世界遺産と世界史13.アレクサンドロスとヘレニズム時代

ペルセポリス
世界遺産「ペルセポリス」の冬の宮殿タチャラ。アレクサンドロスはペルセポリスを落とすと、10,000頭のロバと5,000頭のラクダでアケメネス朝の財宝を運び出したという

アレクサンドロス3世(アレキサンダー。以下、アレクサンドロス)の伝説は無数に伝わっている。

頭に二本の角を持ち、剛力無双。

人間を食べ、誰も乗りこなせなかった名馬ブケパロスを従わせると、派手な甲冑に身をまとって自ら敵陣に突っ込んでいく。

カイロネイアの戦いでも自ら精鋭部隊を率いてアテネ・テーベ連合軍溢れる中に突撃し、敵を蹴散らしたという。

アレクサンドロスはこのように絶大な行動力とカリスマ性をもってギリシアをまとめ上げ、紀元前334年、約4万の兵を率いてついにペルシア討伐に乗り出した。

 

彼が率いた精鋭のうち、特徴的なのが重装歩兵ファランクスと重装騎兵ヘタイロイだ。

ファランクスはサリッサと呼ばれる5mを超えるような長槍を持ち、これを一斉に敵に向けることで針の山のような防御壁を作って陣を進めた。

さらにその周囲をサリッサを持ったヘタイロイが馬に乗って敵の急所に突撃し、敵陣を打ち破った。

こうした戦術はギリシアの重装歩兵を進化させたもので、のちにローマに引き継がれてローマ帝国の地中海征服にも貢献した。

↓がアレクサンドロスの時代のファランクスだ。

紀元前334年。

ダーダネルス海峡を渡ってアジアに入り、グラニコス川を挟んでペルシア軍と対峙する(グラニコス河畔の戦い)。

大王はつかつか前に出ると槍を投げ、敵の将軍ミトリダテスをあっさり討ち取ってしまう。

勢いに乗るマケドニア軍はペルシア軍を蹴散らし、進軍を再開する。


紀元前333年。

ペルシア王ダレイオス3世は自ら10万~50万ほどの兵を率い、現在のトルコ・シリア国境にほど近いイッソスで迎え撃つ(イッソスの戦い)。

ペルシア軍は圧倒的数的優位にあったが、大王自ら攻め立ててくる重装歩兵の攻撃を受けきれずに敗退。

ダレイオス3世は母や妻子を見捨てて逃げ去ってしまう。

大王は彼女らを捕らえたが、丁重にもてなしたという。


マケドニア軍は一旦進路を南に取り、フェニキア、エジプトを攻略する。

ティルス①など強く抵抗した都市もあったが、反ペルシア感情も強く、比較的簡単に落とせたらしい。

このとき造ったのがエジプトのギリシア植民市アレクサンドリア②だ。

といっても植民市は世界中に建築しており、その数は50を超える。

※①世界遺産「ティルス(レバノン、1984年、文化遺産(iii)(vi))」

 ②エジプトの世界遺産暫定リスト記載

タキシラ
世界遺産「タキシラ」の仏像。アレクサンドロスの東方遠征以降伝わったギリシア彫刻をまねて、タキシラを含むガンダーラ地方で仏像が生み出されたといわれる

紀元前331年。

アレクサンドロスは再び西へ兵を進めると、ガウガメラでダレイオス3世と対峙する(ガウガメラ、あるいはアルベラの戦い)。

このときマケドニア軍4万~5万に対して、ペルシア軍20万~100万。

それでもアレクサンドロスの陣を崩せず、ダレイオス3世はまたしても敗走。

マケドニア軍はこれを追い、バビロン①、スーサ②、ペルセポリス③といったペルシア諸都市を次々と破壊しながら進軍する。

※①イラクの世界遺産暫定リスト記載

 ②世界遺産「スーサ(イラン、2015年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv))」

 ③世界遺産「ペルセポリス(イラン、1979年、文化遺産(i)(iii)(vi))」

 

ところがダレイオス3世はサトラップ・ベッソスに裏切られ、暗殺されてしまう。

ベッソスはペルシア王アルタクセルクセスを名乗って抵抗するが、アレクサンドロスはこれを破って処刑。

これによりアケメネス朝は滅亡する。

アレクサンドロスの進軍の様子。水色がアケメネス朝の版図で緑がマケドニアだ


サマルカンド
サマルカンド。ソグド人の古都だが、1220年、モンゴル軍によって徹底的に破壊されてしまった。14世紀後半にティムール朝の首都となると、再び美しい青の都が復活した

その後アレクサンドロスはバクトリア、ソグディアナといった現在のパキスタン~中央アジアの地域を攻め上がり、サマルカンド①を落とす。

特に彼はサマルカンドの美しさを讃えたという。

さらにカイバル峠を通り、インダス川を渡ってガンダーラのタキシラ②を占領すると、インドへ攻め込む準備を整える。

※①世界遺産「サマルカンド-文化交差路(ウズベキスタン、2001年、文化遺産(i)(ii)(iv))」

 ②世界遺産「タキシラ(パキスタン、1980年、文化遺産(iii)(vi))」

 

アレクサンドロスはさらに東へ進軍をしようとするも、疲れ果てた兵士たちの不満を聞き入れ、紀元前323年にスーサへ戻る。

そして首都をバビロンに定め、ペルシアの後継者を自認して大王を名乗り、植民市の建築、ペルシア人の積極登用、集団結婚式などを通してギリシアとペルシアの文化的・人種的な融合を進めた。

これがギリシア文化とオリエント文化が合わさったヘレニズム文化を育むことになる。


しかし同年、大王は大病を患い、「もっとも王にふさわしい者が国を治めよ」との言葉を遺して死去してしまう。

後継者を定めなかったためにディアドコイ(後継者)戦争が勃発する。

 

[関連サイト]

サマルカンド/ウズベキスタン

 

* * *

アレクサンドロス帝国とヘレニズム時代の勢力図
アレクサンドロス帝国とヘレニズム時代の勢力図。セレウコス朝とパルティアの最盛期は上の「セレウコス朝+パルティア+バクトリア」の多くを支配した

アレクサンドロスの時代から、アジアでギリシア人(マケドニア人)が建てた最後の王朝であるプトレマイオス朝エジプトの滅亡(紀元前30年)までをヘレニズム時代という。

 

ディアドイコイ戦争をもっとも有利に運んだのがアンティゴノス1世だ。

一時は大帝国の再建さえ可能かと思われたが、他のディアドイコイたちが同盟を組み、これに反対。

紀元前301年、アンティゴノス1世と連合軍が争ったイプソスの戦いに敗れると、帝国は分割統治されるようになる。

 

この後、大きな力を持ったのがヘレニズム三王国だ。

アンティゴノス朝マケドニア、プトレマイオス朝エジプト、セレウコス朝シリアで、他にも小国はあったものの、旧帝国領の多くをこの三か国が支配した。

 

このうち、最初に滅んだのがアンティゴノス2世が建てたアンティゴノス朝マケドニアだ。

バルカン半島内での争いに巻き込まれただけでなく、ローマ帝国が力を強めるとマケドニア戦争で討伐され、紀元前168年に滅亡する。

ニサの遺跡
パルティア初期の首都ニサの遺跡。パルティア滅亡後もシルクロードのオアシス都市として栄えたが、モンゴル帝国によって滅ぼされた

マケドニア人セレウコス1世が建てたセレウコス朝シリアは、三王国でももっとも大きな国土を治めた。

一時は小アジア(トルコ)からインダス川に至る広大な領土を支配したが、中央アジアのバクトリアでギリシア人移民たちが反乱を起こしてバクトリア王国を建国。

続いて遊牧系ペルシア人の一派、パルティア人がその西でパルティア王国を興して独立してしまう。

 

ちなみに、バクトリアが作った都市シルカップは世界遺産「タキシラ(パキスタン、1980年、文化遺産(iii)(vi))」の一部で、バクトリアが築きはじめた仏教遺跡が「バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群(アフガニスタン、2003年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))」だ。

また、パルティア初期の首都ニサも「ニサのパルティア要塞群(トルクメニスタン、2007年、文化遺産(ii)(iii))」として世界遺産登録されている。

 

セレウコス朝と入れ替わるように力を増したのがパルティアだ。

紀元前1世紀、ミトラダテス2世は首都をクテシフォンに遷し、セレウコス朝からメソポタミアを占領。

さらにバクトリアの領土を奪ってインドに進出すると、メソポタミアからインド北部に至る国家が誕生する。

セレウコス朝はローマ帝国とパルティアに挟まれると、紀元前63年、ローマのポンペイウスによって滅ぼされてしまう。

 

国境を接したローマとパルティアは8度にわたり戦いを繰り広げるが、結局決着はつくことがなかった。

この時代にローマとの最前線に造ったパルティアの軍事都市が世界遺産「ハトラ(イラク、1985年、文化遺産(ii)(iii)(iv)(vi))」だ。

二重に囲われた円形城壁に囲われた要塞都市で、ローマ帝国の攻撃をしばしば撃退した。

パルティアはローマを天敵としていたが、しかし貿易は活発に行っており、ヘレニズム文化の拡散に貢献した。

 

パルティアを滅ぼしたのはローマではなく、アケメネス朝ペルシアの再興を目指す同じペルシア人だった。

226年、アルダシール1世はクテシフォンを落とすとパルティアは滅亡。

ササン朝ペルシアが興り、ペルシア帝国が復活する。

 

以降の話は「22.イスラム教の成立とペルシア・アラブ」で紹介する。

エフェソスのケルスス図書館
アレクサンドロスも訪れたエフェソスのケルスス図書館跡。アレクサンドロスの死後、ペルガモン王国の都市として繁栄した。世界遺産「エフェソス(トルコ、2015年、文化遺産(iii)(iv)(vi))」構成資産

さて、三王国でもっとも長く続いたのがマケドニア人プトレマイオス1世が建てたプトレマイオス朝エジプトだ。

特に首都アレクサンドリアは大いに繁栄し、古代最大の学芸所でミュージアムの語源にもなったムセイオン、その一機関で古代のあらゆる文献を集めたアレクサンドリア図書館、フィロンが著した「世界の七不思議」のひとつであるファロス島の大灯台などがあった。

これらの遺跡はエジプトの世界遺産暫定リストに記載されている。

 

プトレマイオス朝では古代エジプトのファラオの称号を継いでいた。

しかし末期になると権力闘争が激化して、王族同士で争いが絶えなかった。

しかも周囲の国々は次々とローマ帝国に組み込まれ、ローマの属州に落ちるのは時間の問題だった。


紀元前51年。

姉クレオパトラと弟プトレマイオス13世は父の遺言もあって兄弟で結婚し、エジプトの共同統治を開始する。

ところがまもなくプトレマイオス13世はクレオパトラを裏切り、追放してしまう。


ローマではこの頃カエサル(シーザー)とポンペイウスの争いが激化していた。

ポンペイウスはローマ内戦に敗れ、つてのあったエジプトに撤退する。

しかし、プトレマイオス13世はそのポンペイウスを殺害。

そんなとき、ポンペイウスを追っていたカエサルがエジプトに到着する。

デンデラのハトホル神殿
エジプトにあるデンデラ神殿コンプレックス、ハトホル神殿のレリーフ。いちばん左がクレオパトラ、その隣が息子カエサリオンだ。エジプトの世界遺産暫定リスト記載物件

伝説では、クレオパトラは絨毯に身をくるみ、贈り物としてカエサルの元に届けさせる。

絨毯から現れたクレオパトラを見たカエサルはひと目で恋に落ち、彼女を愛人にしたという。

カエサルの援護を得たクレオパトラは紀元前47年、ナイルの戦いでプトレマイオス13世を破る。

そしてふたりの間に息子カエサリオンが誕生する(異父説あり)。

 

紀元前44年。

クレオパトラはカエサリオンとともにローマにいたが、カエサルが暗殺されてしまう。

遺言により遺産が養子オクタウィアヌス(のちのローマ初代皇帝アウグストゥス)にわたるとエジプトに帰還。

カエサリオンをプトレマイオス15世に即位させ、息子とエジプトの共同統治をはじめる。

 

その後、オクタウィアヌスとライバル関係にあったアントニウスを魅惑し、彼と結婚(結婚はしていないともいわれる)。

結局3人の子をもうけることになる。

 

紀元前31年。

ローマにいたオクタウィアヌスは、アントニウスのパルティア戦の敗北や、クレオパトラに骨抜きにされて勝手な振る舞いを続ける態度に激怒して、討伐軍を指揮して攻撃を開始。

アントニウスとプトレマイオス朝連合軍はこのアクティウムの海戦で敗北する。

伝説では、クレオパトラの死の誤報を聞いたアントニウスは自刃し、駆け寄ったクレオパトラの腕の中で亡くなった。

そしてクレオパトラは毒蛇に乳房を噛ませ、アントニウスの後を追ったという。

オクタウィアヌスは彼らの遺言に従って、ふたりをともに葬ったと伝えられているが、その墓は発見されていない。


翌年紀元前30年、カエサリオンがオクタウィアヌスに殺害されるとプトレマイオス朝は完全に滅亡する。


* * *

ペトラのエル・ハズネ
ヨルダンの世界遺産「ペトラ」のエル・ハズネ。『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』のハイライトに登場して一躍有名になった
ペトラのシークとエル・ハズネ
高さ約100m、幅数メートルの岩の裂け目=シークを約1.5km歩くと、エル・ハズネが少しずつ姿を現す。感動の瞬間だ

ヘレニズム時代を彩った三つの小国を紹介しよう。

ナバテア王国、パルミラ王国、ペルガモン王国だ。


紀元前2世紀ほどから西アジアの砂漠で活躍したのがナバテア人だ。

セレウコス朝シリアとプトレマイオス朝エジプトがシリア戦争で疲弊するなかで交易を担い、隊商貿易の中心に躍り出た。

もともと遊牧民だったが、人数が増えたことで首都ペトラ①やボスラ②、マダイン・サーレハ③といった都市を整備してナバテア王国を建国する。

※①世界遺産「ペトラ(ヨルダン、1985年、文化遺産(i)(iii)(iv))」

 ②世界遺産「古代都市ボスラ(シリア、1980年、文化遺産(i)(iii)(vi))」

 ③世界遺産「アル-ヒジュル古代遺跡[マダイン・サーレハ](サウジアラビア、2008年、文化遺産(ii)(iii))

 

特に重要視されたのが乳香だ。

乳香とはボスウェリアという荒野に生える植物から採れる最高級の樹脂で、お香や香料の原料として珍重された。

イエスが誕生した際、東方の博士はベツレヘム※を訪れ、この乳香、没薬(もつやく。コミフォラの樹脂)、黄金を贈ったといわれるほどだ。

世界遺産「香料の道-ネゲヴ砂漠都市(イスラエル、2005年、文化遺産(iii)(v))」はナバテア人が担った乳香・没薬貿易の途中にある諸都市遺跡を登録したもの。

同様の世界遺産に「フランキンセンス[乳香]の国土(オマーン、2000年、文化遺産(iii)(iv))」がある。

※世界遺産「イエス生誕の地:ベツレヘムの聖誕教会と巡礼路(パレスチナ、2012年、文化遺産(iv)(vi))」

 

しかし、106年にローマ帝国のトラヤヌス帝がペトラを占領してローマの属州に入ると次第に勢力が衰えていく。

そして数度の大地震を経て、ペトラは幻の都として忘れ去られることになる。

ちなみに、下の動画は『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』ペトラ登場のシーン。

細長い道がシークだ。

 

[関連サイト]

ペトラ/ヨルダン

パルミラの遺跡
パルミラの列柱つき大通り。全盛期は750本の柱があったといわれるが、現存するのは約150本。後ろの山はアラブ城砦で、15世紀に十字軍の攻撃に備えて造られたもの

アレクサンドロスの東方遠征以降に発展し、ローマとパルティアという大国の間で繁栄したのがパルミラ王国だ。

両国は長い間戦争状態にあったが、交易は盛んに行われており、パルミラ※がその一端を担った。

※世界遺産「パルミラの遺跡(シリア、1980年、文化遺産(i)(ii)(iv))」

 

パルミラはローマ属州だったが、267年、ササン朝のシャープール1世がエデッサの戦いでローマを破ると、女王ゼノビアは独立を図る。

彼女はエジプトの一部を占領したことからクレオパトラの末裔を称し、息子ウアヴァラトゥスにはローマ皇帝の称号である「アウグストゥス」を名乗らせる。

 

しかし272年、ローマ皇帝アウレリアヌスに破れるとパルミラは破壊され、ゼノビアは金の鎖につながれてローマに連れ去られたという。


[関連サイト]

パルミラの遺跡/シリア

ペルガモンのギリシア劇場跡
約1万人を収容したというペルガモンの劇場跡

そしてヘレニズム三王国と並んで小アジア西部に誕生した独立国がペルガモン王国だ。

エフェソス①、ペルガモン②を中心として繁栄した王国で、エフェソスのケルスス図書館とペルガモン図書館はアレクサンドリアの図書館と合わせて古代三大図書館と呼ばれている。

また、エフェソスはアレクサンドロスやアントニウス-クレオパトラのカップルも訪れた。

世界遺産関係だと、ペルガモン王国が建設し、ローマ帝国によって繁栄した温泉都市がヒエラポリス③だ。

しかし、ローマ帝国が拡大すると属領として取り込まれ、やがて王国は消滅した。

※①世界遺産「エフェソス(トルコ、2015年、文化遺産(iii)(iv)(vi))」

 ②世界遺産「ペルガモンとその重層的な文化的景観(トルコ、2014年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)(vi))」

 ③世界遺産「ヒエラポリス-パムッカレ(トルコ、1988年、文化遺産(iii)(iv)、自然遺産(vii))」

  

[関連サイト]

ペルセポリス/イラン

ペトラ/ヨルダン

パルミラの遺跡/シリア

エフェソス/トルコ

  

次回はシルクロードとクシャーナ朝、漢を解説する。

 

 


News

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産写真館」を立ち上げました。

ぼくがこれまで撮影してきた写真を掲載していこうと思います。

 →世界遺産写真館

世界遺産「シェーンブルン宮殿と庭園群」
フランス・ブルボン家のベルサイユ宮殿に対抗して、オーストリア・ハプスブルク家が贅と粋を尽くした世界遺産「シェーンブルン宮殿と庭園群」。クリックで外部記事へ。
イギリスの世界遺産「ロンドン塔」
イギリスでもっとも歴史のある石造城塞であり、多くの囚人を収容した監獄兼処刑場で、世界一有名な幽霊屋敷でもある「ロンドン塔」。クリックで外部記事へ

Topics

・Facebook, twitterです

 ART+LOGIC=TRAVEL Facebook

 dai hasegawa twitter

・All About 世界遺産 新記事

 シェムリアップの観光スポット

 2017年新登録の世界遺産

 シェーンブルン宮殿

 世界一の幽霊屋敷 ロンドン塔

 青の都サマルカンド

Bizコンパス 世界の名言

 リンカーン 人民の人民による

 チャップリン 勇気・想像力・金

 本田宗一郎「挑戦した失敗」

 岡本太郎「毒を持て」

 ディズニー「未完成」

 ジョブズ「愚かであれ」

 ナポレオン「不可能はない」

 高杉晋作「おもしろき世」

 エジソン「1%の才能99%の汗」

・Bizコンパス 国際情勢連載

 なぜLCCが世界を席巻?

 なぜ日本のGDPは低迷?

 なぜ今TPP等の地域協定なのか?

 なぜシンガポールは豊かなのか?

 なぜ米国は銃規制できないか?

 なぜハリウッドは強いのか?

 なぜ外国人が渋谷の交差点に?

 なぜイスラムは仏を狙うのか?

 なぜスイスは永世中立なのか?

 なぜ中華料理はおいしいのか?

 なぜ難民が増えているのか?

 なぜ五輪は4年に1度の開催か?

 なぜイランは核開発するのか?

 なぜ台湾は独立できないのか?

 なぜアフリカはいつも戦争?

 なぜシーア派とスンニ派がある?

 なぜブータンは幸せの国なのか?

 なぜ世界でパンデミックが拡大?

 なぜ世界に親日国が多いのか?

 なぜイスラムは遺跡を壊すか?

 なぜ米国とキューバが接近?

 なぜ訪日外国人が増えたのか?

 なぜギリシャ危機が問題か?

 なぜウクライナで米露が対立?

 なぜ世界中に中華街があるのか?

 なぜ柔道はJUDOに勝てないか?

 なぜ捕鯨は野蛮なのか?

 なぜイスラムは西洋と戦うのか?

 なぜ日本料理は世界で人気か?

 なぜ中南米はミスコンに強いか?

 なぜ中国で民主化・独立運動か?

 なぜ英・西で独立運動なのか?

・Bizコンパス 世界遺産連載

 世界遺産の夜明けを導く2遺跡

 人類の歴史に挑戦する負の遺産

 危機遺産リストと世界遺産

 世界遺産が世界遺産でなくなる日

 キング・オブ・世界遺産

 自然遺産を守る意味 

 聖地が示す世界遺産の限界

 世界遺産と平和への挑戦

 世界遺産登録と今後の日本の遺産

 なぜ世界遺産は欧州に多いのか

 産業遺産と新しい世界遺産

 自宅で楽しむ世界遺産 ワイン編

 W杯! ブラジルの歴史と世界遺産

 なぜ伊勢神宮は世界遺産でない?

 一度の旅行でたくさんの世界遺産

 夏休みに訪れたい海の世界遺産

 世界遺産はじめて行くならここ!

 最新の世界遺産を訪ねよう!

 世界遺産で野生動物と触れ合う

 パワースポットの「聖なる山」

 立入禁止! 非開放の世界遺産

 神々が降り立つ聖地の世界遺産

 絶景と人工美が融合した鉄道

 愛と美を称える世界遺産

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

九寨溝の地震被害の状況

ビャウォヴィエジャ伐採停止命令

百舌鳥・古市古墳群の推薦決定

混乱が続くエルサレム旧市街

沖ノ島、全面上陸禁止へ

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界の歴史>

.宇宙と地球の誕生

.地球と火山活動

.大陸移動と世界の形成

.生命の誕生 先カンブリア時代

.生命の進化 古生代から新生代へ

.人類の夜明け

.戦争の時代 ~メソポタミア

.古代エジプトの繁栄

.インダス文明と古代インド

10.長江・黄河文明と古代中国

11.欧州巨石文化とエーゲ文明

12.古代ギリシアの繁栄

13.アレクサンドロスとヘレニズム

14.シルクロードとクシャーナ&漢

15.東南&東アジア,アフリカの古代

16.南北アメリカ大陸の古代文明

17.共和政ローマと帝政ローマ

18.ローマの平和、そして分裂へ

19.民族大移動と西欧の形成

20.東欧の形成とビザンツ帝国

21.東西教会の分裂と十字軍

22.イスラム教とペルシア・アラブ

23.イスラム帝国の分裂

24.イスラムの拡散-インド,アジア

25.アフリカの交易とイスラム教

26.隋・唐・宋の時代

27.北方騎馬民族とその周辺

28.モンゴル帝国の世界征服

29.オスマン,サファヴィー,ムガル

30.中世ヨーロッパの飛躍

31.修道院とロマネスク&ゴシック

32.イギリス・フランスと百年戦争

33.ハプスブルク家とレコンキスタ

34.大航海時代

35.ルネサンス

36.宗教改革

37.絶対王政とオランダの台頭

38.三十年戦争とイギリス革命

39.啓蒙思想とプロイセン、ロシア

40.明と清の繁栄

41.東・東南アジアの植民前史

42.産業革命とアメリカ独立革命

43.フランス革命とナポレオン

44.ウィーン体制と七月・二月革命

45.イタリアとドイツの成立

46.帝国主義と米英仏

47.アジアの衰退・植民地化

48.清、朝鮮、江戸の開国・滅亡

49.世界分割

50.第一次世界大戦

51.ファシズムと世界恐慌

52.第二次世界大戦

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレアヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ-ケバン国立公園1

11.フォンニャ-ケバン国立公園2

12.カタルーニャ堂とサンパウ病院1

13.カタルーニャ堂とサンパウ病院2

14.オフリド地域1

15.オフリド地域2

16.古都京都の文化財1

17.古都京都の文化財2

18.アントニオ・ガウディ作品群1

19.アントニオ・ガウディ作品群2

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです