  4. サンタ・アナ・デ・ロス・リオス・クエンカの歴史地区(1999年、文化遺産(ii)(iv)(v))
  5. カパック・ニャン アンデスの道(アルゼンチン/エクアドル/コロンビア/チリ/ペルー/ボリビア共通)(2014年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))

■コロンビア

  1. カルタヘナの港、要塞群と建造物群(1984年、文化遺産(iv)(vi))
  2. ロス・カティオス国立公園(1994年、自然遺産(ix)(x))
  3. サンタ・クルーズ・デ・モンポスの歴史地区(1995年、文化遺産(iv)(v))
  4. ティエラデントロの国立遺跡公園(1995年、文化遺産(iii))
  5. サン・アグスティン遺跡公園(1995年、文化遺産(iii))
  6. マルペロの動植物保護区(2006年、自然遺産(vii)(ix))
  7. コロンビアのコーヒー産地の文化的景観(2011年、文化遺産(v)(vi))
  8. カパック・ニャン アンデスの道(アルゼンチン/エクアドル/コロンビア/チリ/ペルー/ボリビア共通)(2014年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))

■スリナム

  1. 中央スリナム自然保護区(2000年、自然遺産(ix)(x))
  2. パラマリボ市街歴史地区(2002年、文化遺産(ii)(iv))

■チリ

  1. ラパ・ヌイ国立公園(1995年、文化遺産(i)(iii)(v))
  2. チロエの教会群(2000年、文化遺産(ii)(iii))
  3. バルパライソの海港都市の歴史的街並み(2003年、文化遺産(iii))
  4. ハンバーストーンとサンタ・ラウラ硝石工場群(2005年、文化遺産(ii)(iii)(iv)、危機遺産)
  5. シーウェル鉱山都市(2006年、文化遺産(ii))
  6. カパック・ニャン アンデスの道(アルゼンチン/エクアドル/コロンビア/チリ/ペルー/ボリビア共通)(2014年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))

■パラグアイ

  1. ラ・サンティシマ・トリニダード・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道施設群(1993年、文化遺産(iv))

■ブラジル

  1. 古都オウロ・プレート(1980年、文化遺産(i)(iii))
  2. オリンダ歴史地区(1982年、文化遺産(ii)(iv))
  3. グアラニーのイエズス会伝道施設群:サン・イグナシオ・ミニ、サンタ・アナ、ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート、サンタ・マリア・ラ・マジョール(アルゼンチン)、サン・ミゲル・ダス・ミソオエス遺跡群(ブラジル)(1983年、1984年拡大、文化遺産(iv))
  4. サルバドール・デ・バイア歴史地区(1985年、文化遺産(iv)(vi))
  5. ボン・ジェズス・ド・コンゴーニャスの聖所(1985年、文化遺産(i)(iv))
  6. イグアス国立公園(1986年、自然遺産(vii)(x))
  7. ブラジリア(1987年、文化遺産(i)(iv))
  8. セラ・ダ・カピバラ国立公園(1991年、文化遺産(iii))
  9. サン・ルイス歴史地区(1997年、文化遺産(iii)(iv)(v))
  10. ディアマンティーナ歴史地区(1999年、文化遺産(ii)(iv))
  11. ディスカヴァリー・コースト大西洋岸森林保護区群(1999年、自然遺産(ix)(x))
  12. サウス-イースト大西洋岸森林保護区群(1999年、自然遺産(vii)(ix)(x))
  13. 中央アマゾン保全地域群(2000年、2003年拡大、自然遺産(ix)(x))
  14. パンタナール保全地域(2000年、自然遺産(vii)(ix)(x))
  15. ゴイアス歴史地区(2001年、文化遺産(ii)(iv))
  16. ブラジルの大西洋諸島:フェルナンド・デ・ノローニャとロカス環礁保護区群(2001年、自然遺産(vii)(ix)(x))
  17. セラード保護地域群:ヴェアデイロス平原国立公園とエマス国立公園(2001年、自然遺産(ix)(x))
  18. サンクリストヴォンの町のサンフランシスコ広場(2010年、文化遺産(ii)(iv))
  19. リオデジャネイロ:山と海の間のカリオカの景観(2012年、文化遺産(v)(vi))
  20. パンプーリャ近代建築群(2016年、文化遺産(i)(ii)(iv)

■ベネズエラ

  1. コロとその港(1993年、文化遺産(iv)(v)、危機遺産)
  2. カナイマ国立公園(1994年、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))
  3. カラカスの大学都市(2000年、文化遺産(i)(iv))

■ペルー

  1. クスコ市街(1983年、文化遺産(iii)(iv))
  2. マチュピチュの歴史保護区(1983年、複合遺産(i)(iii)(vii)(ix))
  3. 古代遺跡チャビン(1985年、文化遺産(iii))
  4. ワスカラン国立公園(1985年、自然遺産(vii)(ix))
  5. チャンチャン遺跡地帯(1986年、文化遺産(i)(iii)、危機遺産)
  6. マヌー国立公園(1987年、自然遺産(ix)(x))
  7. リマ歴史地区(1988年、1991年拡大、文化遺産(iv))
  8. リオ・アビセオ国立公園(1990年、1992年拡大、複合遺産(iii)(vii)(ix)(x))
  9. ナスカとパルパの地上絵(1994年、文化遺産(i)(iii)(iv))
  10. アレキパ市歴史地区(2000年、文化遺産(i)(iv))
  11. 聖地カラル‐スーぺ(2009年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  12. カパック・ニャン アンデスの道(アルゼンチン/エクアドル/コロンビア/チリ/ペルー/ボリビア共通)(2014年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))

■ボリビア

  1. ポトシ市街(1987年、文化遺産(ii)(iv)(vi)、危機遺産)
  2. チキトスのイエズス会伝道施設群(1990年、文化遺産(iv)(v))
  3. 古都スクレ(1991年、文化遺産(iv))
  4. サマイパタの砦(1998年、文化遺産(ii)(iii))
  5. ティワナク:ティワナク文化の宗教的・政治的中心地(2000年、文化遺産(iii)(iv))
  6. ノエル・ケンプ・メルカード国立公園(2000年、自然遺産(ix)(x))
  7. カパック・ニャン アンデスの道(アルゼンチン/エクアドル/コロンビア/チリ/ペルー/ボリビア共通)(2014年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))

 

 

<アフリカ>

 

■アルジェリア

  1. ベニ・ハンマド要塞(1980年、文化遺産(iii))
  2. タッシリ・ナジェール(1982年、複合遺産(i)(iii)(vii)(ix))
  3. ムザブの谷(1982年、文化遺産(ii)(iii)(v))
  4. ジェミラ(1982年、文化遺産(iii)(iv))
  5. ティパサ(1982年、文化遺産(iii)(iv))
  6. ティムガッド(1982年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  7. アルジェのカスバ(1992年、文化遺産(ii)(v))

■ウガンダ

  1. ブウィンディ原生国立公園(1994年、自然遺産(vii)(x))
  2. ルウェンゾリ山地国立公園(1994年、自然遺産(vii)(x))
  3. カスビのブガンダ王国歴代国王の墓(2001年、文化遺産(i)(iii)(iv)(vi)、危機遺産)

■エジプト

  1. メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯(1979年、文化遺産(i)(iii)(vi))
  2. 古代都市テーベとその墓地遺跡(1979年、文化遺産(i)(iii)(vi))
  3. アブシンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群(1979年、文化遺産(i)(iii)(vi))
  4. カイロ歴史地区(1979年、文化遺産(i)(v)(vi))
  5. アブ・メナ(1979年、文化遺産(iv)、危機遺産)
  6. 聖カトリーナ修道院地域(2002年、文化遺産(i)(iii)(iv)(vi))
  7. ワディ・エル・ヒタン[クジラの谷](2005年、自然遺産(viii))

■エチオピア

  1. シミエン国立公園(1978年、自然遺産(vii)(x)、危機遺産)
  2. ラリベラの岩窟教会群(1978年、文化遺産(i)(ii)(iii))
  3. ファジル・ゲビ、ゴンダール地域(1979年、文化遺産(ii)(iii))
  4. アワッシュ川下流域(1980年、文化遺産(ii)(iii)(iv))
  5. ティヤ(1980年、文化遺産(i)(iv))
  6. アクスム(1980年、文化遺産(i)(iv))
  7. オモ川下流域(1980年、文化遺産(iii)(iv))
  8. ハラール・ジャゴル要塞歴史都市(2006年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(v))
  9. コンソの文化的景観(2011年、文化遺産(iii)(v))

■カーボベルデ

  1. シダーデ・ヴェリヤ、リベイラ・グランデの歴史都市( 2009年、文化遺産(ii)(iii)(vi))

■ガボン

  1. ロペ-オカンダの生態系と残存する文化的景観(2007年、複合遺産(iii)(iv)(ix)(x))

■ガーナ

  1. ヴォルタ州、グレーター・アクラ州、セントラル州、ウェスタン州の城塞群(1979年、文化遺産(vi))
  2. アシャンティの伝統的建築物群(1980年、文化遺産(v))

■カメルーン

  1. ジャー動物保護区(1987年、自然遺産(ix)(x))
  2. サンガ川流域の三か国保護地域(カメルーン、コンゴ共和国、中央アフリカ共通)(2012年、自然遺産(ix)(x))

■ガンビア

  1. クンタ・キンテ島と関連遺跡群(2003年、文化遺産(iii)(vi))
  2. セネガンビアのストーン・サークル(セネガル、ガンビア共通)(2006年、文化遺産(i)(iii))

■ギニア

  1. ニンバ山厳正自然保護区自然(ギニア、コートジボワール共通)(1981年、1982年拡大、自然遺産(ix)(x)、危機遺産)

■ケニア

  1. ケニア山国立公園/自然林(1997年、2013年拡大、自然遺産(vii)(ix))
  2. トゥルカナ湖国立公園群(1997年、2001年拡大、自然遺産(viii)(x))
  3. ラム旧市街(2001年、文化遺産(ii)(iv)(vi))
  4. ミジケンダの聖なるカヤの森林(2008年、文化遺産(iii)(iv)(v))
  5. モンバサのジーザス要塞(2011年、文化遺産(ii)(v))
  6. ケニアグレート・リフト・バレーの湖群の生態系(2011年、自然遺産(vii)(ix)(x))

■コートジボワール

  1. タイ国立公園(1982年、自然遺産(vii)(x))
  2. ニンバ山厳正自然保護区自然(ギニア、コートジボアール共通)(1981年、1982年拡大、自然遺産(ix)(x)、危機遺産)
  3. コモエ国立公園(1983年、自然遺産(ix)(x)、危機遺産)
  4. グラン・バッサム歴史都市(2012年、文化遺産(iii)(iv))

■コンゴ共和国

  1. サンガ川流域の三か国保護地域(カメルーン、コンゴ共和国、中央アフリカ共通)(2012年、自然遺産(ix)(x))

■コンゴ民主共和国

  1. ヴィルンガ国立公園(1979年、自然遺産(vii)(ix)(x)、危機遺産)
  2. ガランバ国立公園(1980年、自然遺産(vii)(x)、危機遺産)
  3. カフジ・ビエガ国立公園(1980年、自然遺産(x)、危機遺産)
  4. サロンガ国立公園(1984年、自然遺産(vii)(ix)、危機遺産)
  5. オカピ野生生物保護区(1996年、自然遺産(x)、危機遺産)

■ザンビア

  1. モシ・オ・トゥニャ/ヴィクトリアの滝(ザンビア、ジンバブエ共通)(1989年、自然遺産(vii)(ix))

■ジンバブエ

  1. マナ・プールズ国立公園、サピとチュウォールのサファリ地域(1984年、自然遺産(vii)(ix)(x))
  2. グレート・ジンバブエ国立記念物(1986年、文化遺産(i)(iii)(vi))
  3. カミ遺跡群国立記念物(1986年、文化遺産(iii)(iv))
  4. モシ・オ・トゥニャ/ヴィクトリアの滝(ザンビア、ジンバブエ共通)(1989年、自然遺産(vii)(ix))
  5. マトボの丘群(2003年、文化遺産(iii)(v)(vi))

■スーダン

  1. ゲベル・バルカルとナパタ地域の遺跡群(2003年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))
  2. メロイ島の古代遺跡群(2011年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(v))
  3. サンガニブ海洋国立公園とドングナブ湾-ムカクル島海洋国立公園(2016年、自然遺産(vii)(ix)(x)

■セネガル

  1. ゴレ島(1978年、文化遺産(vi))
  2. ニオコロ・コバ国立公園(1981年、自然遺産(x)、危機遺産)
  3. ジュッジ国立鳥類保護区(1981年、自然遺産(vii)(x))
  4. サン・ルイ島(2000年、2007年拡大、文化遺産(ii)(iv))
  5. セネガンビアのストーン・サークル(セネガル、ガンビア共通)(2006年、文化遺産(i)(iii))
  6. サルーム・デルタ(2011年、文化遺産(iii)(iv)(v))
  7. バサリ地方:バサリ族、フラ族、ベディック族の文化的景観(2012年、文化遺産(iii)(v)(vi))

■セーシェル

  1. アルダブラ環礁(1982年、自然遺産(vii)(ix)(x))
  2. メイ渓谷自然保護区(1983年、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))

■タンザニア

  1. ンゴロンゴロ保全地域(1979年、2010年拡大、複合遺産(iv)(vii)(viii)(ix)(x))
  2. キルワ・キシワニとソンゴ・ムナラの遺跡群(1981年、文化遺産(iii))
  3. セレンゲティ国立公園(1981年、自然遺産(vii)(x))
  4. セルー・ゲーム・リザーブ(1982年、自然遺産(ix)(x)、危機遺産)
  5. キリマンジャロ国立公園(1987年、自然遺産(vii))
  6. ザンジバル島のストーンタウン(2000年、文化遺産(ii)(iii)(vi))
  7. コンドア・ロックアート遺跡群(2006年、文化遺産(iii)(vi))

■中央アフリカ

  1. マノヴォ-グンダ・サン・フローリス国立公園(1988年、自然遺産(ix)(x)、危機遺産)
  2. サンガ川流域の三か国保護地域(カメルーン、コンゴ共和国、中央アフリカ共通)(2012年、自然遺産(ix)(x))

■チャド

  1. ウニアンガ湖沼群(2012年、自然遺産(vii))
  2. エネディ山地:自然および文化的景観(2016年、複合遺産(iii)(vii)(ix)

■チュニジア

  1. チュニス旧市街(1979年、文化遺産(ii)(iii)(v))
  2. カルタゴ遺跡(1979年、文化遺産(ii)(iii)(vi))
  3. エル・ジェムの円形闘技場(1979年、文化遺産(iv)(vi))
  4. イシュケル国立公園(1980年、自然遺産(x))
  5. ケルクアンの古代カルタゴの町とその墓地遺跡(1985年、1986年拡大、文化遺産(iii))
  6. スース旧市街(1988年、文化遺産(iii)(iv)(v))
  7. カイルアン(1988年、文化遺産(i)(ii)(iii)(v)(vi))
  8. ドゥッガ/チュッガ(1997年、文化遺産(ii)(iii))

■トーゴ

  1. クタマク、バタマリバ人の土地(2004年、文化遺産(v)(vi))

■ナイジェリア

  1. スクルの文化的景観(1999年、文化遺産(iii)(v)(vi))
  2. オスン・オソボ聖林(2005年、文化遺産(ii)(iii)(vi))

■ナミビア

  1. トゥウェイフルフォンテーン(2007年、文化遺産(iii)(v))
  2. ナミブ砂海(2013年、自然遺産(vii)(viii)(ix)(x))

■ニジェール

  1. アイルとテネレの自然保護区群(1991年、自然遺産(vii)(ix)(x)、危機遺産)
  2. ニジェールのW国立公園(1996年、自然遺産(ix)(x))
  3. アガデス歴史地区(2013年、文化遺産(ii)(iii))

■ブルキナファソ

  1. ロロペニの遺跡(2009年、文化遺産(iii))

■ベナン

  1. アボメイの王宮群(1985年、2007年拡大、文化遺産(iii)(iv))

■ボツワナ

  1. ツォディロ(2001年、文化遺産(i)(iii)(vi))
  2. オカバンゴ・デルタ(2014年、自然遺産(vii)(ix)(x))

■マダガスカル

  1. ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区(1990年、自然遺産(vii)(x))
  2. アンブヒマンガの丘の王領地(2001年、文化遺産(iii)(iv)(vi))
  3. アツィナナナの雨林(2007年、自然遺産(ix)(x)、危機遺産)

■マラウイ

  1. マラウイ湖国立公園(1984年、自然遺産(vii)(ix)(x))
  2. チョンゴニ・ロックアート地域(2006年、文化遺産(iii)(vi))

■マリ

  1. ジェンネ旧市街(1988年、文化遺産(iii)(iv)、危機遺産
  2. トンブクトゥ(1988年、文化遺産(ii)(iv)(v)、危機遺産)
  3. バンディアガラの断崖[ドゴン人の地](1989年、複合遺産(v)(vii))
  4. アスキア墳墓(2004年、文化遺産(ii)(iii)(iv)、危機遺産)

■南アフリカ

  1. イシマンガリソ湿地公園(1999年、自然遺産(vii)(ix)(x))
  2. 南アフリカ人類化石遺跡群(1999年、2005年拡大、文化遺産(iii)(vi))
  3. ロベン島(1999年、文化遺産(iii)(vi))
  4. マロティ-ドラケンスバーグ公園(南アフリカ/レソト共通)(2000年、2013年拡大、複合遺産(i)(iii)(vii)(x))
  5. マプングブエの文化的景観(2003年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(v))
  6. ケープ植物区保護地域群(2004年、2015年拡大、自然遺産(ix)(x))
  7. フレーデフォート・ドーム(2005年、自然遺産(viii))
  8. リヒタスフェルトの文化的及び植生景観(2007年、文化遺産(iv)(v))

■モザンビーク

  1. モザンビーク島(1991年、文化遺産(iv)(vi))

■モーリシャス

  1. アプラヴァシ・ガート(2006年、文化遺産(vi))
  2. ル・モーンの文化的景観(2008年、文化遺産(i)(vi))

■モーリタニア

  1. バンダルギン国立公園(1989年、自然遺産(ix)(x))
  2. ウワダン、シンゲッティ、ティシット及びウワラタの古い集落(1996年、文化遺産(iii)(iv)(v))

■モロッコ

  1. フェズ旧市街(1981年、文化遺産(ii)(v))
  2. マラケシュ旧市街(1985年、文化遺産(i)(ii)(iv)(v))
  3. アイット・ベン・ハドゥの集落(1987年、文化遺産(iv)(v))
  4. 古都メクネス(1996年、文化遺産(iv))
  5. ヴォルビリスの古代遺跡(1997年、2008年拡大、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))
  6. テトゥアン旧市街[旧名ティタウィン](1997年、文化遺産(ii)(iv)(v))
  7. エッサウィラのメディナ[旧名モガドール](2001年、文化遺産(ii)(iv))
  8. マサガン[アル・ジャジーダ]のポルトガル都市(2004年、文化遺産(ii)(iv))
  9. ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都(2012年、文化遺産(ii)(iv))

■リビア

  1. レプティス・マグナの古代遺跡(1982年、文化遺産(i)(ii)(iii)、危機遺産)
  2. サブラータの古代遺跡(1982年、文化遺産(iii)、危機遺産
  3. キレーネの古代遺跡(1982年、文化遺産(ii)(iii)(vi)、危機遺産
  4. タドラット・アカクスのロックアート遺跡群(1985年、文化遺産(iii)、危機遺産
  5. ガダーミスの旧市街(1986年、文化遺産(v)、危機遺産

■レソト

  1. マロティ-ドラケンスバーグ公園(南アフリカ/レソト共通)(2000年、2013年拡大、複合遺産(i)(iii)(vii)(x))

 

 

[関連サイト]

世界遺産ランキング集5.世界遺産国別ランキング

 



 

News

世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

イギリスの世界遺産「ロンドン塔」
イギリスでもっとも歴史のある石造城塞であり、多くの囚人を収容した監獄兼処刑場で、世界一有名な幽霊屋敷でもある「ロンドン塔」。クリックで外部記事へ
世界遺産「文化交差路サマルカンド」のグリ・アミール廟、イーワーン
青の都・サマルカンド、グリ・アミール廟のイーワーンとドーム。世界遺産「文化交差路サマルカンド」構成資産。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 世界一の幽霊屋敷 ロンドン塔

 青の都サマルカンド

 学生が訪れたい世界の絶景

 2017年おすすめの世界遺産

 日本の世界遺産名所12選

 ル・コルビュジエの建築作品

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8. 空間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

陽明門&東大手門リニューアル

ベツレヘムに分離壁ホテル開館

奄美群島国立公園が誕生

イタリアのエトナ山が噴火

シリア政府、パルミラを再奪還

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです