世界遺産と世界史42.産業革命とアメリカ独立革命

世界遺産「アイアンブリッジ峡谷」コールブルックデール橋、通称アイアンブリッジ
1779年に建設された長さ約60mのアーチ橋コールブルックデール、通称アイアンブリッジ。エイブラハム・ダービーがイギリスのこの地で産業革命を可能にする画期的な製鉄法を発明したことから「産業革命発祥の地」といわれる。世界遺産「アイアンブリッジ峡谷」構成資産

大航海時代以前、東西文化交流を支えたシルクロードの主要交易品は文字通り絹(シルク)だった。

中国で生まれた絹織物は同じ重さの金と交換されたというほどの超高級品として扱われた。


これに続く高級織物が綿(コットン)で、こちらはインドで誕生し、大航海時代に盛んにヨーロッパへ輸出された。

そして世界の織物の需要は産業革命によって羊毛(ウール)や麻(亜麻。リネン)から綿へと変化する。


産業革命は綿に対する強烈な需要から巻き起こった。

なぜそんなに綿が必要とされたのだろう?


中世・近世まで、ヨーロッパの人々の衣服は主に羊毛や麻で作られていた。

羊毛は保温性がよくて暖かかったが、夏は暑い。

麻は通気性がよくて涼しかったが、冬は寒い。

両者とも当時の生地はぶ厚かったため加工がしにくく重ね着は困難、繊維も荒いのでザラついており、色を抜いたり染めたりする技術が未熟だったため地味で似たような製品しか作ることができなかった。

世界遺産「中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエール及びル・ルー[エノー]」ストレピ・ブラックニーのリフト
約70mの高低差をクリアするための4つのリフトのひとつ、ストレピ・ブラックニーのリフト。産業革命初期には交通手段として運河や閘門・リフトがよく造られた。ベルギーの世界遺産「中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエール及びル・ルー[エノー]」構成資産
綿花
綿花。右のつぼみのような種子が成熟してはじけると中央のように白い綿花が現れる。インドではインダス文明の時代から栽培されていた

ところが、17~18世紀にインドから輸入された高級綿織物=キャラコは薄くて軽くて刺繍などの加工がしやすく染色も簡単。

おまけに着心地は滑らかで、色彩もデザインも自由自在、寒ければ重ね着すればいいし、汚れたら水で洗濯することもできた。

このためイギリスで「キャラコ熱」と呼ばれるほどの大ブームを引き起こし、イギリス東インド会社はキャラコの貿易で莫大な利益を上げた。

 

綿織物、綿布、あるいは木綿織物というのは綿花という植物から採れる糸=綿糸を紡いで織った布のことをいう。

綿花から綿糸を作る過程を「紡績」と呼び、綿糸から綿織物を作る過程を「織布」という。

紡績機は糸、織機は布を作る機械のことだ。

 

綿製品市場の拡大を脅威に感じた羊毛業者が王に泣きついて、1700年にウィリアム3世がキャラコの輸入を禁止。

そこでインドから綿花を輸入してイギリスで加工を開始する。

 

毛織物の需要はほぼヨーロッパに限られていたが、綿はヨーロッパはもちろんインドや中国をはじめ世界中で人気があり、高級品として扱われていた。

これを極めれば世界の織物産業を牛耳ることができる――

これが産業革命の動機となった。

 

* * *

世界遺産「エッセンのツォルフェライン炭坑業遺産群」
1850年代に稼働をはじめ、一時は世界最大の石炭産出を誇り、プロイセンとドイツの飛躍を支えた。世界でもっとも美しい炭鉱としても知られる。世界遺産「エッセンのツォルフェライン炭坑業遺産群」構成資産

<産業革命>


需要はいくらでもあった。

そのうえで産業革命が成立するためには以下①~⑤の条件が必要だったといわれている。


①海外市場

 

重商主義をとったイギリスは、16世紀にスペイン、17世紀にオランダ、18世紀にフランスを追い落とし、「太陽の沈まぬ帝国(第一帝国)」といわれる広大な海外市場を手に入れた。

そして綿の原産地であるインドを支配下に収め、北アメリカやブラジルでもプランテーションを経営して綿花の栽培をはじめた。

イギリス→(工業製品・武器)→アフリカ→(黒人奴隷)→アメリカ→(綿花・タバコ・コーヒー・砂糖)→イギリスという三角貿易は莫大な富を生み出した。


産業革命が進むと今度は綿製品をヨーロッパはもちろんインドやアメリカといった新世界にも輸出した。

19世紀には、イギリス→(綿織物)→インド→(銀・アヘン)→中国→(茶)→イギリスという三角貿易が成立。

この結果、インドは綿織物の輸出国から輸入国へ転落した。


②資本

 

産業革命前、それまで世界一の毛織物産業国だったネーデルランドやフランドルに代わり、イギリスが台頭していた。

金融業についても、イングランド銀行による財政革命(「世界遺産と世界史38.三十年戦争とイギリス革命」参照)によって資金力が飛躍的に向上し、ロンドンは世界金融の中心となった。


加えて海外の植民地経営が富を生み、資本は着実に蓄積されて投資先を探していた。

産業革命当初、工場主たちは借金によって工場を経営したが、やがて重工業が主となるとその豊富な資本が革命を支えた。

世界遺産「コーンウォールとウェストデヴォンの鉱山風景」ジーバー錫鉱山
16~20世紀にかけて銅や錫の生産が行われたイギリスの世界遺産「コーンウォールとウェストデヴォンの鉱山風景」のジーバー錫鉱山。トレビシックが発明した高圧揚水機を導入してより効率的な採掘が可能になった

③労働力

 

羊毛生産のために農地を牧草地に変えた16世紀の第一次エンクロージャー(囲い込み)は多少なりとも農民の減少と都市生活者の増加をもたらした。

18世紀頃から人口増加に対応するために、今度は農業生産のための囲い込み=第二次エンクロージャーが行われた。

その担い手は豊富な資金を持つ農業資本家で、資本家がジェントリから土地を借り、賃金労働者として農民を雇用して資本主義的な農場経営を行った。

農業はそれまでの三圃制から四圃制に移行し、カブ・ジャガイモ・大麦・小麦・クローバーなどを輪作することで穀物生産を拡大させた。


一方で、土地を失ったり自ら都市に移住した農民たちは毛織物や綿織物の工場で働いた。

それまで庶民は農場で農業を行うか、家で織物を織ったりして作った手工芸品を売っていたが(家内制手工業)、都市の工場に勤務して皆で工程を手分けして生産を行うという新しい生活スタイルが誕生した(工場制手工業=マニュファクチュア)。

このマニュファクチュアが工業化のベースとなり、機械が工場で生産を行う工場制機械工業への移行を促した。

 

世界遺産「ブレナヴォン産業用地」ビッグ・ピット国立石炭博物館
18世紀後半から石炭の採掘と製鉄で栄えたブレナヴォンのビッグ・ピット国立石炭博物館。当初は馬車で石炭を運び、のちには鉄道が開通した。イギリスの世界遺産「ブレナヴォン産業用地」構成資産 (C)Rafael Delaedt

④工業原料


イギリスはローマ時代から鉄鉱石や石炭がよく採れた。

産業革命の転機となった発明が、コールブルックデール※でエイブラハム・ダービーが発明した石炭を蒸し焼きしたコークスを使って高品質の鉄を作り出す製鉄法で、これにより鉄の品質・生産量が飛躍的に向上し、機械類や鉄道・蒸気機関車などの製造を可能にした。

※世界遺産「アイアンブリッジ峡谷(イギリス、1986年、文化遺産(i)(ii)(iv)(vi))」


当初石炭はこのように鉄鉱石を溶かすために使用されたが、蒸気機関が誕生するとその燃料として大量に使用された。


鉱山関係の世界遺産でいえば、コーンウォール州とウェストデヴォン州の鉱山①は世界の三分の二の銅を生産したという銅山群で、当時最先端の蒸気機関を用いて採掘を行った。

また、ブレナヴォン②はローマ時代以来の石炭・鉄鉱石の鉱山で、ここで採掘から製鉄までを行った。

※①世界遺産「コーンウォールとウェストデヴォンの鉱山風景(イギリス、2006年、文化遺産(ii)(iii)(iv))」

 ②世界遺産「ブレナヴォン産業用地(イギリス、2000年、文化遺産(iii)(iv))」

イギリス以外では、ドイツにはプロイセンの産業革命を支えた石炭坑ツォルフェライン①や、ガス送風機や連続燃結装置などの新技術によってヨーロッパ最大・最新の製鉄所となったフェルクリンゲン②がある。

※①世界遺産「エッセンのツォルフェライン炭坑業遺産群(2001年、文化遺産(ii)(iii))」

 ②世界遺産「フェルクリンゲン製鉄所(ドイツ、1994年、文化遺産(ii)(iv))」

 

スウェーデンでは北欧随一の製鉄所であるエンゲルスベリ①や、1,000年にわたって銅を採掘したファールン②が産業革命を支えた。

※①世界遺産「エンゲルスベリの製鉄所(スウェーデン、1993年、文化遺産(iv))」

 ②世界遺産「ファールンの大銅山地域(スウェーデン、2001年、文化遺産(ii)(iii)(v))」

 

ベルギーには石炭・鉄鉱石の炭鉱遺跡であるグラン・オルニュ※やボワ・デュ・リュック※などがある。

※世界遺産「ワロン地方の主要な鉱山遺跡群(ベルギー、2012年、文化遺産(ii)(iv))」

 

産業革命が遅れた日本には、高級品だった絹糸を大量生産して世界のファッションを変えた富岡製糸場①や、重工業で日本の産業革命をリードした九州・山口を中心とする工場群②がある。

※①世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群(日本、2014年、文化遺産(ii)(iv))」

 ②世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業(日本、2015年、文化遺産(ii)(iv))」

 

⑤技術改革

 

毛織物業の場合、機械化されたり独占されると困るギルドや職人・商人たちがいるので競争や技術革新はなかなか進まなかった。

一方でキャラコの輸入が禁止されるまで、イギリスには綿産業はほとんど存在しなかった。

新しい産業なので規制もなく自由に技術革新が進んだ。


綿生産に関して、まず技術革新が必要とされたのは綿花から綿糸を作る紡績の工程だ。

そして綿糸が大量に生産されるようになると今度は綿糸から綿織物を作る織布の革新が望まれた。


以下では産業革命がもたらした4つの革命と、その反動である社会問題、各国への波及について見てみよう。

綿工業の技術革命については上の動画も参照してみてほしい。

飛び杼からミュール紡績機までの進化の過程を解説している。

世界遺産「ダーウェント峡谷の工場群」クロムフォード・ミル
アークライトが自ら開発した水力紡績機を導入して建設したクロムフォード・ミル。当時世界でもっとも近代的な工場で、イギリス産業革命をリードした。世界遺産「ダーウェント峡谷の工場群」の構成資産 (C)Justinc

■技術革命

 

時代順に発明者と発明品を羅列する。

飛び杼と力織機が織機で、他は紡績機だ。

 

○ジョン・ケイ:飛び杼(ひ)

織物は縦に並べた経糸(たていと)に緯糸(よこいと)を通して作るのだが、従来、緯糸は助手が杼と呼ばれる装置を操作して紡いでいた。

飛び杼は自動的に横に飛んで戻ってくる装置で、これによって織りの速度は4倍に飛躍し、助手が不要になった。

 

○ハーグリーブス:ジェニー紡績機

綿花の一本一本の糸は短いので、これを同じ方向に伸ばしてひねって結びつけて一本の長い糸を作る。

このとき使うのが糸車なのだが、ジェニー紡績機で同時に複数の糸を紡ぐことができるようになり、従来の6~8倍の速度を達成した。

○アークライト:水力紡績機

動力に水車による水力を用いた紡績機で、速度が600倍になっただけでなく、機械が強いひねりを入れることで強靭な糸を供給した。


○クロンプトン:ミュール紡績機

ジェニー紡績機と水力紡績機の長所を組み合わせた機械で、19世紀に広く普及して強くて細い糸を大量生産した。


○カートライト:力織機

川が近くにないと使えない水力に代わって蒸気機関を動力に用いた織機で、織りをきわめて高速化した。


関係する世界遺産としては、水力紡績機を世界ではじめて導入したダーウェント※がある(産業コミュニティー関連の世界遺産は後述)。

※世界遺産「ダーウェント峡谷の工場群(イギリス、2001年、文化遺産(ii)(iv))」


蒸気機関のモデル。右で発生した蒸気の力を中央のシリンダーでピストン運動に変え、その運動を左のフライホイール(はずみ車)で円運動に変換している

 

■動力革命

 

液体を熱して気体にすると大きく膨らみ、冷やすと急速に収縮する。

この力を利用して、立ち昇る蒸気をなんらかの力に変える機関を蒸気機関という。

18世紀、ニューコメンは蒸気を用いて持ち上げたり下げたりする上下運動に変え、ワットはこれを改良して回転運動に転換した。


ニューコメンやワットは大気圧を利用していたが、トレビシックが高圧蒸気機関を開発すると小型化に成功。

トレビシックはその小型蒸気機関を列車に載せて史上初の蒸気機関車ペナダレン号を発明した。


現在でも火力発電所や原子力発電所では発生した熱で水を沸騰させ、高圧の蒸気によってタービンを回している。

これも立派な蒸気機関だ。

 

世界遺産「ポントカサステ水路橋と水路」
トーマス・テルフォードが設計した1805年竣工のポントカサステ水路橋。鉄と石を組み合わせた当時としては画期的な水路橋で、この上を石炭を積んだ船が行き来した。世界遺産「ポントカサステ水路橋と水路」構成資産

■交通革命

 

綿産業が発達したのち、機械を作る機械工業や鉄を作る鉄工業、石炭を生産する石炭業といった重工業が発達した(第二次産業革命)。

それまでの軽工業に比べて使用する石炭や鉄鉱石は格段に増え、それらを運ぶ交通機関においても改良が望まれた。


18世紀後半には荷物を大量に運ぶため運河網が整備され、内陸部に船を乗り入れさせた。

19世紀には線路を敷いてウマに貨車を引かせる馬車鉄道が登場した。


蒸気機関車はすでにトレビシックが発明していたが、蒸気機関も鉄の線路も軟弱で実用には遠かった。

スティーヴンソンは両者の改良を重ねて1814年に試作に成功。

1825年には史上初となる商用鉄道=ストックトン・アンド・ダーリントン鉄道が開通して石炭や旅客を運んだ。

このあと鉄道はイギリスはもちろんアメリカやインドといった植民地でも公共交通機関として急速に普及した。


蒸気船については18世紀後半からさまざまな試行錯誤が行われたが、1807年にフルトンが試運転に成功すると商業化の道が拓けた。

世界遺産「インドの山岳鉄道群」ダージリン・ヒマラヤ鉄道
1881年にインドで開通したダージリン・ヒマラヤ鉄道。小回りの利く小さな蒸気機関車はトイ(おもちゃ)トレインと呼ばれている。標高差約2,000mを駆け上がるためにループ線や高架橋を多用し、向きを変えてジグザグに上るスイッチバックも利用されている
世界遺産「レーティシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観」アルブラ線のラントヴァッサー橋
アルブラ線のラントヴァッサー橋。アルブラ線には42のトンネルと144の高架橋、ベルニナ線には13のトンネルと52の高架橋があり、自然美と人工美が一帯となった文化的景観で魅せている (C)Daniel Schwen

この時代の運河に関する世界遺産には、イギリス一の長さを誇る水路橋&運河ポントカサステ①や、高さの異なる運河を連結したラ・ルヴィエールやル・ルーの閘門②がある。

※①世界遺産「ポントカサステ水路橋と水路(イギリス、2009年、文化遺産(i)(ii)(iv))」

 ②世界遺産「中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエール及びル・ルー[エノー](ベルギー、1998年、文化遺産(iii)(iv)」

 

鉄道に関する世界遺産としては、カール・リッター・フォン・ゲーガが高架橋や石橋・鉄橋・ループ線を駆使して通したゼメリング鉄道①や、秘境とされていたアルプスに開通したレーティシュ鉄道②、イギリスがインドに開業した鉄道の始点であるヴィクトリア・ターミナス駅③、紅茶の産地であるダージリンに築いたダージリン・ヒマラヤ鉄道④、イギリス領インドの夏の首都シムラへ続くカルカ・シムラ鉄道④、いまも蒸気機関車が稼働しているニルギリ山岳鉄道④などがある。

※①世界遺産「ゼメリング鉄道(オーストリア、1998年、文化遺産(ii)(iv))」

 ②世界遺産「レーティシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観(イタリア/スイス共通、2008年、文化遺産(ii)(iv))」

 ③世界遺産「チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅[旧名ヴィクトリア・ターミナス](インド、2004年、文化遺産(ii)(iv))」

 ④世界遺産「インドの山岳鉄道群(インド、1999年、2005・2008年拡大、文化遺産(ii)(iv))」

 

また、鉄道橋には1890年に完成したフォース橋※がある。

※世界遺産「フォース橋(イギリス、2015年、文化遺産(i)(iv))」

世界遺産「ソルテア」
ソルテアの工場跡、手前が住宅。工場周辺の汚れた空気や川、劣悪な住宅環境を見たソルトは、この地に工場を移して労働者が明るく健康的に暮らすことのできる理想都市を築き上げた

■生活革命

 

産業革命を機に、人々の衣食住は大きく変わる。


衣について、洋服の素材が羊毛や亜麻から綿に変わったのは先述の通りだ。

繊維工業の成功はあらゆる工業に応用され、他の産業でも工場化・機械化が進んだ。

たとえば新聞が大量に印刷・普及したことで庶民にまで情報が浸透し、情報は大容量化・高速化した。


食について、コーヒーや紅茶を飲む習慣が一般にまで広まった。

砂糖も普及したことでコーヒーや紅茶に砂糖を入れる習慣ができあがった。

また、ジャガイモやトウモロコシなどの穀物や、バナナやレモン・オレンジといったフルーツ、チョコレートやトウガラシなどが急速に普及。

さらに蒸気船や蒸気機関車などの輸送機関やトロール漁の導入などで漁業が発達すると魚が気軽に食卓に上がるようになり、冷凍技術が普及すると牛肉や羊肉がアメリカやオーストラリアから輸入されるようになって食生活が一変した。

ロンドン名物フィッシュ&チップスはこの時代の象徴的な食べ物だ。


住について、都市生活では家で労働は行われず工場に勤務するスタイルへ移行し、アパートや長屋のような集合住宅が誕生した。

工場が寮のような形で集合住宅を持つ例もあり、工場城下町のような産業コミュニティを形成した。

こうしたコミュニティでは労働組合や協同組合が設立され、場合によっては労働者の平等を謳う共産主義的な社会の形成も試みられた。

また、交通革命で蒸気機関車や蒸気船が普及するとツーリズムが発達して観光旅行が普及した。

産業コミュニティの例としてはニュー・ラナーク※がある。

デヴィッド・デイルやその娘婿ロバート・オーウェンが1786年に作ったコミュニティで、水力紡績機を導入して綿糸を大量に生産した。

オーウェンは人道家でも知られ、労働者の教育や生活環境にも注意を払い、安価な購買所や幼稚園を設置し、労働時間も当時15時間前後働くのが当たり前だった時代に12時間まで減らし、10歳以下の子供の雇用も禁止した。

オーウェンは社会主義に惹かれてアメリカで理想的な協同社会=ニュー・ハーモニーの建設を試みるが、こちらは失敗している。

※世界遺産「ニュー・ラナーク(イギリス、2001年、文化遺産(ii)(iv)(vi))」

 

ソルテア※はタイタス・ソルトが築いたコミュニティで、運河や鉄道を利用して綿織物生産を行った。

工場・住宅・学校・病院・図書館・コンサートホール・救貧院などからなる計画都市で、その後の都市のモデルとされた。

※世界遺産「ソルテア(イギリス、2001年、文化遺産(ii)(iv))」

 

イギリス以外では、クレスピが築いたイタリアのクレスピ・ダッダ①は学校・病院・教会などを有するイタリアの企業都市で、フランスのノール=パ・デュ・カレー②は石炭鉱山町として発達した。

※①世界遺産「クレスピ・ダッダ(イタリア、1995年、文化遺産(iv)(v))」

 ②世界遺産「ノール=パ・デュ・カレー地方の炭田地帯(フランス、2012年、文化遺産(ii)(iv)(vi))」

世界遺産「ノール=パ・デュ・カレー地方の炭田地帯」
フランスの産業革命を支えた世界遺産「ノール=パ・デュ・カレー地方の炭田地帯」、1930年代の景観。18世紀頃から石炭採掘がはじまり、やがて住宅や教会・学校などが建設されて石炭鉱山町へと発展した

■社会問題

 

安くて均質な商品が出回ると家内制手工業やギルド制手工業は衰退し、それらの労働力を工場が吸い上げてさらに発展。

工場経営者である資本家が地位を高める一方で、利益を最大化するために労働者の労働時間や労働環境は悪化し、低賃金や長時間労働・女性や子供の就労などの労働問題や、スモッグや水質汚濁といった公害問題、スラムの形成や酒などの浸透による治安問題など、さまざまな社会問題が発生した。


資本家と労働者というふたつの階級は「イギリスにはふたつの国民がいる」といわれ、対立が深刻化。

イギリスは1807年の奴隷貿易法で奴隷貿易を禁止し、1833年の奴隷制度廃止法で奴隷制自体を廃止していたが、国内では少年・少女に対して鞭を持って十数時間の労働を強制するというようなことが起こっていた。

 

また、工場制機械工業が発達するとそれまでの手工業者や工場の熟練工が不要となることもあり、18世紀後半頃から機械を打ち壊すラダイト運動が起こった。

 

こうした問題に対し、1802年に工場法が制定され、たびたび改正されて年少者の雇用や労働時間は改善していった。


世界遺産「フェルクリンゲン製鉄所」
1873年に完成したドイツの世界遺産「フェルクリンゲン製鉄所」。ザール地方で採れる豊富な石炭や鉄鉱石を利用して多量な鉄を生産し、プロイセンの近代化に大きく貢献してイギリスを超える繁栄を勝ち取る契機となった
「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」軍艦島
端島、通称・軍艦島。海上の炭坑コミュニティで、鉄筋コンクリートの住宅群が海に浮かぶ様が軍艦に見えたことからこの名が付いた。「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業(日本、2015年、文化遺産(ii)(iv))」構成資産

■産業革命の波及

 

「世界の工場」となったイギリスは産業革命での成功を独占するため1774年に機械輸出禁止令を出して織機や紡績機などの輸出を禁止した。

しかし、自由貿易の推進と機械市場の拡大のために(機械そのものを売るために)1843年にこれを解除すると、産業革命はヨーロッパやアメリカで花開く。

 

最初に普及したのがイギリスと同じ織物業や金融業が盛んなベルギーだ。

ベルギーは1830年に独立すると産業革命に成功し、鉄道も普及させた。

 

フランスがこれに続いて1830年にはじまるが、フランス革命やナポレオン時代の影響で労働力も資本も不足していたため資本主義経済の浸透は遅れた。

これに危機感を抱いたナポレオン3世が主導して、1860年代に一気に本格化した。

 

プロイセンは1834年の関税同盟結成から域内の交易が自由化され、ラインラントを中心に産業革命が進行した。

もともと織物が盛んではなかったことと石炭や鉄鉱石が豊富だったことから、いきなり製鉄業などの重工業が発達し、19世紀半ばにはイギリスを凌駕した。

 

アメリカでは1812~14年のアメリカ=イギリス戦争(米英戦争)でイギリスの貿易が途絶えて以来、自国の生産が拡大して産業革命がスタート。

南北戦争で工業中心の北部が勝利したことから工業化が加速した。

広大な国土には綿花はもちろん石炭も鉄鉱石も石油も豊富で、大陸横断鉄道などで需要も拡大。

奴隷制が廃止されてもアジアからの移民、いわゆるクーリー(苦力)がそれを補い、労働力も確保した。

こうして19世紀末にはイギリス、ドイツを凌ぐほど発展した。

 

* * *

世界遺産「ニュー・ラナーク」
水車が使える川沿いに建設されたイギリスの世界遺産「ニュー・ラナーク」。上流にダムを設置して水の安定供給を図り、水力紡績機を動かした。約2,500人の労働者がここで暮らしていた

<資本主義と自由主義、社会主義>

 

産業革命では資本主義と自由貿易主義という現在でも世界の主流となっている思想が普及した。


生産には3つの要素=労働・土地・資本が必要となる。

資本は活動資金のことで、資金で手に入れた工場や機械などの建物・設備や原材料・製品・資金なども含まれる。

この資本を所有しているのが資本家で、資本家は労働者を賃金で雇用し、商品を生産して販売することで利益を得る。

こうした経済体制を資本主義と呼び、産業革命で急速に拡大した。


産業が発達するにつれて、既得権益を保護するさまざまな制約が産業の足を引っ張るようになる。

たとえば穀物法は国内の農業資本家の利益を守るために一定の値段以下に下がった場合に輸入を停止する法律だが、穀物市場への参入を妨げるし、他産業の輸入にも影響を与えることから消費者はもちろん産業資本家に不評だった。

資本家たちは自由な競争・自由な貿易を求めるようになり、あらゆる制限の撤廃を要求。

その成果の一部が1833年の東インド会社の中国貿易独占権廃止に伴う商業活動の停止や奴隷制度廃止、1849年の航海法廃止だ。


こうした思想を理論づけたのがアダム・スミスの『国富論(諸国民の富)』だ。

ほしい人がたくさんいれば値段は上がるし、誰もほしがらなければ値段は下がる、価格は自由競争という市場原理の中で適当な場所に落ち着くはずだ――

「神の見えざる手」と呼ばれるもので、自由放任(レッセフェール)の中でこそ経済活動は最大化すると訴えた。

世界遺産「チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅[旧名ヴィクトリア・ターミナス]
ムンバイにある世界遺産「チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅[旧名ヴィクトリア・ターミナス]」。1888年に完成したゴシック・リバイバル様式の豪奢な駅舎で、インドのシカラと呼ばれる塔やチャトリという小塔などの影響がみられる (C)fish-bone

奴隷制度の廃止もこうした思想の下にあったとも考えることができる。

奴隷制は人の平等を謳う聖書の立場からも受け入れが難しいものであったし、啓蒙思想の浸透からも人道的に問題があった。

そのうえ、資本主義・自由貿易主義的な視点から見ると高コストな生産手段でしかなかった。

 

奴隷はアフリカで狩られ、船に乗せられ、アメリカにやってきて、途中で死ぬ者も少なくない。

買い入れるのに高いお金が必要であるのみならず、プランテーションでは衣食住のすべての面倒を見なければならない。

奴隷側には失うものがないので反乱や暴動のリスクも高く、向上心が低くて熟練職人なども生まれない。


それに比べて賃金労働者は都市で確保できるし、工場で働いている間だけ面倒を見ればよい。

「働けば働くだけ豊かになれる」ということで長時間労働が許容され、熟練工を優遇することでモチベーションも操れる。

人口が増えていけば労働者の賃金も競争によって低くおさえることができるので、利益を高く保つことができる。

おまけに労働者が賃金を得ることでそれが市場にもなる。

奴隷制を廃止したのは、より儲かる方法を見つけ出したからにすぎないのだろう。


資本主義経済では、経済が拡大する好況期と縮小する不況期が繰り返される。

不況時には弱体化した資本が大きな資本に吸収される資本の集中が起こる。

大資本は余った資本を新たな産業や市場に投資してそれが新たな好況を産み、経済をリードする。

そして大資本は資金調達のために銀行をはじめとする金融機関を利用し、金融資本が発達する。


産業の拡大再生産のためには市場と原料が不可欠だ。

このため金融資本と大資本は国家と結びついて新たな市場と原料を求めて領土の拡大を進める。

これが19世紀後半から拡大する帝国主義だ。


こうした考え方に対し、そもそも資本を個人に集中させたがために利益の追求が起こり、資本家と労働者の対立が生まれているとして、私有財産を否定し、私的な所有や利益を禁じて平等で公正な社会を築こうとしたのがサン・シモンやフーリエ、オーウェンら社会主義者たちだ。

もっとも長く働き、もっとも会社に貢献している労働者が富を増やせない一方で、資本家は工場を拡大・増加して財産を増やしつづけている事実に対し、協同で資本を所有して利益を平等に分配する協同社会の実現を模索し、特にオーウェンはニュー・ラナークやアメリカのニュー・ハーモニーでその実証に努めた。


しかしながらサン・シモンとフーリエは晩年自身が困窮し、オーウェンもニュー・ハーモニーで財産を失った。

エンゲルスらは彼らの実績は認めたものの、科学的な裏付けと実現方法を欠いているとして空想的社会主義と切り捨てた。


マルクスとエンゲルスは自らの思想を科学的社会主義と称し、文化や政治といった人間のさまざまな活動が経済的な基盤の上にこそ成立すると考え、人間の歴史は王・貴族・平民・農奴・奴隷といった階級闘争の繰り返しだったとする。

産業革命後、階級闘争は資本家(ブルジョワジー)と労働者(プロレタリアート)の争いに移行し、やがて資本家の没落で終わることを示して「万国の労働者よ、団結せよ!」(マルクス、エンゲルス共著『共産党宣言』より)と国際的な団結を呼び掛けた。

* * *

アメリカ独立戦争を描いたローランド・エメリッヒ監督『パトリオット』予告編


<アメリカの独立革命>


アメリカの東海岸ではイギリスの13植民地を中心に開拓が進められ、北部では商工業や自営農業が、南部では黒人奴隷を用いたプランテーションが発達した。


18世紀後半からイギリスとフランスとの間でアメリカの支配権を巡る戦争が続き、ウィリアム王戦争、アン女王戦争、ジョージ王戦争、フレンチ=インディアン戦争などが勃発。

イギリスは1763年のパリ条約で、カナダ、ミシシッピ川以東のルイジアナ、西インド諸島の一部、セネガルを獲得し、スペインからフロリダを入手した。

一方フランスは上記に加えてスペインにミシシッピ川以西のルイジアナを割譲し、アメリカの植民地をほとんど失った。


イギリスはフランスとの戦いに決着をつけると戦争による財政難を解消するために、受益者であるアメリカの植民地人に対する課税を強化する。

ところがこれが不満を呼び、1765年に成立した印紙法(印刷物については印紙を貼らなければならないという法律)に対して「代表なくして課税なし」と、植民地の代表が本国の議会にいないことから課税権がないという論理で拒否(ヴァージニア決議)。

人々はイギリス製品の不買運動を展開し、翌年には撤廃に追い込んだ。

世界遺産「独立記念館」
独立記念館。1749年に建てられたペンシルベニア州の議事堂だが、13の植民地の代表者がここに集まって独立宣言に署名したことから独立記念館の名が付いた。1787年にはここで合衆国憲法も承認されている (C)Rdsmith4
独立記念館にあるリバティ・ベル(自由の鐘)
独立記念館にあるリバティ・ベル(自由の鐘)。独立宣言や奴隷制の廃止など重要な会議の開催や招集の際に鳴らされた鐘で、アメリカの自由の象徴とされる

1767年にはタウンゼンド諸法で茶や紙・ガラスに対して税が課せられると、不買運動を強化。

さらに1773年の茶法で東インド会社の茶に免税特権を与えたため、その不平等に反発して東インド会社の船舶を襲撃して積み荷の茶を海に捨てる事件が発生した(ボストン茶会事件)。

イギリス国王ジョージ3世はこれに対してボストン港を封鎖して対抗。

植民地側は翌年、フィラデルフィアで第一次大陸会議を開いて抗議し、不買運動を続けた。


1775年、植民地側が武器を用意しているという情報を得たイギリスはコンコードに軍を派遣。

イギリス軍はレキシントンで攻撃を受け、多くの兵士が殺害された(レキシントン・コンコードの戦い)。

これによってアメリカ独立戦争の火蓋が切られ、同年の第二次大陸会議においてワシントンが大陸総司令官に任命された。


1776年1月にトマス・ペインが『コモン・センス』を発表。

イギリスからの独立を訴えるその内容が喝采を浴び、独立戦争の後押しをした。

同年7月4日、第二次大陸会議は独立記念館※でトマス・ジェファソンらが起草したアメリカ独立宣言を全会一致で採択。

この日はいまでもアメリカの独立記念日として祝われている。

※世界遺産「独立記念館(アメリカ、1979年、文化遺産(vi))」

世界遺産「シャーロットヴィルのモンティセロとヴァージニア大学」モンティセロ
第3代大統領トマス・ジェファソンの私邸モンティセロ。イタリア旅行で目にした宮殿や庭園をもとに、ジェファソン自身がデザインした。世界遺産「シャーロットヴィルのモンティセロとヴァージニア大学(アメリカ、1987年、文化遺産(i)(iv)(vi))」構成資産。ヴァージニア大学はジェファソンの創立だ (C)Martin Falbisoner

8月に入るとイギリスが反撃に出て、ロングアイランドの戦いに勝利してニューヨークを占領。

1777年にはアメリカ軍の本拠地となっていたフィラデルフィアを落とすことに成功する。


アメリカは同年10月にサラトガの戦いで大勝すると盛り返し、1778年にはフランスのルイ16世がアメリカ側での参戦を宣言して軍を送り込む。

1779年にスペイン、1780年にオランダがやはりアメリカ側について参戦。

こうした動きに対してイギリスはアメリカの海上封鎖を行ったが、ロシアのエカチェリーナ2世が武装中立同盟を提唱し、中立国の船舶の航行と物資輸送の自由を主張。

プロイセンやポルトガル、スウェーデン、デンマークが同盟に参加したため孤立化し、狙い通りの効果は出なかった。


1781年、ヴァージニアのヨークタウンに侵攻したイギリス軍に対して、ワシントンが総攻撃を開始。

フランスのラ・ファイエットの義勇軍が呼応し、フランス海軍も海からの砲撃で支援した(ヨークタウンの戦い)。

イギリス軍はここに降伏し、1783年のパリ条約でアメリカの独立が決定。

13州に加えてミシシッピ川以東の土地を手に入れた。

また、同日にイギリスとスペイン・フランスの間でベルサイユ条約が締結され、1763年に割譲させたフロリダとセネガルをそれぞれスペインとフランスに返還した。


こうして1763年のパリ条約で完成したイギリス第一帝国は、1783年のパリ条約とベルサイユ条約によって終わりを告げた。

世界遺産「自由の女神像」
独立支援を行ったフランスが、アメリカ独立100周年を記念して1886年に贈った世界遺産「自由の女神像(アメリカ、1984年、文化遺産(i)(vi))」。左手に持つ銘板には独立記念日である1776年7月4日とフランス革命の1789年7月14日の日付が刻まれている

アメリカは独立後に国家体制を急速に整備した。

1787年にはフィラデルフィアの憲法制定会議で合衆国憲法を制定。

人民主権をベースに君主を置かない共和政を掲げ、各州の自治を州政府に任せながらも外交・軍事・通商などについては連邦政府が強力な力を持つ連邦主義を採用した。

また三権分立を徹底し、行政権は選挙で選ばれた大統領と政府が担い、立法権は各州2名の代表からなる上院と人口比例の代表が集まる下院で構成される連邦議会が手にし、司法権は連邦最高裁判所が行使して、三者が抑制し合うことで権力の集中を予防した。


1789年には合衆国憲法に基づく連邦政府が発足し、ワシントンが初代大統領に就任。

この頃、連邦主義を認める連邦派と認めない反連邦派が対立していたが、連邦派のハミルトンが財務長官に就任し、反連邦派のジェファソンが国務長官を務めてバランスをとり、財政と外交の基礎を固めた。


合衆国憲法はイギリスのような王政や貴族制・身分制を否定し、法の下の平等や自由を謳ったまさに市民階級(ブルジョアジー)のためのものだった。

このような市民革命が成功したのはもとより植民地に国王や貴族がおらず、産業革命を経て資本主義や自由主義が浸透して自由・平等を求める高い意識が醸成されていたからだ。


ただし、身分制が否定されたといっても奴隷制はイギリスが廃止したあとも続いていたし、イギリス統治時代には比較的守られていたアメリカ先住民の権利もほとんど無視された。

アメリカはこのあと西部開拓時代を迎え、それ以前にイギリスやフランスの植民地人が先住民と結んでいた条約などは完全に反故にされ、土地の収奪を開始する。



次回はフランス革命とナポレオンのヨーロッパ征服を紹介する。


News

世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

オフリド地域の自然遺産及び文化遺産
オフリド地域の自然遺産及び文化遺産
世界遺産「文化交差路サマルカンド」のグリ・アミール廟、イーワーン
フランス・ブルボン家のベルサイユ宮殿に対抗して、オーストリア・ハプスブルク家が贅と粋を尽くした世界遺産「シェーンブルン宮殿と庭園群」。クリックで外部記事へ。
イギリスの世界遺産「ロンドン塔」
イギリスでもっとも歴史のある石造城塞であり、多くの囚人を収容した監獄兼処刑場で、世界一有名な幽霊屋敷でもある「ロンドン塔」。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 シェーンブルン宮殿

 世界一の幽霊屋敷 ロンドン塔

 青の都サマルカンド

 学生が訪れたい世界の絶景

 2017年おすすめの世界遺産

 日本の世界遺産名所12選

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産のサンゴ礁、全滅危機

新登録のユネスコエコパーク

政治的対立が深まる世界の記憶

ゴミに覆われたヘンダーソン島

宗像・沖ノ島を巡る不安

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ-ケバン国立公園1

11.フォンニャ-ケバン国立公園2

12.カタルーニャ堂とサンパウ病院1

13.カタルーニャ堂とサンパウ病院2

14.オフリド地域1

15.オフリド地域2

16.古都京都の文化財1

17.古都京都の文化財2

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです