旧版 私的旅行術4:旅と持ち物と貴重品の話 ~お金編

シリーズ「私的旅行術」は新版がスタートしました。

ぜひ下記記事をご参照ください。

 

私的旅行術 準備編

 

お金はどういう形で持っていったらいいのでしょうか?

一応以下のような選択肢があります。


○現金(日本円、現地通貨、ドル、ユーロ)

○TC(トラベラーズ・チェック)

○国際キャッシュカード

○クレジットカード

 

最近のぼくはどこに行くにも現金(日本円やドル、ユーロ)、国際キャッシュカード(PLUSとCirrus)、クレジットカード(VISAとMaster)で済ませています。

昔はTCメインでしたが、いまはあまり使っていません。


○現金について


現金のメリットは、手軽であることと、手数料やレートの観点からロスが少ないということでしょう。

先進国やアジアに行くのであれば、日本円しか持っていなくても問題はほとんどありません。

現地通貨は現地に着いてから両替したり、カードで下ろせばいいのですから。

それに日本の銀行や空港で現地通貨に両替するよりも、現地で両替した方がレートがいいことも多々あります。

 

ただ、日本からの交通の便が悪い国々や、ドルとユーロがそのまま使える国々であれば、ぼくはドルとユーロの現金を事前に用意することが多いです。

ドル、ユーロについては日本の銀行の手数料は高くないですし、たくさん両替してもまた次の旅で使えるうえに、いまは円高ですから。

アフリカや中南米の田舎町などではさすがに日本円は使いにくかったりレートが悪かったりします。

ドルなら現地通貨並みに使えることもあるので必須です。


いくら持っていくかですが、ぼくはクレジットカードを使ってしまうので、数日分がせいぜいです。

腹巻き式貴重品袋に予備の日本円とドルの大札、スーツケースに数日分の生活費、お財布にすられてもいい程度の見せ金を分散して保管する感じです。


○トラベラーズ・チェックについて

 

よく言われるTCのメリットは、盗まれたり紛失したりしても再発行してもらえる点と、レートがよい点です。

先進国であればTCがそのまま使える店も多いので、現金並みの使い勝手で再発行もできてしまうという理想的な手段です。

 

またTCも現金と同様、ドル、ユーロなどと通貨を選ぶのですが、いずれにしても現金よりもレートがいいことが多いというのも魅力でしょう。

ぼくは最近あまり使っていませんが、こう書いているとやっぱりいいですね。

ドル現金の代わりにドルTCを買っておこうかな……


ぼくがTCを使わなくなったのは、現金ほど手軽でなく、途上国ではレートが悪いことも多く、両替時にしばしば手数料を取られたからです。

田舎ではやはり現金の方が強いですし、発行時に手数料が掛かって両替時にも掛かるのでは、手数料だけで相当の額になりかねません。

国や店によってこうしたルールが違うので、いちいちレートや手数料を比べるのが面倒でイヤになってしまいました。

 

そうは言っても特に長期の旅行ではTCはとても便利でお得な手段です。

その国のTC事情を事前に調べてから買うといいのかもしれません。

 

○国際キャッシュカード


PLUSやCirus等で知られる国際的なATM網で、PLUSはVISA等、CirrusはMasters等のクレジットカード会社が運営を行っています。

それぞれのマークがついたカードは同じマークのあるATMやCDで現金が引き下ろせます。

銀行の国際キャッシュカードはたいていどちらかのマークがついています。


このカードのメリットは、日本と同様の感覚でATMを使える点、盗難や紛失の際に口座を止めることができる点、特に数か国を動くときに多種類のお金を持ち歩く必要がない点です。

アフリカや南米のど田舎でも銀行があればPLUSやCirrusのカードが使えました。

途上国でもそこそこの街なら深夜でもATMが利用できることが多いです。

大金を持たなくても、なくなったら下ろすといった感じで気軽に使えるところが魅力です。


デメリットは、現金やTCに比べてレートが悪く、各種手数料が掛かる点、そして上限額が低い点です。

正確な手数料は各行に問い合わせていただきたいのですが、一般的に海外でお金を下ろすと「引き下ろし手数料」「両替手数料」「ATM使用料」の3種の手数料が掛かります。

ちびちびお金を下ろすと手数料だけで相当の額になってしまうわけで、1,000円引き下ろすのに手数料だけで300円以上取られた、なんてことにもなりかねません。

銀行や引き下ろすATM、通貨によっても変わるので、レートや手数料がいくらなのかよくわからないことも多いのです。

 

こうした手数料を嫌って「国際キャッシュカードは極力使わない」という人もいます。

たしかに現金やTCを用意した方がお得であることは間違いありません。

利便性や安全性、経済性を考えて使い分けるということになりそうです。


なお、国際キャッシュカードの中には口座を開設しなくても使えるプリペイド式のカードなどもあったりします。

口座を増やしたくない人はいいかもしれません。

 

○クレジットカード

 

クレジットカードには様々なメリットがあります。

ざっと思いつくだけでも、現金なしで支払いができる、お金を引き下ろすこともできる、海外旅行保険やショッピング保険がついている、空港のラウンジが使える、カード割引やポイント加算などの特典が得られる、レートがよい、などが挙げられます。

日本・海外を問わず、現金で支払うよりもクレジットカードを使った方がお得なことが多いので、ぼくは支払えるならできる限りクレジットカードを利用しています。


現金を下ろす際にも、国際キャッシュカードよりレートや手数料がよいと言われています。

先述したように国際ATM網も結局クレジットカード会社が運営しているわけですから、当然ですよね。

ただ、クレジットカードのキャッシングの場合は金利がつきます。

金利はカードや締め日によっても変わるのでなんとも言えませんが、1回払いであれば基本的に国際キャッシュカードよりもお得です。


クレジットカードはホテルやレンタカー等の予約の本人確認に利用されることもあります。

持っていないと多額なデポジットを取られることもあったりします。

 

クレジットカードのデメリットは安全性に対する不安でしょうか。

よく聞くのがスキミングと、「0が増やされていた」「円換算のレートがものすごく悪かった」とかいう詐欺被害です。

 

スキミングというのは、カードからデータだけを抜き取って、あなたのカードと同じ情報を持った偽造カードを作る犯罪のこと。

スキマーという道具を使ってデータをコピーするのですが、店員がこれに通したり、ATMに仕掛けたりしてデータを盗むわけです。

これらについては、店員とクレジットカードから目を離さない、明細をよく見る、レシートは必ず保管しておく等々の対策は考えられますが、完全には防げません。

ただ、報告からだいたい60日以内の被害に対しては補償されるはずなので、利用状況を常にチェックしておくことが大切です。

 

スキミングはむしろ国際キャッシュカードの方が怖いです。

銀行はなかなか補償してくれないという話もありますから。

相手が偽造カードを作ってもなかなか使えないように、わかりにくいパスワードにしておくというのもひとつの手段です。

 


News

★姉妹サイト「世界遺産データベース」を制作中です。現在、ヨーロッパの世界遺産を執筆しています。

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産で学ぶ世界の建築」を立ち上げました。世界遺産を通して世界の建築を学びましょう。

 →世界遺産で学ぶ世界の建築

★世界遺産カテゴリー "WORLD HERITAGE" にて新シリーズ「世界遺産検定攻略法」が始動! 最難関の1級とマイスター攻略を中心に、受検戦略や学習法を紹介します。

 →世界遺産検定攻略法

E-book

■Amazon Kindle

■楽天Kobo

自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の魅力を解説
自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が5月に登録勧告を得て7月の正式登録が確実なものとなった。その内容を紹介する。クリックで外部記事へ
文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群」の魅力を解説
2021年7月に世界遺産登録の可否が決まる文化遺産候補地「北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道・青森・岩手・秋田)」の魅力を解説する。クリックで外部記事へ

Topics

 

・All About 世界遺産 新記事

 北海道・北東北の縄文遺跡群

 奄美・徳之島・沖縄島・西表島

 2019年新登録の世界遺産

 ンゴロンゴロ/タンザニア

 イエローストーン/アメリカ

 

・その他

『朝日新聞 世界の扉』記事執筆。『Fine』自然遺産特集執筆。『地球の歩き方 MOOK 世界のビーチBEST100』『ノジュール』に旅のスペシャリスト・達人として参加。『PEN』でアフリカの世界遺産執筆。『MONOQLO』世界遺産特集取材協力。『女性セブン』で日本の世界遺産を解説。エクスナレッジ『聖地建築巡礼 世界遺産から現代建築まで、73の聖地を巡る旅』、洋泉社ムック『負の世界遺産』執筆。RKBラジオ、FM TOKYOで世界遺産特集出演。その他企業・大学広報誌等。

New articles

<旅論:たびロジー>

1.あなたは幸せですか?

.麻薬は悪? ゴキブリは汚い?

.裸とワイセツ

 

<エロス論:エロジー>

.遊びの本質

.おいしい、美しい、気持ちいい

.文化SM論

 

<絵と写真の話>

.アートと魂~抽象画とポロック

.ロスコの扉 ~ロスコ・ルーム~

10.写真と抽象芸術~グルスキー

 

<哲学的探究:哲学入門>

1.哲学とは何か?

2.「正しい-間違い」とは何か?

3.証明とは何か?

4.わかる・理解するとは何か?

5.力とは何か? 波とは何か?

6.物質とは何か?

7.見る・感じるとは何か?

8.空間とは何か?

9.時間とは何か?

10.物質と時間を超えて

以下続く。

 

<哲学的考察:ウソだ!>

.無と偶然

.ことだま-はじめに言葉ありき

10.物質とは何か?

11.神とは何か?-一神教と多神教

 

<世界遺産NEWS>

世界遺産最新情報/ニュース

 

<世界遺産ランキング集>

登録基準に見る世界遺産

世界の七不思議

国内集計の世界遺産ランキング

海外集計の世界遺産ランキング

世界遺産国別ランキング

 

<UNESCOリスト集>

日本の遺産リスト

無形文化遺産リスト

世界の記憶リスト

世界遺産リスト

ユネスコエコパーク・リスト

世界ジオパーク・リスト

創造都市リスト

世界危機言語アトラス・リスト

 

<世界遺産の見方>

知性的鑑賞法

感性的鑑賞法

異文化理解の方法論

正しい・間違いの基準

星と大地と古代遺跡

 

<味わう世界遺産>

.王様のワイン トカイ

.命の水 テキーラ

.ポルトガルの宝石 ポート

.神の贈り物チョコレート

 

<世界遺産で学ぶ世界史>

01.宇宙と地球の誕生

02.大陸の形成

03.地形の形成

04.生命の誕生

05.生命の進化

06.人類の夜明け

07.文明の誕生

08.エジプト文明

09.インダス文明

10.中国文明

以下続く。

 

<世界遺産で学ぶ世界の建築>

01.建築の種類1:城と宮殿

02.建築の種類2:宗教建築

03.建築の種類3:メガリス

04.木造建築の基礎知識

05.石造建築の基礎知識

06.ギリシア建築

07.ローマ建築

08.ビザンツ/ビザンチン建築

09.ロマネスク建築

10.ゴシック建築

以下続く。

 

<世界遺産写真館>

1.文化交差路サマルカンド1

2.文化交差路サマルカンド2

3.アッパー・スヴァネティ

4.グラナダのアルハンブラ宮殿1

5.グラナダのアルハンブラ宮殿2

6.コトル

7.プレア・ヴィヒア寺院

8.福建の土楼1

9.福建の土楼2

10.フォンニャ=ケバン国立公園1

以下続く。

 

<世界遺産攻略法>

1.世界遺産検定攻略の理念と背景

2.世界遺産検定の概要

3.試験戦略の一般論

4.試験戦略の理念

5.世界遺産検定の受検戦略

6.試験勉強の3要素

7.世界遺産検定 最効率学習法

8.時事問題・世界史・検定講座

9.マイスター試験の概要

10.マイスター試験問1・2対策

11.マイスター試験問3対策

12.マイスター試験時間術&解答術

Blog

Link

Search

Site map

○Travel[旅]

○World heritage[世界遺産]

○Art[芸術]

○Logic[哲学]

○Library[私的図書館]

○Profile[プロフィール]

○Work[仕事について]

○Inquiry[お問合せ]

○Blog[ブログ]

※本サイトはリンクフリーです