世界遺産と世界史24.イスラムの拡散とインド、東南アジア

世界には約15億のイスラム教徒がいるという。

キリスト教徒の約23億に次ぐ数字で、ヒンドゥー教徒の約10億が続いている。


イスラム教徒の人口が多い国は以下。

インドネシア>パキスタン>インド>バングラデシュ>エジプト>ナイジェリア>イラン>トルコ

 

インドネシアは約2億、パキスタンとインドは約1.8億。

人口で見た場合、イスラム教徒は西アジアよりも東南アジアや南アジアに多いことがわかる。

ただ、人口比(人口に占めるイスラム教徒の割合)で見ると西アジアはさすがに高く、サウジアラビアやUAE、オマーン、イエメンあたりはほぼ100%。

パキスタン、イラン、トルコで95%以上、インドネシアは90%弱、対してインドは11%少々だ。

 

今回はイスラム教のインド、東南アジア、東アフリカ、西アフリカへの展開を見てみたい。

なお、スリランカやミャンマー(バガン)、タイ(アユタヤ、スコータイ)はイスラムの影響が少ないが、少々触れてみたい。

 

* * *

「ラジャスタンの丘陵要塞群」のジャイサルメール城砦
インドの世界遺産「ラジャスタンの丘陵要塞群」のジャイサルメール城塞。砂漠地帯の断崖に建てられた城砦で、内部はヒンドゥー教の神々を象った彫刻や、イスラム紋様アラベスクの影響を受けた繊細なレリーフで装飾されている

まずはインドだ。

6世紀のヴァルダナ朝までは「14.シルクロードとクシャーナ朝&漢」参照。

ヴァルダナ朝はハルシャ王一代で終わり、統一は長続きはしなかった。

 

この頃インドとパキスタン国境近く、現在のラジャスタン州に移住してきたのがラージプートと呼ばれる人々だ。

もともと遊牧民族だったようで、独立志向が高く、戦闘にも強くて好戦的であったとも伝えられている。

ヒンドゥー教を信奉しており、半砂漠の乾燥地帯に強力な城塞を建設して都市国家群※を築き上げた。

※世界遺産「ラジャスタンの丘陵要塞群(インド、2013年、文化遺産(ii)(iii))」


ラージプートの都市国家のいくつかは領域国家を建設し、たとえば10~13世紀に栄えたプラティハーラ朝などは一時インドの多くを支配した。

しかし大きく安定した統一王朝はなかなか誕生せず、チャウハン朝、チャンデッラ朝などの王朝が起こっては消えた。

ちなみに、チャウハン朝の首都遺跡がチャンパネール・パーヴァガドゥ①で、チャンデッラ朝の都がセックス像ミトゥナや女神像アプサラで知られるカジュラホ②だ。

※①世界遺産「チャンパネール・パーヴァガドゥ遺跡公園(インド、2004年、文化遺産(iii)(iv)(v)(vi))」

 ②世界遺産「カジュラホの建造物群(インド、1986年、文化遺産(i)(iii))」

 

[関連サイト]

カジュラホの建造物群/インド

カジュラホのミトゥナ像
女性美を強調した女神像アプサラと、激しいセックス像ミトゥナで彩られたカンダーリヤ・マハーデーヴァ寺院の壁面。世界遺産「カジュラホの建造物群」構成資産

7~13世紀、ラージプートを中心とした群雄割拠の時代をラージプート時代と呼ぶ。

この時期、サーマーン朝やホラズム朝など、イスラム王朝が盛んにインド進出を試みるが、それを阻み続けたのがラージプート諸国だ。

最終的にはイスラム王朝の侵入を許し、ムガル帝国の支配下に入ったりするのだが、それでも一部はヒンドゥー教への信仰と独自の文化を守り続けた。


962年、サーマーン朝のマムルーク(トルコ人奴隷)が独立してガズナ朝を建国する。

中央アジアを中心に、イラン、パキスタンを占領し、インド西部へ進出。

1019年にはラージプート最強国プラティハーラ朝を倒す。


1117年、やはり中央アジアにペルシア人王朝ゴール朝が建つと、ガズナ朝を滅ぼし、インドへ進出。

チャウハン朝、チャンデッラ朝といったラージプート諸国を次々と倒し、ガンジス川流域を中心に北インドの大半を征服する。

 

13世紀初頭、ホラズム朝の圧力を受けてゴール朝はそのまま解体。

ゴール朝の総督として北インドを支配していたアイバクは、1206年、自ら「スルタン」を名乗ってイスラム王朝を建国する。

このインドで生まれたはじめてのイスラム王朝は、アイバクがマムルークであったことから奴隷王朝と呼ばれている。

クトゥブ・ミナール
高さ72.5mと、世界でもっとも高いクトゥブ・ミナールのミナレット

アイバクはヒンドゥー寺院を改修してインド初のモスクを建設。

これが世界遺産「デリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群(インド、1993年、文化遺産(iv))」だ。

 

この後デリーを首都に、奴隷王朝→ハルジー朝→トゥグルク朝→サイイド朝→ロディー朝と、イスラム王朝が入れ替わる。

16世紀、ムガル帝国に統一されるまで続くこれらの王朝をまとめてデリー・スルタン朝と呼ぶ。


ムガル帝国(1526~1858年)もイスラム教を信奉していたので、13~19世紀まで600年以上にわたって北インドはイスラム王朝が支配し続けることになる。

コーランの前の平等を掲げるイスラム教は、ヒンドゥー教において恵まれない人々、特に下層カーストの支持を集めたという。

 

この時代に多くのイスラム教徒が生まれるわけだが、現在インド人口に占めるイスラム教徒の割合は11%少々にすぎない。

種々の理由が考えられるが、第一に宗教的に寛容な王朝が多く、イスラム教を強いることがほとんどなかったことが挙げられる。

また、イスラム王朝の多くは北インドの一部を支配していただけで、インド全土を統一したわけではなかった。

さらに、20世紀のパキスタンとバングラデシュ独立時、多くのイスラム教徒が両国に移住し、一方両国のヒンドゥー教徒がインドに移住している。

こうしたことが原因なのだろう。

 

なお、この頃(15世紀以降)造られたバングラデシュのイスラム都市にバゲルハット※がある。

現在イスラム教徒がほとんどを占めるバングラデシュのさきがけといえる遺跡だ。

※世界遺産「バゲルハットのモスク都市(バングラデシュ、1985年、文化遺産(iv))」

ハンピの建造物群、ヘーマクータの丘とヴィルパークシャ寺院
世界遺産「ハンピの建造物群」、ヘーマクータの丘から見た絶景。塔はヴィルパークシャ寺院の東コプラム(塔門)。門に巨大な塔を置き、内部に神を祀るヴィマーナ(本堂)やマンダバ(拝堂)、列柱廊(チャウルティ)、プラカラ(中庭)を配置したヒンドゥー建築をドラヴィダ式という
マハーバリプラムの海岸寺院
マハーバリプラムの海岸寺院。壁面はヒンドゥーの神々や『マハーバーラタ』『ラーマーヤナ』のレリーフで覆われている

南インドに目を向けてみよう。

 

ラージプート時代、南インドでもドラヴィダ人を中心とするヒンドゥー王朝が盛衰を繰り返していた。

大きな王朝を挙げると、チャールキヤ朝、パッラヴァ朝、チョーラ朝などが挙げられる。

チャールキヤ朝の王族が暮らした都がパッタダカル①、パッラヴァ朝の首都がマハーバリプラム②、チョーラ朝の首都がタンジャーヴール③で、それぞれのヒンドゥー歴史都市が世界遺産に登録されている。

※①世界遺産「パッタダカルの建造物群(インド、1987年、文化遺産(iii)(iv))」

 ②世界遺産「マハーバリプラムの建造物群(インド、1984年、文化遺産(i)(ii)(iii)(vi))」

 ③世界遺産「大チョーラ朝寺院群(インド、1987年、2004年拡大、文化遺産(ii)(iii))」

 

13世紀にデリー・スルタン朝興ると、特に3代トゥグルク朝の時代に版図を広げ、南インドにまで進出した。

これに対して南インドのヒンドゥー王朝が集まって反イスラムで連合。

ヴィジャヤナガル朝を建て、国境付近に「勝利の都」を意味する首都ヴィジャヤナガル※を建設する。

これが現在のハンピだ。

※世界遺産「ハンピの建造物群(インド、1986年、2011年拡大、文化遺産(i)(iii)(iv))」

 

この王朝は海のシルクロードを抑えて莫大な富を得、ヴィジャヤナガルはヨーロッパに鳴り響くほどに繁栄する。

しかし1565年、イスラム連合軍はターリコータの戦いでヴィジャヤナガル軍を破り、首都を徹底的に破壊。

まもなく王朝は滅亡し、イスラム連合国もムガル帝国に吸収されていく。

 

ムガル帝国以後のインド史は「29.オスマン帝国、サファヴィー朝、ムガル帝国の時代」で紹介する。

 

[関連サイト]

ハンピの建造物群/インド

* * *

古代都市シギリアのシギリア・ロック
世界遺産「古代都市シギリア」のシギリア・ロック。これは王宮へと続く獅子(ライオン)の門。断崖の上にあるため、下からは空中都市の存在はまったく見えない。モッガラーナに落とされた後は仏教僧院として活動を続けた
シギリア・レディ
シギリア・レディ。カッサパ1世が父ダートセナを弔うために描かせたといわれる

ついでにスリランカも見てみよう(これ以前の歴史は「9.インダス文明と古代インド」参照)。


仏教国・シンハラ王国の繁栄は続き、首都アヌラーダプラ①もあり続けた。

しかし5世紀に、カッサパ1世は国王である父親ダートセナに対してクーデターを起こして殺害。

続いて弟モッガラーナを追放してしまう。

 

反乱を恐れたカッサパ1世は、標高差200mに及ぶシギリア・ロックと呼ばれる断崖の上に城塞を築いて遷都②。

獅子の門に守られた城郭都市は堅固であるだけでなく、宮殿や寺院、庭園が設けられ、類のない美しい空中都市が誕生した。

特に天女を描いたフレスコ画「シギリア・レディ」は有名だ。

※①世界遺産「聖地アヌラーダプラ(スリランカ、1982年、文化遺産(ii)(iii)(vi))」

 ②世界遺産「古代都市シギリヤ(スリランカ、1982年、文化遺産(ii)(iii)(iv))」

 

495年、インドに避難していた弟モッガラーナがシギリアを攻め、カッサパ1世は自殺。

ふたたびアヌラーダプラに遷都する。

 

9~13世紀になると、インド南部のチョーラ朝が力を増し、11世紀にはアヌラーダプラに侵入。

そのため1017年にポロンナルワ※に遷都する。

※世界遺産「古代都市ポロンナルワ(スリランカ、1982年、文化遺産(i)(iii)(vi))」

 

この後も南インドの攻撃を受け、シンハラ人たちはスリランカ中央部に移り、15世紀にキャンディ王国を建国。

ブッダの歯を収めるという仏歯寺を中心に、首都キャンディ※を仏教の聖地として整備した。

※世界遺産「聖地キャンディ(スリランカ、1988年、文化遺産(iv)(vi))」

 

16世紀になるとポルトガルが支配権を強め、内陸部にあったキャンディ王国以外を併合。

ポルトガルがオランダに駆逐されて東南アジアから姿を消すとオランダが征服し、18世紀にはイギリスの支配を受けた。

こうした植民地時代、ヨーロッパ諸国のインド洋貿易の拠点となったのがゴール※だ。

※世界遺産「ゴール旧市街とその要塞群(スリランカ、1988年、文化遺産(iv))」

 

上に紹介したのはスリランカの75%を占めるシンハラ人の歴史だ。

彼らはこのように上座部仏教国としてあり続けた。

しばしば南インドの攻撃を受け、タミル人がヒンドゥー教文化を伝えたが、現在スリランカの人口に占めるタミル人の割合は10%強にすぎない。

かえってその南インドのヒンドゥー教勢力が、イスラム教の浸透を防いだともいえるだろう。


* * *

ミャンマーのバガン
ミャンマーの世界遺産暫定リスト記載の古都バガン。総数2,000とも5,000ともいわれるパゴダ(ストゥーパ)は、10世紀、バガン朝に上座部仏教が伝わって以降建てられた

次に、東南アジアの歴史を見てみよう。

これ以前の東南アジア史は「15.東南&東アジア、アフリカの古代文明」参照のこと。

この地域もスリランカ同様、上座部仏教の影響が強く、イスラム教は浸透していない。


10世紀前後から東南アジアには上座部仏教が伝わっていた。

上座部仏教の特徴は、僧として出家し、自ら修行を行った者こそが悟りを開くことができると考える点。

現在でもミャンマーやタイ、ラオスの男子は生涯一度は出家するといわれており、逆に還俗するのもさほど難しくない。

 

1044年、それまで栄えていたピュー王朝①を滅ぼし、あるいは同化してビルマ人が造った上座部仏教国がバガン朝だ。

上座部仏教のひとつの特徴が鋭く尖ったセイロン様式のストゥーパで、ミャンマーではこれを「パゴダ」と呼んでいる。

首都バガン②にはこのパゴダが2,000以上存在し、信心深い仏教徒が寄進することから、その数は現在も増え続けている。

このバガンは仏教三大遺跡に数えられ、アンコール③、ボロブドゥール④と並び称されている。

なお、ミャンマーの地ではこの後アヴァ朝、タウングー朝、コンパウン朝と上座部仏教国が政権を取り続ける。

※①世界遺産「ピュー古代都市群(ミャンマー、2014年、文化遺産(ii)(iii)(iv))」

 ②ミャンマーの世界遺産暫定リスト記載

 ③世界遺産「アンコール(カンボジア、1992年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))」

 ④世界遺産「ボロブドゥール寺院遺跡群(インドネシア、1991年、文化遺産(i)(ii)(vi))」


[関連サイト]

未来の世界遺産2 バガン

アンコール/カンボジア

ボロブドゥール寺院遺跡群/インドネシア

 

アユタヤのワット・プラ・シー・サンペット
セイロン様式の仏塔が凛々しいアユタヤのワット・プラ・シー・サンペット

13世紀、もともと中国の雲南省近辺で暮らしていたタイ人が、モンゴル帝国(元朝)の圧力を受けて南へと移動。

クメール人のアンコール朝の力が衰えると、13世紀に現在のタイ北部で上座部仏教国であるスコータイ朝やチェンマイ王国を建国する。

その都が世界遺産「古代都市スコータイと周辺の古代都市群(タイ、1991年、文化遺産(i)(iii))」で、チェンマイもタイの世界遺産暫定リストに記載されている。

 

さらに南下したタイ人の一派は、1351年、チャオプラヤー川沿いにウートーン王を掲げてアユタヤ朝を建てる。

その首都が世界遺産「古都アユタヤ(タイ、1991年、文化遺産(iii))」だ。

 

アユタヤ朝はアンコール朝を攻撃してアントール・トムを落とし、1431年にアンコール朝は滅亡。

1438年にはスコータイ朝を吸収して現在のタイの原型を作る。

 

アユタヤやスコータイの特徴は、上座部仏教の影響を受けたセイロン様式の仏塔や寺院と同時に、クメール美術=ヒンドゥー建築の影響がうかがえる点だ。

タイの華麗とクメールの重厚の融合が見事だ。

 

[関連サイト]

古都アユタヤ/タイ

* * *

マレーシア・ムラカのカンポン・フル・モスク
ムラカのカンポン・フル・モスク。1728年建立のマレーシア最古のモスクで、三角屋根はスマトラ式、ミナレットは中国式仏塔にも似て、他文化融合の様子が見て取れる。この辺りには仏教・道教・儒教の混合寺院、ヒンドゥー寺院、モスク、教会が建ち並んでいる

東南アジアにおいて、イスラム化が進むのは主にマレー半島(現在のシンガポール、マレーシアのある半島)とスンダ列島(インドネシアやボルネオ島等の諸列島)だ。


マレー半島は太平洋とインド洋を分ける東南アジアの境にあり、中国をはじめとする東アジアと、インド・中東などの南アジア・西アジアをつなぐ「海のシルクロード」の要衝として発達した。

海のシルクロードが特に発達するのは7世紀以降、イスラム商人が絹を求めて大規模な貿易をはじめて以降だ。


このルートを通って早くから大乗仏教やヒンドゥー教がもたらされていたが、13世紀にデリー・スルタン朝がはじまり、インドがイスラム化する過程でこれらの地域にもイスラム教が伝えられた。


ジャワ島では古マタラム王国→クディリ朝→シンガサリ朝→マジャパヒト王国と、8~15世紀までヒンドゥー教国が続く。

特にマジャパヒト王国は一時スマトラ島やバリ島を占領し、一大海洋王国となる。

 

その後中国・明朝の干渉やマラッカ王国の圧力を受けると下火になり、1478年にイスラム教を奉じるマタラム王国が建って滅亡。

マジャパヒト王国はインドネシア最後のヒンドゥー教国となった。


その隣、スマトラ島では7世紀に興った大乗仏教国・シュリーヴィジャヤ王国の時代が続いていたが、14世紀にマジャパヒト王国の攻撃を受けて滅亡。

この頃イスラム教徒が勢力を伸ばしており、地方にはアチェ王国などのイスラム王朝が成立していた。

ジョージタウンのマハ・マリアマン寺院
ジョージタウンのマハ・マリアマン寺院のゴープラム。ドラヴィダ式のヒンドゥー寺院で、ヒンドゥーの神々が美しい

シュリーヴィジャヤ王国最後の王パラメスワラはマレー半島に渡り、1402年、マラッカ王国を建国。

1414年にはイスラム教に改宗してイスラム商人と手を結び、明の中国商人を優遇して取り込むことに成功。

海のシルクロードの実権を、マジャパヒト王国から取り戻した。

マラッカ王国の首都が世界遺産「ムラカとジョージタウン、マラッカ海峡の古都群(マレーシア、2008年、2011年拡大、文化遺産(ii)(iii)(iv))」のムラカだ。

 

このように、香辛料貿易等で富を生むイスラム商人の立場は強く、イスラム商人を庇護したり、逆にイスラム商人が自分たちに都合のよい国を支持したことで栄える港市や国が変わり、次第に地域はイスラム化していった。

東南アジア内陸部でイスラム教が浸透しなかったのは、熱帯雨林が厚すぎて中には入れず、貿易に不向きであったからだろう。

この辺りはインド洋貿易を通してイスラム化していく東アフリカも同じ状況だ。

 

とにかく。

こうしてマレー半島とスンダ列島の多くがイスラム化。

この後、この辺りはポルトガル、オランダ、イギリスの支配を受け、植民地となっていく。


[関連サイト]

ムラカとジョージタウン/マレーシア

 

これ以降の東南アジア史については「世界遺産と世界史41.東アジア・東南アジアの植民前史」を参照。

 

 

次回はイスラム教の東アフリカ、西アフリカへの拡散と、インド洋交易・サハラ交易を紹介する。

 


News

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

オーストリアの世界遺産「ザルツブルク市街の歴史地区」
ユネスコ創造都市の「デザイン都市」で、世界遺産「グラーツ市-歴史地区とエッゲンベルク城」を持つオーストリアのグラーツ。クリックで外部記事へ
オーストリアの世界遺産「ザルツブルク市街の歴史地区」
ホーエンザルツブルク城から見た世界遺産「ザルツブルク市街の歴史地区」の絶景。中央がその象徴、ザルツブルク大聖堂。クリックで外部記事へ
世界遺産「エディンバラの旧市街と新市街」
スコットランド王国の歴史を伝える古都にして、文芸や幽霊の町でもある世界遺産「エディンバラの旧市街と新市街」。クリックで外部記事へ。
イタリアの世界遺産「モデナ大聖堂、トッレ・チヴィカ及びピアッツァ・グランデ」
中世とグルメと自動車の町にあるイタリアの世界遺産「モデナ大聖堂、トッレ・チヴィカ及びピアッツァ・グランデ」。クリックで外部記事へ。

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 グラーツ:歴史的デザイン都市

 ザルツブルク:バロックの都

 エディンバラ:歴史・文芸の町

 モデナ大聖堂、市民の塔

 デルフィ 太陽神アポロンの聖地

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

米&イ、UNESCO脱退を表明

パルミラのライオン像、復元!

バーミヤン渓谷の磨崖仏復元法

サブラータ古代遺跡が戦闘被害

2017年新登録の世界ジオパーク

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ-ケバン国立公園1

11.フォンニャ-ケバン国立公園2

12.カタルーニャ堂とサンパウ病院1

13.カタルーニャ堂とサンパウ病院2

14.オフリド地域1

15.オフリド地域2

16.古都京都の文化財1

17.古都京都の文化財2

18.アントニオ・ガウディ作品群1

19.アントニオ・ガウディ作品群2

20.アンコール1

21.アンコール2

22.アンコール3

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです