世界遺産と世界史14.シルクロードとクシャーナ朝&漢

法起寺
「法隆寺地域の仏教建造物」として法隆寺と並び世界遺産登録されている法起寺。三重塔は706年竣工で、法隆寺西院金堂の五重塔とともに世界最古の木造建造物といわれる
アジャンター第1窟蓮華手菩薩像
アジャンター第1窟、蓮華手菩薩像。しばしば法隆寺金堂や莫高窟の壁画と共通点が指摘される

世界遺産「法隆寺地域の仏教建造物(日本、1993年、文化遺産(i)(ii)(iv)(vi))」に登録されている法隆寺や法起寺は7~8世紀の建築で、世界最古の木造建造物群とされている。

これらの建物はヨーロッパ~アジアの意匠を集大成して造られた。

 

そもそも仏教の塔はサーンチーのストゥーパ①のように、シッダールタ(ブッダ。釈迦)の遺灰である仏舎利を収める供養塔のこと(「9.インダス文明と古代インド」参照)。

それが中国の楼閣建築の上に取りつけられたことから木造の塔が誕生した。

法隆寺ではこれを五重塔、法起寺では三重塔という形で表現した。

※①世界遺産「サーンチーの仏教建造物群(インド、1989年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))」

 

そして仏像や仏画は、後述するようにバーミヤン③やタキシラ④をはじめとするガンダーラとその周辺で生まれたもの(マトゥラー起源説もあり)。

法隆寺の釈迦三尊像は日本人離れした顔立ちをしているし、焼失した金堂壁画はアジャンター石窟⑤の影響が見られることでも有名だ。

※③世界遺産「バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群( アフガニスタン、2003年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))」

 ④世界遺産「タキシラ(パキスタン、1980年、文化遺産(iii)(vi))」

 ⑤世界遺産「アジャンター石窟群 (インド、1983年、文化遺産(i)(ii)(iii)(vi))」

 

さらに、法隆寺の中門に見られる柱にはパルテノン神殿⑥や宗廟⑦などで使用された古代ギリシアのエンタシス(柱の一部をふくらませて優美さと安定感をもたらした)が用いられているし、玉虫厨子の図柄などはヘレニズム・ペルシアの影響を受けていることで知られている。

※⑥世界遺産「アテネのアクロポリス(ギリシア、1987年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))」

 ⑦世界遺産「宗廟(韓国、1995年、文化遺産(iv))

 

法隆寺はこれだけの歴史を背負った寺院。

そしてこうした文化は主にシルクロードを通って伝わった。


* * *

1世紀前後のアジア
1世紀頃のアジア。後漢の領土で、左(西)に細く伸びているのが河西回廊だ。北のゴビ山地と南の祁連山脈に挟まれた道で、その要衝に敦煌がある。漢とクシャーナ朝の版図が近づくことで、インド~ガンダーラの文化が中国~日本へと伝わりやすくなった
アジャンター第9窟のストゥーパ
アジャンター第9窟のストゥーパ。1世紀前後のもので、この頃は仏像がなく、ストゥーパを祀っていた

中央アジアを占めているのは広大なステップと砂漠。

ステップは背の低い草が広がるだけの荒野で、半ば砂漠といった土地も少なくない。


古来、中央アジアにはスキタイ人やソグド人、パルティア人、月氏、匈奴といった遊牧民族が暮らしており、彼らは移動を繰り返しつつ各地の産品を別の土地に運んで隊商貿易を行った。

中央アジアのステップや砂漠を通って東アジアと中央アジア、西アジア、ヨーロッパをつなぐ東西貿易のルートをシルクロード※という。

※世界遺産「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網(カザフスタン/キルギス/中国共通、2014年、文化遺産(ii)(iii)(v)(vi))」

※世界遺産暫定リストにはシルクロード関係の以下の資産が記載されている

  • ウズベキスタンのシルクロード遺跡(ウズベキスタン)
  • タジキスタンのシルクロード遺跡(タジキスタン)
  • キルギスのシルクロード遺跡(キルギス)
  • シルクロード(カザフスタン)
  • トルクメニスタンのシルクロード遺跡(トルクメニスタン)
  • シルクルート[シルクロード](イラン)
  • インドのシルクロード遺跡(インド)

  

シルクロードの中でも東西南北の文化が盛んに交流したのがガンダーラとその周辺の土地だ。

ガンダーラには複数の都市国家が成立していたが、アケメネス朝、アレクサンドロス帝国、セレウコス朝の支配を受けたあと、インドのマウリア朝に侵略され、さらにバクトリア、パルティアに支配された。

おかげでギリシア、ペルシア、インド、遊牧民族の文化が複雑に混じり合うことになった。


その一例が仏像だ。

仏教国であるマウリア朝の支配以来この地には仏教が伝わっていたが、アレクサンドロス帝国やバクトリアのギリシア人たちがもたらした神々の彫刻をまねて、人々は仏像や、仏像を二次元に落とした仏画を作り出した。

それまではストゥーパが寺院のシンボルだったが、ストゥーパの内外に仏像が設置されるようになり、やがて多彩な仏像や仏教壁画が寺院を飾るようになる。

アジャンター第19窟のストゥーパと仏像
アジャンター第19窟。5~6世紀のもので、この頃になるとストゥーパにブッダの立像が据えられている。中国でストゥーパは塔となり、中心的な仏像は金堂に収められた

さて。

アレクサンドロス帝国以降の入植により、ギリシア人は西アジアや中央アジアに進出した。

彼らが建てた国のひとつがバクトリアだ。

バクトリアはやがてパルティアや大月氏といった遊牧民族の侵入で滅びるが、人々はインド北部に移動してマウリア朝を滅ぼし、ギリシア人国家を建国する(グリーク朝)。

これにより、ガンダーラをはじめとするヘレニズム文化がインドにもたらされることになる。


その頃。

中国の西域にいた月氏(げっし)は匈奴に押され、バクトリアの地に移動して大月氏として力を振るう。

そして1世紀に首都をシルスフ※に置いてクシャーナ朝を建国。

2世紀に首都をプルシャプラ(現在のペシャワール)、副都をマトゥラーに定めたカニシカ王はインド北部を平定し、インド~中央アジアに至る大帝国を打ち立てる。

※世界遺産「タキシラ(パキスタン、1980年、文化遺産(iii)(vi))」


カニシカ王は仏教を庇護したことからガンダーラ美術が大いに発展した。

クシャーナ朝がアジアの東西南北を結ぶ要衝にあったことから、仏教美術はインドや中国・日本にまで伝えられた。

そしてマトゥラーで広まった仏教芸術・マトゥラー美術はよりインド色を強めたものとなった。

 

カニシカ王が建てた仏教寺院が世界遺産「タフティ・バヒーの仏教遺跡群とサリ・バロールの近隣都市遺跡群(パキスタン、1980年、文化遺産(iv))」登録のタフティ・バヒー寺院だ。

ストゥーパを中心に僧院が建造され、数多くの仏像も発見されている。

クシャーナ朝から次のグプタ朝期の仏教美術、特に石窟寺院や仏像、壁画が集まっているのが世界遺産「バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群(アフガニスタン、2003年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))」だ。

また、世界遺産「タキシラ」にはマウリア朝やクシャーナ朝の仏教遺跡や、バクトリアのギリシア遺跡が混在している。

 

こうしてインド北部をまとめたクシャーナ朝に対して、南部はサータヴァーハナ朝が支配していた。

サータヴァーハナ朝が行っていたのが「海のシルクロード」を使った海上貿易だ。

陸路でローマ帝国領に行くためには多数の国を経る必要があるが、紅海やペルシア湾を使えば直接貿易を行うことができた。

こうしてアラビア海を中心に、東南アジアや中国さえ結んで交易を行い、大いに繁栄した。

エローラ第16窟、カイラーサナータ寺院
エローラ第16窟、カイラーサナータ寺院。8~9世紀に造られヒンドゥー寺院で、約100年をかけてノミとカナヅチだけで彫り上げた世界最大の彫刻。壁も天井も神々の彫刻や『ラーマーヤナ』『マハーバーラタ』の場面を描いたレリーフで覆われている
アジャンター石窟群
アジャンター石窟群。ワゴーラ川の断崖に残る石窟群で、紀元前1~後6世紀の間に約30の石窟が掘られた

インド史を進めよう。

 

クシャーナ朝はペルシアのササン朝に敗れると、ササン朝の傀儡政権となる。

その後チャンドラグプタ1世のグプタ朝によってインドから駆逐され、バクトリアの地へと帰ることになる。

 

グプタ朝は4~5世紀、チャンドラグプタ2世のときに最盛期を迎える。

南インドの一部を除いてインドのほぼ全土を掌握。

仏教美術はさらに洗練され、ギリシア等の影響を廃したインド特有の様式を確立し、グプタ美術として花開く。

 

この前後の時代にアジャンター①、エローラ②、エレファンタ③というインド三大石窟が造られた。

アジャンターは仏教、エレファンタはヒンドゥー教の石窟群だが、エローラは仏教・ジャイナ教・ヒンドゥー教の混合石窟で、仏教・ジャイナ教の神々が次第にヒンドゥー教に吸収される姿を見ることができる。

また、ナーランダ僧院④が造られたのもこの頃で、仏教修業の中心地として機能した。

※①世界遺産「アジャンター石窟群(インド、1983年、文化遺産(i)(ii)(iii)(vi))」

 ②世界遺産「エローラ石窟群(インド、1983年、文化遺産(i)(iii)(vi))」

 ③世界遺産「エレファンタ石窟群(インド、1987年、文化遺産(i)(iii))」

 ④世界遺産「ビハール州ナーランダ・マハーヴィハーラ[ナーランダ大学]の遺跡(インド、2016年、文化遺産(iv)(vi))」

 

[関連サイト]

アジャンター石窟群/インド

エローラ石窟群/インド

エローラのヒンドゥー教のレリーフ
エローラのヒンドゥーレリーフ。ヒンドゥー教の神像は本当に自由で、仏像とほとんど変わらないものもある

この時代には仏像だけでなく、バラモン教やジャイナ教の神像も作られた。

一般の人々の間ではそれらの神々が次第に融合を果たし、仏教、ジャイナ教、バラモン教の差異は次第にあいまいになっていく。

こうして成立するのがヒンドゥー教だ。

 

ヒンドゥー教は宗教といっても明確な定義があったわけではない。

バラモン教のヴァルナ制(カースト制)をはじめとする慣習を引き継いで、さまざまな神々を雑多に信じる民間信仰にすぎなかった。

それがグプタ朝の時代、『マヌ法典』が成立してヴァルナ制が強化され、『マハーバーラタ』や『ラーマーヤナ』といった叙事詩が広まることで神々の物語が人々の知るところとなり、共通の神概念を持つようになる。

そして仏教やジャイナ教の神々は雑多な神々の一部として認識され、ヒンドゥー教に吸収されていく。

 

6世紀にグプタ朝に変わってハルシャ王のヴァルダナ朝が北インドを統一する。

ハルシャ王は仏教を庇護し、玄奘(三蔵法師)や義浄もブッダガヤ※やナーランダを訪れたが、この頃から仏教やジャイナ教は衰退の一途を辿る。

世界遺産「ブッダガヤの大菩提寺(インド、2002年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))」

 

以降のインド・スリランカ史については「24.イスラムの拡散とインド、東南アジア」へ。


* * *

莫高窟
366年、楽尊(らくそん。尊は当て字)によって開窟されたといわれる世界遺産「莫高窟」。上は5世紀頃、五胡十国時代に造られたと見られる第275窟の弥勒菩薩像レプリカ(莫高窟陳列館の復元窟にて)。このように足を組む交脚像は当時の遊牧民族に特有。莫高窟にはこうした石窟が492あり、極彩色の壁画や仏像で彩られている
莫高窟の九層楼
莫高窟、第96窟の九層楼。内部には高さ35mにもなる巨大な弥勒菩薩像が安置されている

シルクロードの東、中国に目を向けてみよう。

秦までの話は「10.長江・黄河文明と古代中国」参照のこと。

 

中国統一を成し遂げた秦だったが、戦争や土木工事に駆り出される民衆の負担は重かった。

紀元前209年、兵役に向かう途中、事故で期日に間に合わなくなった陳勝と呉広は、死刑になるくらいならということで仲間とともに反乱を起こす。

そのときの言葉が有名な「王侯将相いずくんぞ種あらんや(王や貴族や将軍とオレたちの種族と何が違うんだ)」だ。

この反乱はまもなく鎮圧されるが楚の項梁が引き継ぎ、反乱は全国に飛び火して混乱を窮めた。

 

秦に対する戦いの中で力を伸ばしたのが項梁の子・項羽と劉邦だ。

紀元前206年、劉邦が秦の都・咸陽(かんよう)に入ると皇帝・子嬰(しえい)は即座に降伏する。

手柄を取られた項羽は怒り狂うが、咸陽郊外で酒を酌み交わして和解(鴻門の会)。

項羽は劉邦を漢中に左遷すると、子嬰らを殺し、咸陽を徹底的に破壊して火を放つ。


秘境といってもいい漢中の王(漢王)となった劉邦は、やがて項羽に対して兵を挙げる。

彭城(ぼうじょう)の戦いをはじめ劉邦はことごとく戦に敗れるが、紀元前203年、ついに垓下(がいか)の戦いに勝利。

項羽は包囲されたのち(四面楚歌)、自害する。

紀元前202年、劉邦は皇帝に即位し(以下、高祖)、長安を都に定めて漢を建てる。

 

高祖は劉氏による統一を進め、全土を国に分けたのちに一族の者を「王」として送り込んで治めさせ、それ以外の地域では秦の時代の郡県制と封建制を併用した(郡国制)。

続く文帝・景帝は内政に力を尽くし、農業を支援したので国は大いに潤った(文景の治)。

紀元前154年、力を増す中央政府に対して劉一族の国である呉と楚を中心に呉楚七国の乱を起こす。

これを鎮圧すると大きな国はなくなり、郡県制に戻って漢の中国支配はほぼ固まった。

 

莫高窟の内部
6世紀の建造と見られる莫高窟第285窟の復元窟。莫高窟は世界遺産の文化遺産登録基準1~6をすべて満たす、たった3件の世界遺産のひとつでもある

内政に憂いがなくなったところで外征に乗り出したのが武帝だ。

匈奴に敗れてバクトリアに移った大月氏(のちにクシャーナ朝を建国)に対し、武帝は匈奴を挟み撃ちにするために同盟を結ぼうと張騫(ちょうけん)を派遣。

張騫は匈奴に捕らえられて10年以上も彼の地ですごすが、機を見て脱走し、大月氏へ赴く。

結局同盟は得られなかったが、烏孫や大宛といった西域との交流が進み、またその情報は衛青や霍去病(かくきょへい)の匈奴征伐に利用された。

 

おかげで匈奴相手に有利に戦いを進め、武帝はタリム盆地に迫る広大な国土を獲得。

紀元前111年、敦煌をはじめとする河西4郡を設置した。

さらに、同年にベトナムの南越を滅ぼして日南郡等10郡を、紀元前108年には朝鮮半島の衛氏朝鮮を滅ぼして楽浪郡等4郡を置き、前漢の最大版図を築いた。


その後宦官(かんがん。後宮仕えの去勢された男子)、外戚(がいせき。皇后一族)らが勢力を伸ばし、力を握ったのが王家だ。

西暦8年、外戚・王莽(おうもう)は皇帝から禅譲(ぜんじょう。血縁のない人に位を譲ること)を受け、新を建国する。


急激な改革で国内は混乱し、各地で反乱が相次ぐ中で、漢の劉氏の血を引く劉玄が赤眉の乱を起こす。

王莽は100万を超える軍を率いたが、紀元前23年、昆陽の戦いで劉秀を中心とする赤眉軍に破れ、新は滅亡する。

変わって帝位に就いたのが劉秀だ(以降、光武帝)。

光武帝は都を洛陽に遷すと漢を再興する(後漢)。

 

後漢の時代、版図を大幅に西に広げたのが班超(はんちょう)だ。

班超は1世紀に活躍した後漢の軍人で、西域都護として長年敦煌より西に在住して睨みを利かせた。

彼の時代に後漢は敦煌からはるか西、タリム盆地・タクラマカン砂漠を越え、クシャーナ朝の版図にまで迫った。

これにより、クシャーナ朝の仏教文化が直接中国に伝わることになる。

 

また、班超は部下の甘英を大秦国(ローマ帝国)に送った。

残念ながらローマには到達できなかったようだが、甘英はパルティアを越え、地中海にまで達したと見られている。

 

峨眉山
四大仏教名山のひとつで、世界遺産「峨眉山と楽山大仏」登録の我眉山。普賢菩薩を祀る標高3,099mの霊山で、報国寺、伏虎寺、万年寺等の寺がある。写真は華蔵寺で、左が普賢菩薩像、右が金殿
泰山
道教の五岳のひとつ、世界遺産「泰山」山頂。道教の道観はもちろん、仏教の寺院や儒教の孔子廟もある。三教の混在は中国の霊山では珍しくない。道教の神・泰山府君を祀る岱廟の天貺殿は、孔廟の大成殿、紫禁城の太和殿と並び中国三大宮殿と呼ばれる

光武帝自ら豪族出身であるように、この時代に力を持ったのが地方の豪族だ。

農民が没落する一方で、郷挙里選(きょうきょりせん)によって推薦による官吏登用が可能になると、豪族たちは次々と政界に進出した。

宦官・外戚と豪族勢力との対立が起こり、政治は混乱した。


3世紀の黄巾の乱を皮切りに群雄割拠の時代に入り、魏・呉・蜀に分裂(三国時代)。

周辺でも遊牧民族である匈奴・羯(けつ)・鮮卑(せんぴ)・氏(てい。氏の下に横線入る)・羌(きょう)の五胡が勢力を強め、中国は混乱を窮めた。


そんな中、魏の曹丕(文帝)は220年、皇帝・献帝から禅譲を受けることで後漢は滅亡。

その曹氏も司馬氏によって討ち取られ、265年、司馬炎(武帝)は魏の元帝から禅譲を受けて晋を建国。

しかしながら各地の王による反乱=八王の乱が起き、さらに匈奴が洛陽に侵入すると、その晋も滅亡してしまう。

この後しばらく中国には統一王朝が誕生せず、北部と南部それぞれに皇帝が誕生する南北朝時代を迎える。


まずは北朝だ。

中国北部は遊牧民族が入り乱れる五胡十六国時代を迎えるが、その中で力を増したのが北魏だった。

386年、鮮卑の拓跋珪(たくばつけい)が北魏を建てて帝位に就き(道武帝)、太武帝が北部を統一した。

太武帝の時代に道教が、以降は仏教が保護されて、道教・仏教美術が大いに花開いた(後述)。

しかしまもなく北魏は東西に分裂し、東魏→北斉、西魏→北周と移り変わる。

 

そして南朝。

317年、晋の司馬氏の血を継ぐ司馬睿(しばえい)が皇帝に即位(元帝)。

国土を南に移し、首都を建康(現在の南京)に置いて晋を復興する(東晋)。

しかしこれも長続きせず、同じ建康を首都に宋→斉→梁→陳と推移する。

 

こうした南北朝の混乱は581年、楊堅が隋を建てて統一されるが、以降は「26.隋・唐・宋の時代」参照。


* * *

雲崗第6窟
約250の石窟、5万を超える石仏からなる世界遺産「雲崗石窟」の第6窟。現在の仏像とはずいぶん異なる風貌を持つ。曇曜が造った第16~20窟は北魏の道武帝・明元帝・太武帝・南安王・文成帝を象っている
龍門
1,000を超える石窟と10万を超える石仏からなる世界遺産「龍門石窟」の奉先寺。中央は盧舎那仏。7世紀、唐の高宗と則天武后によって造営されたもので、この頃の仏像は私たちがよく知るものと大差ない

魏晋南北朝の時代は混乱の時代だったが、あらゆる民族が入り乱れた多文化の時代でもあった。

クシャーナ朝のもとで発展した大乗仏教はシルクロードを経由して敦煌に入り、漢代に中国へもたらされた。

漢代には武帝が董仲舒(とうちゅうじょ)の進言により儒教を取り入れていたこともあって、異国の宗教は受け入れられなかった。

しかしこの遊牧民族が活躍した時代、特に4世紀に北魏の庇護を受けて全土に広がった。

 

北魏の文成帝は仏教を庇護し、曇曜(どんよう)に雲崗石窟①を造らせた。

孝文帝が都を洛陽に遷すと今度は龍門石窟②を造営した。

雲崗の石仏はガンダーラ・遊牧民族色が残っているのに対し、時代を経た龍門は中国風に落ち着いているのがおもしろい。

また、敦煌にある莫高窟③には北魏から元代までおよそ1,000年の間に造られた膨大な量の石窟寺院と仏像、仏教壁画が残されている。

これらは中国三大石窟といわれ、インド三大石窟・中国三大石窟はすべて世界遺産に登録されている。

※①世界遺産「雲崗石窟(中国、2001年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))」

 ②世界遺産「龍門石窟(中国、2000年、文化遺産(i)(ii)(iii))」

 ③世界遺産「莫高窟(中国、1987年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(v)(vi))」

廬山
世界遺産「廬山国立公園」。4世紀、慧遠は山中に東林寺を築き、初の中国仏教である浄土教を創始した。杜甫、李白らがこの山を愛し、山水詩を詠んだことでも有名だ

そして五台山①、峨眉山②、九華山、普陀山を仏教四大名山と呼ぶ。

これらも魏晋南北朝の時代によく整備されるようになった。

また、東晋の時代に慧遠(えおん)が廬山③(ろざん)で体系化したのが浄土教だ。

※①世界遺産「五台山(中国、2009年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))」

 ②世界遺産「峨眉山と楽山大仏(中国、1996年、文化遺産(iv)(vi)、自然遺産(x))」

 ③世界遺産「廬山国立公園(中国、1996年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))」

 

この時代に成立したのが道教だ。

道教とは、諸子百家の道家の老荘思想を大幅に改変し、民間信仰や神仙思想を加えたもの。

儒教・仏教と並んで中国の三教に数えられている。

寇謙之(こうけんし)が体系化して北魏の太武帝の庇護を得て華北に広まった。

 

恒山、華山、嵩山①、泰山②、衡山を五岳と呼び、いずれも道教の聖山として知られている。

嵩山や泰山に仏教寺院や道教の道観が盛んに造られたものこの時代だ(少林寺も同様)。

また、武当山③も道教の聖地で、この時代に道観が造られている。

※①世界遺産「河南登封の文化財 ”天地之中”(中国、2010年、文化遺産(iii)(vi))」

 ②世界遺産「泰山(中国、1987年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(v)(vi)、自然遺産(vii))」

 ③世界遺産「武当山の古代建築物群(中国、1994年、文化遺産(i)(ii)(vi))」

 

さて、ここで世界遺産登録基準の確認をしておこう。

今回紹介してきた世界遺産は6つの文化遺産登録基準のうち、1~4を満たすものが多い。

 

■文化遺産登録基準1~4

  • (i) 人間の創造的な才能を表現する傑作であるもの
  • (ii) 一定の期間、または世界のある文化圏において、建築・技術・記念碑・街並み・景観デザインの発展において、人類の価値の重要な交流を示しているもの
  • (iii) 現存する、またはすでに消滅した文化的伝統や文明に関する唯一の、あるいはまれな証拠を示しているもの
  • (iv) 人類の歴史の重要な段階を示す建築物、建築様式、技術集合体、または景観の顕著な例といえるもの

簡単に言うと、(i)人類の傑作、(ii)文化交流の跡、(iii)文化・文明の証拠、(iv)重要な建築物や景観、だ。

つまり登録基準1~4を満たす世界遺産は、美しくて、いろんな文化が交流したもので、その文化・文明の代表で、かつ重要性がきわめて高いもの、ということになる。

ちなみに、(v)は環境利用の例、(vi)は出来事・伝統関連、(vii)~(x)は自然遺産の登録基準だ。

自然遺産登録基準については「2.地球と火山活動」参照のこと。

 

 

次回は東南アジア、東アジアとアフリカの古代文明を紹介する。

 

[関連サイト]

アジャンター石窟群/インド

エローラ石窟群/インド

 

 


News

世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

イギリスの世界遺産「ロンドン塔」
イギリスでもっとも歴史のある石造城塞であり、多くの囚人を収容した監獄兼処刑場で、世界一有名な幽霊屋敷でもある「ロンドン塔」。クリックで外部記事へ
世界遺産「文化交差路サマルカンド」のグリ・アミール廟、イーワーン
青の都・サマルカンド、グリ・アミール廟のイーワーンとドーム。世界遺産「文化交差路サマルカンド」構成資産。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 世界一の幽霊屋敷 ロンドン塔

 青の都サマルカンド

 学生が訪れたい世界の絶景

 2017年おすすめの世界遺産

 日本の世界遺産名所12選

 ル・コルビュジエの建築作品

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8. 空間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

慶州歴史地域の修復と真正性

来訪神行事を無形文化遺産推薦

カムチャツカ火山群で噴火続く

京都市が景観保護に新制度

陽明門&東大手門リニューアル

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです